HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Enterprise、HP PageWide Enterprise - アドレス帳のセットアップと設定

アドレス帳をセットアップおよび設定する方法について説明します。

はじめに

アドレス帳は、プリンタのコントロール パネルから文書を送信されたときにすばやく選択できるように保存されている、頻繁に使用する連絡先のリストです。次のプリンタ機能を有効にするには、アドレス帳 ページを使用します。

  • 検索パラメータの設定

  • 個人またはグループの連絡先の追加

  • 既存の連絡先の編集

ネットワーク連絡先の設定

アドレス帳 ページの ネットワーク連絡先の設定 領域を使用して、ネットワーク連絡先を有効にして、ネットワーク連絡先を確認するための検索方法を指定します。

注:

プリンタに保存されている連絡先を設定する前に、この手順を実行します。

検索方法の設定

次の手順に従って、ネットワーク連絡先の検索方法を設定します。

  1. 上部ナビゲーション タブを使用して、スキャン/デジタル送信 をクリックします。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、アドレス帳 または 連絡先 をクリックします。

  3. 検索方法を選択します。

    • クイック検索 (検索文字列で始まる一致を検索します。)

    • 詳細検索 (検索文字列を含む一致を検索します。)

個人用連絡先の有効化 (オプション)

個人用連絡先を有効にするには、次の手順を実行します。

個々のユーザーの Microsoft Exchange Server 個人用連絡先リストから、個々のユーザーの個人用連絡先にアクセスします。これらのアドレスは、ユーザーが Windows を使用してプリンタのコントロール パネルでサインインし、個人用連絡先 のアドレス帳表示を選択した場合に使用できます。

注:

最新の Microsoft Exchange サーバーからアドレス帳をインポートした際に問題が発生した場合は、HP サポートにお問い合わせください。

  1. 上部ナビゲーション タブを使用して、スキャン/デジタル送信 をクリックします。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、アドレス帳 または 連絡先 をクリックします。

  3. 個人用連絡先を有効にする (デバイスで Windows にサインインする場合) チェック ボックスをオンにします。

  4. Exchange サーバーをテスト ボタンをクリックして、Microsoft Exchange Server との接続をテストします。

    1. Windows ドメイン:Windows ドメイン名を入力します。

    2. ユーザー名:ユーザー名を入力します

    3. パスワード:パスワードを入力します

    4. テスト: 連絡先名を 3 文字以上入力し、テスト ボタンをクリックします

  5. 適用 をクリックして設定を保存します。

ネットワーク連絡先の有効化 (オプション)

ネットワーク連絡先を有効化する方法について説明します。

はじめに

Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) 機能は、ネットワーク アドレス帳へのアクセスを提供します。次のセクションを使用して、ネットワーク連絡先機能を設定します。

注:

LDAP 機能と互換性があるように、プリンタには正しいファームウェア バージョンをインストールする必要があります。

作業を開始する前に

管理者は、設定プロセスを開始する前に以下の情報が必要です。

ネットワーク連絡先の設定

  • サーバ認証要件

  • 検索を開始するパス (BaseDN、検索ルート) (例:o=mycompany.com)

  • 入力された名前を照合する属性 (例:cn または samAccountName)、電子メール アドレスを取得する属性 (例:mail)、およびコントロール パネルに名前を表示する方法の属性 (例:displayName)

デフォルト SMTP 設定

  • SMTP サーバ (例:smtp.mycompany.com)

  • SMTP ポート (例:25、587、465)

  • セキュリティで保護された接続の要件 (例:常にセキュリティで保護された接続を使用 (SSL/TLS))

  • 認証に使用されるユーザー名とパスワード (該当する場合) を含む、送信電子メール メッセージの SMTP サーバ認証要件

LDAP サーバーからの連絡先の取得

LDAP サーバーからアドレスを取得すると、ユーザーがプリンタのコントロール パネルでそのアドレスを使用できるようになります。これらのアドレスは、ユーザーが すべての連絡先 のアドレス帳表示を選択した場合に使用できます。

  1. 上部ナビゲーション タブを使用して、スキャン/デジタル送信 をクリックします。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、アドレス帳 または 連絡先 をクリックします。

  3. ネットワーク連絡先を有効にする (LDAP サーバーを使用) チェック ボックスをオンにします。

  4. 追加 をクリックします。

  5. LDAP サーバー Address フィールドに、LDAP サーバーの IP アドレスを入力します。LDAP サーバーの名前が不明な場合は、自動検出 をクリックして使用可能な LDAP サーバーのリストを取得します。使用する LDAP サーバーを選択し、OK をクリックします。

