HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HPデスクトップPC - コンピューターが起動せず、LEDが点灯したり、ビープ音が鳴る

電源をオンにしたときにコンピューターが最初に実行することの1つは、すべてが正常に動作していることを確認するためにハードウェアテストを実施することです。デスクトップでエラーが検出されると、起動せず、発光ダイオード (LED) が点滅するか、またはコンピューターからビープ音が鳴ることがあります。

コンピューターの電源リセットを実行する

電源リセット (ハードリセット) を実行して、個人データを消去せずにコンピューターのメモリから情報をクリアします。

デスクトップコンピューターの電源リセットを行う

デスクトップコンピューターで電源リセットを実行します。

  1. コンピューターの電源を切ります。

  2. 周辺機器をすべて外し、電源コードを抜きます。

  3. 電源コードを外した状態で、[電源]ボタンを15秒間ほど押したままにします。

  4. コンデンサーが完全に放電したら、電源コードを差し込みます。周辺機器は外したままにします。

  5. コンピューターの電源を入れます。

デスクトップのLEDまたはビープ音コードを特定する

発光ダイオード (LED) の特定の長/短パターンの点滅や短いビープ音は、さまざまな問題を特定するのに役立ちます。

注:

診断ランプとビープ音コードを利用できるのは、一部のモデルです。

LEDの点滅またはコンピューターのビープ音のシーケンスを参照するには、以下を確認します。

  • LEDが赤く点滅するときは、メジャーエラーカテゴリを意味します (長い点滅)。

  • LEDが白く点滅するときは、マイナーエラーカテゴリを意味します (短い点滅)。

  • 最後のメジャー点滅の後に1秒間の停止が発生します。

  • 最後のマイナー点滅の後に2秒間の停止が発生します。

  • 点滅エラーコードシーケンスは、コンピューターの電源コードを取り外すか、または電源ボタンを押すまで続きます。

  • パターンが最初に5回繰り返される間にビープ音のエラーコードシーケンスが発生し、停止します。

赤色ランプが2回点滅し、続いて白色ランプが2回短く点滅します。

この状態は、BIOSのメイン領域 (DXE) が破損し、利用可能な復元バイナリイメージがないことを示します。これは、BIOSをアップデートする際にも発生する可能性があります。

  1. システムの更新および変更が完了するまで待機します。

  2. 更新プログラムが想定どおりインストールされていない場合は、Sure Start Recoveryを試みてください。

赤色ランプが2回点滅し、続いて白色ランプが3回短く点滅します。

この状態は、組み込みコントローラーポリシーでキーシーケンスを入力する必要があることを示します。

  1. 指示に従います。

  2. 問題が解決しない場合は、Sure Start Recoveryを開始してください。

赤色ランプが2回点滅し、続いて白色ランプが4回短く点滅します。

この状態は、組み込みコントローラーがブートブロックをチェック中または修復中であることを示します。

  1. システムがBIOS復旧を実行する間待機します。

  2. 数分待っても問題が解決しない場合は、Sure Start Recoveryを試みます。

赤色ランプが3回点滅し、続いて白色ランプが2回短く点滅します。

この状態は、メモリ障害の可能性があることを示します。

コンピューターメモリのテスト

BIOS設定ユーティリティを使用して、メモリセルフテストを実行します。

  1. 電源コードがコンピューターに接続されていることを確認します。

  2. 電源コードをつなげたまま、コンピューターの電源をオフにします。

  3. コンピューターの電源を入れ、直ちにF10キーをBIOS設定メニューが開くまで繰り返し押し続けます。

  4. BIOS設定ユーティリティで、矢印キーを使用して [Diagnostics] (診断) を選択し、続いて [Memory Test] (メモリテスト) を選択します。

  5. Enterを押し、[Yes] (はい) を選択します。

  6. テストが完了するまで待ちます。

  7. テストが完了したら、結果をメモし、F10を押して保存および終了します。

  8. Enterキーを押し、変更を保存して終了します。

メモリモジュールを取り付け直す

メモリモジュールをコンピューター内から取り付け直します。

注意:

このコンピューターには、ESD (静電放電) により損傷を受けやすい部品が含まれています。静電気防止リストストラップを使用し、カーペットを敷いていない床の上に導電フォームパッドを敷いて作業し、静電放電 (ESD) 損傷の可能性を減らすことをお勧めします。

  1. コンピューターの電源を切り、電源コードや他のケーブルを抜きます。

  2. サイドアクセスパネルを取り外します。

    デスクトップコンピューターのサイドアクセスパネルを取り外す
  3. メモリモジュールを見つけます。

    メモリモジュールの位置を確認するには、HPカスタマーサポートに移動して『Maintenance and Service Guide』 (メンテナンスおよびサービスガイド) を開いて、お使いのコンピューターに取り付けられているメモリの情報をご覧ください。

