HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Pro MFP - プリンタにファックスの送受信を設定する

指示された順に次の手順を実行して、ファックス機能を設定します。

対象プリンタ

この文書の情報は、以下の HP LaserJet Pro 多機能プリンタ (MFP) を対象としています。

  • HP LaserJet Pro 300 color MFP M375

  • HP LaserJet Pro 400 MFP M425

  • HP LaserJet Pro MFP M426

  • HP LaserJet Pro MFP M427

  • HP LaserJet Pro 400 color MFP M475

  • HP Color LaserJet Pro MFP M476

  • HP Color LaserJet Pro MFP M477

  • HP LaserJet Pro MFP M521

  • HP LaserJet Pro 500 color MFP M570

HP LaserJet Pro MFP M428M429、または M479 モデルの場合、ファックス送受信のためにプリンタを設定する手順については、次の文書を参照してください。

HP LaserJet Pro MFP M428、M429、M479 - ファックスを送受信するためにプリンタを設定する

作業を開始する前に

ファックス サービスに接続するに、プリンタ設定を完了します。

重要:

プリンタを電話ジャックに接続する場合は、プリンタに付属の電話コードとアダプタを使用します。

その他の電話コードを使用しないでください。ファックスの送信で問題が発生する可能性があります。

注:

シリアル通信システムが使用されている国/地域では、プリンタにアダプタが付属しています。プリンタが接続されている電話ジャックに他の通信機器を接続するには、このアダプタを使用してください。

電話の接続タイプによっては、ファックスの設定を完了するために、回線スプリッタや追加の 2 線式の電話コードが必要になる場合があります。

ファックス ポートと電話回線出力ポートを識別するには、プリンタの背面にある以下のアイコンを確認してください。

ファックス ポート アイコン

ファックス ポート アイコン

電話回線出力ポート

電話回線出力ポート

手順 1:電話の接続タイプの特定

次の装置とサービスのタイプを確認し、使用する設定方法を決定します。使用される方法は、電話システムに既に設置されている装置やインストールされているサービスによって異なります。

注:

このプリンタはアナログ デバイスです。HP では、専用のアナログ回線でプリンタを使用することをお勧めします。

  • 専用電話回線:本プリンタが、電話回線に接続されている唯一の機器またはサービスです。

  • 音声通話:音声通話とファックス通信が同じ電話線を使って行われます。

  • 留守番電話機:留守番電話機がファックス通信と同じ電話回線を使って音声通話に応答します。

  • 音声メール:音声メールのサブスクリプション サービスがファックスと同じ電話回線を使用します。

  • 呼び出し音変更サービス:複数の電話番号を 1 つの電話回線と関連付け、番号ごとに異なる呼び出し音のパターンを設定できる電話会社のサービス。プリンタは割り当てられた呼び出し音のパターンを検出して、着信に応答

  • コンピュータ ダイアルアップ モデム:コンピュータは電話回線を使用して、ダイアルアップ接続経由でインターネットに接続します。

  • DSL 回線:電話会社によるデジタル加入者回線 (DSL) サービス。このサービスは、一部の国/地域で ADSL と呼ばれることがあります。

  • PBX または ISDN 電話システム:構内交換機 (PBX) 電話システム、または総合デジタル通信網 (ISDN) システム。

  • VoIP 電話システム:インターネット プロバイダ経由で提供される Voice over Internet Protocol (VoIP)。

手順 2:ファックス機能の設定

次のうち本プリンタのファックス送受信環境に一番近い説明のオプションを選択し、表示される手順に従ってファックスを設定します。

注:

本プリンタはアナログ ファックス デバイスです。HP では、専用のアナログ回線でプリンタを使用することをお勧めします。DSL、PBX、ISDN、VoIP などのデジタル環境の場合は、必ず適切なフィルタを使用し、デジタル設定を正しく設定してください。詳細については、ご利用のデジタル サービス プロバイダにお問い合わせください。

注:

4 つ以上のデバイスを電話回線に接続しないでください。

注:

このプリンタでは、音声メールはサポートされていません。

手順 3:ファックスの時刻、日付、ヘッダの設定

以下の方法のいずれかを選択して、ファックスの時刻、日付、ヘッダを設定します。

注:

米国とその他多くの国/地域では、時刻、日付、その他のファックス ヘッダ情報を設定することが法的な要件になっています。

手順 4:ファックス テストの実行

ファックス テストを実行して、ファックスが正しく設定されていることを確認します。

  1. プリンタのコントロール パネルの [ホーム] 画面で、[セットアップ] ボタン セットアップ ボタン をタッチします。

  2. 以下のメニューを開きます。

    1. サービス

    2. ファックス サービス

    3. ファックス テストの実行

  3. テスト レポートを確認します。

    • レポートに、プリンタがテストに合格したことが示されている場合、ファックスの送受信準備は完了です。

    • レポートに、プリンタがテストに不合格だったことが示されている場合、問題解決方法についての詳細は、レポートを参照してください。ファックスの問題解決に関する詳細は、ファックス トラブルシューティング チェックリストに記載されています。

ファックス受信設定を行うための追加情報

ファックス受信設定の詳細については、以下の文書を参照してください。

HP LaserJet Pro MFP-受信ファックス設定の構成



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...