    注:

    目的の LDAP サーバーがこのリストに含まれていない場合は、管理者に連絡して、IP アドレスと属性コードを取得してください。

  6. SSL を有効にするには、SSL を使用 チェック ボックスをオンにします。

  7. LDAP サーバーが認証を要求する場合は、サーバー認証要件 領域で LDAP サーバーに適切な認証タイプを選択します。選択した認証のタイプによっては、この領域の他のフィールドの一部が必須でないため、そのフィールドが使用できない場合があります。入力必須フィールドに情報を入力します。必ず、LDAP サーバーの設定と完全に一致する名前を使用してください。

    注:

    Windows 認証情報を使用してサインインする個人ユーザーは、その Windows 認証情報を使用して LDAP サーバー認証を行うオプションを選択します。

    プリンタが LDAP サーバーと通信するための認証のタイプ

    認証タイプ

    説明

    サーバーによる認証が不要

    サーバーが、LDAP データベースへアクセスするためのユーザー認証情報を必要としません。

    この認証のために MFP のユーザー認証情報を使用するというオプションは、使用できません。

    サーバーによる認証が必要

    プリンタのコントロール パネルでサインオン後、ユーザー資格証明を使用して接続します。

    Windows ネゴシエート (SPNEGO):

    LDAP データベースへアクセスするためにサーバーはユーザー認証情報の入力を要求し、かつ、パスワードと認証情報がネットワークに送信される際に暗号化が行われます。

    ドメイン フィールドと、MFP ユーザー認証情報を使用するオプションは有効です。

    簡易認証情報:

    LDAP データベースへアクセスするためにサーバーはユーザー認証情報の入力を要求しますが、パスワードがネットワークに送信される際に暗号化は行われません。

    ユーザー名とパスワードのフィールドは有効です。

  8. LDAP データベース検索設定 領域で、自動検出 をクリックしてデータベースの検索を開始するポイントを指定します。

    注:

    デフォルトでは、Active Directory 属性を使用します。これらの属性が機能しない場合は、カスタム属性を使用 オプションを試し、自動検出 ボタンをクリックして、正しい属性を見つけます。

  9. 適切な 属性名のソース を選択します。属性フィールドは、自動的に入力されます。

  10. LDAP 取得のテスト 領域で、属性値の一部 (受信者名の一部など) を入力して テスト をクリックすると、LDAP 取得をテストします。3 文字以上を入力してください。

デバイスに保存する連絡先のセットアップ

インポート ボタンを使用すれば、頻繁に使用する連絡先の大きなリストを、一度に 1 つずつではなく一括でプリンタにロードすることができます。

複数のプリンタに対して連絡先を追加するには、それらを 1 つのプリンタに追加し、リストに編集を加えてから、インポート および すべてエクスポート 機能を使用してそれらのアドレスを他のプリンタに転送するのが最適な方法です。

アドレス帳のタスク

アドレス帳タスクを実行する方法について説明します。

連絡先を追加 または グループを追加 をクリックすると開く 連絡先を追加 または グループを追加 ページで、連絡先またはグループを追加します。

連絡先の追加

連絡先を追加するには、以下の手順を実行します。

  1. 連絡先を追加 をクリックします。連絡先を追加 ページが表示されます。

  2. 次のフィールドに入力します。

    • 連絡先名 または 表示名:連絡先名を入力します (必須)

    • 名:名を入力します (オプション)。

    • 姓:姓を入力します (オプション)

    • 電話番号:電話番号を入力します (オプション)

    • ファックス番号:ファックス番号を入力します (必須の場合があります)

    • 電子メール アドレス:電子メール アドレスを入力します (必須の場合があります)

    注:

    電子メール アドレス、ファックス番号、またはネットワーク フォルダを連絡先に入力する必要があります。

  3. スキャン/デジタル送信にネットワーク フォルダを使用する場合は、 ネットワーク フォルダ ドロップダウンリストで [標準の共有フォルダ] を選択し、UNCフォルダ パス フィールドに以下の形式でフォルダの UNC パスを追加します。 \\host\share.

