HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    新型コロナウィルス感染防止に努めながら修理サポートを継続しておりますが、出張修理において、ご訪問希望時間帯の偏りのため、サービスの遅れが生じております。比較的空いている夕方の時間帯もご検討ください。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP PC - Windows セキュリティを使用してウイルスやスパイウェアの問題を予防する(Windows 10)

Windows セキュリティは、ウイルスやスパイウェアによって発生するポップアップ、パフォーマンス低下、セキュリティ上の脅威からコンピュータを保護するのに役立ちます。マルウェアは、知らないうちにお使いのコンピューターに感染してしまうことがあります。電子メールメッセージから、インターネットへの接続時、またはUSBフラッシュドライブまたはその他のリムーバブルメディアを使用して特定のアプリケーションをインストールする際に、マルウェアがインストールされてしまいます。このドキュメントでは、Windows セキュリティを使用して、悪意のあるソフトウェアをスキャンし削除する方法を説明します。

Windows セキュリティは、お使いのコンピューターのマルウェアの感染を次の2つの方法で防止します。

  • リアルタイム保護:Windows セキュリティは、お使いのコンピューターに影響を及ぼす可能性のあるマルウェアを検出したときに通知します。アプリケーションにより重要な設定が変更されたときも通知します。

  • スキャンオプション: Windows セキュリティは、お使いのコンピューターにインストールされている可能性のあるマルウェアをスキャンします。スキャン中に検出された脅威を削除 (または一時的に隔離) することができます。

注:

Windows セキュリティは、お使いの Windows 10 のバージョンによって手順および画面が異なります。

Windows セキュリティを有効にする

Windows セキュリティを有効にするには、アプリケーションを開きオンにします。

注:

一部の HP コンピューターでは、Windows セキュリティは既にインストール済みで、有効になっており、自動的に起動しています。

  1. Windows で、[Windows セキュリティ] を検索して開きます。

    注:

    「Windows セキュリティがお使いのコンピューターを保護していません」というエラーメッセージが表示され、Windows セキュリティを開けない場合、このドキュメントの 「Unable to activate Windows Security」 を参照してください。

    検索結果からWindows セキュリティを選択
  2. [ウイルスと脅威の防止] 領域のメッセージを確認します。

    • シールドアイコンにチェックマークがある緑色の丸が表示され、「操作は必要ありません」というメッセージが表示された場合、Windows セキュリティは有効です。

    • シールドアイコンにxを囲う赤色の丸が表示され、「操作が必要です」というメッセージが表示された場合、シールドアイコン、[オン] の順にクリックします。

Windows セキュリティを有効にできない

Windows セキュリティを有効にできず、「現在、Windows セキュリティはコンピューターを保護していません」というエラーメッセージが表示される場合は、コンピューターに別のウイルス対策アプリケーションがインストールされている可能性があります。この問題を解決するには、Windows セキュリティを有効にする前に古いウイルス対策ソフトウェアを削除します。

前のアンチウイルスソフトウェアのアンインストールにヘルプが必要な場合、詳細については、「HP PCs - ソフトウェアのアンインストール(Windows 10, 8)」を確認してください。

ウイルス対策アプリケーションをアンインストールした後に、コンピューターを再起動し、「Enabling Windows Security」 に記載されている手順に従い、Windows セキュリティを有効にします。

Windows セキュリティを開く

Windowsで、[Windows セキュリティ] を検索して開くか、[スタート]、アプリの一覧の [Windows セキュリティ] の順にクリックします。

検索結果からWindows セキュリティを選択

Windows セキュリティでデバイスのパフォーマンスと正常性を確認する

Windows セキュリティを使用して、デバイスが最新の状態で、十分なストレージ容量があり、最新のドライバーであるかを確認します。

Windowsで、[Windows セキュリティ] を検索して開き、[デバイスのパフォーマンスと正常性] をクリックします。

状態レポートが表示されます。

Windows セキュリティの正常性レポート

ウィルスやスパイウェアをスキャンし、PCから削除する (Windows 10)

