HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    新型コロナウィルス感染防止に努めながら修理サポートを継続しておりますが、出張修理において、ご訪問希望時間帯の偏りのため、サービスの遅れが生じております。比較的空いている夕方の時間帯もご検討ください。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Pro - プリンタに印刷ジョブを保存し、後で印刷するか、個人用として印刷する

印刷ジョブを後で印刷するか、個人用として印刷するためにプリンタに保存する方法を説明します。

以下のセクションには、ジョブ保存用にプリンタを設定する方法、保存ジョブを作成する方法、保存ジョブを印刷する方法、保存ジョブを削除する方法が記載されています。

本書に記載されている手順に加え、プリンタで機密のジョブを保存して印刷する方法について、次のビデオを視聴できます。

注:

このビデオは、白い背景のタッチスクリーン コントロール パネルを搭載する HP LaserJet Pro プリンタ (M329、M428、M429、M454dw、および M479 の各モデル) に適用されます。その他すべての HP LaserJet Pro プリンタ モデルについては、以下のセクションで適切な手順を参照してください。

ジョブ保存機能を使用するための要件

ジョブ保存機能を使用する前に、以下の要件を満たしていることを確認します。

  • 16GB の以上の空き容量がある専用 USB 2.0 ストレージ デバイスを後部のホスト USB に取り付ける必要があります。この USB ストレージ デバイスは、プリンタに送信されたジョブ保存ジョブを収容できます。この USB ストレージ デバイスをプリンタから取り外すと、ジョブ保存機能が無効になります。

  • HP ユニバーサル プリンタ ドライバ (UPD) を使用する場合は、UPD バージョン 5.9.0 以上を使用する必要があります。

ジョブ保存のためのプリンタの設定

ジョブ保存を利用できるようプリンタを設定するには、USB フラッシュ ドライブをプリンタの後部 USB ポートに挿入し、プリント ドライバを開いてジョブ保存機能が有効になっていることを確認する必要があります。

  1. 後部 USB ポートを見つけます。

    注:

    一部のプリンタ モデルでは、後部 USB ポートにカバーが付いています。続行する前に、USB ポートのカバーを取り外します。

  2. USB フラッシュ ドライブを後部 USB ポートに挿入します。

    USB フラッシュ ドライブを後部 USB ポートに挿入します

    USB フラッシュ ドライブを USB ポートに挿入します

    USB ドライブがフォーマットされることを通知するメッセージがプリンタのコントロール パネルに表示されます。OK を選択して手順を完了します。

  3. 印刷ドライバを開き、ジョブ保存 タブが表示されることを確認します。

    • ジョブ保存 タブが表示されている場合は、この機能を使用できます。

    • ジョブ保存 タブが表示されない場合は、次の手順に進みます。

  4. コンピュータのソフトウェア プログラムで、印刷 オプションを選択し、プリンタの一覧からプリンタを選択して、(お使いのオペレーティング システムに対応する) 以下の手順に従います。

    • Windows

      1. プロパティ または 基本設定 をクリックします。

      2. ジョブ保存 タブをクリックします。

        ジョブ保存 タブが表示されていない場合は、次のいずれかの方法で有効にします。

        • 印刷 ウィンドウを閉じてから、再度開きます。

        • デバイス設定 タブをクリックし、今すぐ更新 をクリックします。

    • macOS

      部数とページ数 メニューで、メニューのドロップダウン リストをクリックして、ジョブ保存 を選択します。

      ジョブ保存 メニューがリストに表示されない場合は、印刷 ウィンドウを一度閉じ、再度開いて、メニューをアクティブにします。

ジョブ保存機能を無効または有効にする

USB フラッシュ ドライブがプリンタに挿入されている場合でも、ジョブ保存機能を利用できないように無効にします。機能を再度有効にすると、また利用できるようになります。

  1. コンピュータで プリンタ プロパティ を開きます。

    • Windows:[スタート] メニューから 設定 を開き、デバイス をクリックして、デバイスとプリンタ をクリックします。プリンタを右クリックし、プリンタのプロパティ をクリックします。

    • macOS:Apple メニューで、システム環境設定プリンタとスキャナ の順にクリックします。プリンタを選択し、オプションとサプライ品 をクリックします。

  2. ジョブ保存機能を無効にする:

    • Windowsデバイス設定 タブをクリックし、ジョブ保存 をクリックして、無効 を選択します。

    • macOSオプション タブの ジョブ保存 チェック ボックスをオフにします。

機能を再度有効にするには、[ジョブ保存] オプションを 自動 に設定する (Windows) か、ジョブ保存 チェックボックスを選択します (macOS)。

保存ジョブの作成

プリンタで保存ジョブを作成する方法を説明します。

注:

保存ジョブの作成手順は、使用しているコンピュータのオペレーティング システムによって異なります。

使用しているコンピュータのオペレーティング システムに関連する以下のセクションをクリックし、表示される手順に従って保存ジョブを作成します。

保存ジョブの印刷

USB フラッシュ ドライブに保存されているジョブを印刷する方法について説明します。

注:

手順は、コントロール パネルの種類によって異なります。

白い背景のタッチスクリーン

白いコントロール パネルの例

黒い背景のタッチスクリーン

黒いコントロール パネルの例

キーパッド付き 2 行表示 LCD

2 行表示コントロール パネルの例

以下のオプションで、お使いのプリンタのコントロールパネルの種類を確認し、手順に従って保存ジョブを印刷します。

保存ジョブの削除

USB フラッシュ ドライブに保存されているジョブを削除する方法について説明します。

新しいジョブを USB フラッシュ ドライブに保存するとき、ユーザー名とジョブ名が一致するジョブが既に存在していると、そのジョブは上書きされます。

USB フラッシュ ドライブのメモリが一杯である場合、プリンタのコントロール パネルに次のメッセージが表示されます。

USB フラッシュ ストレージ デバイスがメモリ不足です。未使用のジョブを削除して、もう一度実行してください。

その他の印刷ジョブを保存する前に、既存の保存ジョブを削除する必要があります。

注:

保存されているジョブを削除する手順は、コントロール パネルの種類によって異なります。

白い背景のタッチスクリーン

白いコントロール パネルの例

黒い背景のタッチスクリーン

黒いコントロール パネルの例

キーパッド付き 2 行表示 LCD

2 行表示コントロール パネルの例

以下のオプションで、お使いのプリンタのコントロールパネルの種類を確認し、手順に従って保存ジョブを削除します。



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...