HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    最近のパソコンの脆弱性に関する情報

    HPでは最近報告されている"Spectre" と"Meltdown" の脆弱性を確認しています。HPはこれらの問題へのパッチ情報と影響のあるシステムについてセキュリティブルテンを発行しています。今後も追加の情報が入り次第更新されるため、お客様へは定期的に確認していただくことをお勧めいたします。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Enterprise MFP, HP PageWide Enterprise MFP - ファックスのイメージ品質を向上させる

プリンタのファックス品質に問題がある場合は、次のソリューションを記載されている順に実行して問題を解決してください。
まずは、以下の簡単な手順を試してください。
  • 文書フィーダではなくフラットベッド スキャナを使用します。
  • 高い品質の原稿を使用します。
  • 文書フィーダを使用する場合、用紙ガイドを使用して原稿をフィーダに正しくセットして、不鮮明なイメージやイメージのゆがみが発生しないようにします。
問題が解決しない場合は、以下の追加のソリューションを試してください。それでも問題が解決しない場合は、さらに追加のソリューションについて、「印刷品質の改善」を参照してください。
スキャナ ガラスにごみや汚れがないか検査する
次のビデオでは、スキャナ ガラスのクリーニング方法を実演しています。
  補足:
お使いのプリンタとは外観が異なる場合がありますが、手順は同じです。
長い間に、スキャナのガラス板やビニール製の白い裏張り部分に細かいごみがたまり、性能が劣化する場合があります。印刷したページに筋状の汚れ、不適切な線、トナーの黒い汚れ、印刷品質の低下、不鮮明なテキストなどの問題がある場合は、次の手順を使用してスキャナをクリーニングします。
  1. プリンタの電源ボタンをオフにして、コンセントから電源ケーブルを外します。
    番号 : 電源ボタンを押す
  2. スキャナ カバーを開きます。
    番号 : スキャナ カバーを開く
  3. 非研磨性ガラス クリーナーを含ませた柔らかい布またはスポンジでスキャナのガラス板、文書フィーダ ストリップ、およびビニール製の白い裏張り部分をクリーニングします。
    番号 : スキャナのクリーニング
      注意:
    プリンタのどの部分にも研摩材、アセトン、ベンゼン、アンモニア、エチルアルコール、および四塩化炭素は使用しないでください。これらは、プリンタを損傷するおそれがあります。また、ガラス板やプラテンには液体を直接かけないでください。液体が漏れてプリンタを損傷するおそれがあります。
      補足:
    文書フィーダを使用すると、読み取った文書が筋状に汚れる問題が発生している場合は、スキャナの左側にある小さいガラス ストリップをクリーニングしてください。
  4. しみが残らないように、乾いたセーム革またはセルロース スポンジでガラス板とビニール製の白い裏張り部分を拭き取ります。
  5. 電源ケーブルをコンセントに接続し、電源ボタンを押し、プリンタの電源を入れます。
ファックス設定を確認する
プリンタのコントロール パネルで、ファックス設定を調整できます。オプションと手順は、コントロール パネルの種類によって異なります。
  補足:
プリンタのコントロール パネルで変更できるファックス設定の一部は、デフォルトを指定する設定です。その他の設定は、現在のジョブのみに影響します。ネットワークに接続されているプリンタのデフォルトを設定する場合は、内蔵 Web サーバ (EWS) の使用を推奨します。
FutureSmart 3
FutureSmart 4
解像度設定を確認する
  補足:
プリンタ解像度は、1 インチあたりのドット数 (dpi) 単位で示されます。解像度を高い値に設定すると、鮮明になりますが、ファイル サイズは大きくなり、スキャン時間も長くなります。
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、管理 ボタンまでスクロールして選択します。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • ファックス設定
    • ファックス送信設定
    • デフォルト ジョブ オプション
  3. 解像度 ボタンを選択し、事前定義済みのオプションのいずれかを選択して、保存 ボタンを選択します。
  4. [スタート] ボタンを選択して、ファックスを送信します。
FutureSmart 4
  補足:
これらの設定値は一時的なものです。ジョブが完了すると、デフォルト設定に戻ります。
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、ファックス を選択し、オプション を選択します。
  2. 解像度 を選択して、事前定義オプションのいずれかを選択します。
  3. 送信 を選択します。
イメージ調整設定を確認する
以下の追加設定を調整して、品質を改善します。
  • 濃度: スキャンしたイメージのカラーで使用する白および黒の量を増減します。
  • コントラスト: ページ内の最も明るい色と最も暗い色の差を増減します。
  • シャープネス: イメージを鮮明にしたり柔らかくしたりします。たとえば、鮮明度を上げるとテキストがはっきりと表示され、鮮明度を下げると写真が滑らかに表示されます。
  • 背景の除去: スキャンしたイメージの背景から不鮮明な色を除去します。たとえば、原稿がカラー用紙に印刷されている場合、この機能を使用することでイメージの濃さに影響を与えることなく背景を明るくできます。
  • 自動トーン: Flow プリンタのみ。原稿に 100 字以上の文字が含まれる場合、プリンタでページ上側のエッジを検出できるため、スキャンしたイメージが正しい向きに配置されます。スキャン ジョブで、他のページに対して上下逆のページが含まれる場合でも、スキャンしたイメージではすべてのページが正しい向きになります。横向きのページが含まれる場合、ページの上側がイメージの上側になるようにイメージが回転されます。
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、管理 ボタンまでスクロールして選択します。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • ファックス設定
    • ファックス送信設定
    • デフォルト ジョブ オプション
  3. イメージ調整 ボタンを選択します。
  4. スライダを調節してレベルを設定し、保存 ボタンを選択してから [スタート] ボタンを選択して、ファックスを送信します。
