HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP PC - Windows 11 の理解と使用

Windows 11 では、デスクトップを好みに合わせて簡単に構成できる動的環境が提供されています。Windows 11 の機能については、本書をお読みください。

Windows 11 の詳しい情報の確認は、「HP PC - Windows 11 のサポート」へ移動してください。

Windows 11 にアップグレードする

Windows 11 のアップグレード前後に、重要なファイルのバックアップ、ハードウェア ドライバーの更新などの作業を行う必要があります。

以下のドキュメントに、アップグレードの手順が記載されています。

[スタート] メニューとタスクバー

Windows 11 の [スタート] メニューには新しいレイアウトがあります。これでタスクバーは画面の下部の中央に位置します。

[スタート] メニュー上部の検索バーで、アプリやドキュメントをすばやく検索することができます。カスタマイズ可能なピン留めされたアプリ領域は、検索バーの下にあります。ピン留めできるアプリの数に上限はありませんが、最大18アプリが表示されます。[すべてのアプリ] リストには、ピン留めされたまたはピン留めされていない、インストール済みアプリがすべて表示されます。

アプリをピン留めするには、アプリを右クリックして [スタートにピン留め] を選択します。アプリのピン留めを外すには、アプリを右クリックして [スタートからピン留めを外す] を選択します。アプリをクリックし、ドラッグして並べ替えるか、またはアプリを右クリックして [上へ移動] を選択し、リストの最初の項目としてアプリをピン留めします。

下のピン留め領域には、最近開いた Office ドキュメントとインストールされたアプリを表示する、新しいおすすめがあります。この領域があると、最近作業していたドキュメントに簡単に戻ったり、新しくインストールしたアプリをスタートメニューの上部にピン留めしたりできます。新しいおすすめ領域は、Windows タイムライン機能の置き換えです。おすすめ領域には最大6項目が表示されます。[その他]ボタンをクリックすると、最近使用したその他の項目のリストが表示されます。

[スタート] メニューの一番下には、プロフィール写真、名前、電源制御があります。ダウンロード、画像、動画など、複数のファイル エクスプローラー フォルダのショートカットを使用して、この下部領域をカスタマイズできます。

[スタート] メニューを構成するには、[設定]、[個人設定] の順に選択し、[スタート メニュー] を選択します。

タスクバーを構成するには、[設定]、[個人設定]、[タスクバー] の順に選択します。

タスクバーを画面の左下に動かすには、[タスクバーの動作]、[タスクバーの調整] を選択し、[] を選択します。

タスクバーに他のショートカットを追加するには、タスクバーの隅のオーバーフローを使用します。

タスクバーのコーナー アイコン

Windows 11 では、タスクバーの右側に新しいタスクバーのコーナー アイコンが表示されます。

アイコンを表示または非表示にするには、[設定] メニューの [個人設定] を選択し、利用可能なアイコンを切り替えます。

利用可能なアイコンは次のとおりです。

  • ペン メニュー (Ink Workspace)

    最大4つのアプリを Ink Workspace ツールバーにピン留めすることができます。

    ペン アイコン ペン アイコン を選択して、ペン メニューを開きます。

    他のアプリをペン メニューに追加するには、[設定] を選択し、[ペン メニューの編集] を選択します。

    ペンおよび Windows インクを構成するには、[設定] メニューに移動し、[Bluetooth とデバイス] を選択し、[ペンと Windows Ink] を選択します。

  • タッチ キーボード

    キーボード アイコンをタップして入力キーボードを開きます。タッチ キーボード用に13の新しいテーマがあります。テーマ エンジンでは、背景画像を含めて、テーマが完全にカスタマイズ可能です。タッチ キーボードのリサイズも可能です。

