HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    最近のパソコンの脆弱性に関する情報

    HPでは最近報告されている"Spectre" と"Meltdown" の脆弱性を確認しています。HPはこれらの問題へのパッチ情報と影響のあるシステムについてセキュリティブルテンを発行しています。今後も追加の情報が入り次第更新されるため、お客様へは定期的に確認していただくことをお勧めいたします。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

SUPPORT COMMUNICATION- CUSTOMER ADVISORY

ドキュメントID: c05642370

バージョン: 1

HP EliteDesk、EliteOne、Prodesk、およびProOneコンピューター - Optaneメモリーの使用時にボードを交換した場合のデータ損失またはOS破損を回避する手順

Notice:: The information in this document, including products and software versions, is current as of the release date.The document is subject to change without notice.

リリース日 : 23-Aug-2017

最終更新日 : 25-Aug-2017

DESCRIPTION
Optaneメモリーの使用時にシステムボードを交換すると、HPのさまざまなデスクトップコンピューターで、データの損失またはOSの破損が発生します。このドキュメントでは、この問題を回避する手順について説明します。

sourceInformation

範囲
このドキュメントの情報は、以下を対象とします。
システム:
  • HP EliteDesk 800 G3 Small Form Factor PC
  • HP EliteDesk 800 G3 Tower PC
  • HP EliteOne 1000 G1 23.8インチ All-in-One Business PC
  • HP EliteOne 1000 G1 23.8インチ Touch All-in-One Business PC
  • HP EliteOne 1000 G1 27インチ 4K UHD All-in-One Business PC
  • HP EliteOne 1000 G1 34インチ Curved All-in-One Business PC
  • HP EliteOne 800 G3 23.8インチ Non-Touch Healthcare Edition All-in-One Business PC
  • HP EliteOne 800 G3 23.8インチ Non-Touch Healthcare Edition All-in-One Business PC
  • HP EliteOne 800 G3 23.8インチ Non-Touch All-in-One PC
  • HP EliteOne 800 G3 23.8インチ Non-Touch All-in-One PC
  • HP EliteOne 800 G3 23.8インチ Touch All-in-One PC
  • HP EliteOne 800 G3 23.8インチ Touch All-in-One PC
  • HP ProDesk 400 G3 Desktop Mini PC
  • HP ProDesk 400 G3 Desktop Mini PC (ENERGY STAR)
  • HP ProDesk 400 G3 Desktop Mini PC (ENERGY STAR)
  • HP ProDesk 400 G3 Microtower PC
  • HP ProDesk 400 G3 Microtower PC (ENERGY STAR)
  • HP ProDesk 400 G3 Microtower PC Bundle
  • HP ProDesk 400 G3 Small Form Factor PC
  • HP ProDesk 400 G3 Small Form Factor PC (ENERGY STAR)
  • HP ProDesk 400 G3 Small Form Factor PC (ENERGY STAR) バンドル
  • HP ProDesk 400 G4 Microtower PC
  • HP ProDesk 400 G4 Microtower PC (ENERGY STAR)
  • HP ProDesk 400 G4 Small Form Factor PC
  • HP ProDesk 400 G4 Small Form Factor PC (ENERGY STAR)
  • HP ProDesk 480 G4 Microtower PC
  • HP ProDesk 480 G4 Microtower PC (ENERGY STAR)
  • HP ProDesk 600 G3 Desktop Mini PC
  • HP ProDesk 600 G3 Desktop Mini PC
  • HP ProDesk 600 G3 Microtower PC
  • HP ProDesk 600 G3 Microtower PC
  • HP ProDesk 600 G3 Microtower PC (PCI slot 搭載)
  • HP ProDesk 600 G3 Microtower PC (PCI slot 搭載)
  • HP ProDesk 600 G3 Small Form Factor PC
  • HP ProDesk 600 G3 Small Form Factor PC
  • HP ProDesk 600 G3 Small Form Factor PC
  • HP ProDesk 600 G3 Small Form Factor PC
  • HP ProOne 400 G3 20インチ Non-Touch All-in-One PC
  • HP ProOne 400 G3 20インチ Non-Touch All-in-One PC (ENERGY STAR)
  • HP ProOne 400 G3 20インチ Touch All-in-One PC
  • HP ProOne 400 G3 20インチ Touch All-in-One PC (ENERGY STAR)
  • HP ProOne 600 G3 21.5インチ Non-Touch All-in-One PC
オペレーティングシステム:
Microsoft Windows 10 Pro (64ビット)
解決方法
システムボードの交換中にデータが失われないように、適切な手順に従ってください。
シナリオ1: システムが起動可能である場合
まだOSにアクセスできる場合は、[Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) アプリケーションでOptaneメモリーを無効にします。
  1. [Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) アプリケーションを開きます。
  2. [インテル Optane メモリー] タブを選択します。
  3. [無効にする]を選択します。
  4. [Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) アプリケーションを閉じます。
  5. これでシステムボードの交換が可能になりました。
    図1: Optaneメモリーを無効にする。

