HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    新型コロナウィルス感染防止に努めながら修理サポートを継続しておりますが、出張修理において、ご訪問希望時間帯の偏りのため、サービスの遅れが生じております。比較的空いている夕方の時間帯もご検討ください。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Enterprise、HP PageWide Enterprise - HP Jetdirect 2900nw プリント サーバのセットアップ、取り付け、および設定

サポートされている HP プリンタにワイヤレスで印刷するために HP Jetdirect 2900nw プリント サーバをセットアップ、取り付け、および設定する方法について説明します。

HP Jetdirect プリント サーバとワイヤレス アクセサリによって、サポートされている HP LaserJet Enterprise、HP OfficeJet Enterprise、HP PageWide Enterprise プリンタにワイヤレス印刷機能が追加され、ワイヤレス対応のラップトップ、スマートフォン、またはタブレットから印刷ジョブを受け取ることができるようになります。このドキュメントは、HP Jetdirect 2900nw プリント サーバーのみに適用されます。

サポートされている HP プリンタのリストについては、「HP LaserJet Enterprise、HP OfficeJet Enterprise、HP PageWide Enterprise - HP Jetdirect プリント サーバと NFC/ワイヤレス アクセサリを使用できるプリンタ」を参照してください。

本書に記載されている手順に従って、HP Jetdirect 2900nw プリント サーバのセットアップと取り付け、プリンタのワイヤレス印刷機能の設定、およびプリント サーバのカスタム ネットワーク設定を行います。

以下に記載されている手順に加えて、HP Jetdirect 2900nw プリント サーバを取り付ける方法について、次のビデオを視聴できます。

手順 1:プリンターのファームウェアをアップデートする

プリンタの互換性を確保し、規制の順守を維持するには、最初にプリンタのファームウェアをアップデートします。

  1. HP Jetdirect アクセサリがプリンタから取り外されていることを確認します。

  2. プリンタにファームウェア バージョン 3.6 以降がインストールされていることを確認します。そうでない場合は、次の手順に進みます。

  3. www.hp.com/go/FutureSmart にアクセスして、Upgrade now (今すぐアップグレード) を選択します。

  4. リストでプリンタを探し、ファームウェア ダウンロードへのリンク 列に関連付けられているリンクをクリックします。

    新しいページに、お使いのプリンタ モデルで使用できるドライバおよびファームウェア ダウンロードのリストが表示されます。

  5. ファームウェア セクションを展開して、最新の FutureSmart バンドル バージョンを見つけ、ダウンロード をクリックします。

    ファームウェアのアップデート方法についての詳細な手順は、「HP LaserJet Enterprise、HP OfficeJet Enterprise、HP PageWide Enterprise - プリンタのファームウェアをアップデートする」を参照してください。

手順 2:HP Jetdirect の設定

次の手順に従って、アクセサリに同梱されているファスナ ストリップを使用して、HP Jetdirect アクセサリをプリンタの上かプリンタの近くに固定します。

  1. プリンタの電源をオフにして、コンセントから電源コードを抜きます。

  2. HP Jetdirect アクセサリの場所を決定します。以下のオプションを検討します。

    • 最も強いワイヤレス信号を受信できるようにするには、HP Jetdirect をプリンタ付近の金属製でない壁に取り付けます。

    • 簡単に操作できるようにする場合は、HP Jetdirect をプリンターに直接取り付けます。

  3. 付属のファスナ ストリップのいずれか一方で、裏板の接着面からテープをはがし、HP Jetdirect 底面 (ネットワーク ポートとは反対側) にそのファスナ ストリップを貼り付けます。

  4. もう一方のファスナー ストリップは、目的の場所に応じて、表面が滑らかで金属製でないプリンター付近の壁 (布製を除く) に貼り付けるか、プリンターに直接貼り付けます。

  5. 2 つのファスナー ストリップをしっかりと押し付け、HP Jetdirect をプリンター上またはプリンター付近に貼り付けたファスナー ストリップに取り付けます。

手順 3:HP Jetdirect をプリンターに接続する

次の手順に従って、HP Jetdirect アクセサリをプリンタに接続します。

  1. ケーブルの USB Type-B (丸型) の端を、HP Jetdirect 背面の USB ポートに接続します。

  2. ケーブルの USB Type-A (フラット) の端を、プリンター背面の USB ポートに接続してワイヤレス接続を有効にします。

  3. オプション:有線 (Ethernet) 接続を追加してワイヤレス機能および Ethernet 機能の両方を得るには、以下の手順に従います。

    注:

    プリント サーバーでは、有線、ワイヤレス、またはその両方による接続が可能です。有線ネットワーク接続を使用すると、有線サブネットに接続できます。

    1. Ethernet ケーブル (付属していません) を、HP Jetdirect 背面の Ethernet ポートに接続します。

    2. Ethernet ケーブルのもう一方の端をネットワーク デバイスに接続します。

  4. HP Jetdirect の電源コードをコンセントに接続します。

  5. プリンタの電源コードをコンセントに再度接続し、プリンタの電源を入れます。

  6. プリンターが 作動可能 状態になるまで待ちます。

    注:

    コントロール パネルに USB エラーが表示された場合は、最初の手順に戻り、最新のプリンタ ファームウェアがインストールされていることを確認します。

手順 4:HP Jetdirect が正しく取り付けられているか確認します。

プリンタのコントロール パネルから設定ページを印刷し、HP Jetdirect アクセサリが正しく取り付けられていることを確認します。

  1. プリンタのコントロール パネルから設定ページを印刷する:

    注:

    手順は、コントロール パネルの種類によって異なります。

    FutureSmart 3 コントロール パネル

    FutureSmart 3 コントロール パネル

    FutureSmart 4 コントロール パネル

    FutureSmart 4 コントロール パネル
    • FutureSmart 3: 設定ページを印刷するには、プリンタのコントロール パネルの [ホーム] 画面で、[ワイヤレス] アイコン ワイヤレス アイコン を選択し、印刷 を選択します。

    • FutureSmart 4: 設定ページを印刷するには、プリンタのコントロール パネルの [ホーム] 画面で、[情報] アイコン 情報アイコン をタッチして、ワイヤレス を選択し、[印刷] アイコン をタッチします。

  2. 設定ページをチェックして、HP Jetdirect が正常に接続されていることを確認します。

    注:

    HP Jetdirect が接続されている場合は、インストール済みパーソナルリティとオプション セクションの設定ページのリストに表示されます。

    • HP Jetdirect 2900nw エントリが表示されていて、プリンタのコントロール パネルにワイヤレス ネットワーク アイコンが表示されている場合は、HP Jetdirect が正しく取り付けられています。

    • HP Jetdirect 2900nw エントリが表示されない場合、またはプリンタのコントロール パネルにワイヤレス ネットワーク アイコンが表示されない場合は、電源ケーブルと USB ケーブルが HP Jetdirect とプリンタにしっかりと接続されていることを確認します。

手順 5:ワイヤレス印刷を有効にする

プリンタおよび HP Jetdirect でワイヤレス印刷を有効にするには、次のいずれかの方法を選択し、表示される手順に従います。

手順 6:高度なネットワーク設定を行う (オプション)

内蔵 Web サーバ (EWS) を使用して HP Jetdirect に対して設定できる追加の (オプション) 設定があります。オプションの設定には、プリンタ名の変更、一般的なネットワーク設定の構成、各 HP Jetdirect ネットワーク接続のネットワーク固有設定の構成 (適用可能な場合) があります。

注:

エンタープライズ環境では、このような設定は一般的にシステム管理者によって適用されます。不明な場合は、システム管理者に連絡してください。

内蔵 Web サーバ (EWS) にアクセスするには、ワイヤレス HP Jetdirect 2900nw または 内蔵 HP Jetdirect の IP アドレスが必要です。

(お使いのコントロールパネルの種類に該当する) 以下の手順に従って、プリンタのコントロール パネルで Jetdirect の IP アドレスを確認します。

FutureSmart 3 コントロール パネル

FutureSmart 3 コントロール パネル

FutureSmart 4 コントロール パネル

FutureSmart 4 コントロール パネル
  • FutureSmart 3: プリンタのコントロール パネルの [ホーム] 画面で、[ワイヤレス] アイコン ワイヤレス アイコン を押すかタッチします。プリンタに関連付けられている IP アドレスまたはホスト名のリストが表示されます。