  4. コンピューターのケースの上に片手を置き、もう片方の手を金属面か、ランプの金属部品等の接地している物に触れて、自分を接地して静電気を放電させます。

  5. コンピューターのメモリモジュールを取り付け直し、モジュールのくぼみをメモリスロットのツメに合わせます。メモリモジュールを押し下げて所定の位置に固定します。

  6. サイドアクセスパネルを元に戻し、電源コードを差し込みます。

  7. コンピューターの電源を入れます。

  8. コンピューターが起動し、Windowsオペレーティングシステムを実行できることを確認します。

    HPカスタマーサポートへの連絡 コンピューターでWindowsが起動しない場合。

問題のあるコンポーネントを交換する

上記の手順をすべて完了しても問題が解決しない場合は、影響されている部品またはコンポーネントを交換します。

HPカスタマーサポートへの連絡 製品の修理または交換を予約します。アジア太平洋地域では、各地域のローカルサービスセンターに案内されます。

保証の状態を確認するには、HP Product Warranty Check (HP製品保証チェック)に移動します。保証期間外の製品については、修理料金が適用されることがあります。

赤色ランプが3回点滅し、続いて白色ランプが3回短く点滅します。

この状態は、グラフィックチップ障害の可能性があることを示します。

HPカスタマーサポートへの連絡 追加のサポートが必要な場合は、

赤色ランプが3回点滅し、続いて白色ランプが4回短く点滅します。

この状態は、電源システム障害の可能性があることを示します。

  1. 最小構成 (CPU、システムボード、PSU、DIMMメモリ1基) に減らし、障害のあるコンポーネントを切り分けます。

  2. 問題が解決しない場合は、構成をさらに減らします。

  3. 正常とわかっているPSUでシステムをテストします。

  4. HPカスタマーサポートへの連絡 問題が解決しない場合、コンポーネント、システムボード、プロセッサ (CPU)、または電源ユニットを交換するために、さらに支援を依頼してください。

赤いライトが3回点滅した後、白いライトが5回短く点滅

この状態は、コンピューターがプロセッサ (CPU) を検出しないことを示します。

HPカスタマーサポートへの連絡 システムボードまたはCPU障害の修理を依頼してください。

赤色ランプが3回点滅し、続いて白色ランプが6回短く点滅します。

この状態は、プロセッサがサポートしていない機能が有効になっていることを示します。

デスクトップの製品番号を探す

コンピューターまたは配送箱に記載されている製品名、製品番号、シリアル番号を探します。

  • ケースの側面

    ケースの側面にある製品ラベルの位置
  • ケースの上面または背面

    ケースの上面および背面の製品ラベルの位置
  • ケースの前面または側面

    ケースの前面および側面にある製品ラベルの位置
  • コンピューターが梱包されていた箱の上

    製品ラベルの位置

CMOSをリセットする

お使いのコンピューター用の相補型金属酸化膜半導体 (CMOS) データをリセットします。

注意:

このコンピューターには、ESD (静電放電) により損傷を受けやすい部品が含まれています。静電気防止リストストラップを使用し、カーペットを敷いていない床の上に導電フォームパッドを敷いて作業し、静電放電 (ESD) 損傷の可能性を減らすことをお勧めします。

  1. コンピューターの電源を切り、コンピューターから電源コードや他のケーブルを抜きます。

  2. お使いのコンピューターのモデル番号を用意してからHPカスタマーサポートに移動して、お使いのコンピューターの製品ページに移動します。

  3. マザーボード情報の仕様書またはサービスガイドを開き、CMOSをリセットする手順を探します。

    CMOSリセット手順は、「Clearing CMOS」(CMOSの消去) のような名前で呼ばれます。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されている場合:指示に従ってください。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されていない場合:この手順を続行します。