  • 仮想タッチパッド

    オンスクリーン タッチ ジェスチャで、タッチパッド ジェスチャと同様に、アプリとデスクトップ間の切り替えができます。

    3本指ジェスチャには以下が含まれます。

    • 左右にスワイプ: 最後に使用したアプリのウィンドウに切り替えます。

    • 下スワイプ: デスクトップに戻ります。続いて上にスワイプして、アプリのウィンドウを復元します。

    • 上スワイプ: タスク ビューを開き、アプリのウィンドウおよびデスクトップをすべて参照します。

    4本指ジェスチャには以下が含まれます。

    • 左右にスワイプ: 前/次のデスクトップに切り替えます。

    • 下スワイプ: デスクトップに戻ります。続いて上にスワイプして、アプリのウィンドウを復元します。

    • 上スワイプ: タスク ビューを開き、アプリのウィンドウおよびデスクトップをすべて参照します。

通知とクイック設定

通知はカレンダーの上にあります。クイック設定メニューには、アクションセンターのすべてのクイックアクションが組み込まれています。

通知およびカレンダーにアクセスするには、タスクバーの日付と時刻をクリックします。通知を実行、消去、管理することができます。通知はカスタマイズできません。

アクションセンターのクイックアクションをカスタマイズするには、クイック設定の編集アイコン ペン アイコンをクリックします。[クイック アクション] メニューでは、最大12のアクションを割り当てることができます。

ウィジェット

ウィジェットは、ニュース、天気、通知などのパーソナライズしたコンテンツが表示されるフィードです。

[ウィジェット] パネルにアクセスするには、タスクバーの専用 [ウィジェット] アイコンを使用するか、ディスプレイの端から左にスワイプするか、または Windows キー + wを押します。パネルが画面の左側に開き、並び替えやサイズ変更はできません。パネルの上部には現在の時刻、およびパネル内に表示するトピックや関心事をカスタマイズするメニューがあります。

ウィジェットを表示または非表示にするには、[設定] メニューの [個人設定] を選択し、[ウィジェット] オプションを切り替えます。

ウィジェットをカスタマイズするには、[ウィジェット] パネルで [ウィジェットの追加] をクリックします。

マルチモニター コントロール

2番目のモニターを接続すると、Windows 11 のデフォルトで、メインディスプレイがミラーリングされます。この設定を変更し、2番目のモニターを別の目的に使用することができます。

Windows 11 では、複数のモニターを1つのコンピューターに接続する際に 4 つのオプションが用意されています。Windows キー + p を押し、モニター設定を表示します。

  • PC 画面: コンピューターの画面のみを表示します。

  • 重複: コンピューターと外付けデバイスの両方に同時に画面を表示します。

  • 拡張: コンピューターと外付けデバイスの両方に画面を拡張します。

  • 2番目の画面のみ: 外付けデバイスのみに画面を表示します。

複数のモニターにタスクバーを表示するには、[設定] メニューに移動し、[個人設定]、[タスクバー] の順に選択し、続いて [すべてのディスプレイにタスクバーを表示] を選択します。

2番目のモニターを使用するには、Windows キー + p を押します。

2番目のモニターの解像度設定を変更するには、[設定] メニューに移動し、[システム]、[ディスプレイ] の順に選択し、[ディスプレイの解像度] で設定を更新します。

タスク ビューと仮想デスクトップ

Windows 11 仮想デスクトップは、ユーザーが別の種類のアプリケーションを整理するために作成できる別のデスクトップです。

新しい仮想デスクトップを作成するには、タスク バーのタスク ビュー アイコン タスク ビュー アイコン にカーソルを合わせて、[新しいデスクトップ] を選択します。現在アクティブなデスクトップは デスクトップ 1と表示されています。タスク ビュー アイコンの上にカーソルを置くと、アクティブな仮想デスクトップがすべて表示されます。Windows キー + ctrl + 右矢印を押して、仮想デスクトップを右に切り替えます。Windows キー + Ctrl + 左矢印を押して、仮想デスクトップを左に切り替えます。

または、[タスク ビュー] アイコンを選択するか、Windows キー + tab を押して、リストの上部にすべてのアクティブなウィンドウを表示し、下部に仮想デスクトップを表示します。

