HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    現在Webサイトのアップグレードを行っております。

    この期間中にエラーがあった場合は、後でもう一度お試しください。 

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP エンタープライズ - USB フラッシュ ドライブまたは内蔵 Web サーバ (EWS) を使用してファームウェアを更新する

はじめに
オペレーティングシステムのサービスパックと同様に、HP では、プリンタのサポート期間を通して、既知の問題に対処し、新しい機能を追加できるように、プリンタのファームウェア アップデートを提供しています。プリンタを最新の状態に維持するため、HP は HP Enterprise モデルのファームウェアをアップデートすることをお勧めします。
  補足:
別の HP LaserJet モデル使用している場合は、ファームウェアのアップデートが推奨されない場合があります。ファームウェア アップデートを実行する前に、お使いのプリンタの ReadMe ファイルをご確認ください。
このドキュメントでは、プリンタが印字可状態またはエラー状態である場合に、単一のプリンタのファームウェアをアップデートする方法について手順を説明します。
  補足:
印字可状態とは、コントロール パネルに 印字可 と表示されるか、プリンタの初期化が完了しすべてのランプが点灯した状態を示します。
HP Web Jetadmin を使用して複数のプリンタのファームウェアを一度にアップデートする方法についての詳細は、「HP Web Jetadmin を使用したファームウェアのアップデート」(c03840402) を参照してください。
FTP または Jetdirect 内蔵 Web サーバで HP Web Jetadmin または HP Download Manager を使用して Jetdirect プリント サーバーをアップデートする方法についての詳細は、www.hp.com/go/wja_firmware を参照してください。
アップデート要件
ファームウェアのアップデートを実行する前に、以下の要件を確認してください。
  • このプリンタは、従来の FTP、LPR、またはポート 9100 の方法を使用してアップデートすることはできません。
  • サード パーティのソリューションをお使いの場合、HP は、最新のファームウェア バージョンがそのサード パーティのソリューションに対応していることをベンダに問い合わせて確認することをお勧めします。
  • ファームウェアのアップデートは、コンピュータの処理速度やプリンタへの接続の種類、およびプリンタ キューで保留状態になっている印刷ジョブに応じて 10 ~ 30 分以上かかります。
  • ファームウェアのアップデート プロセスでは、ネットワーク接続または USB フラッシュ ドライブが必要です。
  • コントロール パネルの一部のメニューにアクセスするには、管理者の権限またはパスコードが必要になる場合があります。
ファームウェアのダウングレードについて
リモートの場所から、一部の新しい HP Enterprise プリンタ モデルのファームウェアを FutureSmart バージョン 4 より古いバージョンにダウングレードしようとすると、このダウングレードは失敗し、99.02.32 コントロール パネル エラーおよび 33.05.09 イベント ログ メッセージが表示されます。
これは、ファームウェアのダウングレードを実行するにはプリンタの設置場所に誰かがいなければならず、HP SureStart プリンタのリモートによるダウングレードを防止する、新しいセキュリティ機能によるものです。この機能は、HP Enterprise モデル M506、M552、M553、M604、M605、およびM606 に適用されます。その他の HP Enterprise プリンタモデルでは、この問題は発生しません。この機能の詳細情報については、 「内蔵のセキュリティ機能」 (c05146256) にアクセスしてください。
使用可能な最新のファームウェアを使用することを推奨しますが、ダウングレードが不可欠な場合は、コントロールパネルで起動前メニューを使用してファームウェアをダウングレードし、エラーが発生しないようにしてください。ファームウェアをリモートでダウングレードしようとすると、またはデバイス メンテナンスメニューを使用してダウングレードすると、プリンタの EWS または Web Jetadmin でエラーが発生し、ダウングレードが失敗します。起動前メニューを使用して 1 台のプリンタのファームウェアをダウングレードする手順については、「方法 3: USB フラッシュ ドライブ - 起動前メニュー」(この文書の手順 3: ファームウェアをアップデートするセクション) を参照してください。
手順 1: プリンタにインストールされている現在のファームウェア バージョンを確認します
プリンタにインストールされている現在のファームウェア バージョンを確認するには、以下の方法のいずれかを使用して、設定ページを印刷します。
  補足:
プリンタがエラー状態の場合は、「方法 3: USB フラッシュ ドライブ - 起動前メニュー」(この文書の手順 3: ファームウェアをアップデートするセクション) に進みます。
方法 1: プリンタのコントロール パネルからの設定ページの印刷
