HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Enterprise、HP PageWide Enterprise - ファックス アーカイブのセットアップと設定

ファックスのアーカイブと転送の設定方法について説明します。

はじめに

ファックスのアーカイブと転送 ページを使用して、プリンタのコントロール パネルでファックスのアーカイブと転送の設定を指定します。

ファックス アーカイブ 設定を使用して、送受信ファックスのすべてのコピーを電子メール アドレス、ネットワーク フォルダ、または FTP サーバに送信します。

ファックス転送 転送を使用して、すべての受信および送信ファックスのコピーを別のファックス番号に送信できます。

作業を開始する前に

ファックスをアーカイブおよび転送するには、プリンタにファックス機能を設定する必要があります。

ファックス ケーブルをプリンタのファックス ポートと壁の電話ジャックに接続します。

管理者は、設定プロセスを開始する前に以下の情報が必要です。

  • プリンタへの管理者アクセス権

  • DNS サフィックス (例:companyname.com)

  • SMTP サーバ (例:smtp.mycompany.com)

    注:

    SMTP サーバ名、SMTP ポート番号、または認証情報がわからない場合は、電子メール/インターネット サービス プロバイダまたはシステム管理者にお問い合わせください。SMTP サーバ名とポート番号は、通常はインターネットを検索すればわかります。たとえば、「Gmail SMTP サーバ名」や「yahoo SMTP サーバ 名前」などで検索します。

  • 認証に使用されるユーザー名とパスワード (該当する場合) を含む、送信電子メール メッセージの SMTP サーバ認証要件。

ファックスのアーカイブの設定

ファックス アーカイブ 設定を使用して、送受信ファックスのすべてのコピーを電子メール アドレス、ネットワーク フォルダ、または FTP サーバーに送信します。

  1. [ファックス] タブを選択します。

  2. 左側のナビゲーション ウィンドウで、ファックスのアーカイブと転送 を選択します。

  3. ファックス アーカイブ ドロップダウン リストから、次のいずれかのオプションを選択します。

    • アーカイブしない (印刷のみ)

    • アーカイブと印刷

    • アーカイブのみ

  4. アーカイブするファックス ジョブのタイプ を選択します。

    • すべてのファクス

    • 送信済みファックス

    • 受信ファックス

  5. アーカイブ エラー時 オプションを選択します。

    • 何もしない

    • 受信ファックスの印刷

    • 受信ファックスを保存

  6. アーカイブ失敗通知の印刷 を有効にするには、チェック ボックスをオンにします。

  7. アーカイブ先 をネットワーク フォルダまたは FTP サーバーに設定するには、次の手順を実行します。

    • FTP サーバー のオプションを選択して FTP サーバー 領域に設定を入力します。

    • ネットワーク フォルダ を選択して フォルダ設定 領域に設定を入力します。

  8. アーカイブ先電子メール アドレスに設定するには、宛先/差出人 フィールドに電子メール アドレスを入力し、送信電子メール サーバー (SMTP) 領域で送信 SMTP サーバーを選択するか、追加... をクリックして送信電子メール サーバー (SMTP) ウィザードを起動し、次の手順に従います。

    1. SMTP サーバーのアドレスを入力し、次へ をクリックします。

    2. 送信電子メール サーバーのネットワークを検索 を選択し、次へ をクリックします。

    3. サーバーを選択し、次へ をクリックします。

      注:

      SMTP サーバーが別の製品機能に既に作成されている場合は、別の機能で既に使用しているサーバーを使用する オプションが表示されます。このオプションを選択して電子メール機能に使用するよう設定します。

    4. サーバーに接続するための必要な基本情報を設定 ダイアログで、使用するオプションを設定し、次へ をクリックします。

      注:

      オンライン ソースを参照してこれらのサーバー設定が最新であり、設定の時点で有効である必要があります。

      • 5 メガバイト (MB) を超える電子メールを送受信する際の問題を防ぐために、 (MB) より大きい場合は電子メールを分割 に数字を入力します。

      • ほとんどの場合、デフォルトのポート番号を変更する必要はありません。

      • 電子メール サービスに Google™ Gmail を使用している場合は SMTP SSL プロトコルの有効化 チェック ボックスをオンにします。通常、Gmail の場合、SMTP アドレスは smtp.gmail.com、ポート番号は 465 で SSL は有効にする必要があります。

    5. サーバー認証要件 ダイアログで、サーバーの認証要件を説明しているオプションを選択し、次へ をクリックします。

      注:

      サインインしたユーザーの認証情報を使用する場合、プリンタのコントロール パネルで、ユーザーによるサインインが必要になるように電子メールを設定します。セキュリティ タブの アクセス制御 ダイアログにある サイン インおよび権限ポリシー 領域の デバイス ゲスト 列で電子メールのチェック ボックスをオフにして、電子メールへのデバイス ゲスト アクセスを拒否します。チェック ボックスのアイコンがチェック マークからロックに変更されます。

      • サーバーによる認証が不要

      • サーバーによる認証が必要

        • コントロール パネルでサインイン後、ユーザー認証情報を使用して接続する、または

        • 常にこれらの資格証明を使用 し、 ユーザー名パスワード を入力します。

    6. サーバー使用状況 ダイアログで、この SMTP サーバー経由で電子メールを送信する製品機能を選択し、次へ をクリックします。

      注:

      サーバーが認証を要求する場合は、プリンタから自動警告とレポートを送信するためのユーザー名とパスワードが必要になります。

    7. 概要およびテスト ダイアログで、テスト電子メールの宛先 フィールドに有効な電子メール アドレスを入力し、テスト をクリックします。

    8. すべての設定が正しいことを確認し、終了 をクリックして、送信電子メール サーバーのセットアップを完了します。

  9. 選択した設定を確認し、適用 をクリックしてセットアップを完了します。

ファックス転送の設定

ファックス転送 転送を使用して、すべての受信および送信ファックスのコピーを別のファックス番号に送信できます。

  1. ファックス転送の有効化 チェック ボックスを選択します。

  2. 転送するファックス ジョブのタイプ を選択します。

  3. ファックス転送番号 フィールドに、ファックス番号を入力します。

  4. 選択した設定を確認し、適用 をクリックしてセットアップを完了します。



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...