仮想デスクトップの名前を変更するには、[タスク ビュー] メニューでサムネイルを右クリックし、[名前の変更] を選択します。

仮想デスクトップの背景を変更するには、[タスク ビュー] メニューでサムネイルを右クリックし、[背景の選択] を選択します。

ディスプレイの設定

Windows 11 では、自動 HDR (ハイ ダイナミック レンジ) および DRR (ダイナミック リフレッシュ レート) 表示設定になっています。

Windows 11 は自動 HDR をサポートします。設定で、[自動 HDR] をオンにして、サポート対象のゲームが自動的にアップスケールされ、そのような高解像度をサポートしていないゲームでは SDR を使用するようにします。[HDR の使用] をオンにして、ゲーム起動時に HDR がオンになるようにします。

Windows 11 では、DRR (ダイナミック リフレッシュ レート) がサポートされているため、自動的にリフレッシュ レートが上がって手書きやスクロールをするときによりスムーズな体験ができたり、リフレッシュ レートが下がって省電ができたりします。

DRR (ダイナミック リフレッシュ レート) の利用可能性は異なる場合があります。可変リフレッシュ レート (VRR) および 120Hz 以上のリフレッシュ レートをサポートするディスプレイを備えたノートブックで、DRR が提供されています。DRR には、Windows Update で入手可能な WDDM 3.0 グラフィックス ドライバも必要です。

[システム]、 > [システム]、 > [ディスプレイ]、 > [詳細設定] 画面の下で、リフレッシュ レートを選択できます。

スナップ

新しいスナップ体験では、1番目のモニターまたは2番目のモニターでアプリを並べて実行できます。各モニタで最大 4 つのアプリを実行できます。

ウィンドウを画面のさまざまな領域にドラッグすると、ウィンドウのサイズが自動的に変わります。

Windows 11 では、アプリ ウインドウの最大化アイコン上にカーソルを置き、スナップにアクセスできます。

スナップは、6つのレイアウトを提供しています (画面解像度によって変わります)。

Microsoft はスナップされたアプリの保存を改善しました。スナップ レイアウトを水平モードにしていて、ディスプレイを回転させると、そのアプリ ウィンドウは回転し、スナップされた位置に維持されます。また、外部モニターから装着および装着解除するときに、スナップされたウィンドウの位置も保存されます。

検索

Windows 11 に検索機能は含まれていますが、タスクバーの検索バーはなくなっています。

[スタート] をクリックして入力を始めると、自動的に改善された検索ユーザーインターフェースに切り替わります。

Microsoft Store

新しい Microsoft Store では、アプリ、ゲーム、映画、スペシャルオファーを探したり、インストールしたりすることができます。

新しいポップアップストアで、ブラウザからアプリをインストールできます。Web ページで Microsoft Store ダウンロード バッジをクリックすると、Microsoft Store でウィンドウが表示され、Web ページを閉じることなくインストールの管理ができます。

Amazon の Appstore から提供される Android アプリのカタログに、再設計されたアプリストア内でアクセスできます。Amazon はすでに、Appstore が Android App Bundles(AAB)をサポートすることを確認しました。これは、最終的に現在の APK 形式に置き換わる次世代 Android アプリ標準形式です。

ユーザーがお気に入りの Android アプリを Windows 11 で実行できるよう、Microsoft は、Linux Subsystem for Linux(WSL)に類似している Windows Subsystem for Android (WSA) を使用します。

Windows 11 には、オープンソース ソフトウェア スタックである Android Open Source Project (AOSP) との互換性の問題への対処として、新しい仮想マシン技術も含まれます。

Android Open Source Project(AOSP)があれば、Windows 11 は Google Play サービスのサポートは不要になり、ほとんどのアプリがデスクトップのオペレーティングシステムで動作するようになります。

また、Windows 11 にてアプリをサイドロードすることもできます。サイドロードは、Microsoft Store や Amazon Appstore に認定されていない Android アプリをデバイスにインストールするプロセスです。APKMirror などのサイトから APK をダウンロードし、ファイルをダブルクリックして、Windows デバイスにアプリをインストールできます。

Cortana と音声によるアクティブ化

Cortana は含まれていますが、デフォルトでは有効になっていません。

Cortana をアクティブ化するには、Cortana を検索して開きます。または、[スタート]、 > [すべてのアプリ]、 > [Cortana] と選択できます。