プリンタのコントロール パネルから設定ページを印刷するには、以下の手順に従います。
  補足:
手順は、コントロール パネルによって異なります。
FutureSmart 3
Futuresmart 4
FutureSmart 3
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、管理 ボタンまでスクロールしてタッチします。
  2. 以下のメニューを開きます。
    • レポート
    • 設定/ステータス ページ
  3. 設定ページ 項目をタッチして選択します。
  4. 印刷 を選択して、設定ページを印刷します。
  5. 設定ページの デバイス情報 セクションで、次の例のようなファームウェア改訂版とファームウェアのデートコードを確認します。
    • ファームウェア改訂 :2131029_189663 (インストールされているバージョン)
    • ファームウェアのデートコード :20110811 (バージョンの日付)
FutureSmart 4
  1. プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、レポート までスクロールして選択します。
  2. 構成/ステータス ページを選択します。
  3. 設定ページ を選択します。
  4. 印刷 を選択して、設定ページを印刷します。
  5. 設定ページの デバイス情報 セクションで、次の例のようなファームウェア改訂版とファームウェアのデートコードを確認します。
    • ファームウェア改訂 :2131029_189663 (インストールされているバージョン)
    • ファームウェアのデートコード :20110811 (バージョンの日付)
方法 2: 内蔵 Web サーバ (EWS) からの設定ページの印刷
内蔵 Web サーバ (EWS) から、設定ページを印刷するには、以下の手順に従います。
  1. EWS にアクセスする前に、次の手順を使用して、プリンタのコントロール パネルでプリンタの IP アドレスを取得する必要があります。
      補足:
    手順は、コントロール パネルによって異なります。コントロール パネルのタイプを確認するには、この文書の前のセクションの表を参照してください。
    • FutureSmart 3: プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、ネットワーク ボタンをタッチして、IP アドレスまたはホスト名を表示します。
    • FutureSmart 4: プリンタのコントロール パネル上のホーム画面から、情報 アイコン、ネットワーク ボタンの順にタッチして、IP アドレスまたはホスト名を表示します。
  2. Web ブラウザを開き、プリンタのコントロール パネルに表示されているとおりに、プリンタの IP アドレスまたはホスト名をアドレス バーに入力します。コンピュータのキーボードの Enter キーを押します。EWS が開きます。
    番号 : ブラウザのアドレス行の IP アドレスの例
      補足:
    Web サイトへのアクセスが安全でない可能性があることを示すメッセージが Web ブラウザに表示された場合は、続行するオプションを選択します。この Web サイトへのアクセスによってコンピュータが損害を受けることはありません。
  3. EWS ホーム ページで、左側のナビゲーション ウィンドウにある 印刷可能なレポートとページ設定ページ印刷 の順に選択し、設定ページを印刷します。
  4. 設定ページの デバイス情報 セクションで、次の例のようなファームウェア改訂版とファームウェアのデートコードを確認します。
    • ファームウェア改訂 :2131029_189663 (インストールされているバージョン)
    • ファームウェアのデートコード :20110811 (バージョンの日付)
手順 2: 最新のファームウェアのダウンロード
HP LaserJet ファームウェア ダウンロードは www.hp.com から入手できます。プリンタのファームウェア、内蔵 Jetdirect (必要な場合)、およびプリンタで使用できる HP 用紙処理アクセサリが 1 つのファイルに含まれています。
  1. HP サポートにアクセスしてください。
  2. ドライバ & ダウンロード を選択し、検索ボックスにお使いのプリンタ名/番号を入力して 次へ を選択し、検索結果の一覧からお使いのプリンタを選択します。
  3. オペレーティング システムのリストの一番下までスクロールし、OS に依存しない を選択します。
  4. ファームウェア セクションで最新のファームウェア ファイルを探し、ダウンロード を選択して、保存 を選択します。
      補足:
    最新の機能強化や修正など役に立つ情報を確認するには、ファームウェアのファイル名を選択し、Readme タブを選択します。
  5. フォルダを開く を選択するか、ファイルを保存した場所を参照し、.zip ファイルを右クリックして、すべてのファイルを展開します。
  6. .bdl ファイルの場所を確認します。
      補足:
    ファームウェアのファイルは「xxxxxxx.bdl」という形式で、「xxxxxxxx」はファームウェアのファイル名を示し、「.bdl」はファイルの拡張子です。このファイルは自動的に起動またはインストールされません。
手順 3: ファームウェアのアップデート
