HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    最近のパソコンの脆弱性に関する情報

    HPでは最近報告されている"Spectre" と"Meltdown" の脆弱性を確認しています。HPはこれらの問題へのパッチ情報と影響のあるシステムについてセキュリティブルテンを発行しています。今後も追加の情報が入り次第更新されるため、お客様へは定期的に確認していただくことをお勧めいたします。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP PC - Windows 8.1 / 8 の回復機能で作成した USB フラッシュメモリを使用して OS を再インストールする

解説
このコンテンツでは、弊社 Business PC の Windows 8.1 / 8 プリインストールモデルで、「回復ドライブの作成」から USB フラッシュメモリに作成した Windows 8.1 / 8 再インストールメディアを使用した再インストール方法についてご案内いたします。
USB フラッシュメモリからの再インストールには、大きく分けて2つの方法があります。
2つの方法の選択は、操作手順9. の "PC のドライブのパーティション分割をやりなおしますか?" のメッセージが表示された画面で行います。 それぞれの目的に応じてメニューを選択して、Windows 8.1 / 8 の再インストールを行ってください。 選択項目について、以下の表で詳しくご説明します。
目的
機能
ハードディスクのすべてのデータを削除して初期状態に戻す方法
Windows 8.1 / 8 の深刻な障害や修理などでハードディスクの交換を行った後に Windows 8.1 / 8 をインストールし直す場合に利用します。
この作業によってハードディスク上の、すべてのデータが削除され、Windows 8.1 / 8 の環境が初期の状態に戻ります。
Windows 8.1 / 8 のみを再インストールする方法
Windows 8.1 / 8 の障害などにより、OS のみをインストールし直す場合に利用します。
この作業では、Windows 8.1 / 8 がインストールされているパーティションをフォーマットしますので、「マイ ドキュメント」、「マイ ミュージック」、「マイ ピクチャ」、「ダウンロード」などに保存しているデータも削除されます。
※ インストール完了後、ドライブレターが変更される場合があります。
操作手順
  注意:
操作を開始する前に、以下の点をご確認ください。
  • 「回復ドライブの作成」から作成した USB フラッシュメモリ以外に、コンピューターに接続している周辺機器 (USB 接続しているデバイスなど) は、すべて取り外してください。
  • あらかじめ、お客様が作成したコンピューター上のデータはバックアップを行ってください。
    データのバックアップは、USB メモリや外付けハードディスク、CD / DVD などのメディアやクラウドサービスなどをご利用の上、必ず行ってください。
  • アプリケーションはすべて削除されますので、Windows 8.1 / 8 のインストール完了後、再度インストールしてご使用ください。
以下の操作手順は、Windows 8 での操作を例にご案内しています。
  1. 「回復ドライブの作成」で作成した USB フラッシュメモリをコンピューターに接続後、コンピューターの電源を入れます。
      補足:
    USB 3.0 に対応した USB フラッシュメモリを使用している場合は、コンピューターの背面に搭載されている 青色の USB 3.0 ポートに接続してください。
  2. 電源投入後、[F9] キーを数回押して、"Please select boot device:" の一覧を起動します。
    「EFI Boot Sources」の一覧から接続している USB フラッシュメモリをキーボードの矢印キーで選択し、[Enter] キーを押します。
    下図の例では、「USB Flash Drive 1.00」を選択しています。
  3. "Choose the language" と表示されますので、「日本語 (日本)」を選択します。
  4. "キーボードレイアウトの選択" の一覧が表示されますので、「Microsoft IME」を選択します。
  5. "オプションの選択" と表示されますので、「トラブルシューティング」を選択します。
  6. "トラブルシューティング" と表示されますので、「PC を初期状態に戻す」を選択します。
  7. "PC を初期状態に戻す" と表示されますので、[次へ] ボタンをクリックします。
  8. [目的のオペレーティング システムを選んでください。] メッセージが表示されますので、「Windows 8」をクリックします。
  9. [PC のドライブのパーティション分割をやり直しますか?] メッセージとともに、2つのメニューが表示されます。

    ■ ハードディスクのすべてのデータを削除して初期状態に戻す方法
    ハードディスクを初期状態に戻す場合には、「はい、ドライブパーティション分割をやり直します」を選択します。 選択後は、次の手順へ進みます。


    ■ Windows 8 のみを再インストールする方法
    現在のパーティション構成はそのままに、OS がインストールされているパーティションをフォーマットしてから、Windows 8 を再インストールする場合には、「いいえ、これまでのパーティションをそのまま使います」を選択します。
      注意:
    この選択を行っても OS のインストールされているパーティション構成だけしか保持されません。 OS のインストールされているパーティションはフォーマットが行われます。
    OS がインストールされているパーティションに配置されているマイ ドキュメント、マイ ミュージック、マイ ピクチャ、ダウンロードなどに格納されたお客様のデータも削除されます。

    上記のボタンを押したのち、"PC を初期状態に戻す" と表示され、ドライブを指定するメッセージが表示されます。
    「Windows がインストールされているドライブのみ」を選択して、次の手順に進みます。
      注意:
    [すべてのドライブ] は選択しないでください。 この項目を選択すると、ハードディスクに存在するすべてのパーティションのフォーマットが行われます。