  6. システムの電源を入れます。
  7. [F10] を選択します。
  8. [メインメニュー][システム情報] の順に選択します。
  9. システムBIOSのバージョンが 2.06以上であることを確認します。
  10. [詳細設定] タブを選択します。
  11. [セキュアブート構成] を選択して Enterキーを押し、 [レガシーサポートを無効にしてセキュアブートを有効にする] を選択します。
  12. 図2: レガシーサポートを無効にしてセキュアブートを有効にする。

  13. ESCキーを押して、 [詳細設定] タブを選択し、 [システムオプション] を選択します。
  14. [ストレージコントローラーをインテルOptane用に構成する] オプションをオンにします。
    図3: [ストレージコントローラーをインテルOptane用に構成する] オプションをオンにする。

  15. 変更を保存して [はい] をクリックします。
    図4: 変更を保存する。

  16. システムが再起動されたら、デスクトップを開き、 インテルOptaneメモリーを有効にします。
    インテルOptaneメモリーを有効にする
  17. [Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) アプリケーションを開き、 [インテルOptaneメモリー] タブを選択します。
    図5: [Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) のインターフェイス。

  18. [有効] をクリックします。
    図6: [インテルOptaneメモリー] タブ:

  19. 互換性のある高速ドライブを選択し、 [はい]をクリックします。 互換ドライブの選択オプションは、インテルOptaneメモリーモジュールがコンピューターに2つ以上取り付けられている場合のみ表示されます。
    図7: 互換性のある高速ドライブを選択する。

  20. 有効化プロセスが完了したら、 [再起動] をクリックしてコンピューターを再起動します。
    図8: システムを再起動する。

  21. Optaneが機能していることを確認します。
    図9: Optaneメモリーが有効になっていることを確認する。
シナリオ2: データの破損により、システムが起動できない場合
  1. システムボードを交換します。
  2. システムの電源を入れます。
  3. [F10] を選択します。
  4. [メインメニュー][システム情報] の順に選択します。
  5. システムBIOSのバージョンが2.06以上であることを確認します。
    重要: システムBIOSが2.05以下である場合、BIOSを2.06以上に更新します。
  6. [詳細設定]タブを選択します。
  7. [セキュアブート構成] を選択し、 Enter キーを押します。
  8. 図10: セキュアブート構成。

  9. [レガシーサポートを無効にしてセキュアブートを有効にする] を選択します。
  10. ESCキーを押して変更を保存し、システムを再起動します。
    図11: [レガシーサポートを無効にしてセキュアブートを有効にする] オプション。

  11. システムが再起動したらすぐに F10キーを押します。
  12. 画面に表示される4桁の数字を書き留め、その4桁を入力して Enterキーを押します。
    図12: 認証コード。

  13. BIOSセットアップメニューの [セキュリティ] タブを選択します。
  14. [ハードディスクドライブユーティリティ] を選択し、 Enterキーを押します。
    図13: [ハードドライブユーティリティ] オプション。

  15. [セキュア消去] を選択し、 Enterキーを押します。
  16. [SATA HDD]、およびインストールされているOSを選択し、 Enterキーを押します。
    図14: セキュア消去オプション。

  17. [続行] を選択します (HDDのデータが消去されるまで若干待ち時間が発生することがあります)。
    図15: [続ける] を選択する。

  18. [詳細設定] タブを選択します。
  19. [セキュアブート構成] を選択して Enterキーを押し、 [レガシーサポートを無効にしてセキュアブートを有効にする] を選択します。
  20. ESC キーを押して [詳細設定] タブを選択します。
    図16: [レガシーサポートを無効にしてセキュアブートを有効にする] オプション。

  21. [システム オプション] を選択します。
  22. [ストレージ コントローラーをインテル Optane 用に構成する] にチェックを入れます。
    図17: [ストレージコントローラーをインテルOptane用に構成する] オプション。

  23. 変更を保存して [はい] をクリックします。
    図18: 変更を保存する。

  24. システムは自動的に再起動します。 システムが再起動したら、 F3をクリックして [ROM] 設定ページオプションに移動します。
  25. [Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) を選択し、 Enter キーを押します。
    図19: [Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) オプション。

  26. [PCIe INTEL MEMPEKEW016GA xxxxxxxxxx 13.4 GB] を選択し、 Enterキーを押して [ディスク情報] ページにアクセスします。
    図20: PCIeデバイスを選択する。

  27. [ステータス] 列を確認します。 [キャッシュ] が表示されていれば、正しいステータスです。
  28. [非 Optane モードにリセット] を選択し、 Enterキーを押します。
  29. [はい] を選択し、Enterキーを押します。 システムは前のページに戻ります。
  30. [PCIe INTEL MEMPEKEW016GA xxxxxxxxxx 13.4 GB] を選択し、 Enterキーを押して [ディスク情報] ページにアクセスします。
    図21: PCIeデバイスの選択を確認する。

