HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    重要な印刷セキュリティ更新

    HPでは最近、特定のインクジェットプリンタの脆弱性を認識しました。HPは、この脆弱性に対処するためのダウンロード可能なアップデートを提供しております。詳細および更なる情報は、Security Bulletin (セキュリティ通告)より入手可能です。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

Samsung多機能プリンターSCX-4621 - 原稿のセット

コピー用紙のセット
印刷素材をセットする手順は、印刷、ファックス、コピーのいずれでも同じです。
  補足:
コピーの場合は、レター、A4、リーガル、フォリオ、エグゼクティブ、B5、A5、またはA6サイズの印刷素材のみを使用してください。
原稿の準備
ドキュメントガラス板または自動文書フィーダー (ADF) を使用して、コピー、スキャン、ファックス送信用の原稿をセットします。 ADFを使用すると、1つのジョブで最大30枚のドキュメント (20ポンド、75 g/m2ボンド紙) をセットできます。 ドキュメントガラス板には、一度に1枚のドキュメントしか置くことができません。
ADFを使用する場合は、以下の点に注意してください。
  • 142 x 148 mm (5.6 x 5.8インチ) 未満のドキュメントまたは216 x 356 mm (8.5 x 14インチ) 以上のドキュメントはセットしないでください。
  • 以下の種類のドキュメントは給紙しないでください。
    • カーボン紙または裏カーボン紙
    • コート紙
    • 薄質半透明紙または薄紙
    • しわや折れのある用紙
    • めくれた用紙や丸まった用紙
    • 破れた用紙
  • ドキュメントからホチキスやクリップをすべて外してから原稿をセットしてください。
  • ドキュメントをセットする前に、ドキュメントに付いた糊、インク、修正液が完全に乾いていることを確認してください。
  • サイズや重さが異なる用紙を含む原稿をセットしないでください。
  • ブックレット、パンフレット、OHPフィルム、またはその他の特殊な特性を持つドキュメントをセットしないでください。
ドキュメントガラス板でのコピー
  1. ドキュメントカバーを持ち上げて開きます。
    番号 : カバーを開く
  2. ドキュメントを下向きにしてドキュメントガラス板の上に置き、ガラス面の左上端に合わせます。
    番号 : ドキュメントの位置調整
      補足:
    ADF (自動文書フィーダー) にドキュメントがないことを確認します。 ADFで原稿が検出されると、その原稿がドキュメントガラス板上の原稿より優先されます。
  3. ドキュメントカバーを閉じます。
      補足:
    • ドキュメントカバーを閉じるときは、負傷しないように注意してください。
    • コピー中にカバーが開いたままだと、コピー品質やトナーの消費量に影響する場合があります。
    • 本や雑誌のページをコピーするときは、カバーを開いたままコピーを開始してください。
  4. コントロールパネルのボタンを使用して、コピー部数、コピーサイズ、濃度、原稿の種類などのコピー設定をカスタマイズします。 設定をクリアするには、[Stop/Clear (停止/クリア)] ボタンを使用します。
  5. 必要に応じて、[Poster (ポスター)][Auto Fit (自動調整)][Clone (クローン)][ID Card (IDカード)] などの特殊コピー機能を使用できます。
  6. [Start (開始)] を押してコピーを開始します。 ディスプレイには、コピーの進行状況が表示されます。
      補足:
    • 実行中のコピージョブをキャンセルするには、[Stop/Clear (停止/クリア)] を押します。コピーが停止します。
    • ドキュメントガラス板にほこりが付いていると、プリントアウトに黒いしみが印刷されることがあります。 ガラス板を常にきれいにしてください。
    • 最適なスキャン品質を得るため、特にカラー画像やグレースケール画像では、ドキュメントガラス板を使用してください。
自動文書フィーダーでのコピー
  1. ドキュメントを上向きにしてADF (自動文書フィーダー) にセットします。 一度に30枚まで挿入できます。 ドキュメントの束の底がドキュメントトレイにある用紙サイズのマークと一致することを確認します。
    番号 : 上向きのドキュメント
  2. ドキュメントガイドをドキュメントのサイズに合わせて調整します。
    番号 : ガイドの位置調整
  3. コントロールパネルのボタンを使用して、コピー部数、コピーサイズ、濃度、原稿の種類などのコピー設定をカスタマイズします。 設定をクリアするには、[Stop/Clear (停止/クリア)] ボタンを使用します。
  4. 必要に応じて、[Collate (丁合い)][2 Up (2ページ)]、[4 Up (4ページ)] などの特殊コピー機能を使用できます。
  5. [Start (開始)] を押してコピーを開始します。 ディスプレイには、コピーの進行状況が表示されます。
      補足:
    ADFガラス板にほこりが付いていると、プリントアウトに黒い線が印刷されることがあります。 ガラス板を常にきれいにしてください。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...