HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP および Compaq デスクトップ PC - PC-Doctor を使用してハードウェア問題をテストする

このドキュメントは、Windows XP および PC-Doctor 診断ソフトウェアが稼働する HP および Compaq デスクトップ コンピューターに適用されます。
  補足:
お使いの PC は、本書の画像と違って表示される PC-Doctor のバージョンを持っている場合があります。 2004 年前に製造された多くの HP コンピューターは PC-Doctor が付属していません。
PC-Doctor は、コンピューターの問題の診断に役立つソフトウェア ツールです。 このツールは直接ハードウェアの問題を解決しませんが、ハードウェアの問題をトラブルシューティングして切り分けることで、コンピューターで何がうまくいっていないのかを見つけるのに役立ちます。 PC-Doctor の使用に関する情報に加えて、本書は、ハードウェアの問題を解決する方法のヒントを提供します。
お使いの PC で Windows を起動できないときは、PC-Doctor オフライン DOS 診断ユーティリティをダウンロードし、ブート可能なフロッピー ディスクまたはブート可能な光学式ディスク (CD) にインストールして、Windows なしのハードウェアの問題を検証します。 コンピューターによっては、ハード ドライブにユーティリティ ソフトウェアが付属します。 その場合、お使いのコンピューターでブート可能なフロッピー ディスクや光学式ディスク (CD) 作成できます。 お使いのコンピューターにユーティリティがない場合、またはブート可能なフロッピー ディスクまたは CD を作成できない場合は、HP Web サイトから PC-Doctor オフライン DOS 診断ソフトウェアの最新バージョンを検索してダウンロードできます。 ハードウェアの問題を検証するために PC-Doctor オフライン DOS 診断を使用する (HP WWSG) を参照してください。
PC-Doctor テストは、オーディオ、通信、システム テストなどのカテゴリに分かれています。本書は、PC-Doctor が使用する同じカテゴリに一致するようにフォーマットされています。 最適に一致するセクションを選択します。 コンピューターのシステムの健康状態が不明またはそれに興味がおありの場合「システム」のセクションから開始してください。 本書には、お使いの参考のため、PC-Doctor の開始、システムのレポートと障害コードに関するセクション、および PC-Doctor を オフラインで (つまり、Windows の起動なしで) 使用するためのフロッピー ディスクや光学式ディスクの作成に関するセクションも含まれています。
テストのいずれかを実行した後にコンピューターがエラー コードを表示する場合、HP サポートに連絡してさらなる支援を求めることができます。 エラー コード番号をメモして、サポート担当者にそれを提供できるようにします。
  補足:
PC-Doctor は、コンピューターの元のハードウェア構成での使用されることを意図されています。 購入後にインストールされたハードウェアでも動作する可能性はありますが、PC-Doctor は特に HP がコンピューターに元々インストールしているハードウェアで動作するように設計されています。
はじめる前に
本書内のテストを実行する前に、以下を必ず行ってください。
  • コンピューターを再起動し、管理者権限でログオンします (殆どのホーム コンピューターには管理者権限が既に設定されています)。
  • すべてのプログラム、特にウィルス スキャナを閉じます。
  • コンピューターが再起動した後に参照できるように、本書を印刷します。
PC-Doctor を起動
  1. 以下のいずれかの方法で、PC-Doctor を開きます。
    • ほとんどの PC:[スタート][すべてのプログラム][PC ヘルプとツール]の順にクリックし、 続いて[PC-Doctor]をクリックします。
    • 一部の HP Pavilion PC:スタートすべてのプログラムHewlett-PackardHP Pavilion PC ツール の順にクリックし、続いて PC-Doctorをクリックします。
    • 一部の Compaq Presario PC:
      1. スタート実行 の順にクリックし、オープン フィールドで以下を入力します。 pcdrw32
      2. [OK]をクリックします。
    PC-Doctor がメイン画面を開きます (下の図を参照してください)。 メイン画面には、オーディオ、通信、システム テスト、システム情報、結果などのカテゴリの一覧が含まれています。これらのカテゴリには、お使いのコンピューターをテストし診断するためのツールが含まれます。 PC-Doctor の他のバージョンは異なりますが、類似のカテゴリーや機能を使用しています。
  2. テストを開始するには、デバイスのカテゴリをクリックするか、またはメイン画面の左のメニュー リストの項目をクリックします。 ウィンドウが開きます。
  3. PC-Doctor の使用が完了したら、コンピューターを再起動します。
番号 : PC-Doctor メイン画面
オーディオ
