HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP ProBook x360 11 G1、G2 および G3 Education Edition ノートブック - HP アクティブペンの使用

本書は HP アクティブペンおよびそれに対応する HP ProBook x360 11 G1、G2 および G3 Education Edition ノートブックに適用されます。
Windows 10 および Windows 8.1:以下のプログラムでは、ペンを設定しなくても書き込みや描画、ペイントが可能です。
  • Windows Ink ワークスペース
  • Microsoft OneNote (Microsoft アカウントが必要)
  • Microsoft Fresh Paint
HP アクティブペン (スペアのチップ付き)

HP アクティブペンの説明

HP アクティブペンは、指タッチ入力の代替手段として、タッチスクリーンとのやりとり用に設計された軽量のデジタルスタイラスです。それは、細かくて、交換可能なペンに似たチップを持っており、画面上に字を書いたり絵を描くことができるだけでなく、オペレーティング システムと互換性のあるアプリケーションを操作するために使用できます。ペンには、交換可能な内蔵電池から電源が供給されています。

HP アクティブペンに同梱のアイテム

以下のアイテムが、新しい HP アクティブペン (スペアのチップ付き) のボックスに同梱されています。
    同梱のアイテム
  1. HP アクティブペン
  2. 円形ピンセット (AMO キットでのみ利用可能)
  3. 3 つの追加のペンチップ (AMO キットでのみ利用可能)
  4. 織物風ペン ホルダー
  5. 飾りひも
  6. 単6電池
  7. マニュアル
マニュアルには、保証カード、クイック セットアップ手順、および製品通知が含まれます。

ペンの特長

ペンのハードウェアには、以下のボタンと機能があります。
    ペンのボタンと機能
  1. チップ (取り外し可能)
  2. [消しゴム] ボタン
  3. [右クリック] ボタン
  4. ペンチップ
  5. ペンキャップ (取り外し可能)

電池のインストール

ペンを使用するには、最初に電池をインストールする必要があります。
  1. ペンのキャップを反時計回りに回して取り外します。
  2. 空のペン本体に電池の正極を向けて挿入します。
    電池を挿入する位置
  3. 電池をペンに向けてスライドさせます。
    電池をノートブックに向けてスライド
  4. キャップを交換します。
    キャップが交換されたペン

飾りひもの取り付け

以下の手順を使用して、ペンとノートブックに飾りひもを取り付けます。
  1. ペンクリップの下にある開口部を通して、飾りひもの末尾にあるループのいずれかを滑り込ませます。
    パンクリップの下に滑り込んだループ
  2. ペンクリップの上で、飾りひもの他方の末尾でループを持ち、最初のループに滑り込ませて、ペンクリップの周りにぴったりとはまるまで、飾りひもをゆっくりと引き出します。
    パンクリップに取り付けられた飾りひも
  3. ノートブックの底面カバーで、飾り紐 用に確保されている 4 本のネジのいずれかを緩めます。
    ネジが取り外されたネジの場所
  4. 空のループをネジに滑り込ませ、次にノートブックにネジを固定します。
    ノートブックに固定された飾り紐

ペンホルダーの取り付け

ペンホルダーには保護カバーのある粘着性の表面があります。以下の手順に従ってノートブックにペン ホルダーを取り付けてください。
  1. 底面カバーでホルダーを固定できる場所を見つけて、ペンがホルダーに挿入された時に、ノートブックのバランスが干渉されないようにします。
  2. そっと持ち上げて、ホルダーから保護カバーを引き出します。
    保護カバーを持ち上げて取り外します
  3. ノートブックの底面カバーにホルダーをしっかりと押し込みます。
    ホルダーが取り付けられた底面カバー
ペンホルダーが適切な位置にあると、ノートブックが平らな表面に置かれているとき、そのバランスに影響を与えることなくペンがホルダーにうまく収まるはずです。
正しい位置にあるペンホルダー

タッチスクリーンの調整

電池が挿入されると新しいペンが動作します。ただし、タッチスクリーンを調整することをお勧めします。デジタイザー調整ツールを使用して、タッチスクリーンの調整が完了しました。
  1. Windows 検索フィールドに調整と入力し、[ペンまたはタッチ入力用に画面を調整] をクリックします。
    ペンまたはタッチ入力に対応するように画面を調整
  2. [調整] をクリックします。
    [調整] が選択されたタブレット PC 設定
  3. [ペン入力] を選択します。
    [ペン入力] が選択された調整画面
  4. 画面の指示に従います。最良の結果を得るためには、ペンを無効にする前に、画面上ですべての十字線を素早くタップします。
    調整画面上の十字線
  5. [デジタイザー調整ツール] ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックして調整を保存します。
    デジタイザー調整ツール

ペンのチップの交換

ペンのチップが損傷または破損して機能しなくなった場合、交換してください。
補足:
お使いのペンは、以下の指示におけるペンと異なっているように見えますが、手順は正しいものであり、HP アクティブペンに適用可能です。
  1. ピンセットおよび交換用のチップを探します。
    ピンセットとペンのチップ
  2. 円形ピンセットの溝がペンのチップの周りに適合するように、その位置を調整します。続いて 2 本の指を使用して、指先でピンセットをチップに対してしっかりと押し込みます。
    ペンのチップの周りにあるピンセット
  3. ピンセットでつまみながら、ペンからチップをゆっくり引き出します。
    チップを取り外す
  4. チップの空洞に交換用のチップを置き、適所にしっかりとはまるまでゆっくりと押し込みます。
    チップの交換

ペンの使用

ペンの使用を開始するには、ノートブックのタッチ スクリーンにペンのチップを押し付けます。デジタイザーが感知できる範囲内にペンが入った場合には、タッチ スクリーンはペンを自動的に検出し、ペンをどこに置いたらいいか手がかりを出します。
ペンが範囲内にあると、ノートブックは指タッチ機能を自動的にオフに切り替えます。
補足:
省エネのため、チップに1.5 秒間圧力が加えられない場合は、ペンは自動的に無効化されます。書き込みが停止し、ペンが画面で検出されなくなると、指タッチ機能は数秒間オフのままですが、その後タッチ入力が自動的に再度有効になります。
ペンを使い、タッチ スクリーンで以下のマウス機能を実行できます。
  • 左クリック:アイテムを左クリックするには、画面を一度ペンでタップします。
  • 右クリック:アイテムを右クリックするには、ペンの [右クリック] ボタンを押して、次に画面にチップを押付けます。
  • ダブルクリック:アイテムをダブルクリックするには、画面に2回ペンでタップします。
  • 複数のアイテムを選択:画面に対してペンのチップを押し付け、選択したい各アイテムあるいはテキストの上でドラッグします。
    または
    選択したい最初のいくつかのアイテムに対してペンを長押しします。次に、アイテムを押したまま、[Shift] キーを押して最後のアイテムを選択します。[Shift] キー機能が、最初と最後のアイテム間のすべてのアイテムを選択します。
  • 消去:画面上で消去したいアイテムに対してペンのチップを長押しし、次に [消しゴム] ボタンをクリックします。単一のアイテムを消去、あるいはスワイプ アクションを使用して、複数のアイテムを消去することができます。
ペンは画面に物理的にタッチすることによって使用できますか、あるいは画面に接触する必要なしで、画面の表面上を動かすことでも使用できます。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...