Windowsセキュリティを使用してウィルス、スパイウェア、またはその他のマルウェアをスキャンし、コンピューターから削除します。

  • クイックスキャン:クイックスキャンは、マルウェアに感染する可能性の高いハードディスクドライブ上の領域をチェックします。

  • フルスキャン:フルスキャンは、ハードディスクドライブ上のすべてのファイルと、現在起動中のプログラムをすべてチェックします。コンピューターがマルウェアに感性していることが疑われる場合、フルスキャンを実行してください。スキャンが完了するまでに1時間以上かかることがあり、スキャン中はコンピューターの動作が遅くなる可能性があります。

  • カスタムスキャン:カスタムスキャンでは、選択した特定のコンピュータードライブおよびファイルをチェックします。

  • Windows Defenderオフラインスキャン:Windows Defenderオフラインスキャンでは、ルートキットまたはなかなか駆除できないマルウェアをチェックします。このオプションを選択し、通常のWindowsシステム以外のマルウェアをチェックします。スキャンが完了するまでに15分かかることがあり、スキャンの一環としてコンピューターが再起動します。

    注:

    コンピューターがマルウェアやウィルスに感染している疑いがある場合、HPはWindows Defenderオフラインスキャンの使用をお勧めします。

  1. Windowsで、Windowsセキュリティを検索して開き、ウイルスと脅威の防止 をクリックします。

  2. クイックスキャンスキャンオプションまたは詳細スキャンの実行をクリックしてから、実行するスキャンの種類を選択します。

    • クイックスキャンを選択した場合、スキャンが開始されます。

    • スキャンオプションを選択した場合は、以下の手順に進み、システムのフルスキャン、カスタムスキャン、またはWindows Defenderオフラインスキャンを実行します。

    ウイルスと脅威の防止画面とスキャンオプション
  3. 次のスキャンオプションのいずれかを選択し、今すぐ > スキャンをクリックします。

    • フルスキャンを選択した場合、スキャンが開始されます。

    • カスタムスキャンを選択した場合、スキャンする特定のドライブまたはフォルダーを選択し、フォルダーの選択をクリックします。

      Windowsセキュリティのドライブとフォルダーの選択オプション
    • Windows Defenderオフラインスキャンを選択した場合、すべての開いているファイルを保存し、スキャンをクリックします。ユーザーアカウント制御ウィンドウが開いた場合は、はいをクリックします。

      注:

      オフラインスキャンが完了したら、コンピューターを再起動します。

      Windows Defenderのカスタムスキャンオプション作業内容の保存画面
  4. スキャンが完了するまで待ってから、結果を表示します。

    スキャン中にコンピューターが再起動した場合、ウイルスと脅威に対する保護を検索して開き、スキャンオプション > 保護履歴をクリックします。

    保護履歴には、Windowsセキュリティがコンピューターに対して特定した脅威の全ての一覧が表示されます。

    注:

    以前のバージョンのWindows 10では、脅威の履歴をクリックします。

  5. 詳細情報については、すべての履歴を表示するをクリックします。

    • 脅威が検出されなかった場合は、対処の必要はありません。

    • 脅威が検出された場合は、表示されるオプションから脅威をクリーンアップまたは 操作の開始などを選択してその脅威を解決します。

Windows セキュリティのスキャン結果を表示する

Windows セキュリティでクイック、フル、またはカスタムスキャンを実行した後、[スキャン] ウィンドウにスキャン結果が表示されます。ただし、Windows Defender オフラインスキャンの実行後は、スキャン結果を開いて表示する必要があります。

  1. Windowsで、[Windows セキュリティ] を検索して開き、[ウイルスと脅威の防止] をクリックします。

  2. [脅威の履歴] をクリックします。

最新、隔離済み、許可済みの脅威の一覧が表示されます。

注:

Windows セキュリティがデバイスについてこれまでに特定したすべての脅威の一覧を表示するには、[すべての履歴を表示する] をクリックします。

Windows セキュリティスキャンから除外する項目を選択する

スキャンの速度を上げるため、特定のファイル、場所、ファイルの種類、プロセスをスキャンから除外することができます。

注意:

スキャンから項目を除外すると、コンピューターは最新のマルウェアに対し脆弱なままとなります。

  1. Windowsで、[Windows セキュリティ] を検索して開き、[ウイルスと脅威の防止] をクリックします。

  2. [ウイルスと脅威の防止] の設定で、[設定の管理] をクリックします。

  3. [除外] 領域で、[除外の追加または削除] をクリックします。

    [ウイルスと脅威の防止] の設定の除外領域
  4. [除外の追加] の横にあるプラス記号(+)をクリックし、ドロップダウンメニューから [ファイル][フォルダー][ファイルの種類]、または [プロセス] をクリックします。