オーディオとマイクのテストを使用して、サウンドのコンポーネントに問題があるかどうかの判定に役立てます。 サウンドの問題は診断が困難なため、これらのテストからの結果はどこで問題が発生しているかを示すのに役立ちますが、何が良くないのかを正確に伝えない可能性があります。 常に、お使いの接続をダブル チェックし、サウンド カードに欠陥があると想定する前に、スピーカーやその他のオーディオ デバイスのマイクをチェックします。 音量コントロールは [ツール] セクションに都合良くあるため、サウンドが下がっているのか、またはミュートされているかどうかを簡単にチェックすることができます。
以下の 2 つのセクションはオーディオ デバイスのテストについて説明し、それぞれのエラー コードの追加情報へのリンクを提供します。
オーディオ デバイス - スピーカー、ヘッドフォン、およびサウンド カード
PC-Doctor のオーディオ ウィンドウから、お使いのスピーカー (およびサウンド カード) をテストします。 オーディオ デバイスのテストを実行するには、テストの実行 をクリックします。 それに関するいくつかのボタンを含むウィンドウが表示されます。 WAV セクションのボタンは、WAV ファイルを再生するシステムの機能をテストし、サウンド チャンネルから音が聴こえるかどうかの判定に使用できます。 下記の各種ボタンを使用してサウンドをテストしてください。
  補足:
PC-Doctorでは、左および右以外のサウンド チャンネルはサポートされません。 2 つ以上のスピーカー (およびサブウーハー) に接続されているシステムは、コンピューターまたはサウンド カードに付属していたスピーカー設定ソフトウェアを使用する必要があります。
  • WAV左チャンネル右チャンネルボタン - これらのボタンを使用して、左と右のスピーカーから音が聴こえるかどうかを判定します。 これらのボタンは、左と右のスピーカーが正しく配置されていることを確認するために使用することもできます。 1 つまたは両方のチャネルが聞こえない場合、音量設定、サウンド ケーブルの接続、適切なドライバーのインストールをチェックして、サウンドが BIOS (オンボード オーディオ用) で有効になっていることを確認してください。そしてスピーカーとスピーカー ワイヤを別のサウンド デバイスに接続して、それらが良好であることを検証してください。
  • WAV 両方のチャンネル - このボタンをクリックして同時に左右のチャンネルをテストします。 これは、正しくステレオが分離されているかどうかを判定するのに役立ちます。 もし、左チャンネルと右チャンネルのボタンが個別に動作するけれども、両方のチャンネルがうまくいかない、または雑音を発生する場合は、サウンド ドライバーまたはサウンド カードに問題がある可能性があります。
  • MIDI 両方のチャンネル - このボタンは MIDI 音楽がステレオで再生するか、またはまったく均等に再生されるかどうかの判定に役立ちます。 MIDI が再生できない場合は、サウンド カードの [プロパティ] の [MIDI] タブから、ウェーブテーブルが読み込まれていることを確認します。
  • 内蔵スピーカービープ音 - このテストを使用して、コンピューターの内蔵スピーカーから音が聞こえることを確認します。 システムがエラーに遭遇した場合、サウンドを発生っせるために、コンピューター ケース内に小さなスピーカーがあります。 このスピーカーから音が聞こえない場合、スピーカーがマザーボードに接続されていて、BIOS で有効化されていることを確認します。
オーディオ デバイス - マイクロ フォン
PC-Doctor オーディオのウィンドウからマイク入力をテストします。 マイク デバイス テストを実行するには、以下のステップを実行します。
  1. テストの実行 をクリックします。
      補足:
    マイクをサウンド カード上のマイク コネクタに接続しておく必要があります。また、スピーカーがコンピューターから音を再生できるようになっていなければなりません。
  2. 録画をクリックし、マイクに向かって大きく明瞭に話して、3 秒間そのサウンドを録画してください。
  3. 録画したサウンドを聞くには、再生をクリックします。 サウンドが聞こえない場合は、マイクがテープ レコーダーなどの他のサウンド デバイスで動作することを確認します。 コネクタをチェックして、完全に接続されていることを確認する必要もあります。 マイクを接続していないと、PC-Doctor の障害コード SC###-12 が発生します。
ストレージ (ハード ドライブ、CD、DVD、フロッピー ドライブ、およびメモリ カード リーダー)
このセクションのストレージ デバイスのテストを使用し、書き込みおよびデータ保持に関するストレージ デバイスの機能をテストします。 ストレージ デバイスには、メモリカード リーダー、CD および DVD ドライブ、フロッピー ドライブ、そしてハード ドライブが含まれます。 ディスク クリーンアップとディスク デフラグ ツール ソフトウェア ツールも、便利なように [ストレージ] 画面にあります。
  • ディスクの空き領域のエラー状態が発生しているハード ドライブには、ディスク クリーンアップを使用してください。
  • プログラムを起動するのに通常よりも時間かかるハード ドライブには、ディスク デフラグ ツールを使用してください。
以下の 4 つのセクションはストレージ デバイスのテストについて説明し、それぞれのエラー コードの追加情報へのリンクを提供します。
  補足:
問題があるストレージ アイテムは、アイテムの一覧で、または Windows で、表示されません。 正しく接続されていない、あるいはジャンパー設定されていない光学式ドライブ (CD-ROM および DVD ドライブ) は Windows、PC-Doctor、または BIOS で表示されません。 最新の CD および DVD ドライブでは、ジャンパーを「CS」(ケーブル セレクト) に設定してください。
ハード ドライブ
PC-Doctor ストレージのウィンドウから、お使いのコンピューターのハード ドライブをテストします。 ハード ドライブをテストするには、テストしたいハード ドライブのアイコンをダブルクリックします。 各ハード ドライブまたは非表示のハード ドライブのパーティションの名前がハード ドライブのアイコンの下に表示されます。
短いまたは長いテストを実行するオプションがあります。
  • 短いほうのテストでは Smart ステータスをチェックし、リニア シーク テストを実行します。
  • 長いテストも短いテストと同じテストを実行しますが、より多くのシーク テスト、書き込みテスト、および表面のスキャンを追加します。 長いテストはまた完了するのにかなり時間がかかります。
  補足:
PC Doctor がハード ドライブの障害を報告した場合は、ハード ドライブのファームウェア アップデートまたは PC-Doctor のアップデートがお使いのコンピューターのソフトウェアとダウンロード ページから利用可能かどうかを参照してください。 PC-Doctor またはハード ドライブのアップデートが利用可能な場合は、ダウンロード ページの指示に従ってインストールし、もう一度ハード ドライブをテストします。
テストに不合格の場合はできるだけ早く重要なデータをバックアップすることをお勧めします。 Smart 障害は、ハード ドライブが摩耗し、できるだけ早く交換する必要があるということを示すよい指針になります。 シーク、書き込み、および表面の障害は、ハード ドライブの「不良領域」の原因になる可能性があります。 こうした不良箇所を切り分け、ディスク デフラグの後で修復と修理のオプションがある ScanDisk を実行して、ドライブの寿命を延ばすことができます。 修復と修理のオプションがある ScanDisk ユーティリティを実行するには、以下を行います。
  1. スタートをクリックし、すべてのプログラムをクリックし、アクセサリ、そして次に コマンド プロンプトをクリックします。
  2. chkdsk /r と入力し、Enterキーを押します。
    現在の Windows セッションではこのコマンドを実行できないために、次回コンピューターが再起動された時にそれを実行するよう求められます。
  3. Yを入力し Enterキーを押します。
    お使いのコンピューターを次回再起動した時に ScanDisk ユーティリティが実行されます。 この手順を中断しないでください。
CD と DVD ドライブ
光学式ドライブ (CD、DVD、および再書き込み可能なドライブ) ストレージを PC-Doctor のウインドウからテストします。 テストを開始するには、テストしたい光学式ドライブの名前上にあるアイコンをクリックします。 これらのテストには、CD または DVD の使用が必要です。 使用する CD または DVD が良好な動作状態にあることを確認します。 テストが失敗した場合、1 つ以上のディスクをテストします。テストで失敗したドライブであっても、そのドライブを不良であると見なす前に他のドライブでチェックしてください。 不良の CD および DVD は、ほとんどの場合 CD および DVD に問題があるのであって、実際のドライブではないことがよくあります。
以下のテストが利用可能ですが、光学式ドライブがテストに関連する機能を実行できる場合にのみ表示されます。
  • 音楽 CD テスト: 音楽 CD の再生をテストします。 このテストは、すべての光学式ドライブに利用可能ですが、元の音楽 CD (商用音楽 CD のコピーを使用しないでください) およびオンになっている CD プレーヤーで音量用のサウンド システムが動作していることが必要です。 このテストのみに障害があって、データテストには障害がない場合は、サウンド ハードウェアに問題がある可能性があります。あるいはドライブからコンピューター内部のサウンド カードに向かうジャンパーのケーブルが、欠けているまたは正しく接続されていない可能性があります。
  • DVD ムービー テスト: DVD ムービーの再生をテストします。 このテストは DVD ドライブに利用可能ですが、DVD ムービーが必要になります (お住まいの国の正しい地域コードがあるオリジナルの DVD ムービーを使用してください)。 このテストのみに障害があって、データテストには障害がない場合は、DVD ビデオ コーデック (DVD 再生ソフトウェアに必要なもの) がないか、または適切な地域コードを使用していない可能性があります。
  • データ CD テスト このテストはすべての光学式ドライブに利用可能ですが、データ CD が必要になります。 ソフトウェアのインストール用やゲーム用の CD などのオリジナルのデータ CD でテストすることをお勧めします。 このテストは実際にデータ読み取りに関する 2 種類のテストを実行します。 すなわち、シークと表面のテストです。