  4. コンピューターの電源がオフになっている状態で、[電源]ボタンを10回押して、システムを完全放電します。

  5. コンピューターのケースの上に片手を置き、もう片方の手を金属面か、ランプの金属部品等の接地している物に触れて、自分を接地して静電気を放電させます。

  6. コンピューターを開いてマザーボードを触れるようにします。

  7. CMOSバッテリをマザーボードから取り外すか切断します。

    異なるCMOSバッテリタイプの例
  8. CMOSバッテリを含むすべての電源が、コンピューターから取り外されたか切断されたことを確認します。

  9. [電源] ボタンを60秒間以上押して全電力をコンピューターから放電し、マザーボードのCMOS値をリセットします。

  10. CMOSバッテリを再接続するか取り付けなおして、コンピューターを閉じます。

  11. 電源コードをデスクトップに接続し、コンピューターの電源を入れます。

    CMOSのリセットを確認するメッセージが表示されます。メッセージはモデルによって異なります。

    CMOSリセットを示すメッセージの例
  12. BIOSの時刻が00:00に設定されていることを確認します。

    設定されていない場合は、CMOSをリセットする手順を繰り返します。ただし、[電源]ボタンを120秒押したままにして、コンピューターを完全に放電してください。

問題のあるコンポーネントを交換する

上記の手順をすべて完了しても問題が解決しない場合は、影響されている部品またはコンポーネントを交換します。

HPカスタマーサポートへの連絡 製品の修理または交換を予約します。アジア太平洋地域では、各地域のローカルサービスセンターに案内されます。

保証の状態を確認するには、HP Product Warranty Check (HP製品保証チェック)に移動します。保証期間外の製品については、修理料金が適用されることがあります。

赤色ランプが4回点滅し、続いて白色ランプが2回短く点滅します。

この状態は、プロセッサ (CPU) が過熱している可能性があることを示します。

ファンが正しく動作することを確認する

コンピューター内部のファンが想定どおり動作していることを確認します。

注意:

ファンが正常に動作していない場合は、コンピューターの使用を停止してください。一貫して高温にさらされると、内部部品が損傷する恐れがあります。

  1. コンピューターの電源を入れます。

  2. ケース内部のファンを見つけます。場所は、コンピューターモデルによって異なります。

    注意:

    懐中電灯を使用してファンを探すことができますが、内部の部品の損傷を避けるために、コンピューター内部で懐中電灯を使用しないでください。

    HPデスクトップおよびスリムラインコンピューターのファンを探す

    ファンの種類

    1.

    電源ユニットファン

    2.

    グラフィックスカードファン

    3.

    プロセッサファン

    4.

    電源ユニットのファンの通気孔

    5.

    ケースファンの通気孔

    6.

    ケースファン

  3. 動作していないか、または大きな風切り音を立てているファンがないか注意してください。

デスクトップ通気孔のクリーニング

デスクトップの通気孔を掃除して、時間の経過とともに通気孔内およびその周辺にたまったほこりやごみを取り除きます。これらのほこりやごみは、気流を妨げ、ファンが熱を取り除くための動作に通常より大きな負荷がかかります。

  1. コンピューターの電源を切ってから、電源コードとケーブルを外し、コンピューターが冷めるまで待ちます。

  2. 掃除機を使用して、すべての外部の通気孔、特に電源ユニットの通気孔の周囲をクリーニングします。

    注意:

    内部コンポーネントの損傷を避けるため、コンピューター内部には掃除機を使用しないでください。

    コンピューターの背面にある通気孔の場所
  3. コンピューターのサイドパネルを取り外します。

    デスクトップコンピューターからサイドパネルを取り外す
  4. エアスプレーを使用し、コンピューター内にあるほこりの付いたファンやコンポーネントをクリーニングします。

  5. サイドパネルを取り付け、電源ケーブルを元どおりに接続し、コンピューターの電源を入れます。

デスクトップの製品番号を探す

コンピューターまたは配送箱に記載されている製品名、製品番号、シリアル番号を探します。

  • ケースの側面

    ケースの側面にある製品ラベルの位置
  • ケースの上面または背面

    ケースの上面および背面の製品ラベルの位置
  • ケースの前面または側面

    ケースの前面および側面にある製品ラベルの位置
  • コンピューターが梱包されていた箱の上

    製品ラベルの位置

CMOSをリセットする

お使いのコンピューター用の相補型金属酸化膜半導体 (CMOS) データをリセットします。

注意:

このコンピューターには、ESD (静電放電) により損傷を受けやすい部品が含まれています。静電気防止リストストラップを使用し、カーペットを敷いていない床の上に導電フォームパッドを敷いて作業し、静電放電 (ESD) 損傷の可能性を減らすことをお勧めします。

  1. コンピューターの電源を切り、コンピューターから電源コードや他のケーブルを抜きます。

  2. お使いのコンピューターのモデル番号を用意してからHPカスタマーサポートに移動して、お使いのコンピューターの製品ページに移動します。

  3. マザーボード情報の仕様書またはサービスガイドを開き、CMOSをリセットする手順を探します。

    CMOSリセット手順は、「Clearing CMOS」(CMOSの消去) のような名前で呼ばれます。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されている場合:指示に従ってください。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されていない場合:この手順を続行します。

