HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP PC - Microsoftシステム構成を使用する (Windows 10、8)

このドキュメントは、Windows 10 および Windows 8 搭載の HP および Compaq PC を対象とします。
Microsoft システム構成 (msconfig) ツールは、どのソフトウェアをWindowsで開くかなど、システム構成の設定を変更するために使用する、Microsoftのソフトウェアアプリケーションです。このツールには次のような便利なタブが含まれます。全般、ブート、サービス、スタートアップ、およびツールこのドキュメントでは、これらのタブを使用して、コンピューターの問題を解決する方法を説明します。
補足:
ビジネスコンピューターの場合、Microsoft システム構成を使用して加えた変更が再起動後に元に戻されることや、項目が表示されない、またはグレー表示されることがあります。これらの変更は、ポリシーが設定されている PC の管理に関連している場合があります。詳細については、会社の IT 部門またはローカルの IT サービスに問い合わせて確認してください。
番号 : [システム構成] ウィンドウ
[全般]、[ブート]、[サービス]、[スタートアップ]、および [ツール] タブが赤丸で囲まれた [システム構成] ウィンドウ

msconfigを開いて、Windows 10および8でソフトウェア問題のトラブルシューティングを行う

Windowsで、「msconfig」を入力して検索します。Windows 10の検索結果で、[システムの設定] を選択します。Windows 8 では [msconfig] を選択します。
[システム構成] ウィンドウが表示されます。

msconfig ウィンドウの [全般] タブ

トラブルシューティングの目的のため、[全般] タブを使用し、重要でないソフトウェアやサービスがすべて読み込まれないようにしたり、特定のプログラムが読み込まれないようにすることができます。
重要でないソフトウェアやサービスの読み込みの防止
トラブルシューティングの目的のため、次の手順に従って、Windows の起動時にすべてのソフトウェア プログラムが起動されないようにしてください。これにより、利用可能なメモリーとプロセッサ時間が増加します。
  注意:
次の手順により、ウィルス対策ソフトウェアや、重要な機能を提供するその他のソフトウェアを含めて、すべてのスタートアップ項目が起動しないようにします。これらの手順は、トラブルシューティングの目的でのみ実行してください。すべてのスタートアップ項目をすべて読み込まれないようにすると問題が解決する場合、[スタートアップ] タブ (次の項を参照) を使用し、個々のソフトウェア項目が読み込まれないようにできます。
  1. [全般] タブをクリックします。
  2. [スタートアップのオプションを選択] を選択し、[スタートアップの項目を読み込む] を選択解除します。
    番号 : [スタートアップの項目を読み込む] の選択解除
    [全般] タブにある [スタートアップの項目を読み込む] の選択解除
  3. [サービス] タブをクリックします。
    [Microsoft のサービスを全て隠す] を選択し、それらが無効にされないようにし、[すべてを無効] をクリックして [スタートアップ] タブの残りの項目を無効にします。
    番号 : [サービス] タブ
    [サービス] タブ
  4. コンピューターを再起動して、変更を有効にします。
    すべてのソフトウェアが読み込まれないようにした後で問題が発生しないことが判明した場合は、[スタートアップ] タブを使用し、問題の原因となっているソフトウェアを探すことができます。1つを除いて [スタートアップ] タブ上のすべて項目を選択し、再起動します。これを問題が発生しなくなるまで続け、毎回ソフトウェアの選択を外し、再起動していきます。どのソフトウェアが問題の原因か特定したら、それをアンインストールするか、または Windows の起動時に読み込まれないようにします。
  5. システム構成ツールを使用し終わったら、再び開いて、[通常スタートアップ] を選択し、[OK] をクリックします。
個々のプログラムの読み込みの防止
[全般] タブを使用すると、特定のソフトウェア アプリケーションが Windows で起動されないようにすることができます。[全般] タブには、次の選択肢があります。
  • [通常スタートアップ] は、Windows に対して、Windows で通常起動するようにスケジュールされたすべてのソフトウェア アプリケーションを起動するように指示します。
  • [診断スタートアップ] は、基本的なデバイスとサービスのみで Windows を起動します。このモードでは、基本的な Window ファイルに問題があるか判断できます。
  • [スタートアップのオプションを選択] では、起動するプログラムとサービス、および起動しないものを、[スタートアップ] タブから選択できます。
番号 : [全般] タブ
[全般] タブ