    • シーク: 次の3つのシーク テストがあります。 すなわち、リニア、ランダム、およびファネルです。 これらのテストは、激しい読み取り条件下でドライブのハードウェアをテストするように設計されています。 シーク テストのいずれかの障害は、異なるデータ CD を使用してもう一度テストすることで検証できます。 別のドライブで読み取り可能なデータ CD において 2 番目のテストが失敗した場合、ドライブのハードウェア障害が発生している可能性があり、交換する必要があるかもしれません。
    • 表面: このテストは、データ CDの表面をスキャンして欠陥を調べるものです。 このテストが失敗した場合、データ CD の表面がおそらく損傷または劣化しています。
  • 再書き込み可能 CD および DVD のテスト: ドライブの読み取りおよび書き込みの機能をテストします。 このテストは再書き込み可能な (RW) ディスクへの書き込みが可能なドライブにのみ利用可能です。 読み取り/書き込みテストを実行するには、CD-RW または DVD+RW のディスクが必要です。ディスクは必ずしもブランクでなくても構いませんが、保持しておきたい情報を含んだディスクは使用しないでください。
    テストは正しい種類の書き込み可能な CD がドライブにあるかどうかをチェックし、次に繰り返しそのディスクにデータの書き込みと読み取りをします。データの読み取りが書き込まれたデータが一致しない場合は、テストが失敗します。 障害が発生する場合は、ドライブが不良であると見なす前に、別のブランドの再書き込み可能なディスクでテストを繰り返してください。 CD-RW テストに合格したら、ドライブは読み取り/書き込みを CD-R ディスクに行うことができます。
フロッピー ドライブ
PC-Doctor ストレージのウィンドウからフロッピー ドライブをテストします。 書き込み保護されていない 3.5 インチ ディスクをフロッピー ドライブに挿入し、フロッピー ドライブアイコンをクリックしてテストを開始します。
フロッピー ドライブ テストはデータの読み取りに関する下記の 4 つの種類のテストを実行します。 すなわち、シーク、書き込み、読み取り、および表面のスキャンです。 これらのテストのいずれの失敗も、特に表面のスキャンの失敗は、ディスクに問題がある可能性が一番高いことを示しています。 ドライブを交換する前に、異なる 3.5 インチ ディスクをテストし、異なるフロッピー ドライブでディスクを試してください。 フロッピー ディスクは簡単に破損するので、それが問題の原因となっていることがよくあります。
メモリ カード リーダー
PC-Doctor ストレージのウィンドウからメモリ カードをテストします。 複数のカード リーダーがインストールされているときは、いくつかメモリ カード ドライブが表示されます。 テストを開始するには、カード リーダーの各スロットに、お使いのメモリ カードをセットし、[ストレージ] 画面からメモリ カード アイコンをダブルクリックします。 カードの挿入を要求するウィンドウが現れた場合、キャンセルし、[ストレージ] 画面から、次のメモリー カード リーダーのアイコンを開きます。 メモリ カードが入っているスロットを持つ適切なメモリー カード リーダー アイコンが見つかるまで、これを続行します。
  補足:
お使いのメモリ カードを取り外す前に、メモリ カード リーダーの使用中のランプがオフであることを確認します。 テストを実行した後でも、使用中のランプがオンになったままの場合、[マイコンピューター]を開き、メモリ カードを含むドライブ名を右クリックし、[取り出し]を選択して、使用中のランプをオフにします。 使用中のランプがオンのままでメモリ カードを取り外すと、メモリ カード、カード リーダー、またはその両方が損傷することがあります。
メモリー カード リーダー テストには、メモリ アドレス スキャナー テストおよび読み取り/書き込みパターン テストが含まれます。 データがすでにメモリ カードに保存されている場合でも、これらのテストを実行することができます。 テストの失敗は、別のメモリカードを使用して、または別のコンピューター (またはカメラ) にある別のカード リーダーで同じメモリ カードをテストすることにより検証できます。
ビデオ デバイス
ビデオ デバイス画面から、AVI 動画ファイル形式を再生するビデオ カード、モニター、およびコンピューターの機能をテストすることができます。 デスクトップの設定 (ディスプレイのプロパティとも呼ばれる) と、DirectX 診断ユーティリティにアクセスすることもできます。 [デスクトップの設定] タブを使用して、ディスプレイ解像度とカラー深度を迅速に変更し、ビデオ カードの詳細なプロパティに入ります。 DirectX を使用するビデオゲームが動作しない場合、またはグラフィックスに問題がある場合は、DirectX 診断ユーティリティを使用します。 以下の診断テストが利用できます。
ビデオ デバイス - ビデオ カード
PC-Doctor ビデオ デバイスのウィンドウから、お使いのハードウェアに応じて、マザーボード上のビデオ カードまたはビデオ チップをテストします。 テストを開始するには、テストしたいビデオ デバイスの名前上にあるアイコンをクリックします。 ビデオのテストを実行するには数分かかることがあります。 ビデオのテストは 1 つのテストでなく、いくつかのグラフィック要素テストとメモリ テストを使用します。