  4. コンピューターの電源がオフになっている状態で、[電源]ボタンを10回押して、システムを完全放電します。

  5. コンピューターのケースの上に片手を置き、もう片方の手を金属面か、ランプの金属部品等の接地している物に触れて、自分を接地して静電気を放電させます。

  6. コンピューターを開いてマザーボードを触れるようにします。

  7. CMOSバッテリをマザーボードから取り外すか切断します。

    異なるCMOSバッテリタイプの例
  8. CMOSバッテリを含むすべての電源が、コンピューターから取り外されたか切断されたことを確認します。

  9. [電源] ボタンを60秒間以上押して全電力をコンピューターから放電し、マザーボードのCMOS値をリセットします。

  10. CMOSバッテリを再接続するか取り付けなおして、コンピューターを閉じます。

  11. 電源コードをデスクトップに接続し、コンピューターの電源を入れます。

    CMOSのリセットを確認するメッセージが表示されます。メッセージはモデルによって異なります。

    CMOSリセットを示すメッセージの例
  12. BIOSの時刻が00:00に設定されていることを確認します。

    設定されていない場合は、CMOSをリセットする手順を繰り返します。ただし、[電源]ボタンを120秒押したままにして、コンピューターを完全に放電してください。

コンピューターの部品交換の準備をする

コンピューター、コンポーネント、およびワークスペースの準備ができていることを確認して、コンピューターの部品を交換する準備をします。

  1. コンピューターの電源をオフにし、コンポーネントが冷めるまで待ちます。

  2. コンピューターから電源コードとすべてのケーブルを抜き、次に電源コンセント、サージプロテクター、延長ケーブルまたはケーブルタップから電源コードを抜きます。

  3. 何もない平らで安定した作業面にコンピュータを移動させ、導電フォームパッドでカーペットを敷いていない床で作業して静電放電 (ESD) 損傷の可能性を減らしてください。HP では、静電気防止リストストラップを使用することをお勧めします。

  4. 部品やコンポーネントは、インストールする準備が整うまで、保護パッケージに入れて保管してください。

  5. お使いのコンピューターのモデルによって、プラスドライバーまたはマイナスドライバーが必要になることを確認してください。

プロセッサーのサーマルペーストを交換する

サーマルペーストは時間の経過とともに乾いて割れ目が発生する場合があり、コンピューター内のファンの動作が激しくなりプロセッサに余分な負担がかかります。コンピューターが最適な内部温度を維持できるように、ヒートシンクとプロセッサの間にあるサーマルペーストを交換します。

  1. コンピューターの電源を切り、電源コードや他のケーブルを抜いて、コンポーネントが冷めるまで待ちます。

  2. 次の道具を用意します:

    • サーマルペースト

    • マイナスドライバーまたはTR15ドライバー

    • 綿棒またはマイクロファイバー布

    • 静電気放電 (ESD) 用手首ストラップ、または適切なアース用導電フォームパッド

    • イソプロピルアルコールまたはサーマルコンパウンドクリーナーなどの洗浄液

      注意:

      一般的な70%の消毒用アルコールは使用しないでください。内部部品に腐食や損傷が発生する可能性があります。

  3. コンピューターから電源コードや他のケーブルを抜きます。

  4. サイドパネルをスライドさせてコンピューターから取り外し、パネルを脇に置きます。

    警告:

    金属パネルの縁で皮膚が切れる場合があります。コンピューター内部の金属パネルの縁で皮膚をこすらないように、注意してください。

  5. マザーボードが作業面と平行になるように、慎重にデスクトップを横に置きます。

  6. コンピュータ内部に触れる前に、身体の静電気を除去して、蓄積した静電気放電 (ESD) を取り除いてください。

    注意:

    このコンピューターには、ESD (静電放電) により損傷を受けやすい部品が含まれています。静電気防止リストストラップを使用し、カーペットを敷いていない床の上に導電フォームパッドを敷いて作業し、静電放電 (ESD) 損傷の可能性を減らすことをお勧めします。

  7. プロセッサファン電源ケーブルをマザーボードから外します。

    プロセッサファン電源ケーブルをマザーボードから外す
  8. マザーボードに不要な圧力をかけないように、プロセッサファンの周囲にある4本のネジを時計回りではなく星形の順に取り外します。

    星形に4本のネジを取り外す
  9. ファンを持ち上げてマザーボードから取り外し、水平な面にファンを下に向けて置きます。

  10. 綿棒またはマイクロファイバー布を、イソプロピルアルコールなどの洗浄液で軽く湿らせます。

    マイクロファイバー布をクリーニング液で軽く湿らせる
  11. プロセッサのサーマルペーストを探します。

    プロセッサ上のサーマルペーストの場所

    1.