  10. "PC を初期状態に戻す" と表示され、「ファイルの削除のみ行う」または「ドライブを完全にクリーン アップする」の2つの項目が表示されます。 ここでは、「ファイルの削除のみ行う」 をクリックします。
      補足:
    「ドライブを完全にクリーン アップする」は、消去に時間がかかりますので PC の譲渡や破棄を目的とした場合にのみ選択してください。
    2つの項目の機能や操作の利点などを下の表でご案内しています。
    機能
    作業完了までの目安時間
    ファイルの削除のみ行う
    ハードディスク上のデータを削除した上で、OS の再インストールを行います。
    ファイルの削除を短時間で行います。
    「PC が起動しない」、「OS のエラーメッセージが頻繁に表示される」などの OS の不具合に関するトラブルの際などに実行することで、問題を解決するのに役立ちます。
    10 分~ 30 分
    ドライブを完全にクリーンアップ
    復元ツールなどでデータを復元できないようにハードディスク上のすべてのデータを完全に削除した上で、OS の再インストールを行います。
    復元できないようにお使いのデータを完全に削除します。
    PC の譲渡や破棄の際に実行することで、データの流出リスクを軽減することができます。
    2 時間~ 6 時間
    ※ 作業完了までの時間は、お使いの製品によって異なります。 あらかじめご了承ください。
  11. "PC を初期状態に戻す" と表示され、初期状態へ戻す準備ができた旨のメッセージが表示されますので、[初期状態に戻す] ボタンをクリックします。
      補足:
    [初期状態に戻す] ボタンをクリックすると、[PC を再起動します] 画面が表示され、自動で再起動が行われます。
    ご使用の製品により作業が完了するまでに、約 10 ~ 30分かかります。
    手順13. の"地域と言語" と表示された Windows 8 セットアップ画面が表示されるまでの間、そのままお待ちください。
    以下は、処理中の画面に表示されるメッセージです。
    • Windows ロゴとともに "Resetting your PC" と表示されます。
  12. 再起動が次のような画面が表示され、TPMの設定を有効にする案内が表示されます。
    F3キーを押すと、すぐにTPMが有効化され、続けて"地域と言語" と表示された Windows 8 セットアップ画面が表示されます。特に支障がない限り、通常はF3を押し続けて画面が変わるのをお待ちください。

    TPMの設定を有効化せず、無効にしたままでセットアップを行う場合は、F4を押し続けて画面が変わるのをお待ちください。
    Windowsセットアップ後にTPMを有効化する手順は以下のとおりです。
      補足:
    この手順は、前述の画面でF3キーを押した場合は不要です。
    1. TPM管理コンソールを起動します。[Windows]キーを押しながら、[R]キーを押します。「ファイル名を指定して実行」が表示されたら「tmp.msc」と入力します。
    2. TPM管理コンソールが起動されます。中央のTPM管理欄に「TPMを制限された機能で使用する準備ができました。」と表示されているのをご確認ください。
    3. TPM管理コンソールの右側にある「TPMをクリア」を実行します。
    4. 「TPM セキュリティハードウェアをクリアします」画面が表示されます。画面の指示に従い、再起動を押してコンピューターを再起動します。
    5. 再度、前述のBIOS設定画面が表示されます。F3を押します。再起動が完了するまでお待ちください。
    6. 再起動が完了し、Windowsログイン時には「TPMの準備ができました」と表示されます。
  13. "地域と言語" と表示された Windows 8 セットアップ画面が表示されます。
    Windows 8 セットアップの詳しい手順については、以下のコンテンツをご参照ください。
      » Windows 8 プリインストールモデルの初期セットアップ方法
  14. スタート画面が表示されましたら、セットアップは完了です。
以上で、Windows 8 のインストールが完了です。
Windows 8.1 / 8 の使用を開始する前に
ネットワークへの接続後は他のアプリケーションをインストールする前に Windows Update にて Windows を最新の状態にアップデートしてご使用ください。
Windows 8 のスタート画面からの Windows Update の方法は、検索チャームの検索ボックスに「Windows Update」と入力し、[更新プログラムのチェック] をクリックします。
検索チャームの詳しい使い方は、以下のコンテンツをご参照ください。
  » Windows 8 の 検索 チャームの機能と使い方
または、以下の Microsoft セーフティとセキュリティセンターで、「Windows Updateを起動」から選択することで Windows Update の画面が表示されますので、使用条件に同意すると 最新のセキュリティ更新プログラムをインストールすることができます。
Microsoft セーフティとセキュリティ センター
 » http://www.microsoft.com/ja-jp/security/default.aspx
対象条件
  • 対象機種
    • HP Desktop EliteDesk シリーズ
    • HP Desktop ProDesk / ProOne シリーズ
    • HP Desktop Elite シリーズ
    • HP Desktop Pro シリーズ
    • HP EliteBook Notebook PC シリーズ
    • HP ProBook Notebook PC シリーズ
  • 対象 OS
    • Microsoft Windows 8.1
    • Microsoft Windows 8
関連情報
「回復ドライブの作成」の機能を使用してUSB フラッシュメモリを作成するには、以下のコンテンツをご参照ください。
  » Windows 8.1 / 8 の回復機能を使用して再インストールメディアを USB フラッシュメモリに作成する方法
「PC をリフレッシュする」機能を使用すると、現在のコンピューター状態 (インターネット接続アカウントや PC ログイン時のユーザーアカウントなどの個人設定、「ライブラリ」フォルダーやデスクトップに作成したフォルダーやファイルなどのデータ、ライセンス認証など) を保持したまま、Windows 8 を再インストールすることができます。
  » Windows 8 で「PC をリフレッシュする」機能を使ってデータを保持したまま OS を再インストールする方法
文書情報
Q&A 番号 : DTQA001190
最終更新日 : 2014/10/27

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...