HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP プリンターおよびファクス機 - ファクスの使用方法

このドキュメントは、ファクスおよび HP ファクス機を使用する HP 多機能プリンターに適用されます。
HP ファクス機またはファクス対応の HP プリンターを使用するか、ドキュメントを他のファクス機に送信します。ほとんどの場合、ファクスを送信するには従来の固定電話サービスが必要です。ファクスは電子メールや郵便よりも安全に文書を送信できると考えられています。
補足:
ファクスがすでにセットアップされていながら、ファクスの送受信ができない場合は、このドキュメントの「よくある質問 (FAQ)」を参照してください。

ファクスを送信できるようにプリンターを準備する

ファクスを送信できるようにHPプリンターを準備する以下の手順では、従来の固定電話サービスを使用します。別の種類の電話サービス (携帯、インターネット電話、PBX、またはDSL) を使用している場合は、このドキュメントにあるFAQを参照して接続をセットアップしてください。
  1. 電話コードを用意します。プリンタに付属のコードがある場合は、それを使用してください。コードが付属していない場合は、4本ではなく、2 本のリード線があるコネクタ付きのコードを使用してください。
    2-ワイヤー・コネクタ
  2. 電話コードを電話の壁型モジュラージャックとプリンタの背部にある 1-LINE ジャックに接続します。
    1-LINE 電話接続に接続する
  3. 留守番電話機を使用している場合は、電話コードを電話機とプリンタの後部にある 2-EXT ジャックに接続します。このようにすると、留守番電話機は、ファクスから発生する騒音を記録することなく音声通話を正常に録音できます。
      留守番電話機と電話の接続
    1. 壁側モジュラージャック
    2. 2線式電話コード
    3. 留守番電話機
    4. 1回線の電話機
  4. ファクス設定と基本設定をセットアップする。HP ソフトウェアには、ガイド付きのファクスセットアップツール (Windows ではファクスセットアップウィザード、または Mac では基本的なファクス設定ツール) が付属しています。またはプリンタのコントロールパネルで、[ファクス] または [セットアップ] メニューに移動します。
    • ファクスのヘッダー: ファクス上部で受信者に表示するテキストを入力します。通常のファクス ヘッダーには、氏名、会社名、および 10 桁の完全なファクス番号を含めます。
    • 応答モード/自動応答: 指定した呼び出し回数の後に電話を取って、受信ファクスを受け入れます。この機能がオフの場合、誰かがプリンターのコントロールパネルから受信ファクスを手動で受け入れる必要があります。
    • 応答呼出し回数: 電話が鳴ると、プリンタは、着信に応答する前に待機して呼び出し回数をカウントします。
      • 電話回線が音声通話と共有されている場合は、プリンタが電話を取るよりも先に電話に応答するための十分な時間ができる呼び出し回数を選択してください。
      • 電話回線が留守番電話機と共有されている場合は、留守番電話機よりも 2 回多い呼び出し回数を選択してください。このようにすることで、プリンタよりも先に留守番電話機が電話に応答できます。
    • 呼び出しタイプを設定する: ファクス専用回線の場合は [すべての呼び出し] 設定を使用し、ファクス回線用の特別な呼び出し音パターンが設定されている場合は、[ディスティンクティブリング] を選択します。
    • ダイヤルタイプ: 使用しているアナログ電話サービスのタイプ(トーンまたはパルス) に合わせます。ダイヤルタイプが一致しない場合、プリンターが呼び出し音を検出できず着信に出ることができません。
      現在の業界標準は、ほとんどの地域でトーン ダイヤルです。ダイヤル式電話機を使用している場合は、パルスダイヤルを使用している可能性があります。ダイヤルタイプがわからない場合は、電話会社にお問い合わせください。
    • ファクス音量: ファクスコール中に発生するダイヤルトーンや話中信号などの音が聞こえるように音量レベルを選択します。無音でファクスを使用する場合は、音量を [オフ] に設定します。
  5. ファクス テストを実行し、ファクスが正しくセットアップされていることを確認します。プリンタのコントロールパネルで、[ファクス] または [セットアップ] メニューで [ファクステストを実行] または [ファクステストレポート] を見つけます。レポートには、テスト結果と、問題解決のための手順が印刷されます。
    さらに、HP ファクス テスト サービスを使用して、送受信の機能をテストできます。ファクスを 1-888-HPFaxme (米国 1-888-473-2963) に送信します。サービスがファクスを受信すると、ファクス ヘッダーに記載されたファクス番号に 5~7 分以内にファクスを返信します。