    ヒートシンク

    2.

    プロセッサ

  12. すべてのサーマルペーストが取り除かれるまで、プロセッサの表面をそっとクリーニングします。

    注意:

    プロセッサチップをソケットから外さないでください。ピンが繊細なため、容易に破損する可能性があります。

    プロセッサに付いているすべてのサーマルペーストをクリーニングする
  13. すべてのサーマルペーストが取り除かれるまで、ヒートシンクの表面をクリーニングします。

    ヒートシンクに付いているすべてのサーマルペーストをクリーニングする
  14. ヒートシンクとプロセッサの端にサーマルペーストがあるかチェックし、あれば取り除きます。

  15. プロセッサの中央に、豆サイズのサーマルペーストを塗布します。

    豆のサイズのサーマルペーストを塗る
  16. ヒートシンクをプロセッサの上の中央に置き、ネジをマザーボードの対応する穴に合わせます。

    ヒートシンクをプロセッサ上部の中央に配置する
  17. 抵抗があるまで、星形の順にネジを固定します。

    注意:

    ネジをきつく締めすぎないでください。余分な圧力によってプロセッサソケットが損傷し、マザーボードが割れる可能性があります。

    ヒートシンクを所定の位置に固定する
  18. ファンの電源ケーブルをマザーボードのスロットに再び差し込みます。

  19. サイドパネルを再びコンピューターに取り付けます。

  20. 電源コードを接続し直して、コンピューターの電源をオンにします。

問題のあるコンポーネントを交換する

上記の手順をすべて完了しても問題が解決しない場合は、影響されている部品またはコンポーネントを交換します。

HPカスタマーサポートへの連絡 製品の修理または交換を予約します。アジア太平洋地域では、各地域のローカルサービスセンターに案内されます。

保証の状態を確認するには、HP Product Warranty Check (HP製品保証チェック)に移動します。保証期間外の製品については、修理料金が適用されることがあります。

赤色ランプが4回点滅し、続いて白色ランプが3回短く点滅します。

この状態は、コンピューターの温度が高すぎることを示します。

ファンが正しく動作することを確認する

コンピューター内部のファンが想定どおり動作していることを確認します。

注意:

ファンが正常に動作していない場合は、コンピューターの使用を停止してください。一貫して高温にさらされると、内部部品が損傷する恐れがあります。

  1. コンピューターの電源を入れます。

  2. ケース内部のファンを見つけます。場所は、コンピューターモデルによって異なります。

    注意:

    懐中電灯を使用してファンを探すことができますが、内部の部品の損傷を避けるために、コンピューター内部で懐中電灯を使用しないでください。

    HPデスクトップおよびスリムラインコンピューターのファンを探す

    ファンの種類

    1.

    電源ユニットファン

    2.

    グラフィックスカードファン

    3.

    プロセッサファン

    4.

    電源ユニットのファンの通気孔

    5.

    ケースファンの通気孔

    6.

    ケースファン

  3. 動作していないか、または大きな風切り音を立てているファンがないか注意してください。

デスクトップ通気孔のクリーニング

デスクトップの通気孔を掃除して、時間の経過とともに通気孔内およびその周辺にたまったほこりやごみを取り除きます。これらのほこりやごみは、気流を妨げ、ファンが熱を取り除くための動作に通常より大きな負荷がかかります。

  1. コンピューターの電源を切ってから、電源コードとケーブルを外し、コンピューターが冷めるまで待ちます。

  2. 掃除機を使用して、すべての外部の通気孔、特に電源ユニットの通気孔の周囲をクリーニングします。

    注意:

    内部コンポーネントの損傷を避けるため、コンピューター内部には掃除機を使用しないでください。

    コンピューターの背面にある通気孔の場所
  3. コンピューターのサイドパネルを取り外します。

    デスクトップコンピューターからサイドパネルを取り外す
  4. エアスプレーを使用し、コンピューター内にあるほこりの付いたファンやコンポーネントをクリーニングします。

  5. サイドパネルを取り付け、電源ケーブルを元どおりに接続し、コンピューターの電源を入れます。

デスクトップの製品番号を探す

コンピューターまたは配送箱に記載されている製品名、製品番号、シリアル番号を探します。

  • ケースの側面

    ケースの側面にある製品ラベルの位置
  • ケースの上面または背面

    ケースの上面および背面の製品ラベルの位置
  • ケースの前面または側面

    ケースの前面および側面にある製品ラベルの位置
  • コンピューターが梱包されていた箱の上

    製品ラベルの位置

CMOSをリセットする

お使いのコンピューター用の相補型金属酸化膜半導体 (CMOS) データをリセットします。

注意:

このコンピューターには、ESD (静電放電) により損傷を受けやすい部品が含まれています。静電気防止リストストラップを使用し、カーペットを敷いていない床の上に導電フォームパッドを敷いて作業し、静電放電 (ESD) 損傷の可能性を減らすことをお勧めします。

  1. コンピューターの電源を切り、コンピューターから電源コードや他のケーブルを抜きます。

  2. お使いのコンピューターのモデル番号を用意してからHPカスタマーサポートに移動して、お使いのコンピューターの製品ページに移動します。

  3. マザーボード情報の仕様書またはサービスガイドを開き、CMOSをリセットする手順を探します。

    CMOSリセット手順は、「Clearing CMOS」(CMOSの消去) のような名前で呼ばれます。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されている場合:指示に従ってください。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されていない場合:この手順を続行します。

  4. コンピューターの電源がオフになっている状態で、[電源]ボタンを10回押して、システムを完全放電します。

  5. コンピューターのケースの上に片手を置き、もう片方の手を金属面か、ランプの金属部品等の接地している物に触れて、自分を接地して静電気を放電させます。

  6. コンピューターを開いてマザーボードを触れるようにします。

  7. CMOSバッテリをマザーボードから取り外すか切断します。

    異なるCMOSバッテリタイプの例
  8. CMOSバッテリを含むすべての電源が、コンピューターから取り外されたか切断されたことを確認します。

  9. [電源] ボタンを60秒間以上押して全電力をコンピューターから放電し、マザーボードのCMOS値をリセットします。

  10. CMOSバッテリを再接続するか取り付けなおして、コンピューターを閉じます。

  11. 電源コードをデスクトップに接続し、コンピューターの電源を入れます。

    CMOSのリセットを確認するメッセージが表示されます。メッセージはモデルによって異なります。

    CMOSリセットを示すメッセージの例
  12. BIOSの時刻が00:00に設定されていることを確認します。

    設定されていない場合は、CMOSをリセットする手順を繰り返します。ただし、[電源]ボタンを120秒押したままにして、コンピューターを完全に放電してください。

問題のあるコンポーネントを交換する

上記の手順をすべて完了しても問題が解決しない場合は、影響されている部品またはコンポーネントを交換します。

HPカスタマーサポートへの連絡 製品の修理または交換を予約します。アジア太平洋地域では、各地域のローカルサービスセンターに案内されます。

保証の状態を確認するには、HP Product Warranty Check (HP製品保証チェック)に移動します。保証期間外の製品については、修理料金が適用されることがあります。

赤色ランプが4回点滅し、続いて白色ランプが4回短く点滅します。

この状態は、MXMグラフィックスカードの温度が高すぎることを示します。

ファンが正しく動作することを確認する

コンピューター内部のファンが想定どおり動作していることを確認します。

注意:

ファンが正常に動作していない場合は、コンピューターの使用を停止してください。一貫して高温にさらされると、内部部品が損傷する恐れがあります。

  1. コンピューターの電源を入れます。

  2. ケース内部のファンを見つけます。場所は、コンピューターモデルによって異なります。

    注意:

    懐中電灯を使用してファンを探すことができますが、内部の部品の損傷を避けるために、コンピューター内部で懐中電灯を使用しないでください。

    HPデスクトップおよびスリムラインコンピューターのファンを探す

    ファンの種類

    1.

    電源ユニットファン

    2.

    グラフィックスカードファン

    3.

    プロセッサファン

    4.

    電源ユニットのファンの通気孔

    5.

    ケースファンの通気孔

    6.

    ケースファン

  3. 動作していないか、または大きな風切り音を立てているファンがないか注意してください。

デスクトップ通気孔のクリーニング

デスクトップの通気孔を掃除して、時間の経過とともに通気孔内およびその周辺にたまったほこりやごみを取り除きます。これらのほこりやごみは、気流を妨げ、ファンが熱を取り除くための動作に通常より大きな負荷がかかります。

  1. コンピューターの電源を切ってから、電源コードとケーブルを外し、コンピューターが冷めるまで待ちます。

  2. 掃除機を使用して、すべての外部の通気孔、特に電源ユニットの通気孔の周囲をクリーニングします。

    注意:

    内部コンポーネントの損傷を避けるため、コンピューター内部には掃除機を使用しないでください。

    コンピューターの背面にある通気孔の場所
  3. コンピューターのサイドパネルを取り外します。

    デスクトップコンピューターからサイドパネルを取り外す
  4. エアスプレーを使用し、コンピューター内にあるほこりの付いたファンやコンポーネントをクリーニングします。

