HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP DeskJet 2600 プリンター - 「E4」エラー(紙詰まり)

印刷ジョブの途中で用紙送りが停止し、プリンターに「E4」エラーが表示され、[再開] ランプが点滅します。これはプリンターの内部に紙詰まりがある可能性を示しています。

注:

紙詰まりは、誤検出される場合があります。紙が詰まっていなくても、プリンターから紙詰まりが報告されることがあります。以下の手順は、紙詰まりの有無に関わらず適用されます。

「E4」エラーと [再開] ランプが点滅している例

以下の手順を、順番どおりに実行してください。各タスクの後にプリンターを使用して、問題が解決したかどうかを確認します。

紙詰まりをプリンターから取り除く

紙詰まりは、プリンターのあらゆる場所で発生します。一つの場所で紙詰まりが見つからない場合、見つかるまで次の場所を確認します。

キャリッジが自由に移動することを確認する

キャリッジがプリンターの片側から反対側まで邪魔されず移動できることを確認します。

  1. プリンターの電源を入れます。

  2. インク カートリッジ アクセスドアを開きます。

    インク カートリッジ アクセスドアを開く
  3. キャリッジがアイドル状態になり、静かになるまで待ってから作業を続けます。

  4. プリンターの電源を入れた状態で、プリンターの背面から電源コードを抜きます。

    警告:

    怪我や感電の危険を避けるため、プリンター内部を触る前に必ず電源コードを外してください。

  5. 懐中電灯を使用して、キャリッジの動きを妨げている用紙や異物がないか確認し、あれば取り除きます。

    注意:

    ローラーから用紙を引き出すときに破れてしまった場合、ローラーとホイールを調べて、プリンターの内部に破れた紙が残っていないか確認してください。プリンターに用紙の切れ端が残っていると、紙詰まりがさらに発生する可能性があります。

  6. インク カートリッジ アクセスドアからプリンターの中に手を入れ、キャリッジを手動で動かします。

    • キャリッジがプリンターの右側で止まっている場合は、プリンターの左側に動かします。

    • キャリッジがプリンターの左側で止まっている場合は、プリンターの右側に動かします。

    • キャリッジがプリンターの真ん中で止まっている場合は、プリンターの右側に動かします。

  7. 用紙や異物が残っていれば、取り除きます。

  8. キャリッジがプリンターの幅一杯に自由に移動できることを確認します。プリンターの左側までキャリッジをしっかりと押してから、右側に押します。

  9. インク カートリッジ アクセスドアを閉じます。

    インク カートリッジ アクセスドアを閉じる
  10. 電源コードをもう一度接続し、プリンターの電源を入れます。

自動ツールを使用して用紙ローラーをクリーニングする

自動ツールを使用して、プリンターの用紙ローラーをクリーニングします。

  1. プリンターの電源を入れます。

  2. 給紙トレイから用紙を取り除きます。

  3. 電源ボタンを押したまま [キャンセル] ボタン 3 回押し、[カラーコピーをスタート] ボタン 7 回押して、電源ボタンを放します。

    用紙ローラーがクリーニングされている間、約1分間プリンターから音が聞こえます。

自動ツールを使用してインクの染みをクリーニングする

プリンターの自動ツールを使用してインクのにじみをクリーニングして、紙詰まりを解消し、印刷品質を最適化します。

  1. プリンターの電源を入れます。

  2. 給紙トレイに用紙をセットします。

  3. 電源ボタンを押したまま [キャンセル] ボタン 3 回押し、[カラーコピーをスタート] ボタン 8 回押して、電源ボタンを放します。

    プリンターに用紙が1枚取り込まれ、1分ほど音が聞こえます。

プリンター内部の用紙ローラーを手動でクリーニングする

ほこり、用紙の繊維、紙片などが用紙フィード ローラーに付着していると、紙詰まりや給紙問題の原因となることがあります。プリンター内部にあるローラーをクリーニングし、もう一度印刷してみます。

  1. プリンターの電源を切り、電源コードを抜きます。

    警告:

    怪我や感電の危険を避けるため、プリンター内部を触る前に必ず電源コードを外してください。

  2. 給紙トレイを上げます。

    給紙トレイを上げる
  3. 給紙トレイ シールドを持ち上げて支えます。

  4. 給紙トレイを開いて中をのぞき込み、灰色の用紙ピック ローラーを見つけます。領域を照らすために懐中電灯が必要になることがあります。

    用紙ピック ローラーの位置
  5. 綿棒を水で軽く湿らせ、余分な水分を絞り取ります。

  6. 綿棒をローラーに押し当て、指でローラーを下から上に回転させます。軽くこすって、付着したほこりや汚れを拭きとります。

  7. 給紙トレイ シールドを下げます。

  8. ローラーが完全に乾くまで待ちます(約10分)。

  9. 電源コードをもう一度接続し、プリンターの電源を入れます。

プリンタのリセット

プリンタをリセットし、プリンタをエラーや障害から回復させます。

  1. プリンタの電源がオンになっている状態で、プリンタから電源コードを外します。

  2. 電源コードを電源から抜きます。

  3. 60 秒間待ちます。

  4. 電源コードを電源コンセントとプリンタに再接続します。

    注:

    プリンタの電源コードを電源コンセントへ直接接続することを、HP は推奨します。

  5. プリンタの電源をオンにして、リセットを完了します。

プリンターのメンテナンス

すべての手順を完了しても問題が解決しない場合、HP製品を修理または交換します。

HP カスタマー サポートへのお問い合わせ に移動して、プリンターの修理または交換を予約します。アジア太平洋地域の方は、地域のローカルサービスセンターが案内されます。

保証の状態を確認するには、HP 製品保証確認に移動します。保証期間外の製品については、修理料金がかかる場合があります。



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...