    [除外の追加] ドロップダウンメニューオプション
  5. 次のスキャンから除外するファイル、フォルダー、ファイルの種類、またはプロセスを選択します。

    • [ファイル] を選択した場合、除外するファイルを選択し、[開く] をクリックします。[ユーザー アカウント制御] ウィンドウが開く場合、[はい] をクリックします。

    • [フォルダー] を選択した場合、除外するフォルダーを選択し、[フォルダーの選択] をクリックします。[ユーザー アカウント制御] ウィンドウが開く場合、[はい] をクリックします。

    • [ファイルの種類] を選択した場合は、除外するファイルタイプの拡張子 (.docxなど) を入力し、[追加] をクリックします。[ユーザー アカウント制御] ウィンドウが開く場合、[はい] をクリックします。

    • [プロセス] を選択した場合は、除外するプロセス名 (検索など) を入力し、[追加] をクリックします。[ユーザー アカウント制御] ウィンドウが開く場合、[はい] をクリックします。

  6. 除外の一覧から、項目を削除したい場合は、削除する項目を選択し、[削除] をクリックします。

    除外されたアイテムの削除

Windows セキュリティを使用して、悪意のあるアプリケーションからフォルダーを保護する

ランサムウェアなど、悪意のあるアプリから、ファイルやフォルダーを保護するために [コントロールされたフォルダーアクセス] 機能を使用します。

  1. Windowsで、[Windows セキュリティ] を検索して開き、[ウイルスと脅威の防止] をクリックします。

  2. [ウイルスと脅威の防止] の設定で、[設定の管理] をクリックします。

  3. [コントロールされたフォルダー アクセス] 領域で、[フォルダー アクセスの制御を管理する] をクリックします。

    [ユーザー アカウント制御] ウィンドウが開いた場合、[はい] をクリックします。

    コントロールされたフォルダーアクセスを管理
  4. [コントロールされたフォルダーアクセス] 領域で、切り換えボタンをクリックします。

    ファイルやフォルダーを保護する方法を選択します
  5. ファイルやフォルダーを保護するご希望の方法により、以下のいずれかのオプションをクリックします。

    • [保護されたフォルダー] をクリックし、保護する特定のフォルダーを選択します。Windows 10 に事前に読み込まれた多くのフォルダーが自動的に保護されます。

      保護するフォルダーを選択する
    • [アプリをコントロールされたフォルダーアクセスで許可する] をクリックし、ファイルやフォルダーにアクセスできるアプリケーションを選択します。

      ファイルやフォルダーにアクセスできるアプリを選択します

Windows セキュリティの脅威を解決

Windows セキュリティが、望ましくないか有害なソフトウェアを検出した場合、スキャンウィンドウまたはスキャン履歴に、脅威を解決するための最適なオプションが自動的に表示されます。脅威を解決するには、[脅威をクリーンアップ] または [操作の開始] などを表示されたオプションから選択します。

注:

Windowsの [アンインストール] オプションを使用してマルウェアを削除することもできます。マルウェアと疑われるソフトウェアを検索し、検索結果の一覧でソフトウェアの名前を右クリックして、[アンインストール] をクリックします。

Windows セキュリティアップデートを入手する

ブロード バンド接続が常時接続でない場合や、あなたがアップデートをチェックしたい場合は、Windows セキュリティのセキュリティ アップ デートを手動で確認してインストールすることができます。

ウイルス、スパイウェア、その他のマルウェア定義は、Windows セキュリティがコンピューターに対する脅威を特定するために使用するファイルです。Microsoft では定期的に重要な更新を提供し、Windows のセキュリティを向上させています。これらの更新はコンピューターの保護にとって重要です。これらの定義を最新に保つため、Windows セキュリティは Windows Update と連携し、新しい定義が公開されると自動的にインストールします。ブロードバンドの常時接続をご利用の場合、Windows Update ツールが毎日自動的に更新をチェックするように設定します。

  1. タスクバーで、[検索] ボックスを使用して、「更新プログラムの確認」と検索して開きます。

  2. [更新プログラムの確認] をクリックします。

    更新プログラムの確認

検索が完了すると、更新プログラムが自動的にインストールされます。

最新のデバイス


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...