ログインすると、Windows タスクバー中央の上に小さなウィンドウがポップアップして、Cortana が表示されます。必要に応じて、Microsoft Edge Web ブラウザや Microsoft Office アプリなど、他のアプリが開くこともあります。

Cortana アプリにサインインしても、Windows 検索エクスペリエンスとは統合されなくなりました。Windows 検索に何かを入力しても、Cortana は応答しません。代わりに、Cortana アプリを起動し、アプリのチャット ウィンドウにクエリを入力する必要があります。

[プライバシと設定] で、Cortana の音声アクティブ化設定を調整できます。

新しい音声入力ランチャでは、選択したテキスト フィールドで音声入力をすばやく簡単に開始できます。ランチャはデフォルトではオフですが、Windows キー + hを押し、続いて画面の任意の場所に音声入力ウィンドウを置くことで、オンにすることができます。

Teams チャット

Windows 11 では、Microsoft Teams からのチャットがタスクバーに統合されています。

Windows、Android、iOS にて、テキスト、チャット、音声、または動画を介して、自分のすべての連絡先と接続できます。接続している相手が Teams アプリをダウンロードしていなくても、双方向 SMS を介して接続できます。

Teams チャットは完全な Microsoft Teams クライアントではありません。チャットやビデオ通話 (「Meet」) を管理できるだけです。Windows 11 内で Teams チャットを起動するには、タスクバーにある チャット アイコンをクリックするか、または Windows キー + cを押します。

Teams 2.0 には次の特徴があります。

  • 新しいチャット タスクバー アイコン

  • Windows キー + c ショートカット で チャットを起動する

  • お知らせとインライン返信

  • 電子メールアドレスまたは電話番号から連絡先を追加する

  • Teams から Teams のない連絡先に電子メールまたは SMS を送信する

  • SMS サポートにより、携帯端末のユーザーは SMS でチャットに参加して対話可能 (アメリカ、カナダ、メキシコ、ブラジル、コロンビア、インド、イギリスのみ)

  • 以前の Skype コンシューマー向けまたは Outlook.com 個人用連絡先を Teams に同期する (オプション)

  • タスクバーアイコンは、Windows システムの明暗モードのどちらもサポート

ファイルエクスプローラー

Windows 11では、新しいツールバーおよびファイル、アプリの新しいアイコンを含む、ファイルエクスプローラーに変更があります。

ツールバーは簡素化されています。新しいフォルダーの作成、コピー、貼り付け、名前の変更、削除など、基本のタスクの実行、アイコンの並べ替え、または表示の変更に役立つ簡素なアイコンです。

ネットワーク ドライブをマッピングする、ウィンドウ内のすべてのアイテムを選択する、オプションを開くなど、追加アイテムのその他のメニューその他のアイコンを開きます。

Windows 11 では、すべてのファイルエクスプローラー ウィンドウの四隅が丸みをおびています。

システム設定

システム設定メニューには、サウンド、電源とバッテリ、保存、クリップボード オプションの変更が含まれます。

以下のオプションのいずれかを選択し、プリインストール済みアプリが背景でどのように実行されるかを判定することができます。[常時]、[電源の最適化、]、[しない]。

Windows 11 には、約 100 の新しいサウンドがあります。

Bluetooth オーディオ デバイスなどの新しい出力または入力デバイスを追加またはペアリングするには、[設定]、 > [システム]、 > [サウンド] を選択し、[デバイスの追加] を選択します。

オーディオ デバイスを構成する、または名前を変更するには、[設定]、 > [システム]、 > [サウンド] でデバイスを選択します。

オーディオデバイスのドライバを更新するには、サウンド設定で、[ドライバの更新の確認] を選択します。

これで [音量ミキサー] ウィンドウがサウンド設定で利用可能になりました。

Windows 11 では、アプリごとにサウンドを制御できます。

バッテリのパフォーマンスを調整するには、[設定]、 > [システム]、 > [電源とバッテリ] を選択し、[電源モード] の下で以下のいずれかのオプションを選択します。[最高の電源効率]、[バランス]、[最高のパフォーマンス]。