本プリンタでは、3 種類のファームウェア アップデート方法がサポートされています。次のいずれかの方法を 1 つのみ使用して、このプリンタのファームウェアをローカルまたはリモートのいずれかでアップデートしてください。プリンタがエラー状態の場合は、「方法 3: USB フラッシュ ドライブ - 起動前メニュー」に移動してください。
  補足:
ファームウェアのリリース バージョンに応じて (通常、プリンタがエラー状態の場合に使用される) USB フラッシュ ドライブを使用した起動前メニューの方法は、プリンタが印字可状態の場合にも推奨される場合があります。
方法 1: 内蔵 Web サーバ (EWS)
ネットワークに接続されているプリンタでファームウェアをリモートで更新するには、内蔵 Web サーバ (EWS) を使用します。これらの手順は、プリンタを起動して印字可状態にできる場合にのみ使用する必要があります。プリンタが USB 接続されている場合は、「方法 2: USB フラッシュ ドライブ - デバイス メンテナンス メニュー」に移動してください。
  補足:
内蔵 Web サーバを使用してファームウェアをアップデートしているとき、アップデート プロセスがハングアップしたり、不適切なファイル/破損したファイルのエラーが表示されたりする場合、プリンタは適切に機能していますが、ファームウェアのアップデートは完了していません。USB フラッシュ ドライブを使用してファームウェアを更新してみてください。バージョン 11.1 から 11.3 のファームウェアにアップデートすると問題が発生する可能性が低くなります。
以下の指示に従うか、または次のビデオを見てください。
ビデオが再生されない場合は、ここ をクリックして、YouTube でご覧ください。
  1. プリンタの電源をオフにしてからオンにして、プリンタが印字可状態になるまで待機します。
      補足:
    コントロール パネルにエラー メッセージが表示される場合、最初にエラーを解決します。エラー メッセージが消えない場合は、「方法 3: USB フラッシュ ドライブ - 起動前メニュー」を参照してください。
  2. Web ブラウザを開き、設定ページに表示されるものと同じプリンタの IP アドレスをアドレス フィールドに入力して、Enter キーを押します。
    内蔵 Web サーバ (EWS) が開きます。
  3. 一般 タブを選択します。
  4. 左側のウィンドウで、ファームウェアのアップグレード を選択し、(EWS のバージョンに応じて) 参照 または ファイルの選択 を選択します。
      補足:
    管理者パスワードを設定する必要がある ことを示す警告メッセージが表示される場合、セキュリティ タブを選択し、左側のウィンドウで 一般セキュリティ オプションを選択して、ローカル管理者パスワードを設定 セクションでパスワードをリセットします。
  5. ファームウェア ファイルを展開した場所を参照して .bdl ファイルを選択し、インストール を選択して、アップデート プロセスが完了するまで待機します。
      補足:
    HP 内蔵 Web サーバ (EWS) で確認ページが表示されるまで、ブラウザ ウィンドウは閉じないでください。
  6. EWS 確認ページで、今すぐ再起動する を選択するか、プリンタの電源を オフ にしてから再度 オン にします。
      補足:
    プリンタは自動では再起動しません。ファームウェアのアップデートが適切に完了するように、プリンタを確実に再起動してください。
  7. プリンタが再度オンラインになったら、設定ページを印刷して、新しいファームウェア バージョンがインストールされていることを確認してください。
方法 2: USB フラッシュ ドライブ - メンテナンス メニュー
プリンタのコントロール パネルから直接ファームウェアをアップデートするには、ポータブル USB フラッシュ ドライブを使用します。これらの手順は、プリンタを起動して印字可状態にできる場合にのみ使用する必要があります。
以下の指示に従うか、または次のビデオを見てください。
ビデオが再生されない場合は、ここ をクリックして、YouTube でご覧ください。
  1. 前の手順でダウンロードした .bdl ファイルをポータブル USB フラッシュ ドライブにコピーします。
      補足:
    CD フォーマット済みパーティションを含む USB フラッシュ ドライブは、プリンタで認識されない可能性があります。別の USB フラッシュ ドライブが必要になる場合があります。
  2. プリンタの電源をオフにしてからオンにして、プリンタが印字可状態になるまで待機します。
      補足:
    コントロール パネルにエラー メッセージが表示される場合、最初にエラーを解決します。エラー メッセージが消えない場合は、「方法 3: USB フラッシュ ドライブ - 起動前メニュー」を参照してください。
  3. プリンタのコントロール パネルで、次の手順を使用して、[USB ファームウェア アップグレード] オプションに移動します。
      補足:
    手順は、コントロール パネルによって異なります。
    • FutureSmart 3: プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、デバイス メンテナンス までスクロールして選択してから、USB ファームウェア アップグレード を選択します。