    リストで ワイヤレス HP Jetdirect 2900nw または 内蔵 HP Jetdirect の IP アドレスを見つけて確認します。

  • FutureSmart 4: プリンタのコントロール パネルの [ホーム] 画面で、[情報] アイコン 情報アイコン を押すかタッチして、[ワイヤレス] アイコン ワイヤレス アイコン を選択します。プリンタに関連付けられている IP アドレスまたはホスト名のリストが表示されます。

    リストで ワイヤレス HP Jetdirect 2900nw または 内蔵 HP Jetdirect の IP アドレスを見つけて確認します。

HP Jetdirect のオプションの設定の構成方法については、以下のセクションを参照してください。

プリンタ名を変更する

プリンタには、ネットワーク インタフェースごとに 1 つの名前が付けられます。各ネットワーク インタフェースには、固有の IP アドレス (ネットワーク IP アドレス) があります。プリンタには、取り付けられているアクセサリの数に応じて最大 4 つの異なる名前が付けられます。

ネットワーク IP アドレスが複数ある場合は、ネットワーク インスタンスごとにそれぞれの IP アドレスを使用して内蔵 Web サーバ (EWS) を開き、各ネットワークのプリンタ名を変更する必要があります。

  1. コンピュータで Web ブラウザを開き、アドレス バーに Jetdirect の IP アドレスまたはホスト名を入力します。

    ブラウザのアドレス バーの IP アドレスの例

    ブラウザのアドレス バーの IP アドレスの例
  2. コンピュータのキーボードの Enter キーを押します。

    EWS が開きます。

  3. EWS ホームページで、ネットワーキング タブをクリックします。

  4. 左側のナビゲーション ウィンドウで、TCP/IP 設定ネットワーク ID タブの順にクリックします。

  5. Bonjour セクションまでスクロールし、Bonjour サービス名 テキスト フィールドにプリンタの新しい名前を入力します。

    注:

    Bonjour は、電話やタブレットでプリンターを特定するために使用されます。プリンター名を変更するには、Bonjour サービス名を変更する必要があります。

  6. 適用 をクリックして、変更を保存します。

  7. 各ネットワーク IP アドレスに対してこれらの手順を繰り返します (複数のネットワーク インタフェースを使用している場合)。

プリンタの一般的なネットワーク設定を行う

内蔵 Web サーバ (EWS) を使用して、すべてのネットワーク インスタンスに共通しているプリンタの一般的なネットワーク設定を行います。

注:

これらの全般的なプリンター設定は、すべてのネットワーク インタフェースに共通しています。プリンターで複数のネットワークが設定されている場合は、これらの設定が HP Jetdirect ネットワークのすべてのインスタンスに適用されるため、それぞれの IP アドレスを設定する必要はありません (別途指示がある場合を除きます)。

  1. コンピュータで Web ブラウザを開き、アドレス バーに Jetdirect の IP アドレスまたはホスト名を入力します。

    ブラウザのアドレス バーの IP アドレスの例

    ブラウザのアドレス バーの IP アドレスの例
  2. コンピュータのキーボードの Enter キーを押します。

    EWS が開きます。

  3. EWS ホームページで、ネットワーキング タブをクリックします。

  4. 左側のナビゲーション ウィンドウで、下のメニューに移動して一般的なネットワークの設定を行い、適用 をクリックして各設定を保存します。

    • 構成

      注:

      WPA (WiFi Protected Access) を有効または無効にし、プリンタのコントロール パネルを使用してパスワードを設定することもできます。本書のこの後にある「方法 2: プリンタのコントロール パネルからワイヤレス印刷を有効にする」セクションを参照してください。

      • Wireless Station (ワイヤレス ステーション) セキュリティ設定 - [ワイヤレス ウィザード] - [WPA (WiFi Protected Access)]

        注:

        複数のネットワーク インタフェースが搭載された HP プリンターでは、データのブリッジング、ルーティング、またはスイッチングを行うことはできません。

        • WPA: 最も一般的な種類のワイヤレス ネットワーク セキュリティです。ワイヤレス ネットワークに接続するすべてのユーザーで 1 つのパスフレーズを使用します。

        • WPA – Enterprise (802.1x): このオプションを使用すると、高度なネットワーク セキュリティが得られます。ワイヤレス ネットワークに接続するデバイスごとに一意のユーザー名とパスワードが必要です。ネットワーク管理者は、プリンタに固有のユーザー名とパスワードを設定し、CA 署名済みの証明書をプリンタにインストールする必要があります。

