HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、企業向けPC修理受付窓口が大変混雑しているため、お電話がつながりにくくなったり、出張訪問修理やお預かり修理にお時間をいただく場合がございます。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP プリンタおよびファクス機 - ファクスの問題を解決する

ファクスが送信されない、プリンタでファクスが受信されない、ファクス品質の低下、またはエラー メッセージなど、ファクスの問題を解決します。

ファクスを送信できない

ファクスを送信できない場合は、ファクス番号、接続セットアップ、および設定を確認します。

以下の手順を、順番どおりに実行してください。各タスクの後にファクス送信をテストして、問題が解決したかどうかを確認します。テスト ファクスは、HP ファクス テスト サービス 1-888-HPFaxme(1-888-473-2963)に送信できます。この無料サービスは、ファクスが正常に機能している場合、5〜7分以内に返信ファクスを送信します。返信ファクスの受信に使用するファクス番号は、ファクスのヘッダーに入力した番号と一致している必要があります。

ファクス テスト レポートを印刷する

プリンタのコントロール パネルからファクス テストを実行し、プリンタ、電話回線の接続、またはファクスの設定に関する問題を特定します。

  1. プリンタのコントロール パネルで、[ファクス] または [セットアップ] メニューの [ファクス テストを実行] または [ファクス テスト レポート] を選択します。

  2. 失敗したテストについてレポートを確認し、指示に従って問題を解決します。

番号をリダイヤルし、設定を調整します

ファクス送信に成功する可能性を高めるには、設定を調整した後で、もう一度ファクスを送信します。

ファクス設定は、プリンタのコントロール パネルの [ファクス] または [セットアップ] メニューにあります。

  • 手動でファクス番号を再ダイヤルする:「9」、長距離国コード、市外局番などの外部アクセス コードが含まれていることを確認します。短縮ダイヤルを使用している場合は、保存された番号に数字の間に必要なダッシュがあることを確認してください。

  • ファクス速度を低速にする:低速または標準の設定を使用すると、送信に成功する可能性があります。

  • エラー訂正モードをオンにする:「エラー訂正モード」がオフになっている場合は、電源をオンにすると送信に成功する可能性が高くなります。ファクスが完了するまでにより長い時間がかかることがあります。

  • ファクスをモノクロで送信する:相手先のファクス機がカラーファクスに対応していない場合があります。

  • ダイヤル タイプ (トーンまたはパルス) を確認する:電話回線のほとんどで、トーンダイヤルが使用されています。

  • エラー レポート作成を有効にする:エラーが発生した場合、ファクス エラー レポート機能によってレポートが印刷されます。エラー コードが含まれている場合、に移動し HPカスタマーサポート、エラー コードを検索します。

ファクス接続を確認する

電話回線に問題がないか確認します。

  • 電話からファクス番号をダイヤルする:ファクス トーンが聞こえない場合、受信側ファクス機がオフになっているか、接続が切断されている可能性があります。

  • ファクス コードが正しいポートに差し込まれていることを確する:電話回線は、1-LINE ポートに接続され、留守番電話機がプリンタ背面にある 2-EXT ポートに接続されてる必要があります。

  • 壁のコンセントに電話を接続し、電話をかけてみる:電話がつながらない、またはダイアル トーンが聞こえない場合は、別の電話機またはデバイスが通話中かどうかをチェックします。静音が聞こえる場合は、モーター、ファン、テレビなどの近くの電化製品、または同軸ケーブルからの干渉が発生している可能性があります。また、電話サービス プロバイダーの調査が必要な、回線品質に問題がある可能性があります。

  • プリンタに同梱されたファクス コードを使用する:HP のファクス対応プリンタには、2線式電話コードが同梱されています。別のコードを使用している場合は、そのコネクターが4線ではないことを確認します。コードについては、品質が高ければ高いほど、また長さが短ければ短いほど、良好な結果が得られます。

    2線式電話コードの例
  • 電話回線から他の機器を取り外す:留守番電話機、モデム、またはその他の電話機などのデバイスが原因で、ファクスの問題が発生することがあります。

プリンターのリセット

プリンターをリセットし、プリンターのエラーや障害を回復します。

  1. お使いのプリンターに充電式バッテリがある場合は、取り外します。

  2. プリンターの電源がオンになっている状態で、プリンターから電源コードを外します。

  3. 電源コードを電源から抜きます。

  4. 60秒待ちます。

  5. 電源コードを壁の電源コンセントとプリンターに再接続します。

    注:

    プリンターの電源コードを壁の電源コンセントへ直接差し込むことを、HPは推奨します。

  6. プリンターの電源をオンにして、リセットを完了します。

ファクスを受信できない

ファクスを受信していないときに、ファクスの設定と電話回線の接続を確認します。

以下の手順を、順番どおりに実行してください。各タスクの後にファクス送信をテストして、問題が解決したかどうかを確認します。テスト ファクスは、HP ファクス テスト サービス 1-888-HPFaxme(1-888-473-2963)に送信できます。この無料サービスは、ファクスが正常に機能している場合、5〜7分以内に返信ファクスを送信します。返信ファクスの受信に使用するファクス番号は、ファクスのヘッダーに入力した番号と一致している必要があります。

ファクス テスト レポートを印刷する

プリンタのコントロール パネルからファクス テストを実行し、プリンタ、電話回線の接続、またはファクスの設定に関する問題を特定します。

  1. プリンタのコントロール パネルで、[ファクス] または [セットアップ] メニューの [ファクス テストを実行] または [ファクス テスト レポート] を選択します。

  2. 失敗したテストについてレポートを確認し、指示に従って問題を解決します。

ファクスの受信設定を確認する

ファクスを受信できない問題を特定するには、ファクス設定を確認します。

ファクス設定は、プリンタのコントロール パネルの [ファクス] または [セットアップ] メニューにあります。

  • 自動応答をオンにする:この機能が有効になっていない場合は、ファクスの着信時に手動で応答する必要があります。

  • ファクス着信に応答するまでの呼び出し回数を設定する:留守番電話機を使用している場合は、装置が着信に応答してからプリンタがファクス トーンを検出できるように、プリンタがすべての着信に最初に応答できるようにしてください。[Rings to Answer] (応答するまでの呼び出し回数) 設定を、留守番電話の設定よりも多い回数に変更します。

  • 留守番電話機のメッセージの長さと明瞭度を調整する:プリンタがファクス トーンを検出できるようにするには、留守番電話機の対応メッセージを10秒以下にし、雑音がないことを確認して、末尾に5秒間の無音部分を残します。

  • 呼び出しタイプを設定する:ファクス専用回線の場合は [すべての呼び出し] 設定を使用し、ファクス回線用の特別な呼び出し音パターンが設定されている場合は、[ディスティンクティブ リング] を選択します。

  • エラー レポート作成を有効にする:エラーが発生した場合、ファクス エラー レポート機能によってレポートが印刷されます。エラー コードが含まれている場合、に移動し HPカスタマーサポート、エラー コードを検索します。

ファクス接続を確認する

ファクス受信を妨げる可能性がある、電話回線接続の問題を確認します。

  • ファクス コードが正しいポートに差し込まれていることを確する:電話回線は、1-LINE ポートに接続され、使用されている場合、プリンタ背面にある 2-EXT ポートに接続されている必要があります。

  • 壁のコンセントに電話を接続し、電話をかける:電話がつながらない、またはダイアル トーンが聞こえない場合は、別の電話機またはデバイスが通話中かどうかをチェックします。静音が聞こえる場合は、モーター、ファン、テレビなどの近くの電化製品、または同軸ケーブルからの干渉が発生している可能性があります。また、電話サービス プロバイダーの調査が必要な、回線品質に問題がある可能性があります。

  • プリンタに同梱されたファクス コードを使用する:HP のファクス対応プリンタには、2線式電話コードが同梱されています。別のコードを使用している場合は、そのコネクターが4線ではないことを確認します。コードについては、品質が高ければ高いほど、また長さが短ければ短いほど、良好な結果が得られます。

    2線式電話コードの例
  • 電話回線から他の機器を取り外す:留守番電話機、モデム、またはその他の電話機などのデバイスが原因で、ファクスの問題が発生することがあります。

  • 競合する電話回線サービスを削除する:ボイス メールやキャッチ ホンなどのサービスや、迷惑電話の着信を防止するサービス (発信者非通知通話の拒否、Privacy Managerなど) が、ファクス着信の妨げになることがあります。サービスによってファクス通信が中断されている場合は、電話会社にお問い合わせください。