それでもテストに失敗する場合は、ビデオ カードがソケットに完全に固定されていること、およびビデオ カードの全設定がカードのデフォルトの設定になっていることを確認してください。特にビデオのメモリとプロセッサの両方の電圧設定を確認してください。
3D またはテクスチャ マッピング テストが失敗の場合、問題はおそらくソフトウェアに関連したものです。 DirectX 診断ツールを開いてこれらの欠陥をダブル チェックすることで、エラーをより具体的に知ることができます。 エラーが DirectX に関連している場合は、Microsoft から DirectX の最新バージョンをダウンロードして再インストールします。 または、ビデオ ドライバーをアンインストールして、再インストールします。 アップデートされたビデオ ドライバーについては、HP またはビデオカード メーカーのサポート Web サイトをチェックすることもできます。
ビデオのテストには、メモリをビデオ カードのメモリに書き込み/読み取りを行うメモリー テストも含まれています。 メモリー テストが続いて 3 回以上失敗する場合、ビデオ カード (またはマザーボード ビデオ用のマザーボード メモリ) を交換します。
ビデオ デバイス - マルチメディア
PC-Doctor ビデオ デバイスのウィンドウから、コンピューターのマルチ メディアのファイル再生機能をテストします。 マルチ メディアアイコンをクリックして、このテストを開始します。 AVI が再生されないけれども、その他のビデオ テストに合格している場合、問題はソフトウェア コーデックにあります。 Microsoft の Web サイトから最新バージョンの Windows Media Player をインストールして、この問題を解決してください。
ビデオ デバイス - モニター
PC-Doctor ビデオ デバイスのウィンドウから、お使いのモニターをテストして調整します。 モニターアイコンをクリックして、このテストを開始します。
赤、緑、または青のテスト: 3 つのカラーのテストを使用して、赤、緑、または青の色が欠落しているかどうかを判定します。 その色の画面全体を表示するには、赤、緑、または青のボタンをクリックします。 従来型のブラウン管モニターを使用していて、赤、青、または緑が失敗すると、画面全体または画面の大部分が黒になります。 フラット パネル LCD ディスプレイまたはプロジェクション デバイスの場合は、赤、緑、または青のフィールドで、異なる色のドットとして小さなドットが表示されるかどうかを調べます。 モニターがまだ保証期間中にある場合は、モニターの製造元は、色のドットが数多く欠けている場合、フラット パネル ディスプレイまたはプロジェクタと交換することがあります。
VESA テスト: VESA テストを使用して以下の判定に役立てます。
  • モニターの 1 つのエリアがフォーカス外の場合
  • 色が分離していないこと
  • 画面の 1 つのエリアが他の部分ほど明るくなっていないこと
使用したいテスト パターンのボタンを押して、問題を視覚的に検査します。 これらのテストは問題を検出しやすくしますが、問題の判定は主観的なものになります。 モニターの明るさ、フォーカス、または配列に問題があると思われる場合は、これらの同じテスト パターン (または組み合わせテスト) を使用してモニターを調整してください。 最後に、ディスプレイの画像が、モニターの画面に 反射されるライトの種類や角度によって影響を受ける、ということに注意してください。 必要な場合、モニタまたはランプを調整してください。
通信 (モデムおよび NIC)
ネットワーク インタ フェース カード (NIC) とモデムを 通信ウィンドウからテストします。 これらのデバイスをテストする時は、ハードウェアが適切なケーブルを使用してネットワークに接続されていることを確認してください。
モデム デバイス
PC-Doctor 通信ウィンドウからモデムをテストします。 モデムのアイコンをクリックして、このテストを開始します。 テストは、さまざまな内蔵ハードウェア機能と回線または発信音のテストで構成されます。
テストの発信音の部分のみが失敗する場合、モデムに電話コードが接続されていること、および電話コードがダイヤル トーンを伝送していることを確認します。 コードを電話に接続して発信音を聞くことで、発信音を確認することができます。
モデムのハードウェアの部分のテストが失敗した場合、モデムのハードウェアがおそらく不良です。 モデムがコンピューター内部の PCI ソケットにしっかり装着されていることを確認し、もう一度テストして確認します。 モデム不良の原因のトップの 1 つは、荒れ模様の天気中によく起きる電話回線を通した電源のスパイクです。 電話回線を通じた今後のモデムの損傷を避けるため、電話コネクタ (RJ-11) をサポートするサージ サプレッサを購入して使用してください。
ネットワーク デバイス
PC-Doctor 通信ウィンドウからネットワーク ハードウェアをテストします。 ネットワーク デバイスのアイコンをクリックして、このテストを開始します。 テストをする前に、ネットワークに接続する必要があります。また、お使いのネットワーク設定で有効なゲートウェイ アドレスを持っている必要があります。そうでない場合、テストは失敗します。 適切なネットワーク ケーブルを使用していることを確認 してください (つまり、2 つのネットワーク カードの間でハブのあるクロスオーバー ケーブルまたは標準的な RJ 45 を使用しないでください)。 テストは、ネットワーク上の他のデバイスと通信します。そして、送信および受信されたデータが破損または欠損していないことを検証します。 障害が発生すると、ネットワーク上の他のコンピューターに同様な問題が起きていないか確かめてください。また、ネットワークで正しい設定を使用していることを確認してください。