  5. サイドパネルを取り付け、電源ケーブルを元どおりに接続し、コンピューターの電源を入れます。

デスクトップの製品番号を探す

コンピューターまたは配送箱に記載されている製品名、製品番号、シリアル番号を探します。

  • ケースの側面

    ケースの側面にある製品ラベルの位置
  • ケースの上面または背面

    ケースの上面および背面の製品ラベルの位置
  • ケースの前面または側面

    ケースの前面および側面にある製品ラベルの位置
  • コンピューターが梱包されていた箱の上

    製品ラベルの位置

CMOSをリセットする

お使いのコンピューター用の相補型金属酸化膜半導体 (CMOS) データをリセットします。

注意:

このコンピューターには、ESD (静電放電) により損傷を受けやすい部品が含まれています。静電気防止リストストラップを使用し、カーペットを敷いていない床の上に導電フォームパッドを敷いて作業し、静電放電 (ESD) 損傷の可能性を減らすことをお勧めします。

  1. コンピューターの電源を切り、コンピューターから電源コードや他のケーブルを抜きます。

  2. お使いのコンピューターのモデル番号を用意してからHPカスタマーサポートに移動して、お使いのコンピューターの製品ページに移動します。

  3. マザーボード情報の仕様書またはサービスガイドを開き、CMOSをリセットする手順を探します。

    CMOSリセット手順は、「Clearing CMOS」(CMOSの消去) のような名前で呼ばれます。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されている場合:指示に従ってください。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されていない場合:この手順を続行します。

  4. コンピューターの電源がオフになっている状態で、[電源]ボタンを10回押して、システムを完全放電します。

  5. コンピューターのケースの上に片手を置き、もう片方の手を金属面か、ランプの金属部品等の接地している物に触れて、自分を接地して静電気を放電させます。

  6. コンピューターを開いてマザーボードを触れるようにします。

  7. CMOSバッテリをマザーボードから取り外すか切断します。

    異なるCMOSバッテリタイプの例
  8. CMOSバッテリを含むすべての電源が、コンピューターから取り外されたか切断されたことを確認します。

  9. [電源] ボタンを60秒間以上押して全電力をコンピューターから放電し、マザーボードのCMOS値をリセットします。

  10. CMOSバッテリを再接続するか取り付けなおして、コンピューターを閉じます。

  11. 電源コードをデスクトップに接続し、コンピューターの電源を入れます。

    CMOSのリセットを確認するメッセージが表示されます。メッセージはモデルによって異なります。

    CMOSリセットを示すメッセージの例
  12. BIOSの時刻が00:00に設定されていることを確認します。

    設定されていない場合は、CMOSをリセットする手順を繰り返します。ただし、[電源]ボタンを120秒押したままにして、コンピューターを完全に放電してください。

問題のあるコンポーネントを交換する

上記の手順をすべて完了しても問題が解決しない場合は、影響されている部品またはコンポーネントを交換します。

HPカスタマーサポートへの連絡 製品の修理または交換を予約します。アジア太平洋地域では、各地域のローカルサービスセンターに案内されます。

保証の状態を確認するには、HP Product Warranty Check (HP製品保証チェック)に移動します。保証期間外の製品については、修理料金が適用されることがあります。

赤色ランプが5回点滅し、続いて白色ランプが2回短く点滅します。

この状態は、組み込みコントローラーで有効なファームウェアが欠落していることを示します。

最近取り付けたハードウェアを取り外す

コンピューターが想定どおり動作していない場合は、最近取り付けられたハードウェアをすべて取り外します。

  1. コンピューターに最近取り付けられたハードウェアがあるかどうかを確認します。

  2. 最近取り付けられたハードウェアをすべて取り外します。

デスクトップの製品番号を探す

コンピューターまたは配送箱に記載されている製品名、製品番号、シリアル番号を探します。

  • ケースの側面

    ケースの側面にある製品ラベルの位置
  • ケースの上面または背面

    ケースの上面および背面の製品ラベルの位置
  • ケースの前面または側面

    ケースの前面および側面にある製品ラベルの位置
  • コンピューターが梱包されていた箱の上

    製品ラベルの位置

CMOSをリセットする

お使いのコンピューター用の相補型金属酸化膜半導体 (CMOS) データをリセットします。

注意:

このコンピューターには、ESD (静電放電) により損傷を受けやすい部品が含まれています。静電気防止リストストラップを使用し、カーペットを敷いていない床の上に導電フォームパッドを敷いて作業し、静電放電 (ESD) 損傷の可能性を減らすことをお勧めします。