    • FutureSmart 4: プリンタのコントロール パネルのホーム画面で、サポート ツールメンテナンスUSB ファームウェア アップグレード の順に選択します。
  4. プリンタの正面にある USB ポートに、.bdl ファイルが保存されている USB フラッシュ ドライブを挿入します (必要に応じてシールを取り外します)。
      補足:
    コントロール パネルに USB サムドライブ ファイルが見つかりませんでした というメッセージが表示される場合、.bdl ファイルがメイン ディレクトリに保存されており、フォルダ内に含まれていないことを確認してください。メッセージが消えない場合は、別の USB フラッシュ ドライブを使用してください。
  5. .bdl ファイルを選択し、[OK] または [アップグレード] を選択します。
      補足:
    ストレージ デバイスに複数の .bdl ファイルがある場合、このプリンタおよびファームウェア バージョンに適したファイルを選択してください。
  6. 同じバージョンの再インストール、古いバージョンへのロールバック、または新しいバージョンへのアップグレードを求めるメッセージが表示されたら、適切なファームウェア バージョンを選択していることを確認して、OK を選択するか、再インストールロールバック、または アップグレード を選択します。
  7. アップデート プロセスが完了し、プリンタが自動的に再起動するまで待機します。
  8. プリンタが再度オンラインになったら、設定ページを印刷して、新しいファームウェア バージョンがインストールされていることを確認してください。
方法 3: USB フラッシュ ドライブ - 起動前メニュー
プリンタの問題を解決するには、ファームウェアをアップグレードする必要がある場合があります。プリンタがエラー状態の場合、起動前メニューを使用し、ポータブル USB フラッシュ ドライブを使用してコントロール パネルからファームウェアを直接アップデートすることができます。
  補足:
これらの手順は、印字可状態のプリンタのファームウェアのアップデートでは、別途推奨されない限り使用しないでください。この方法の使用時、ディスクが一杯 であることを示すメッセージが表示される場合、お住まいの国/地域の HP サポート センターに問題のトラブルシューティング方法をお問い合わせください。
  1. 前の手順でダウンロードした .bdl ファイルを USB フラッシュ ドライブにコピーします。
      補足:
    CD フォーマット済みパーティションを含む USB フラッシュ ドライブは、プリンタで認識されない可能性があります。別の USB フラッシュ ドライブが必要になる場合があります。
  2. コントロール パネルで起動前メニューを開きます。
    • プリンタの電源をオフにしてからオンにして、コントロール パネルに HP ロゴが表示され、印字可、データ、および注意の 3 つの LED がすべて点灯したら、 を押します。
      または
    • プリンタの電源をオフにしてからオンにして、コントロール パネルの HP ロゴの下に 1/8 表示されたら、ロゴをタッチします。
  3. [管理者] までスクロールして選択します。
      補足:
    コントロール パネルでスクロールするには、タッチ スクリーンのスクロール バーまたは上向き/下向きの矢印ボタンを使用します。タッチ スクリーンにメッセージが表示された場合は、コントロール パネルの 3 (上へスクロール) および 9 (下へスクロール) キーを使用してスクロールする必要があります。
  4. [Download] (ダウンロード) までスクロールして選択します。
  5. プリンタの正面にある USB ポートに、.bdl ファイルが保存されている USB フラッシュ ドライブを挿入します (必要に応じてシールを取り外します)。
      補足:
    コントロール パネルに「No USB Thumbdrive Files Found」(USB Thumbdrive ファイルが見つかりません) というメッセージが表示される場合、.bdl ファイルがメイン ディレクトリに保存されており、フォルダ内に含まれていないことを確認してください。メッセージが消えない場合は、別の USB フラッシュ ドライブを使用してください。
  6. [USB Thumbdrive] までスクロールして選択します。
  7. .bdl ファイルを選択し、[OK] または 6 キーを選択して、アップデート プロセスが完了するまで待機します。
      補足:
    ストレージ デバイスに複数の .bdl ファイルがある場合、このプリンタおよびファームウェア バージョンに適したファイルまでスクロールして選択してください。
  8. コントロール パネルに 完了 が表示されたら、継続 が表示されるまで戻る矢印 を選択し、継続 を選択してプリンタが自動的に再起動するまで待機します。
  9. プリンタが再度オンラインになったら、設定ページを印刷して、新しいファームウェア バージョンがインストールされていることを確認してください。
対象プリンタ
本書は、HP LaserJet Enterprise、HP Officejet Enterprise、および HP PageWide Enterprise の各モデルに適用されます。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...