HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Pavilion g6-2000、g6-2100、g6-2200、g6-2300 シリーズ ノートブック PC のハード ドライブの取り外しと取り付け

このドキュメントは、HP Pavilion g6-2000、g6-2100、g6-2200、g6-2300 ノート ブック コンピューターに適用されます。
HP Pavilion g6-2x00 シリーズ ノートブック コンピューター
本書に記載されている手順を使用し、HPコンピューターで ハードドライブを交換できます。 容量の多いハードドライブを追加する (アップグレード) 場合、お使いのコンピューターの接続タイプに合うどのサイズのハードドライブにでもアップグレードできることをご確認ください。 多くの場合、これは Serial ATA (SATA または eSATA)です。 2 TB以上の ドライブに対応する場合がある フォーマット制限があることにも注意してください。 2 TB 以上のドライブでデータをすべてアクセスするには、GPT を使用してドライブをフォーマットするか、または 2 TB以下の複数のパーティションを作成します。

はじめる前に

  • プラス ドライバーが必要です。
  • コンピューターの電源をオフにします。 Ethernetケーブルまたはモデムケーブルを外します。 電源コードを外します。
  • カーペットを敷いていない床の上の、障害物がなく平らで安定した作業場所にコンピューターを移動します。
  • コンピューター内部の作業を行うときは、静電防止リストバンドと導電フォームパッドの使用を強くお勧めします。
  • コンポーネントを取り付ける準備が整うまでは、コンポーネントの保護パッケージを外さないでください。
  警告:
金属パネルの縁で皮膚が切れることがあります。 コンピューター内部の金属パネルの縁で皮膚をこすらないように注意してください。
  警告:
開始する前に、コンピューターの電源を切り、コンポーネントが冷めるのを待ってから以下の手順を開始します。
  注意:
このコンピューターには、静電放電 (ESD) により損傷を受けやすい部品が含まれています。 ESDによる破損を避けるため、カーペットなどを敷いていない床の上で、静電気消散性のある表面 (導電フォームパッドなど) を使用し、接地面に接続されているESDリストストラップを着用します。

ビデオの概要

本書に記載されている手順を使用する前に、まず、次のビデオをご覧ください。
補足:
本書のビデオおよびグラフィックスは、ノート ブック コンピューターに特定の構成を説明します。 以下と同じ取り外しと取り付けの手順は、すべての HP Pavilion g6-2xxx シリーズ コンピューターのすべての構成に適用されます。

ハードドライブの取り外し

  警告:
必ず、コンピューターの電源ケーブルを外してから作業を開始してください。
このセクションの手順に従ってハードドライブを取り外します。
手順 1
バッテリを取り外します。
バッテリの取り外し方については、HP カスタマー サポート ドキュメント「バッテリの取り外しと取り付け」を参照してください。
バッテリを取り外す
手順 2
底面カバーを取り外します。
底面カバーの取り外し方については、HP カスタマー サポート ドキュメント「底面カバーの取り外しと取り付け」を参照してください。
底面カバーの取り外し
手順 3
ハード ディスク ドライブ アダプター ケーブルの黒いツメを使用して、ケーブルのコネクタをコンピューターから外します。
ケーブルの取り外し
手順 4
補足:
ルーティング チャンネルからハード ドライブ アダプター ケーブルを持ち上げます。
ケーブルを持ち上げる
手順 5
ハード ドライブ アセンブリを持ち上げて、ハード ドライブ ベイから取り外します。
ハードドライブの取り外し
手順 6
ハード ドライブ ケーブルをドライブから取り外します。
ケーブルの取り外し
手順 7
ハード ドライブの端から 2 つのゴム製バンパーを取り外します。
補足:
ゴム製バンパーは同一のものではありません。 後で取り付けるために、それぞれのゴム製バンパーの位置をメモします。
ゴム製バンパー
手順 8
ハード ドライブ ブラケットをハード ドライブに固定している 4 本のプラス ネジを取り外します。
ブラケットの取り付け用にネジを保管
ハード ドライブ用ネジ
手順 9
ハード ディスク ドライブからハード ディスク ドライブ ブラケットを取り外します。
ハードドライブ ブラケットの取り外し
手順 10
静電気防止袋にハードドライブを入れます。
静電気防止袋にハード ドライブを入れる

ハードドライブの交換

このセクションの手順に沿ってハード ドライブを取り付けます。
手順 1
ハード ドライブのラベルを下向きにして置き、ハード ドライブにハード ドライブ ブラケットを合わせます。
ハード ドライブ ブラケットを合わせる
手順 2
ハード ドライブ ブラケットをハード ドライブに固定している 4 本のネジを取り付けます。
ハード ドライブ用ネジ
手順 3
ハード ドライブの端に 2 つのゴム製バンパーを取り付けます。
ゴム製バンパー
手順 4
ハード ドライブ アダプター ケーブルをハード ドライブ上のコネクタに接続します。
ハード ドライブ アダプター ケーブル
手順 5
ハード ドライブをハード ドライブ ベイに配置します。
ハード ドライブの配置
手順 6
ハード ドライブ ケーブルをコネクタに再接続します。
ケーブルの再接続
手順 7
ベース エンクロージャ上のルーティング チャンネルを通してハード ドライブ アダプター ケーブルを配線します。
ケーブルを配線
手順 8
底面カバーを取り付けなおします。
底面カバーの取り付け方については、HP カスタマー サポート ドキュメント「底面カバーの取り外しと取り付け」を参照してください。
底面カバーをスライドさせて取り付ける
手順 9
バッテリを交換します。
  注意:
MBR または NTFS パーティションは 2 TB (ダイナミックディスクおよびボリュームセットを使用しない)に制限されています。 2 TB またはそれ以上のハードドライブをインストールする場合、HP では、GPT パーティションを使用して、そのドライブをフォーマットすることをお勧めします。
バッテリの取り付け方については、HP カスタマー サポート ドキュメント「バッテリの取り外しと取り付け」を参照してください。
バッテリを下方向に押す


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...