HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11

    よくある質問と回答はこちら

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HPビジネス向けノートブックPC - HPバッテリヘルスマネージャー

HPバッテリヘルスマネージャーは、ほとんどのHPビジネス向けノートブックで利用できるBIOSレベル設定です。ノートブックのバッテリが時間の経過とともにバッテリ膨張や化学的劣化を早める可能性がある主な要因 (たとえば過度な充電状態) にさらされるリスクを軽減することで、バッテリの寿命を最適化するために設計されています。

詳細については、「mitigating battery swelling with HP Battery Health Manager」 (HPバッテリヘルスマネージャーでバッテリ膨張のリスクを軽減する方法) (英語) を参照してください。

リチウムイオンバッテリの利点、化学的劣化、バッテリ膨張を加速する要因についての詳細は、「HP Notebook PCs - Lithium-Ion Batteries」 (HPノートブックPC - リチウムイオンバッテリ) を参照してください。

バッテリ膨張について、およびバッテリ膨張の兆候が見られる場合の対応についての詳細は、「」 (HPノートブックPC - ノートブックのバッテリが膨張または変形する) をご覧ください。

HPバッテリヘルスマネージャーのインストール

HPバッテリヘルスマネージャーは、2016年以降のすべてのHPビジネス向けノートブックで利用できます。

お使いのコンピューターのBIOS (F10 > Advanced > Power Management Options (詳細設定) (電源管理オプション)) でHPバッテリヘルスマネージャーが利用できない場合は、BIOSをデバイスの最小要件にアップデートしてください。HPバッテリヘルスマネージャーが利用できる最小BIOSバージョンを特定するには、「HP Introduces HP Battery Health Manager」 (HPでは、HPバッテリヘルスマネージャー機能を導入) にアクセスしてください。

最適な設定の選択

HPバッテリヘルスマネージャーを有効にし、使用状況やコンピューターの使用期間に基づいて、[Let HP Manage My Battery Charging] (HPによりバッテリの充電を管理する)、または [Maximize My Battery Health] (バッテリヘルスを最大化する) のいずれかを選択することをお勧めします。

HPによるバッテリの充電管理設定

[Let HP Manage My Battery Charging] (HPによるバッテリの充電管理) 設定により、時間の経過ともなう使用状況や温度に基づき、システムのバッテリ充電方法が動的に変更されます。

この設定は、以下の状況の際に使用します。

  • ノートブックを定期的に外部AC電源から外し、バッテリを放電する使用環境。

  • 組織で単一のプロセスが多い場合。

  • 使用期間が1年未満のノートブック。

バッテリ寿命の最大化設定

[Maximize My Battery Health] (バッテリ寿命の最大化) 設定により、ノートブックバッテリの最大充電状態が80%に制限されます。バッテリヘルスが最適化されることが証明済みで、充電状態が高くなることでバッテリが膨張するリスクが軽減されます。

この設定は、以下の状況の際に使用します。

  • ノートブックを外部AC電源に接続し続けたままで、外して放電することがほとんどない環境 (リモートオフィス環境を含む)。

  • 使用期間が1年以上のノートブック (1年以上のシステムは、時間の経過とともに充電状態が高くなるなど加速要因にさらされている可能性があります)。

HPバッテリヘルスマネージャーの設定の変更

BIOSにHPバッテリヘルスマネージャーがある場合は、手動で、またはMicrosoftあるいはHPクライアント管理ツールを使用して、HPバッテリヘルスマネージャーの設定をアップデートできます。HPバッテリヘルスマネージャーの推奨設定を、インストールベースのノートブックの使用状況と使用期間に基づいて事前に有効にしておくことが重要です。

BIOSのHPHPバッテリヘルスマネージャーの設定にアクセス

HPバッテリヘルスマネージャーの設定は、BIOSにあります。

注:

起動中に f10 キー押すと、BIOSにアクセスできます。

設定の順序や説明は、モデルにやシステムのBIOSバージョンによって異なる場合があります。

  1. コンピューターの電源をオフにします。次に、ACアダプターに接続していない場合は接続します。

  2. コンピューターの電源をオンにし、繰り返し f10 キーを押してBIOS Setup Utility (BIOSセットアップユーティリティ) を開きます。

  3. 矢印キーを使用して、Advanced > Power Management Options (詳細設定) (電源管理オプション) を選択します。

  4. 設定オプションを確認するには、[バッテリヘルスマネージャー] をクリックし、適切な設定を選択します。

管理ツールまたはダッシュボードを使用して設定を自動的に変更する

組織は、さまざまな管理ツールを使用して、インストールベース全体でHPバッテリヘルスマネージャーを管理および設定できます。HPでは、人気の管理ツールおよびダッシュボードを使用してHPバッテリヘルスマネージャーの設定を変更する方法に関する詳細情報およびサンプルスクリプトを記載したホワイトペーパーを作成しました。

詳細については、「Enabling Battery Health Manager in Your Environment」 (お使いの環境でバッテリヘルスマネージャーを有効にする) (英語) または「Improving Battery Health with Battery Health Manager」 (バッテリヘルスマネージャーでバッテリヘルスを向上させる) (英語) を参照してください。

リモートワーカーのバッテリ膨張のリスクを軽減する

企業は組織を迅速に再編し、ナレッジワーカーおよび他の重要な従業員のリモートワークを可能にしています。リモートワーカーのおよそ33%が作業用ノートブックを外部AC電源に接続したままにしているため、バッテリの充電状態が常時高い状態になっていることがあります。リモートワーカーの数が増えているため、HPバッテリヘルスマネージャーを使用して、常時電源に接続している環境でのバッテリヘルスおよびパフォーマンスを向上させることを推奨します。

詳細については、「Improving Battery Health with Battery Health Manager」 (バッテリヘルスマネージャーでバッテリヘルスを向上させる) (英語) を参照してください。



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...