ファクスの送信

ドキュメントをセットし、プリンターのコントールパネルから受信者のファクス番号をダイヤルして、プリンターからファクスを送信します。
補足:
お使いのコンピューターからファクスを送信する手順については、このドキュメントの「コンピューターでファクスの送受信はどのように行いますか?」を参照します。
  1. 受信者が自宅またはホームオフィスにいることがわかっていて、電話回線をファクス機と共有している場合は、電話してファクスを送信しようとしていることを知らせます。
  2. ファクスするドキュメントをセットします。
    • 自動文書フィーダ (ADF) を使用する: 刻印されたガイドまたはステッカーに合わせて、ADF トレイに 1 ページまたは複数ページのドキュメントをセットします。
      原稿を自動文書フィーダトレイにセットする
    • スキャナ ガラスを使用する: 両端のガイドに沿って、ドキュメントの印刷面をスキャナ ガラスにセットします。
      スキャナーガラス面に原稿をセットする
  3. 印刷される場合があるファクスレポートに備えて、給紙トレイに白紙の用紙がセットされていることを確認します。
  4. 電話回線が現在使用されていないことを確認します。ファクスと同じ電話回線に接続されている電話機の受話器を上げて、ダイヤルトーンを確認します。
  5. プリンターから、電話を発信する場合と同様に受信側のファクス番号をダイヤルします (市外局番、外部回線アクセス コード (「9」など)、長距離電話の国コードを含む)。短縮ダイヤルをダイヤルする場合は、保存した番号に十分な間隔が設定されていることを確認します (例えば、9 と市外局番の間にダッシュを追加する)。
  6. ファクスを送信するには、[モノクロ][カラー]、または [送信] ボタンを押します。
    • 話中信号が聞こえる場合、受信側ファクス回線が話中です。後でファクスを送信し直してください。
    • 電話に誰かが出た場合、その相手がファクスを手動で受け入れるまで待つか、電話番号を間違えたと思われるのであればフロントパネルからファクスをキャンセルします。
    • 高い音が聞こえる場合、ファクスの送信中です。
  7. ファクスレポートが印刷されます。ファクスが正常に完了したか、エラーが発生したかを確認するには、レポートを読みます。

ファクスの受信

正しくセットアップされている場合、プリンターまたはファクス マシンは着信ファクスを自動的に受信し、印刷、メールへの配信、コンピューターのフォルダへの保存のいずれかを実行します。ファクスの着信があった場合、プリンターのファクス ボタンを押すことによりファクスを手動で受信することもできます。
着信ファクスの応答と処理の方法について、以下の設定を選択します。設定は、プリンタのコントロールパネルまたは HP ソフトウェアの [ファクス] または [セットアップ] メニューにあります。
  • 応答モード/自動応答: 指定した呼び出し回数の後に着信ファクスを受信するには、[自動応答] を選択します。この機能がオフの場合は、電話回線でファクス着信が聞こえたときにプリンタのコントロールパネルで [ファクス] または [モノクロ] を押して手動でファクスを受信できます。
  • 応答呼出し回数: 電話が鳴ると、プリンタは、着信に応答する前に待機して呼び出し回数をカウントします。
    • 電話回線が音声通話と共有されている場合は、プリンタが電話を取るよりも先に電話に応答するための十分な時間ができる呼び出し回数を選択してください。
    • 電話回線が留守番電話機と共有されている場合は、留守番電話機よりも 2 回多い呼び出し回数を選択してください。このようにすることで、プリンタよりも先に留守番電話機が電話に応答できます。
  • 両面ファクス印刷: プリンター モデルによっては、用紙の両面に着信ファクスを印刷できます。これが利用可能な場合、[両面ファクス印刷] オプションをオンにします。
  • HP デジタル ファクスをセットアップして、コンピューターまたはメールにファクスを保存する: 着信ファクスの印刷オプションとして、着信ファクスをお使いのコンピューターやネットワーク上のフォルダに自動的に保存したり、メール アカウントに転送したりできます。詳細については、「HP デジタル ファクスを使用して、コンピューターまたはメールにファクスを受信する」を参照してください。

よくある質問 (FAQ)

ファクスの送受信、追加のファクス セットアップ オプション、コンピューターを使用したファクスの送受信に関する問題については、よくある質問を参照してください。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...