プリンターのリセット

プリンターをリセットし、プリンターのエラーや障害を回復します。

  1. お使いのプリンターに充電式バッテリがある場合は、取り外します。

  2. プリンターの電源がオンになっている状態で、プリンターから電源コードを外します。

  3. 電源コードを電源から抜きます。

  4. 60秒待ちます。

  5. 電源コードを壁の電源コンセントとプリンターに再接続します。

    注:

    プリンターの電源コードを壁の電源コンセントへ直接差し込むことを、HPは推奨します。

  6. プリンターの電源をオンにして、リセットを完了します。

ファクス使用時にエラーが表示される

ファクス送信成功を妨げるエラー コードとメッセージをトラブルシューティングします。

  • アラートおよび数字のエラーコード:プリンタまたはファクス ログ レポートにテキスト アラートまたは3、12、または15桁の数値エラーが表示される場合は、HPカスタマーサポートに移動して、エラー コードを検索します。

  • スキャナ障害エラー:このエラーは、スキャナのハードウェアまたは電源の問題によって発生します。プリンタをリセットし、電源とスキャナ バーが機能していることを確認します。

  • 電話機の受話器が外れているエラー:このエラーは、電話機の受話器がフックから外れており、電話回線が開いていることを示します。電話回線を確認し、プリンタまたはファクス機をリセットします。

  • ファクス ログまたはファクスのメモリが一杯です、というメッセージ:ほとんどのプリンタでは、プリンタのコントロール パネルの [Fax] (ファクス) メニューまたは [Setup] (セットアップ) メニューに、[Clear Fax Logs] (ファクスログをクリア) 機能があります。ファクス ログを消去する前に、保存したファクスを保管したい場合は、印刷するか、または送信者に再送してもらいます。

エラーを解決できない場合は、プリンタの交換修理を依頼してください。

ファクスの品質は受け入れられない

送信または受信したファクスに、線が入ってる、ぼやけている、または解像度が低い状態です。

以下の手順を、順番どおりに実行してください。各タスクの後にプリンターを使用して、問題が解決したかどうかを確認します。

  1. 問題を確認する:文書や写真を印刷して、問題がファクスに関連したものであり、印刷の問題ではないことを確認します。

    • ファクスの受信時に問題が発生する場合、ファクスの速度を変更するステップに進みます。

    • ファクスの送信時に問題が発生する場合、スキャナの部品をクリーニングするステップに進みます。

  2. スキャナ部品のクリーニング:プリンタの電源をオフにしてから、清潔で、糸くずの出ない布、クラス クリーナー、蒸留水、ろ過水、またはペットボトル水を使用して、スキャナのガラス板、ガラストリップ (存在する場合)、およびスキャナの蓋の下にある白のバッキングをきれいに拭いて乾かして、筋のない状態にします。プリンタに自動文書フィーダ (ADF) がある場合は、湿らせた布でペーパー ピック ローラとセパレータパッドを拭きます。プリンタの電源を入れる前に、すべての部品が乾くのを待ちます。

    注意:

    内部部品を保護するために、クリーナーをガラスや蓋の下側に直接スプレーしないでください。布にスプレーしてから、スキャナの部品を拭きます。

  3. プリンタをリセットする:プリンタの電源がオンになっている状態で、電源コードをプリンタと電源から外し、60秒以上待ってから、コードをプリンタと壁のコンセントに差し込みます。

  4. ファクス速度を低速にする:プリンタのコントロール パネルのファクスの設定で、速度を Slow (低速)にするように変更します。

  5. エラー訂正モードをオンにする:「エラー訂正モード」がオフになっている場合は、オンにしてファクス品質を向上させます。ファクスが完了するまでにより長い時間がかかることがあります。

  6. プリンタのファームウェアをアップデートする:プリンタのコントロール パネルの [ePrint]、[Setup]、[Service]、または [Settings] メニューでファームウェアの更新を確認するか、「HP Software and Driver Downloads」(HPソフトウェアおよびドライバーのダウンロード) に移動して最新バージョンのプリンタ ファームウェアをインストールします。

印刷品質にまだ満足できない場合は、プリンタの交換修理を依頼してください。

携帯電話サービスでファクスを送受信できない (固定電話がない)