  1. コンピューターの電源を切り、コンピューターから電源コードや他のケーブルを抜きます。

  2. お使いのコンピューターのモデル番号を用意してからHPカスタマーサポートに移動して、お使いのコンピューターの製品ページに移動します。

  3. マザーボード情報の仕様書またはサービスガイドを開き、CMOSをリセットする手順を探します。

    CMOSリセット手順は、「Clearing CMOS」(CMOSの消去) のような名前で呼ばれます。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されている場合:指示に従ってください。

    • ガイドにCMOSをリセットする手順が記載されていない場合:この手順を続行します。

  4. コンピューターの電源がオフになっている状態で、[電源]ボタンを10回押して、システムを完全放電します。

  5. コンピューターのケースの上に片手を置き、もう片方の手を金属面か、ランプの金属部品等の接地している物に触れて、自分を接地して静電気を放電させます。

  6. コンピューターを開いてマザーボードを触れるようにします。

  7. CMOSバッテリをマザーボードから取り外すか切断します。

    異なるCMOSバッテリタイプの例
  8. CMOSバッテリを含むすべての電源が、コンピューターから取り外されたか切断されたことを確認します。

  9. [電源] ボタンを60秒間以上押して全電力をコンピューターから放電し、マザーボードのCMOS値をリセットします。

  10. CMOSバッテリを再接続するか取り付けなおして、コンピューターを閉じます。

  11. 電源コードをデスクトップに接続し、コンピューターの電源を入れます。

    CMOSのリセットを確認するメッセージが表示されます。メッセージはモデルによって異なります。

    CMOSリセットを示すメッセージの例
  12. BIOSの時刻が00:00に設定されていることを確認します。

    設定されていない場合は、CMOSをリセットする手順を繰り返します。ただし、[電源]ボタンを120秒押したままにして、コンピューターを完全に放電してください。

HP Support AssistantでPCを更新する

HP Support Assistantを使用して、BIOSの更新を含むWindowsを搭載するコンピューターの更新を探してインストールします。

  1. Windowsで、[HP Support Assistant] を検索して開き、タスクバーのアプリアイコンをクリックします。

    コンピューターにアプリがインストールされていない場合は、WebサイトHP Support Assistant (HPサポートアシスタント)から最新バージョンをダウンロードしてください。
  2. [My devices] (マイデバイス) タブで、お使いのコンピューターを探して [Updates] (更新) をクリックします。

  3. [Check for updates and messages] (更新版とメッセージを確認する) をクリックして、最新の更新を入手します。

  4. HP Support Assistantがシステムを分析するまでお待ちください。

  5. 分析が完了したら、表示されている更新を選択してダウンロード後インストールし、画面の指示に従います。

  6. プロンプトが表示されたら、コンピューターを再起動してツールを閉じます。

問題のあるコンポーネントを交換する

上記の手順をすべて完了しても問題が解決しない場合は、影響されている部品またはコンポーネントを交換します。

HPカスタマーサポートへの連絡 製品の修理または交換を予約します。アジア太平洋地域では、各地域のローカルサービスセンターに案内されます。

保証の状態を確認するには、HP Product Warranty Check (HP製品保証チェック)に移動します。保証期間外の製品については、修理料金が適用されることがあります。

赤色ランプが5回点滅し、続いて白色ランプが3回短く点滅します。

この状態は、設定された制限時間内に、コンポーネントがBIOSから到達できなかったことを示します。

  1. コンポーネントを取り付け直します。

  2. 正常とわかっているコンポーネントでシステムをテストします。

  3. HPカスタマーサポートへの連絡 問題が解決しない場合、コンポーネントまたはシステムボードを交換するために、さらに支援を依頼してください。

赤色ランプが5回点滅し、続いて白色ランプが4回短く点滅します。

この状態は、システムボードの初期化がコンポーネントに対して遅すぎることを示します。

  1. コンピューターで正しい電源アダプターが使用されていることを確認します。

  2. CMOSをリセットします。

  3. コンポーネントを取り付け直します。

  4. 正常とわかっているコンポーネントでシステムをテストします。

  5. HPカスタマーサポートへの連絡 検出された部品の交換に関するさらなる支援を依頼します。

HPカスタマーサポートへの連絡

問題が解決しない場合は、HPカスタマーケアにお問い合わせください。

  1. [HP Customer Support] (HPカスタマー・ケア) - [Contact] (お問い合わせ) にアクセスします。

  2. 製品のシリアル番号を入力して、保証状態を確認し、必要に応じて位置情報を変更します。

  3. サポートオプションを選択してください。サポートオプションは国/地域によって異なります。



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...