外付けストレージ デバイスにファイルをバックアップする、またはフル バックアップを実行するには、[システム]、 > [ストレージ]、 > [詳細なストレージ設定]、 > [バックアップ オプション] にアクセスします。バックアップ オプションはコントロール パネルにもあります。

クリップボード履歴機能では、最大25の画像、テキスト、スクリプト、リンク、ドキュメント、および4MB未満の動画が記憶されます。上限に達した後、最後にコピーした項目は、新しい項目をコピーするたびにクリップボードから削除されます。項目がクリップボードにピン留めされていない限り、コンピューターを起動するたびにクリップボードの履歴リストがリセットされます。

クリップボード履歴機能はデフォルトでは無効になっています。

ネットワークとインターネット

Wi-Fi 6E は Windows 11 で利用可能です。Windows 11 では、ボタンをクリックして個々の無線 LAN またはイーサネット アダプターを有効または無効にし、各アダプターの現在のステータスの概要にアクセスすることもできます。

Wi-Fi 6E により、速度を上げ、容量を増やし、遅延を低減させ、セキュリティを高めることが可能になります。

注:

Wi-Fi 6E には、Wi-Fi 6E デバイスおよび対応ドライバを搭載したコンピューターが必要です。

アプリ

Windows 11 アプリの設定では、どのアプリでどの種類のファイルを開くかを選択または変更できます。

Windows 設定を開くには、Windows キー + i を押すか、[スタート] ボタンを右クリックして [設定] を選択します。

デフォルトのアプリを変更するには、ファイルの種類で検索します。[設定]、 > [アプリケーション]、 > [デフォルトのアプリケーション] を選択し、[ファイルの種類またはリンクの種類のデフォルトを設定] を選択し、アプリと関連付けるファイルの拡張子の名前を入力します。例えば、テキストファイルの txt を入力し、jpeg 画像には jpg と入力します。

未登録の拡張子を入力する場合、[デフォルトの選択] を選択して、その拡張子のデフォルトのアプリを設定します。

アカウント

Windows 11 のバージョンでインストール要件が決まります。Windows 11 Home のインストールには、インターネット接続および Microsoft アカウントが必要です。Windows 11 Home では、インストール後にローカル アカウントを使用することができます。Windows 11 の他のエディションは、インターネット接続または Microsoft アカウントなしでインストールできます。

Windows Hello、セキュリティキーまたはパスワードを使用して Windows にサインインできます。

Windows Hello では、顔、指紋または PIN を使用してサインインすることができます。Windows Hello を使用して、ロック画面でデバイスにサインインし、Web でアカウントにサインインできます。

セキュリティ キーは、ユーザー名とパスワードの代わりに使用してログインできる、USB キー、スマート フォン、またはアクセス カードなどの物理デバイスです。指紋または PIN に加え、セキュリティ キーが使用されます。

ゲーム

Windows 11 設定アプリには、ゲームモードを有効にできる専用のゲームタブがあります。このタブには、デバイスの各アプリの GPU 設定を構成するショートカットも含まれています。

ゲームのパフォーマンスを向上させるために、コンピューターに専用のグラフィックスカードがある場合、ゲームのプレイ中にカードを使用するよう設定することができます。

ゲーム用にコンピューターを構成する方法:

  1. [設定]、 > [ゲーム]、 > [ゲーム モード]、 > [グラフィックス] を選択します。

  2. 設定したいゲームを検索します。

  3. [オプション] を選択し、[ハイパフォーマンス] を選択します。

ユーザー補助

Windows 11 では、ナレーター、拡大鏡、クローズド キャプション、Windows 音声認識、画面読み上げ、拡大プログラム、CART サービス、音声コマンドなどの補助技術が提供されています。

Windows Update

Windows 11 の Windows Update では、更新にかかる推定時間が表示されます。この情報は、更新が保留中の場合、Windows Update ページおよびシステム トレイで入手可能です。

ライセンス認証

Windows のライセンス認証を行ってから、個人設定を行い、すべての機能を使用する必要があります。



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...