    • 標準の共有フォルダ

    • FTP フォルダ

  4. 新しい連絡先をプリンタに保存するには、OK ボタンをクリックします。

グループの追加

グループを追加するには、以下の手順を実行します。

  1. グループを追加 をクリックします。グループの追加 ページが表示されます。

  2. 電子メール グループの追加:

    1. 電子メール グループの追加 を選択します。

    2. 新しいグループの名前を グループ名 または 表示名 フィールドに入力します。

    3. グループにメンバを追加するには、メンバーを追加 フィールドに電子メール アドレスを入力するか、またはアドレス帳から追加します。

  3. フォルダ グループの追加:

    1. フォルダ グループの追加 を選択します。

    2. 新しいグループの名前を グループ名 フィールドに入力します。

    3. アドレス帳からフォルダを追加します。

  4. すべてのメンバをまたはグループをグループに追加したら、OK ボタンをクリックしてグループを保存します。

連絡先またはグループの編集

連絡先またはグループを編集するには、次の手順を実行します。

  1. 編集する連絡先またはグループを選択します。検索フィールドに名前を入力して、特定の連絡先を検索できます。

  2. 編集 ボタンをクリックします。

  3. 連絡先またはグループに必要な変更を加えます。

  4. OK ボタンを押して、編集内容を保存します。

連絡先またはグループの削除

連絡先またはグループを削除するには、次の手順を実行します。

  1. 削除する連絡先またはグループを選択します。検索フィールドに名前を入力して、特定の連絡先またはグループを検索できます。

  2. 削除 ボタンをクリックします。

  3. 表示されるページで、選択した連絡先またはグループの削除を確認するよう求めるプロンプトが表示されます。一度削除した連絡先またはグループを復旧する方法はありません。OK をクリックし、選択内容を確認します。連絡先またはグループが削除されます。

アドレス帳のインポート/エクスポート

アドレス帳とユーザー情報をプリンタにインポートまたはプリンタからエクスポートするには、このページを使用します。

データをプリンタにインポートするとき、新しい連絡先、ファックス短縮ダイアル、またはユーザー アカウントを追加して、プリンタ上でアクセスできるようにします。これにより、初期リストの作成が簡単になり、情報の変更に合わせて HP プリンタを最新の状態に保つことができます。

レコードをエクスポートすると、電子メール アドレス、ファックス番号、またはユーザー レコードをプリンタからコンピュータ上のファイルに保存します。このファイルは、バックアップ データとして使用できます。また、このファイル内のレコードを別の HP プリンタにインポートすることができます。

アドレス帳のインポート

アドレス帳をインポートするには、最初にカンマ区切り (CSV) 形式でファイルを作成します。CSV 形式は、データベース プログラム間やプリンタ間でデータを転送するために使用される一般的なデータ形式です。

このファイルは、Microsoft Excel などの表計算プログラムや Microsoft のメモ帳などのテキスト エディタを使用して作成できます。ファイルを作成した後、必ずそのファイルを .CSV ファイル タイプで保存またはエクスポートしてください。Microsoft Outlook または他の電子メール クライアントから連絡先をエクスポートし、それを .CSV ファイルに保存する方法で、データ ファイルを作成することもできます。

注:

.CSV ファイルの作成またはインポートを支援するには、既存のアドレス帳をエクスポートしてテンプレートとして使用してみてください。

アドレス帳のインポート

アドレス帳をインポートするには、次の手順を実行します。

  1. データに必要な列とヘッダ行を含むデータ ファイルを作成します。以下の列を使用できます。

    • 名前 (または「名」と「姓」)

    • アドレス (または「電子メールアドレス」、「電子メール」、「e-メール」、または「メール アドレス」)

    • dlname

    • ファックス番号 (または「ビジネス ファックス」、「ホーム ファックス」、または「その他のファックス」)

    • 短縮ダイアル

    • コード

    • PIN

    ヘッダ行は、単純に表計算シートまたはファイルの最初の行です。

  2. ヘッダ行の後に、各アドレス帳またはユーザー レコードを含む行を追加します。各タイプのレコードでどの列が必要なのか判断するには、以下の「必要なデータとレコードの制限」セクションを参照してください。

    空白の列を使用できます。テキスト インポート ファイルを作成する場合は、空白フィールドごとにカンマを挿入します。

    フィールドのデータにカンマが含まれる場合、キャリッジ リターン (\r)、またはライン フィード (\n) 文字、そのフィールドのデータは、次のように引用符で囲む必要があります。

    "Smith, Joe"

    二重引用符が含まれるフィールドは、二重引用符で囲む必要があります。個々の二重引用符は、一対の二重引用符で表します。

    Excel を使用してインポート ファイルを作成する場合は、ファイルが .CSV ファイルに変換されたとき、引用符は Excel により自動的に挿入されるので、引用符は挿入しません。

