HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    現在Webサイトのアップグレードを行っております。

    この期間中にエラーがあった場合は、後でもう一度お試しください。 

    情報
    Windows 7 の Microsoft サポートは2020年1月14日に終了いたしました。

    - お使いのコンピューターがWindows10 で動作することが確認済みのものであれば、アップグレード作業を始められることをお勧めいたします。詳しくはこちら


    - お使いのコンピューターがWindows10と互換性が無い場合、最適なコンピューターを探すためのお手伝いをいたします。売れ筋はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリパックの膨張・変形について.

     詳細はこちら

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP PC - コンピュータの復元のためのシステムイメージの作成と利用方法 (Windows 8)

本書は、Windows 8を実行しているすべてのHPとCompaqのコンピューターおよびタブレットを対象としています。
システムイメージは、ドライブボリューム上にあるすべてのデータのコピーです。 ハードディスクドライブが故障した場合、またはシステムがウィルスに感染するなどして重要なソフトウェアファイルが破壊された場合は、すべてのファイルをシステムイメージから復元してコンピューターの内容を戻すことができます。 デフォルトでは、システムイメージには Windowsの実行に必要なドライブが含まれます。 Windows、ユーザーのシステム設定、プログラムおよびファイルが含まれます。 システムイメージからコンピュータを復元する際に、復元する項目を個別に選択することはできません。 現在のプログラム、システム設定、およびファイルは、すべてシステムイメージのコンテンツで置き換えられます。
補足:
重要なファイルの保護のみがご不安の場合は、Windows Backup ツールを使用してください。 Windows Backupは、ハードドライブのすべてのデータをバックアップするわけではないため、より高速で、使用する容量も少なくなります。 詳細情報については、「Backing Up Your Files (Windows 8)」(ファイルのバックアップ (Windows 8)) を参照してください。
補足:
最新バージョンのWindows 8を使用していない場合、本ドキュメントのグラフィックスや情報が異なる場合があります。最新バージョンはMicrosoftストアで入手できます。

システムイメージの作成

以下の手順に従って、システムイメージを作成します。
  1. [スタート] 画面で、ファイル履歴 と入力して検索チャームを開き、検索結果の [ファイル履歴] を選択します。
    番号 : ファイル履歴の検索
  2. [システム イメージ バックアップ] をクリックします。
    番号 : ファイル履歴
    Windows は利用可能なバックアップデバイスを探します。
    番号 : バックアップデバイスを探す
  3. システムイメージを保存する場所を選択し、続いて [次へ] をクリックします。
    • ハードディスク上
    • 1つ以上のDVD
    番号 : バックアップをどこに保存しますか。
      警告:
    バックアップは、リカバリパーティションである FACTORY_IMAGEまたはRecoveryには保存しないでください。 これらに保存するとHPリカバリ情報が破壊されます。
  4. バックアップに含めたいドライブを選択し、[次へ] をクリックします。
    番号 : どのドライブをバックアップに含めますか?
  5. 設定内容を確認し、[バックアップの開始]をクリックします。
    補足:
    システムイメージを作成するのに充分な空き領域が外付けドライブにあること、または空のDVDが充分な枚数あることを確認します。
    補足:
    ブルーレイディスクを使用していて、エラー0x80040154が開く場合、ご自身のバックアップを作成する前に、ブルーレイディスクをフォーマットしていることを確認してください。
    番号 : バックアップ設定の確認
  6. Windowsはシステムイメージの作成を準備します。
  7. DVDにバックアップする場合は、空のDVDにラベルを付け、DVD書き込みドライブに挿入します。
    番号 : 空のディスクに名前を書き、挿入する
  8. DVDにバックアップする際に、DVDのフォーマットを求めるメッセージが表示されたら、DVDのフォーマットを選択してください。
  9. Windowsはシステムイメージを保存します。
    番号 : Windows はバックアップを保存しています
  10. DVDを使用する場合、プロンプトが表示されたら空のDVDにラベルを付け、挿入します。 画面の指示に従って作業を続け、イメージ作成を完了します。 これには数分または数時間かかることがあります。 バックアップは安全な場所に保管してください。
  11. システムイメージが作成されたら、システム修復ディスクの作成を求められることがあります。システム修復ディスクは、スタートアップに問題があるとき、コンピューターを起動するのに使用できます。 システム修復ディスクの詳細については、 MicrosoftリカバリUSB ドライブ(Windows 8)の作製と使用を参照してください。
  12. システムイメージ作成が完了したら、[閉じる] をクリックします。

コンピューターをシステムイメージから復元

次の手順に従って、システムイメージからコンピューターを復元します。
  1. 最初のシステムイメージディスクををディスクドライブに挿入するか、システムイメージを含む外付けハードドライブをコンピューターに接続します。
  2. Windows + I キーを押します。
  3. [設定] の下部にある電源ボタン をクリックし、電源オプションの一覧を開きます。
  4. Shift キーを押したまま、[再起動] をクリックします。
    番号 : 再起動
  5. [オプションを選択] 画面で、[トラブルシューティング] をクリックします。
    番号 : オプションの選択
  6. [トラブルシューティング] 画面で、[詳細オプション] をクリックします。
    番号 : トラブルシューティング
  7. [システム イメージ リカバリ] をクリックします。
    番号 : 詳細オプション
    コンピューターはシステムイメージ回復を準備します。
  8. ユーザーアカウントをクリックし、アカウントのパスワードを入力し、[続行] をクリックします。
    補足:
    システムイメージが複数のDVDに保存されており、Windowsがそのシステムイメージファイルを検出できない場合は、1枚目のディスクを取り出して最後のディスクを挿入してください。 続いて [再試行] をクリックします。 システムイメージが外付けハードディスクに保存され、Windows がシステムイメージファイルを探せない場合は、ドライブを外してから再び接続してください。 続いて [再試行] をクリックします。
  9. [利用可能なシステムイメージのうち最新のものを使用する(推奨)]をクリックし、[次へ] をクリックします。
  10. [追加の復元オプションの選択]ページで、[次へ]をクリックします。
  11. 確認ページで、[完了]をクリックします。 続いて[はい]をクリックします。 Windowsがコンピュータの復元を開始します。
  12. DVDを使用している場合、必要に応じて指定されたディスクを挿入し、[OK]をクリックします。 画面の指示に従い、コンピュータを完全に復元します。 これには数分または数時間かかることがあります。 Windowsがコンピュータの復元を完了すると、自動的に再起動します。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...