HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Color LaserJet Enterprise, HP PageWide Enterprise Color, HP OfficeJet Enterprise Color - カラー設定を管理する

はじめに
この文書では、プリンタのカラー設定を管理および変更する方法について説明します。
HP EasyColor オプションを使用する
Windows に対応した HP PCL 6 プリント ドライバが組み込まれた HP EasyColor を使用すると、Microsoft Office プログラムから印刷するさまざまな内容が含まれる文書の品質が自動的に向上します。HP EasyColor では、文書のスキャンをして .JPEG または .PNG 形式の写真が自動的に調整されます。HP EasyColor テクノロジにより、複数の部分に分割するのではなく画像全体を一度に処理することで、カラーの一貫性や細部の鮮明さが向上し、印刷速度も上がります。
macOS に対応した HP プリント ドライバが組み込まれた HP EasyColor を使用すると、すべての文書がスキャンされて、すべての写真が自動的に調整され、品質が向上します。
次に例を示します。左の画像は HP EasyColor オプションを使用せずに作成したものです。HP EasyColor を使用して作成した右の画像では、品質が向上していることがわかります。
HP EasyColor オプションは、デフォルトで HP PCL 6 プリント ドライバと macOS 対応の HP プリンタ ドライバの両方で有効です。
HP EasyColor を無効にしてカラー設定を手動で調整するには、次の手順のいずれかを完了します。
Windows
  1. ソフトウェア プログラムから、印刷 オプションを選択します。
  2. プリンタのリストからプリンタを選択し、プロパティ または ユーザー設定 ボタンをクリックしてプリント ドライバを開きます。
      補足:
    ボタンの名前はソフトウェア プログラムの種類によって異なります。
      補足:
    Windows 10、8.1、および 8 の場合は、以下に示したデスクトップ アプリケーションとは、レイアウトおよび機能が異なります。スタート画面アプリケーションから印刷機能にアクセスするには、次の手順を実行します。
    Windows 10:印刷 を選択して、プリンタを選択します。
    Windows 8.1 または 8:デバイス を選択し、印刷 を選択してからプリンタを選択します。
    HP PCL-6 V4 ドライバの場合は、その他の設定 が選択されると HP AiO プリンタ リモート アプリケーションにより、追加のドライバ機能がダウンロードされます。
      補足:
    詳細については、プリント ドライバのヘルプ ([?]) ボタンをクリックしてください。
  3. カラー タブをクリックし、HP EasyColor チェック ボックスをクリアします。
macOS
  1. ファイル メニューをクリックし、印刷 オプションをクリックします。
  2. 該当するプリンターを選択します。
  3. カラー/品質オプション タブをクリックし、HP EasyColor のチェック ボックスをクリアします。
印刷ジョブのカラー テーマの変更 (Windows)
  1. ソフトウェア プログラムから、印刷 オプションを選択します。
  2. プリンタを選択し、プロパティ または ユーザー設定 ボタンをクリックします。
  3. カラー タブをクリックします。
  4. HP EasyColor チェック ボックスをオフにします。
  5. カラー テーマ ドロップダウン リストでカラー テーマを選択します。
    • デフォルト (sRGB): このテーマを選択すると、RGB データをロー デバイス モードで印刷します。このテーマを使用する場合、適切な印刷結果を得るには、ソフトウェアまたは OS でカラーを管理する必要があります。
    • 鮮明 (sRGB): 中間階調の彩度が高くなります。このテーマは、業務用のグラフィックスを印刷する用途に適しています。
    • フォト (sRGB): RGB カラーが、デジタル ミニ ボで写真として印刷されるときと同じように解釈されます。[デフォルト (sRGB)] を選択した場合に比べて、濃度と彩度が高くなります。このテーマは、写真を印刷する用途に適しています。
    • フォト (Adobe RGB 1998): このテーマは、sRGB ではなく Adobe RGB の色空間を使用しているデジタル写真を印刷する用途に適しています。このテーマを使用する場合、ソフトウェア側でカラー管理を無効にしてください。
    • なし: カラー テーマは使用されません。
    • ユーザー定義プロファイル: ユーザー定義の入力プロファイルを使用してカラー出力を正確に管理する場合には (たとえば、特定の HP Color LaserJet プリンタをエミュレートする場合)、このオプションを選択します。www.hp.com からユーザー定義のプロファイルをダウンロードします。
  6. OK をクリックして、文書のプロパティ ダイアログを閉じます。印刷 ダイアログ ボックスで、OK をクリックして、ジョブを印刷します。
カラー オプションの変更 (Windows)
  1. ソフトウェア プログラムから、印刷 オプションを選択します。
  2. プリンタを選択し、プロパティ または ユーザー設定 ボタンをクリックします。
  3. カラー タブをクリックします。
  4. HP EasyColor チェック ボックスをオフにします。
  5. カラー オプション 領域で、手動 オプションをクリックし、設定 ボタンをクリックします。
  6. エッジ コントロール の全般的な設定、またテキスト、グラフィックス、および写真の設定を調整します。
カラー オプションの変更 (macOS)
  1. ファイル メニューから、印刷 オプションをクリックします。
  2. プリンタ メニューからプリンタを選択します。
  3. メニューのドロップダウン リストを開いて、カラー オプション を選択します。
  4. HP EasyColor チェック ボックスをオフにします。
  5. 詳細設定を開きます。
  6. テキスト、グラフィックス、写真の設定を個別に調整します。
  7. プリント をクリックします。
手動カラー オプション
テキスト、グラフィック、および写真に対する、グレー中間色、ハーフトーン、エッジ コントロール の各カラー オプションを手動で調整できます。