      • Wireless Direct (ワイヤレス ダイレクト) 設定

        注:

        HP Jetdirect 2900nw によるワイヤレス ダイレクト印刷はサポートされていませんが、サポートされている別のプリント サーバ (内蔵プリント サーバまたは Jetdirect 3000w NFC/Accessory) が同じプリンタに取り付けられている場合は、ワイヤレス ダイレクト印刷機能を使用できます。サポートされているプリント サーバが取り付けられていない場合、EWS ではこのオプションを使用できません。サポートされているプリント サーバが取り付けられている場合は、プリンタのコントロール パネルを使用してワイヤレス ダイレクト名を設定することもできます。

      • その他の設定

        注:

        すべてのネットワーク インスタンスに共通する その他の設定 は、Default network for outbound connections (送信接続のデフォルト ネットワーク) 設定だけです。それ以外の設定 は、すべて HP Jetdirect ネットワークごとに指定する必要があります。本書の後の方にある、「ネットワーク固有の設定を行う」セクションを参照してください。

        • Default network for outbound connections (送信接続のデフォルト ネットワーク) - [Enabled features] (有効な機能) の下にある チェック ボックス

      • TCP/IP 設定

        • Syslog 設定 ([TCP/IP 設定] > [詳細設定] タブ)

          注:

          すべてのネットワーク インスタンスに共通する TCP/IP 設定 は、Syslog 設定だけです。その他の TCP/IP 設定は、すべて HP Jetdirect ネットワークごとに指定する必要があります。本書の後の方にある、「ネットワーク固有の設定を行う」セクションを参照してください。

    • Google クラウド プリント

      • セットアップ

        注:

        詳細なセットアップ手順については、「HP LaserJet、HP OfficeJet Enterprise、HP PageWide Enterprise - Google クラウド プリントのセットアップ」を参照してください。

        注:

        すべてのネットワーク インスタンスに共通する Google クラウド プリント 設定は、セットアップ オプションだけです。Web Proxy (Web プロキシ) 設定は、HP Jetdirect ネットワークごとに指定する必要があります。本書の後の方にある、「ネットワーク固有の設定を行う」セクションを参照してください。

    • セキュリティ

      • 管理プロトコル

        • Enable FIPS-140 (FIPS-140 を有効にする) - [FIPS Configuration] (FIPS 設定) の下にあるチェック ボックス

          注:

          すべてのネットワーク インスタンスに共通する 管理プロトコル 設定は、FIPS-140 設定だけです。その他の 管理プロトコル 設定は、すべて HP Jetdirect ネットワークごとに指定する必要があります。本書の後の方にある、「ネットワーク固有の設定を行う」セクションを参照してください。

  5. HP Web サービス タブをクリックし、HP ePrint の全般的な設定を行った後、適用 をクリックして設定を保存します。

    注:

    詳細な手順については、「HP LaserJet、HP OfficeJet Enterprise、HP PageWide Enterprise - HP ePrint (電子メール使用) のセットアップ」にアクセスしてください。

ネットワーク固有の設定を行う

各 HP Jetdirect ネットワーク接続には、固有のインスタンスがあります。各 HP Jetdirect インスタンスには、別個の IP アドレスがあります。インタフェース間でネットワーク トラフィックの転送によるデータのクロスオーバー (一般的に「ブリッジング」または「ルーティング」と呼ばれます) が起きるのを防ぐため、この IP アドレスは分離されています。つまり、複数のネットワーク インタフェースが搭載された HP プリンタではデータのブリッジング、ルーティング、またはスイッチングを行うことができません。そのため、各ネットワーク インスタンスを別個に設定することが必要になります。

注:

複数の HP Jetdirect プリントサーバまたはアクセサリを取り付けている場合は、プリンタのコントロール パネルと設定ページに、HP Jetdirect ネットワーク インタフェースの複数のインスタンスが表示されます。

各ネットワーク インスタンスを設定するには、プリンタのコントロール パネルまたは内蔵 Web サーバ (EWS) (各ネットワーク インスタンスに固有の HP Jetdirect IP アドレスを使用) を使用します。

以下からお好みの方法を選択し、記載されている手順に従います。

詳細情報

詳細については、以下のリンクを参照してください。



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...