  3. インポート ファイルを保存します。

    Excel で作成した場合は、ファイル メニューから 名前を付けて保存 を選択し、ファイルの種類 ドロップダウン メニューから [CSV (カンマ区切り) (*.csv)] を選択します。

    テキスト ファイルとして作成した場合は、ファイル メニューから 名前を付けて保存 を選択し、次にファイル拡張子として「.txt」の代わりに「.csv」を指定します。

  4. ソース ファイルをプリンタにインポートするには、デバイスに保存されている連絡先 の下にある インポート ボタンをクリックし、その後で 参照... ボタンをクリックして、ソース データ ファイルを参照します。ファイルが暗号化されている場合は、暗号化キーを入力します。

  5. インポート をクリックし、プリンタにデータ ファイルをインポートします。ネットワークの速度にもよりますが、インポート プロセスでは、1,000 レコードごとに約 1 分かかります。

    インポート プロセスが完了すると、インポートされたレコード数およびインポート エラーの有無を示すメッセージが表示されます。

必要なデータおよびレコードの制限

各レコード タイプのデータ制限とレコード制限を確認します。

必要なデータおよびレコードの制限

レコード タイプ

必要なデータ

最大フィールド長

電子メール アドレス

名前 (または「名」と「姓」)

アドレス1

64 Unicode 文字

256 Unicode 文字

ユーザー レコード

名前

pin

アドレス1

245 文字

4 ~ 8 桁

255 文字

電子メール配信リスト

名前

アドレス1

dlname

64 Unicode 文字

256 Unicode 文字

64 Unicode 文字2

ファックス番号

名前

ファックス番号1

64 Unicode 文字

80 Unicode 文字

ファックス短縮ダイアル

ファックス番号1

短縮ダイアル2

コード2

80 Unicode 文字

64 Unicode 文字

2 桁

最大 100 個の短縮ダイアル。それぞれが最大 100 個のエントリ

1 [アドレス] フィールドは、[電子メールアドレス]、[Eメール]または [e-メール アドレス] とも呼ばれます。[ファックス番号] フィールドは、[ビジネス ファックス]、[自宅ファックス]、または [その他のファックス] とも呼ばれます。

2 [短縮ダイアル] フィールドには、「Johnson Janitorial」など、短縮ダイアルの名前を記入し、[コード] フィールドには、08 など、短縮ダイアル コード (0 ~ 99 の数字) を記入します。1 桁または 2 桁の数字を使用できます。たとえば、06 または 6 のいずれかを使用できます。

Microsoft Outlook を使用したインポート ファイルの作成

Microsoft Outlook に連絡先を保存してある場合は、その連絡先を .CSV ファイルに保存し、そのファイルを使用して連絡先をプリンタにインポートします。

  1. Outlook の ファイル メニューから、インポートエクスポート... を選択します。

  2. インポートとエクスポート ウィザード で、ファイルへ エクスポート をクリックし、次へ をクリックします。

  3. カンマ区切り値 (DOS) を選択し、次へ をクリックします。

  4. 連絡先 フォルダを選択し、次へ をクリックします。

  5. .CSV 拡張子を付けて、ファイルの名前を入力します。参照 をクリックし、ファイルの保存先となるコンピュータ上の場所を選択します。[次へ] をクリックします。

  6. 終了 をクリックしてウィザードを終了し、ファイルをエクスポートします。

  7. プリンタに .CSV ファイルをインポートするには、「アドレス帳のインポート」の説明の手順 4 と 5 に従います。

アドレス帳のエクスポート

プリンタに保存されたアドレス帳またはユーザー情報は、1 行のヘッダ行の後に各ユーザーまたはアドレス帳レコードに 1 行が続く形式の .CSV ファイルにエクスポートできます。

エクスポート ファイルは、Microsoft Excel などの表計算プログラム、またはメモ帳などのテキスト エディタで開きます。

  1. すべてエクスポート... ボタンをクリックします。

  2. エクスポートするオブジェクトの横にあるチェック ボックスをオンにします。ファイルが暗号化されている場合は、暗号化キーを入力します。次の選択肢があります。

    • アドレス帳

    • ファックス短縮ダイアル

    • ユーザーアクセスコードのリスト

  3. エクスポート ボタンをクリックします。

  4. ファイルの保存 ボタンをクリックします。

  5. 表示されたダイアログ ボックスの中で、保存 をクリックし、次にファイルの保存場所を選択します。



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...