FutureSmart 4
  補足:
これらの設定値は一時的なものです。ジョブが完了すると、デフォルト設定に戻ります。
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、ファックス を選択し、オプション を選択します。
  2. イメージ調整 を選択してから、スライダを調節してレベルを設定します。
  3. 完了 を選択し、送信 を選択して、ファックスを送信します。
テキストまたは画像のファックス品質を最適化する
スキャン中の次の画像タイプに合わせてファックス ジョブを最適化します: テキスト、グラフィックス、写真。
  補足:
これらは、FutureSmart 3 と FutureSmart 4 の両方のコントロール パネルで、一時的に適用される設定です。ジョブが完了すると、デフォルト設定に戻ります。
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、ファックス ボタンを選択します。
  2. その他のオプション ボタンを選択して、テキスト/画像の最適化 ボタンを選択します。
  3. 定義済みのオプションのいずれかを選択するか、マニュアル調整 ボタンを選択して 最適化 領域のスライダを調整します。OK ボタンを選択します。
  4. [スタート] ボタンを選択します。
FutureSmart 4
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、ファックス を選択し、オプション を選択します。
  2. テキスト/画像の最適化 を選択します。
  3. 以下のいずれかのオプションを調整します。
    • テキスト: 大部分がテキストの文書用です。このオプションは、マーカーのマークが付いたドキュメントをスキャンする場合に最も適しています。
    • 混在: テキストとグラフィックスが混在している文書用です。
    • 印刷されている画像: 雑誌の切抜きや、書籍のページなど、線画やすでに印刷されている画像用です。コピー結果に不規則な濃淡の縞が表示される場合は、印刷された画像 を選択して、品質の向上を試みてください。
    • 写真: 写真の印刷用です。
  4. 送信 を選択します。
エラー修正設定を確認する
[エラー修正モード] 設定が無効になっている可能性があり、それが原因で印刷品質が低下している可能生があります。この設定を再度有効にするには、次の手順に従います。
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、管理 ボタンまでスクロールして選択します。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • ファックス設定
    • ファックス送信設定
    • ファックス送信のセットアップ
    • 全般的なファックス送信設定
  3. エラー修正モード オプションを選択します。保存 ボタンを選択します。
FutureSmart 4
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、設定 を選択します。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • ファクス
    • ファックス送信設定
    • 全般的なファックス送信設定
  3. エラー修正モード チェック ボックスをオンにしてから、完了 を選択します。
受信したファックスに対する [用紙の大きさに合わせる] 設定を確認します。
用紙の大きさに合わせる 設定が有効になっており、受信したファックスがデフォルト ページ サイズよりも大きい場合は、イメージがページに収まるように縮小されます。この設定が無効になっていると、サイズの大きいイメージが複数のページに分割されます。
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、管理 ボタンまでスクロールして選択します。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • ファックス設定
    • ファックス受信設定
    • デフォルト ジョブ オプション
    • 用紙の大きさに合わせる
  3. 設定を有効にするには、有効 オプションを選択し、無効にするには、無効 オプションを選択します。保存 ボタンを選択します。
FutureSmart 4
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、設定 を選択します。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • ファクス
    • ファックス受信設定
    • デフォルト ジョブ オプション
  3. 用紙の大きさに合わせる を選択して、オン を選択します。
文書フィーダのピックアップ ローラーおよび仕分けパッドのクリーニング
次のビデオでは、ピックアップ ローラーおよび仕分けパッドのクリーニング方法を実演しています。お使いのプリンタとは外観が異なる場合がありますが、手順は同じです。
印刷したページにトナーの汚れや印刷のゆがみがある場合は、次の手順を実行します。
  1. 文書フィーダのラッチを持ち上げます。
    番号 : ラッチを持ち上げる
  2. 文書フィーダのカバーを開けます。
    番号 : 文書フィーダのカバーを開けます
  3. 目で確認できる糸くずやほこりがあれば、エアスプレーや温水で湿らせた繊維の残らない布を使用して、各フィード ローラーや仕分けパッドから取り除きます。
      補足:
    2 つ目のローラーをクリーニングするには、ローラー アセンブリを持ち上げてください。
    番号 : 文書フィーダのクリーニング
  4. 文書フィーダのカバーを閉じます。
問題が解決しない場合は、文書フィーダの仕分けパッドおよびローラーに損傷や摩耗がないか確認し、必要に応じて交換します。
異なるファックス機に送信する
異なるファックス機にファックス送信を試行します。ファックス品質が良好な場合、問題は最初の受信者のファックス機の設定またはサプライ品の状態に関係しています。
送信側のファックス機を確認する
送信側に別のファックス機から送信するように依頼します。ファックス品質が向上する場合は、送信側のファックス機に問題があります。別のファックス機を使用できない場合は、送信側に次の変更を検討するよう依頼します。
  • 原稿を白地 (色付きでなく) にする。
  • ファックスの解像度、品質レベル、またはコントラストの設定を高くする。
  • 可能な場合には、コンピュータのソフトウェア プログラムからファックスを送信する。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...