HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、企業向けPC修理受付窓口が大変混雑しているため、お電話がつながりにくくなったり、出張訪問修理やお預かり修理にお時間をいただく場合がございます。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Enterprise, HP PageWide Enterprise - プリンタに印刷ジョブを保存し、後で印刷するか、個人用として印刷

はじめに

以下の情報は、プリンタに保存されている文書を作成および印刷する手順について説明するものです。 これらのジョブは、後で印刷することもプライベート印刷することもできます。

保存ジョブの作成 (Windows の場合)

プライベートの印刷または遅延印刷のために、プリンタでジョブを保存します。
  1. ソフトウェア プログラムから、印刷 オプションを選択します。
  2. プリンタのリストからプリンタを選択し、プロパティ または ユーザー設定 (名前はソフトウ⁠ェア プログラムによって異なります) を選択します。
    補足:
    ボタンの名前はソフトウェア プログラムの種類によって異なります。
    補足:
    Windows 10、8.1、および 8 の場合、これらのアプリケーションには、デスクトップ アプリケーション用に、以下に示すものとは異なる機能を含むレイアウトが用意されます。スタート画面のアプリケーションから印刷機能にアクセスするには、次の手順を実行します。
    Windows 10: 印刷 を選択し、プリンタを選択します。
    Windows 8.1 または Windows 8: デバイス を選択し、印刷 を選択してから、プリンタを選択します。
    HP PCL-6 V4 ドライバの場合、その他の設定 を選択すると、HP AiO プリンタのリモート アプリケーションが追加のドライバ機能をダウンロードします。
  3. ジョブ保存 タブをクリックします。
  4. ジョブ保存モード オプションを選択します。
    • 試し刷り後に保留: ジョブを 1 部試し刷りしてから、追加の部数を印刷できます。
    • 個人ジョブ: ジョブは、ユーザーがプリンタのコントロール パネルで印刷を指示するまで印刷されません。このジョブ保存モードでは、ジョブをプライベート/セキュアに設定 オプションのいずれか 1 つを選択できます。個人識別番号 (PIN) をジョブに割り当てる場合は、コントロール パネルで必要な PIN を入力する必要があります。ジョブを暗号化した場合は、コントロール パネルで必要なパスワードを入力する必要があります。この印刷ジョブは印刷後にメモリから削除され、プリンタの電源を切ると失われます。
    • クイック コピー: 指定した部数だけジョブを印刷し、後で再度印刷できるようにプリンタのメモリにジョブを保存します。
    • 保存ジョブ: プリンタにジョブを保存して、他のユーザーが後でいつでもそのジョブを印刷できるようにします。このジョブ保存モードでは、ジョブをプライベート/セキュアに設定 オプションのいずれか 1 つを選択できます。個人識別番号 (PIN) をジョブに割り当てた場合は、そのジョブを印刷するユーザーがコントロール パネルで必要な PIN を入力する必要があります。ジョブを暗号化した場合は、そのジョブを印刷するユーザーがコントロール パネルで必要なパスワードを入力する必要があります。
  5. カスタム ユーザー名またはジョブ名を使用するには、ユーザー設定 ボタンをクリックして、ユーザー名またはジョブ名を入力します。
    別の保存ジョブに同じ名前が付いている場合に使用するオプションを選択します。
    • ジョブ名と 1 ~ 99 までの数値を使用する: 固有の番号をジョブ名の末尾に追加します。
    • 既存のファイルを置換: 既存の保存ジョブを新しいジョブで上書きします。
  6. OK ボタンをクリックして、文書のプロパティ ダイアログ ボックスを閉じます。印刷 ダイアログ ボックスで、印刷 ボタンをクリックして、ジョブを印刷します。

保存ジョブの作成 (macOS の場合)