  31. [ステータス] 列を確認します。 ここでは [非RAID] が正しいステータスで、「 Optaneのリセット完了、使用準備完了」というシステムメッセージが表示されるはずです。
    図22: ステータスは [非RAID] でなければならない。

  32. ESCキーを2度押して [終了] を選択します。
  33. [はい] を選択して [ROM] 設定ページオプションを終了します。
  34. システムは自動的に再起動します。 システムが再起動したら、すぐにOSリカバリプロセスを開始できます。
  35. 作成するリカバリプロセスに、以下のオプションを含めることができます: F11プリブートリカバリ、OS、DVD、またはUSBリカバリキット。
  36. OSが復元された後、システムを起動してデスクトップを開きます。
    インテルOptaneメモリーを有効にする
  37. [Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) アプリケーションを開き、 [インテルOptaneメモリー] タブを選択します。
    図23: [Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) のインターフェイス。

  38. [有効] をクリックします。
    図24: [インテルOptaneメモリー] タブ。

  39. 互換性のある高速ドライブを選択し、 [はい]をクリックします。 互換ドライブの選択オプションは、インテルOptaneメモリーモジュールがコンピューターに2つ以上取り付けられている場合のみ表示されます。
    図25: 互換性のある高速ドライブを選択する。

  40. 有効化プロセスが完了したら、 [再起動] をクリックしてコンピューターを再起動します。
    図16: システムを再起動する。

  41. [Intel Rapid Storage Technology] (インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー) アプリケーションを開きます。
  42. [インテルOptaneメモリー] タブを選択します。
  43. Optaneが機能していることを確認します。
  44. インテルOptaneメモリーのステータス: [有効] が表示されるはずです。
    図17: インテルOptaneメモリーが有効になっていることを確認する。

Hardware platforms affected : HP EliteDesk 800 G3 Small Form Factor PC, HP EliteDesk 800 G3 Tower PC, HP EliteOne 1000 G1 23.8-in All-in-One Business PC, HP EliteOne 1000 G1 23.8-in Touch All-in-One Business PC, HP EliteOne 1000 G1 27-in 4K UHD All-in-One Business PC, HP EliteOne 1000 G1 34-in Curved All-in-One Business PC, HP EliteOne 800 G3 23.8 Non-Touch Healthcare Edition All-in-One Business PC, HP EliteOne 800 G3 23.8-inch Non-Touch All-in-One PC, HP EliteOne 800 G3 23.8-inch Touch All-in-One PC, HP ProDesk 400 G3 Desktop Mini PC, HP ProDesk 400 G3 Desktop Mini PC (ENERGY STAR), HP ProDesk 400 G3 Microtower PC, HP ProDesk 400 G3 Microtower PC (ENERGY STAR), HP ProDesk 400 G3 Microtower PC Bundle, HP ProDesk 400 G3 Small Form Factor PC, HP ProDesk 400 G3 Small Form Factor PC (ENERGY STAR), HP ProDesk 400 G3 Small Form Factor PC (ENERGY STAR) Bundle, HP ProDesk 400 G4 Microtower PC, HP ProDesk 400 G4 Microtower PC (ENERGY STAR), HP ProDesk 400 G4 Small Form Factor PC, HP ProDesk 400 G4 Small Form Factor PC (ENERGY STAR), HP ProDesk 480 G4 Microtower PC, HP ProDesk 480 G4 Microtower PC (ENERGY STAR), HP ProDesk 600 G3 Desktop Mini PC, HP ProDesk 600 G3 Microtower PC, HP ProDesk 600 G3 Microtower PC (with PCI slot), HP ProDesk 600 G3 Small Form Factor PC, HP ProOne 400 G3 20-inch Non-Touch All-in-One PC, HP ProOne 400 G3 20-inch Non-Touch All-in-One PC (ENERGY STAR), HP ProOne 400 G3 20-inch Touch All-in-One PC, HP ProOne 400 G3 20-inch Touch All-in-One PC (ENERGY STAR), HP ProOne 600 G3 21.5-inch Non-Touch All-in-One PC

影響を受けるオペレーティングシステム : 使用できません

影響を受けるソフトウェア : 使用できません

サポートコミュニケーションクロスリファレンスID : IA05637178

HP Inc. shall not be liable for technical or editorial errors or omissions contained herein.The information provided is provided "as is" without warranty of any kind.To the extent permitted by law, neither HP or its affiliates, subcontractors or suppliers will be liable for incidental, special or consequential damages including downtime cost; lost profits; damages relating to the procurement of substitute products or services; or damages for loss of data, or software restorationThe information in this document is subject to change without notice.HP Inc. and the names of HP products referenced herein are trademarks of HP Inc. in the United States and other countries.Other product and company names mentioned herein may be trademarks of their respective owners.

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...