HP ファクス機およびファクス対応プリンタでは、従来の固定電話サービスが必要です。適切なセットアップと機器で VoIP と DSL でファクスすることができます。携帯電話ネットワークでは、現在、ファクスをサポートしていません。

お使いのモバイル機器からファクスを送信するには、HP Smart アプリをダウンロードしてインストールし、123.hp.com モバイル ファクスを有効にします。

ファクス トーンで通話が中断される

音声通話または共有電話回線でのメッセージを中断するファクス トーンを解決します。

ファクス設定は、プリンタのコントロール パネルの [ファクス] または [セットアップ] メニューにあります。

  • 別の呼び出し音のパターンを使用する:着信識別サービスがお使いの電話サービス プロバイダーから利用可能である場合、ファクスには別の呼び出し音を使用してください。このサービスは、主番号とは異なるパターンで鳴る同じ回線に、2番目の電話番号を割り当てます。

  • 自動応答をオンにする:この機能が有効になっていない場合は、ファクスの着信時に手動で応答する必要があります。着信識別サービスを使用している場合は、着信識別応答呼び出し音のパターンのみを自動的に送信するようにファクスを設定します。

  • ファクス着信に応答するまでの呼び出し回数を設定する:留守番電話機を使用している場合は、装置が着信に応答してからプリンタがファクス トーンを検出できるように、プリンタがすべての着信に最初に応答できるようにしてください。[Rings to Answer] (応答するまでの呼び出し回数) 設定を、留守番電話の設定よりも多い回数に変更します。

  • プリンタに同梱されたファクス コードを使用する:HP のファクス対応プリンタには、2線式電話コードが同梱されています。別のコードを使用している場合は、そのコネクターが4線ではないことを確認します。コードについては、品質が高ければ高いほど、また長さが短ければ短いほど、良好な結果が得られます。

    2線式電話コードの例
  • 電話回線から他の機器を取り外す:留守番電話機、モデム、またはその他の電話機などのデバイスが原因で、ファクスの問題が発生することがあります。

  • コンピュータ ベースのファクス ソフトウェアを無効にします。ファクス ソフトウェアでは、お使いのプリンタまたはファクス機へのファクス着信を中断することができます。

Voice over IP (VoIP) でのファクスの問題

VoIP 電話接続経由でファクスの問題が発生する場合は、接続とファクスの設定を確認してください。

ファクス設定は、プリンタのコントロール パネルの [ファクス] または [セットアップ] メニューにあります。

  • ファクス速度を低速にする:低速または標準の設定を使用すると、送信に成功する可能性があります。

  • エラー訂正モードをオンにする:「エラー訂正モード」がオフになっている場合は、電源をオンにすると送信に成功する可能性が高くなります。ファクスが完了するまでにより長い時間がかかることがあります。

  • 接続を確認する:プリンタに付属の電話コードは、プリンタの背面にある 1-LINE ポートと VoIP ゲートウェイに接続する必要があります。

  • インターネット トラフィックを削減する:コンピュータまたはデバイスを使用して、Web 経由でコンテンツまたはゲームをストリーミングすると、VoIP ファクスが妨害される可能性があります。

  • ルーターおよびモデムを再起動する:再起動すると、インターネット サービスの問題が解消します。

デジタル加入者線 (DSL) でのファクスの問題

DSL 接続経由でファクスの問題が発生する場合は、接続とファクスの設定を確認します。

ファクス設定は、プリンタのコントロール パネルの [ファクス] または [セットアップ] メニューにあります。

  • DSL マイクロフィルターを使用する:マイクロフィルターを使用すると、広帯域 DSL 接続経由で、ファクスの標準アナログ データを送信できます。マイクロフィルターが接続されている電話回線ケーブルを、プリンタ背面の 1-LINE ポートに接続します。

    DSL マイクロフィルターの例
  • ファクス速度を低速にする:低速または標準の設定を使用すると、送信に成功する可能性があります。

  • エラー訂正モードをオンにする:「エラー訂正モード」がオフになっている場合は、電源をオンにすると送信に成功する可能性が高くなります。ファクスが完了するまでにより長い時間がかかることがあります。

  • ファクスの解像度を下げる:標準設定を使用すると、ファクスの成功率が向上します。

  • ルーターおよびモデムを再起動する:再起動すると、インターネット サービスの問題が解消します。



国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...