[msconfig] ウィンドウの [ブート] タブ

[ブート] タブを使用して Windows の起動の仕方を変更します。[ブート] タブには、システム情報ファイル内の構成オプションの一覧が表示されます。[ブート] タブには、次のようなオプションがあります。
  • [セーフ ブート: 最小] - ネットワークを無効にします。Windowsのユーザーインタフェース (Explorer) をセーフ モードで起動し、重要なシステム サービスのみを実行します。
  • [セーフ ブート: 代替シェル] - ネットワークを無効にします。コマンド プロンプトをセーフ モードで起動し、重要なシステム サービスのみを実行します。
  • [セーフ ブート: Active Directory 修復] - Active Directoryを有効にする点を除き、[セーフブート: 最小] と同様です。
  • [セーフ ブート: ネットワーク] - ネットワークを有効にする点を除き、[セーフブート: 最小] と同様です。
  • [GUI ブートなし] - 起動時に Windows スプラッシュ画面が無効になります。
  • [ブート ログ] - 起動処理のすべての情報をファイルに格納します。
  • [基本ビデオ] - Windows ユーザーインタフェースを最小 VGA モードで起動します。
  • [OS ブート情報] - 起動処理中に、各ドライバーがロードされるごとに、そのドライバー名を表示します。
  • [すべてのブート設定を固定する] - [システム構成] で行う変更を追跡しません。後で変更したい場合には、手動で行う必要があります。この機能を選択すると、[全般] タブで [通常スタートアップ] を選択しても機能しません。
  • [タイムアウト] フィールド - Msconfig を使用すると、オペレーティング システム選択画面が30秒間表示されます。その結果として、全体の起動時間が30秒間増えます。起動時にオペレーティング システム選択画面が30秒間表示されるのを防止するには、[タイムアウト] フィールドのタイムアウト行を 0 に変更します。
    番号 : [ブート] タブ
    [ブート] タブ

[msconfig] ウィンドウの [サービス] タブ

[サービス] タブには、Windows 8 の起動時に起動される統合 Windows サービスおよびプログラム、または Windows が定期的に実行するプログラムの一覧が表示されます。サービスを無効にする際、コンピューターの動作に不可欠なものが多数あることに注意してください。プログラム名の横のチェックボックスをチェックするか、またはチェックを外すことで、プログラムやサービスの起動を有効または無効にすることができます。
番号 : [サービス] タブ
[サービス] タブ

[msconfig] ウィンドウの [スタートアップ] タブ

[スタートアップ] タブで [タスク マネージャーを開く] をクリックします。
[スタートアップ] タブには、Windows が読み込まれると自動的に起動するソフトウェアが表示されます。このタブは Windows の起動時に個々のソフトウェアを開かないようにするために使用します。これはパフォーマンスに問題を及ぼす可能性のあるソフトウェアプログラムを探す際に非常に役立ちます。
番号 : [スタートアップ] タブ
[スタートアップ] タブ
次に、[タスク マネージャー] タブから起動されるソフトウェア アプリケーションの種類の一覧を示します。
  • ウィルス対策ソフトウェア - ウィルス対策ソフトウェアは、トラブルシューティング時のみ無効にしてください。トラブルシューティングの終了後、ウィルス対策ソフトウェアを有効にしているか確認してください。
  • キーボード マネージャー - 無効にすると、拡張マルチメディアキーとボリューム コントロール ノブが機能しなくなります。
  • システム トレイのアイコン - 無効にすると、ソフトウェアアプリケーションのトレイ アイコンが、システム トレイ (時刻の隣) に表示されなくなります。
タスク マネージャーの [スタートアップ] タブには、Windows の起動後に自動的に開くソフトウェアアプリケーションの現在の一覧と各プログラムごとのステータスが表示されます。アプリケーションを選択して [無効] をクリックすることにより、個々のソフトウェアアプリケーションを無効にします。
補足:
この一覧は、すべてを網羅するものではありません。ソフトウェア タスクの完全な一覧については、Windows の起動時にソフトウェアプログラムが開かないようにする (Windows 8) を参照してください。
診断の目的以外では、次のスタートアップ項目は無効にしないでください。
  • HD Audio Control Panel
  • HP KBD EXE
  • hp digital imaging (hp オールインワン シリーズ用)
  • HPRun
  • hpsysdrv
  • HP Total Care Advisor
  • Microsoft Windows オペレーティングシステム
  • NVIDIA製品
  • Symantec Technologies製品
番号 : タスク マネージャー

[msconfig] ウィンドウの [ツール] タブ

[ツール] タブには、コンピューターのパフォーマンスを向上させるための診断ツールや他の高度なツールの一覧が表示されます。ツールを開く前に、ツールの名前の横の説明を読み、提供される機能をよく理解します。ツールを開くには、一覧からツールの名前を選び [起動] をクリックします。
番号 : [ツール] タブ
[ツール] タブ


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...