  補足:
最も一般的なネットワークの問題は、使用されるネットワーク プロトコルに間違ったネットワーク設定がされていることに起因したものです。
システム
システム デバイスのウィンドウから、マザーボードに関連するさまざまなコンポーネントをテストします。 テストできるコンポーネントは次のとおりです。
  • プロセッサ
  • CMOS
  • リアルタイム クロック
  • メモリ
  • ポート (シリアル、パラレル、USB、および 1394)
マザーボードに問題があるかどうかを判定するために、これらの各コンポーネント テストを実行することは推奨されません。 代わりに、Test Scripts のマザーボード テスト スクリプトを使用して、1 つのテスト セッションですべてのさまざまなコンポーネントをテストしてください。 左側のナビゲーション バーから Test Scripts の下で[マザーボードのテスト]をクリックしてテストを実行します。 スクリプトからのテストが失敗した場合、システム デバイス ウィンドウに戻り、欠陥のある各コンポーネントをテストできます。 障害が繰り返される場合、プロセッサやメモリなどの交換可能なコンポーネントを交換してください。 ポートの障害に遭遇した場合は、以下を行います。
  1. ポートに接続されているすべてのケーブルを外します。 ただし、ループバック テストには、テストのポートに接続されているループバック ケーブルが必要です。
  2. 検査して、曲がったピンをまっすぐに伸ばします。
  3. 付属のケーブルは使用しないで、テストをもう一度実行します。
その他のデバイス (キーボードとマウス)
その他のデバイスのウィンドウから、マウス、キーボードおよびプリンターなど、その他の周辺機器をテストします。 プリンターとその他の周辺機器のテストは、コンピューターに接続されているデバイスの種類によって異なります。 これらのテストは、本書に記載されていません。 その他のデバイスのウィンドウから簡単にアクセスできるツールには、[プリンターとファクス] および [マウスとキーボード] のプロパティのウィンドウがあります。
入力デバイス - キーボード
PC-Doctor のその他のデバイスのウィンドウから、キーボードをテストします。 キーボードアイコンをクリックして、このテストを開始します。 ウィンドウが開き、キーボードの画像を表示します。 キーを押して、画像のキーを削除します。 すべてのキーが削除されるまで、キーを押し続けます。 特定のキーが消えない場合、キーは登録されていません。 いくつかのキーが不良の場合、PS/2 ポートとケーブルのピンが曲がっていないか、確認をします。 一部の場合、キーを取り外してクリーニングすることができます。 その他の場合、キーボードを交換する必要があります。 キーボードに実際に欠陥があるかどうかを判定するため、別のコンピューターでキーボードをテストします。
入力デバイス - マウス
PC-Doctor のその他のデバイスのウィンドウからマウスをテストします。
マウスのアイコンをクリックして、このテストを開始します。 お使いのマウスが動作していないように思える場合は、PC Doctor とマウス テストを以下の手順で開始できます。
  1. [Windows] + [R]キーを押します。
    [実行] ウィンドウが開きます。
  2. 実行の行に「pcdrw32」(引用符なし) を入力し、[Enter]キーを押します。
    [Windows 用 PC-Doctor] ウィンドウが表示されます。
  3. [Enter]キーを押します。その他のデバイスがデバイスのカテゴリの下で選択されるまで、[Tab]キーを使用します。
  4. スペース バーを押して、マウス アイコンまたはマウス アイコンの下で テストの実行 が選択されるまで [Tab]キーを使用します。
  5. スペース バーを押して[Yes]を選択します。
ウィンドウに、下記のようないくつかのテストが表示されます。 すなわち、マウス ステータス、ドラッグ アンド ドロップ、そしてダブルクリックです。 マウス ステータスは、マウスの位置に対するX/Yの位置番号を表示します。 これらの番号は、テストされるウィンドウ上でマウス ポインターが動くのに応じて変化します。 ドラッグ アンド ドロップ テストおよびダブルクリック テストを使用して、このマウスの機能が動作しているかどうかを確認します。 [その他のデバイス] ウィンドウで、[マウスのプロパティ] ツールを使用して、マウスの設定を調整します。
ほとんどのマウスの問題はマウスのハードウェア (ボールとローラーまたは LED ウィンドウ) をクリーニングしてマウス設定を調整することにより、解決できます。 マウスがまったく動かない場合は、PS/2 ポート (PS/2 マウス用) のピンが曲がっていないかどうかをチェックし、USB ポート (USB マウスの場合) のテストをするか、またはマウスを交換します。 マウスに実際に欠陥があるかどうかを判定するため、別のコンピューターでマウスをテストします。
システム レポート