設定
説明
オプションに関する質問
エッジ コントロール
エッジ コントロール の設定値によって、エッジの処理方法が決まります。エッジ コントロールには、適応中間調処理とトラッピングの 2 つの要素があります。適応中間調処理は、エッジをシャープにするものです。トラッピングは、互いに隣接するオブジェクトどうしのエッジを少しだけ重ね合わせることによって、カラー領域の位置ずれの影響を抑えるものです。
  • オフ:トラッピングと適応中間調処理の両方を無効にします。
  • 最低:最低限レベルのトラッピングを行います。適応中間調処理は有効です。
  • 標準:中レベルのトラッピングを行います。適応中間調処理は有効です。
  • 最高:最高レベルのトラッピングを行います。適応中間調処理は有効です。
ハーフトーン
ハーフトーン オプションは、カラーの明瞭度と解像度に影響します。
  • スムーズ:カラー階調が滑らかになるので、広い塗り潰し領域の見映えが良くなり、また、写真の印刷品質が向上します。このオプションを選択するのは、領域を均一かつ滑らかに塗りつぶすことが重要な場合です。
  • 精細:線どうしやカラーどうしをはっきり区別する必要があるテキストやグラフィックを印刷する場合、および、パターンを含む画像や精細な画像を印刷する場合に効果的です。このオプションを選択するのは、エッジの鮮明さと細部が重要である場合です。
グレー中間色
グレー中間色 は、テキスト、グラフィック、および写真の中で使用される灰色の作成方法を決めるための設定です。
  • 黒のみ:黒のトナーだけを使用して中間色 (灰色および黒) を生成します。カラー トナーを使用せずに中間色を印刷できます。このオプションは、文書およびグレースケール OHP シートに最適です。
  • 4 色:4 種類のカラー トナーすべてを組み合わせて中間色 (灰色および黒) を生成します。この方法では、階調および他色への遷移が滑らかになります。また、最も濃い黒を生成できます。
カラーのマッチング
プリンタとコンピュータのモニタはカラー生成方法が違うので、プリンタで印刷される色とコンピュータの画面の色を合わせるプロセスはかなり複雑です。モニタは、RGB (赤、緑、青) カラー処理を利用して光ピクセルで色を表示し、プリンタは、CMYK (シアン、マゼンタ、イエロー、黒) 処理で色を印刷します。
印刷物の色をモニタに表示される色と一致させる機能は、いくつかの要因の影響を受けます。これらの要因には次のものがあります。
  • 用紙
  • プリンタの着色剤 (インクやトナーなど)
  • 印刷プロセス (インクジェット、プレス、またはレーザー方式など)
  • 天井の照明
  • 色を認識する個人の特性
  • ソフトウェア プログラム
  • プリント ドライバ
  • コンピュータのオペレーティング システム
  • モニタとその設定
  • ビデオ カードとドライバ
  • 動作環境 (湿度など)
ほとんどの状況で、画面の色と印刷ページの出力カラーを一致させる最適な方法は、RGB カラーで印刷することです。
色見本のカラー マッチング
プリンタ出力を印刷済みの色見本や標準のカラー リファレンスと一致させるプロセスは複雑です。一般的には、色見本の作成にシアン、マゼンタ、イエロー、および黒のインクが使用された場合、色見本との適度に良好な一致を得ることができます。通常、これらはプロセス カラー色見本と呼ばれます。
一部の色見本はスポット カラーから作成されます。スポット カラーは特別に作成された着色剤です。これらのスポット カラーの多くは、プリンタの範囲外です。ほとんどのスポット カラーの色見本には、スポット カラーに対する CMYK 近似を行う付属のプロセス色見本があります。
ほとんどのプロセス色見本では、色見本の印刷にプロセス標準が使用されていると記載されます。ほとんどの場合、SWOP、EURO、または DIC です。プロセス色見本に対する最適なカラー マッチングを得るには、プリンタ メニューから、対応するインク エミュレーションを選択します。プロセス標準がわからない場合は、SWOP インク エミュレーションを使用します。
カラー サンプルの印刷 (Enterprise モデルのみ)。
カラー サンプルを使用するには、目的の色に最もよく一致するカラー サンプルを選択します。ソフトウェア プログラムでサンプルのカラー値を使用して、マッチさせるオブジェクトを指定します。印刷される色は、用紙タイプや使用するソフトウェア プログラムにより異なることがあります。
プリンタのコントロール パネルを使用してカラー サンプルを印刷するには、次の手順に従います。
  補足:
手順は、コントロール パネルのタイプによって異なります。
FutureSmart 3
FutureSmart 4
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、管理 ボタンを選択します。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • レポート
    • その他のページ
  3. RGB サンプル または CMYK のサンプル オプションのいずれかを選択し、OK を選択します。
FutureSmart 4
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、レポート を選択し、次に その他のページ メニューを開きます。
  2. RGB サンプル または CMYK サンプル オプションを選択して、印刷 を選択します。
PANTONE® カラー マッチング
PANTONE には、複数のカラー マッチング システムがあります。PANTONE MATCHING SYSTEM® は普及度の高いカラー マッチング システムで、ソリッド インクを使用してさまざまな色調と色合いを生成します。
  補足:
生成された PANTONE カラーが、PANTONE の標準色と一致しない場合があります。正確な色については PANTONE の最新の出版物で確認してください。
カラー テキストをモノクロ (グレースケール) で印刷 (Windows の場合)
  1. ソフトウェア プログラムから、印刷 オプションを選択します。
  2. プリンタを選択し、プロパティ または ユーザー設定 ボタンをクリックします。
  3. 詳細設定 タブをクリックします。
  4. 文書オプション セクションを展開します。
  5. プリンタの機能 セクションを展開します。
  6. テキスト全部を黒で印刷 ドロップダウン リストで、有効 オプションを選択します。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...