プライベートの印刷または遅延印刷のために、プリンタでジョブを保存します。
  1. ファイル メニューをクリックし、印刷 オプションをクリックします。
  2. プリンタ メニューで、このプリンタを選択します。
  3. デフォルトで、プリント ドライバに 部数とページ メニューが表示されます。メニューのドロップダウン リストを開いて、ジョブ保存 メニューをクリックします。
  4. モード ドロップダウン リストで、保存するジョブの種類を選択します。
    • 試し刷り後に保留: ジョブを 1 部試し刷りしてから、追加の部数を印刷できます。
    • 個人ジョブ: ジョブは、ユーザーがプリンタのコントロール パネルで印刷を指示するまで印刷されません。個人識別番号 (PIN) がジョブに割り当てられている場合は、コントロール パネルで必要な PIN を入力します。この印刷ジョブは印刷後にメモリから削除され、プリンタの電源を切ると失われます。
    • クイック コピー: 指定した部数だけジョブを印刷し、後で再度印刷できるようにプリンタのメモリにジョブを保存します。
    • 保存ジョブ: プリンタにジョブを保存して、他のユーザーが後でいつでもそのジョブを印刷できるようにします。個人識別番号 (PIN) がジョブに割り当てられている場合は、そのジョブを印刷するユーザーがコントロール パネルで必要な PIN を入力する必要があります。
  5. カスタム ユーザー名またはジョブ名を使用するには、ユーザー設定 ボタンをクリックして、ユーザー名またはジョブ名を入力します。
    別の保存ジョブが同じ名前の場合に使用するオプションを選択します。
    • ジョブ名と 1 ~ 99 までの数値を使用する: 固有の番号をジョブ名の末尾に追加します。
    • 既存のファイルを置換: 既存の保存ジョブを新しいジョブで上書きします。
  6. 手順 3 で 保存ジョブ または 個人ジョブ オプションを選択した場合、PIN でジョブを保護できます。印刷用の PIN を使用 フィールドに 4 桁の番号を入力します。他のユ⁠ーザーがこのジョブを印刷しようとすると、この PIN 番号の入力を求められます。
  7. 印刷 ボタンをクリックして、ジョブを処理します。

保存ジョブの印刷

次の手順に従って、プリンタのメモリに保存されているジョブを実行します。
補足:
手順は、コントロール パネルの種類によって異なります。
FutureSmart 3
FutureSmart 4
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、デバイス メモリから取得 ボタンまでスクロールして選択します。
  2. 文書が保存されているフォルダを選択し、文書を選択します。
  3. 文書がプライベートの場合は、パスワード フィールドに 4 桁の PIN を入力し、OK を選択します。
  4. [スタート] ボタンを選択してファイルを印刷します。
FutureSmart 4
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、印刷 を選択し、次に ジョブ保存から印刷 を選択します。
  2. ジョブ フォルダを表示するには、選択 を選択して、ジョブが保存されているフォルダを選択します。
  3. 印刷する文書の横のチェック ボックスをオンにし、完了 をタッチします。
  4. 文書がプライベートの場合は、PIN またはパスワード フィールドに 4 桁の PIN を入力し、OK をタッチします。
  5. 部数を調整するには、印刷 ボタンの左側にある [コピー数] フィールドをタッチします。キーパッドが表示されたら、印刷部数を選択し、閉じる ボタンをタッチしてキーパッドを閉じます。
  6. 印刷 をタッチして、文書を印刷します。

保存ジョブの削除

次の手順に従って、プリンタのメモリに保存されているジョブを削除します。
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、デバイス メモリから取得 を選択します。
  2. ジョブが保存されているフォルダの名前を選択します。
  3. ジョブの名前を選択します。
  4. ジョブがプライベートであるか暗号化されている場合、PIN またはパスワードを入力する必要があります。
  5. 削除 ボタンを選択します。
FutureSmart 4
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、印刷 を選択します。
  2. ジョブ保存から印刷 を選択します。
  3. ジョブ フォルダを表示するには、選択 を選択して、ジョブが保存されているフォルダの名前を選択します。
  4. 削除するジョブの名前の横にあるチェック ボックスをオンにします。
  5. ゴミ箱 アイコンを選択してジョブを削除します。ジョブがプライベートの場合は PIN を入力し、OK をタッチします。
  6. 確認メッセージ上で、ジョブの削除 を選択します。

プリンタが保存できるジョブの数を管理する

新しいジョブをプリンタのメモリに保存するとき、ユーザー名とジョブ名が一致するジョブが既に存在していると、そのジョブは上書きされます。プリンタの空き容量が不足している場合に新規の保存ジョブを送信すると、最も古い保存ジョブから順に削除されます。プリンタに保存できるジョブ数を変更するには、 次の手順を実行します。
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、管理 までスクロールして選択します。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • 全般的な設定
    • 保存ジョブの管理
  3. クイック コピー ジョブ保存制限 フィールドをタッチし、キーパッドを使用して、プリンタに保存するジョブの数を入力します。
  4. 保存 にタッチして設定を保存します。
FutureSmart 4
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、設定 を選択します。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • Copy/Print(コピー/印刷)
    • 保存ジョブの管理
    • 一時的なジョブ保存制限
  3. キーパッドを使用して、プリンタで保存するジョブ数を入力します。
  4. 完了 にタッチして設定を保存します。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...