システム レポートは、どのようなソフトウェアやハードウェアがコンピューターにインストールされているのかに関して一覧を提供します。 レポートは、コンピューターがどのような状態にあるのか、またシステムのステータスがどのようになっているのかについても一覧表示します。 本書を書いている時点では、PC-Doctor で利用可能なシステム レポートは 1 つのみです。 システム情報。 システム情報には、以下の情報が表示されます。
  補足:
このレポートには含まれていないその他のシステム情報は[スタート][(すべての)プログラム][アクセサリ][システム ツール]をクリックし、続いて [システム情報]をクリックして Microsoft の [システム情報] ツールを使用してください。
構成要素
表示されるもの
Windows バージョン
サービス パックの情報を含む Windows バージョンの名前。
BIOSバージョン
製造元とリビジョン番号。
ビデオ コントローラ
ビデオ カードの名前やビデオ カード情報。
ビデオ メモリ
ビデオ デバイスに利用可能なビデオ メモリの容量。
熱状態
ブート時のプロセッサーの熱の状態を示す番号:は以下の通りです。
  • 1. その他
  • 2. 不明
  • 3. 安全
  • 4. 警告
  • 5. クリティカル
  • 6. 回復不能
システム ステータス
コンピューターの現在の状態は以下の通りです。
  • OK (正常)
  • ストレスがかかっている
  • 劣化 (正常な状態以下で動作)
電源状態
現在の電源の状態は次の通りです。
  • 0. プロセッサーが有効でエラーなし
  • 1. プロセッサーに電源はありますが有効になっていません。メモリに電源はあります。省電力モードです。
  • 2. プロセッサーに電源がありません。メモリに電源はあります。省電力モードです。
  • 3. プロセッサーに電源がありません。メモリが省電力で電力が減らされたモードにあります。
  • 4. 電源およびディスクに保存されたメモリがありません。
  • 5. システムがシャットダウンされます。
ブートアップ状態
起動されたコンピューターの状態も説明します。
PC-Doctor オフライン DOS 診断
PC-Doctor オフライン DOS 診断は、Windows を起動せずに、お使いの HP または Compaq デスクトップ PC の ハードウェアの問題を確認するためのユーティリティです。
PC-Doctor オフライン DOS 診断を使用する前に、PC-Doctor オフライン DOS 診断を持つブート可能なフロッピー ディスクまたは光学式ディスク (CD) を作成します。 一部の PC には利用可能なユーティリティがあります。この場合、お使いの PC で起動可能なフロッピー ディスクや光学式ディスク (CD) を作成できます。 お使いの PC にユーティリティがない場合、HP Web サイトから PC-Doctor オフライン DOS 診断ソフトウェアの最新バージョンを探してダウンロードできます。 PC-Doctor オフライン DOS 診断を使用してハードウェアの問題を検証を参照してください。 本書は、フロッピー ディスクまたは光学式ディスク (CD) をダウンロードして作成する方法に関する情報を提供すると共に、オフライン診断ディスケットまたはディスクの使用方法、および障害コードの一覧を追加します。
PC-Doctor オフライン DOS 診断を使用して、お使いの PC をテストする前に、お使いの PC にブート可能なフロッピー ディスクまたはディスクを挿入して PC を再起動する必要があります。
PC-Doctor オフライン DOS 診断: お使いの PC でブート可能なフロッピー ディスクや光学式ディスク (CD) を作成します
  補足:
ブランクのフロッピー ディスクまたはブランクの CD-R ディスクが必要です。
お使いの PC に、PC-Doctor オフライン DOS 診断がある場合、お使いの PC からブート可能なフロッピー ディスクや光学式ディスク (CD) を作成できます。 次の手順で操作してください。
  1. すべてのアプリケーションを閉じ、PC の光学式ドライブ (CD または DVD)、またはフロッピー ドライブからディスクを取り出します。
  2. [スタート]をクリックして、[すべてのプログラム]を選択し、[PC ヘルプとツール]を選択し、[PC-Doctor オフライン DOS 診断]をクリックします。
      補足:
    [PC ヘルプとツール] フォルダーに[PC-Doctor オフライン DOS 診断]がない場合は、お使いの PC にこのユーティリティはありません。 ハードウェアの問題の確認のため PC-Doctor オフライン DOS 診断を使用を参照して、HP Web サイトからこのソフトウェアを見つけてダウンロードし、ブート可能なフロッピー ディスクまたはディスクを作成してください。
  3. [PC-Doctor オフライン DOS 診断] ウィンドウが開いたら、[フロッピー ディスク]または[CD ディスク]を選択し、[OK]をクリックします。
  4. フロッピー ディスクを選択した場合は、ステップ 5に進みます。CD ディスクを選択した場合は、ステップ 9に進みます。
  5. PC ドライブにブランクのフロッピー ディスクを挿入し、[PC-Doctor オフライン DOS 診断] ウィンドウで[はい]をクリックします。
  6. プログラムがフロッピー ディスクを作成するのには数分間かかります。
  7. プログラムが完了したら、以下のいずれかを行います。
    • あなたが使用している PC で診断を実行する場合、フロッピーをドライブに入れたままにし、プロンプトの [OK]をクリックして PC を再起動します。
    • 別の PC で、診断を実行したい場合は、プロンプトの[キャンセル]をクリックして PC を再起動し、ウィンドウが閉じるのを待ってフロッピー ディスクを排出します。 あなたが使用したい PC で、すべてのアプリケーションを閉じ、PC の光学式ドライブ (CD または DVD) からディスクを取り出し、次にその PC ドライブにフロッピー ディスクを挿入します。 PC を再起動または[Ctrl+Alt+Delete]を押して、[シャット ダウン]を選択し、[再起動]をクリックします。
        補足:
      お使いの PC が応答しない場合 (再起動しない、または電源がオフにならない)、PC の電源がオフになるまで [オン] ボタンを押したままにし、数秒待ってからもう一度 [オン] ボタンを押して PC の電源をオンにします。
  8. 画面上の指示に従って、PC-Doctor をオフラインで実行します。 これにより、ブート可能なフロッピー ディスクの作成が完了します。
  9. CD ディスクを選択した場合、[PC-Doctor オフライン DOS 診断] ウィンドウが次のメッセージを表示します。 ブート CD ディスクの作成ファイルは C:\Softpaq\SP26380 ディレクトリにあります。 RecordNow または類似のものを使用して CD ディスクを作成します。ディレクトリの場所をメモし、[OK]をクリックします。 ウィンドウが閉じます。
  10. 続行するには、RecordNow または CD の書き込みができる同様のプログラムを使用して、ブート可能な CD を作成する必要があります。 お使いの種類の録画プログラムについては、下記の説明のいずれかを参照してください。
    • Veritas RecordNow 5.0 またはそれ以前のバージョン: RecordNow を開き、[データ ディスクを作成]をクリックします。ブランクの CD-R ディスクをドライブに挿入し、[次へ]をクリックします。 [ファイルとフォルダーを追加]をクリックして、ユーティリティに移動します。
    • Sonic RecordNow! バージョン 6.0: RecordNow! 6.0 はこのディスクに必要な ISO イメージ書き込み機能をサポートしていません。RecordNow! をアップデートしてください 6.0 から RecordNow! 6.7 へ。
    • Sonic RecordNow! バージョン 6.5 以降: RecordNow! を開き、タブをクリックしてプロジェクトのバックアップを表示します。 [イメージの書き込み]をクリックして、ユーティリティに移動します。
    • Roxio Easy CD と DVD Creator 6: プログラムを開き、[Creator Classic]をクリックします。 [ファイル] メニューで、[画像からディスクを記録]をクリックし、続いて、ユーティリティに移動します。
  11. 画面の指示に従って、CD を作成します。 プログラムが終了したら、閉じて、以下のいずれかを実行してください。
    • 使用しているコンピューターで診断を実行する場合は、CD ドライブに入れたままにし、コンピューターを再起動します。
    • 別のコンピューターの診断を実行する場合は、CD ディスクを排出して取り出します。 使用したい PC で、すべてのアプリケーションを閉じ、PC の光学式ドライブ (CD または DVD) からディスクを取り出し、続いて PC ドライブに CD ディスクを挿入します。 PC を再起動または[Ctrl+Alt+Delete]を押してを[シャット ダウン]を選択し、[再起動]を選択します。
        補足:
      お使いの PC が応答しない場合 (再起動しない、または電源がオフにならない)、PC の電源がオフになるまで [オン] ボタンを押したままにし、数秒待ってからもう一度 [オン] ボタンを押して PC の電源をオンにします。
  12. 画面上の指示に従って、PC-Doctor をオフラインで実行します。 これにより、ブート可能な CD の作成が完了します。
PC-Doctor の障害コード
PC-Doctor には、エラー コード、問題の説明、そしてテストの完了に役立つヒントが表示されます。 例えば、以下のように入力します。
エラー コード: MC921-W の発信音なし。 動作している電話回線があることを確認してください。
問題の説明および推奨修正方法を使用して、問題の解決に役立てます。
  補足:
サポート通話の場合、HP のオンライン サポート エージェントにエラー コードや問題の説明を提供することが重要です。 これはエージェントが問題を解決するのに大きく役立ちます。
その他のトラブルシューティング情報
HP カスタマー サポート web サイトは、追加のトラブルシューティング情報を提供します。 問題の症状、トラブルシューティングしたいデバイス、またはコンピューターのモデルを入力してサポート情報を検索してください。 例えば、「サウンドの問題」または「モデムのトラブルシューティング」で検索してください。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...