HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HPノートブックPC - 電源オプションの管理 (Windows 10)

本書は Windows 10 搭載の HP および Compaq ノートブックコンピューターに適用されます。
  補足:
お使いのバージョンのWindows 10によっては、本書内のグラフィックス、情報、および手順が異なっている場合があります。
本書では、Windows 電源プランに関する情報を説明します。 さらに本書では、コンピューターのシャットダウン、様々な電源モードの使用、電源の問題のトラブルシューティングの方法も説明します。
Windows 10電源プランの操作
電源プランは、コンピューターの電源の使い方を管理する、ハードウェアとソフトウェア一式の設定です。 電源プランを使用すれば、コンピューターが使用する電力量を削減したり、パフォーマンスを最大化したり、両者をバランスさせたりできます。 お使いのコンピューターで利用可能な電源管理オプションは、本書で表示されるものと若干異なる場合があります。
Windows では電源利用の管理に役立つプランを次のような規定値として提供しています。
電源プラン
説明
バランス (推奨)
パフォーマンスと電力消費を自動的にバランスさせます。
省電力
システムのパフォーマンスを低下させることにより電力を節約します。
高パフォーマンス
システムのパフォーマンス、応答性を最優先します。
コンピュータをシャットダウン
この項ではコンピューターをシャットダウンする3種類の手順を説明します。
スリープモードの使用
デフォルトでは、スリープオプションを選択するか、または電源ボタンを押すと Windows はスリープモードに入ります。 現在のセッションをメモリーに保存し、コンピューターを省電力状態にします。 開いているプログラムまたはドキュメントはすべて開いたままのため、コンピューターに戻ると作業をすぐに再開できます。
電源メニューに休止状態を追加
休止状態は、開いているドキュメントやプログラムをハードディスクに保存し、コンピューターの電源をオフにする省電力モードです。 電源ボタンを押してオンにしてコンピューターの電源を再びオンにすると、休止状態からすぐに復帰し、開いていたドキュメントやプログラムの保存内容を復元します。
電源メニューに [休止] を追加するには、以下を実行します。
  1. Windowsで、[コントロール パネル] を検索して開きます。
    番号 : コントロール パネルを開く
    コントロール パネルを開く
  2. コントロール パネルで「電源」を検索し、検索結果から [電源ボタンの動作の変更] をクリックします。
    番号 : 電源ボタンの動作の変更
    電源ボタンの動作の変更
  3. [現在利用可能ではない設定を変更します] をクリックします。
    番号 : 現在利用可能ではない設定を変更します
    現在利用可能ではない設定を変更します
  4. [シャットダウン設定] の項で、休止状態] チェックボックスをクリックします。
    番号 : 休止状態
    休止状態の選択
  5. [変更の保存] をクリックします。 電源メニューに [休止状態] オプションが表示されます。
    番号 : 電源メニューの [休止状態] オプション
    電源メニューの [休止状態] オプション
コンピューターが休止モードに入るまでの時間を調整するには、以下を実行します。
  1. Windowsで、[コントロール パネル] を検索して開きます。
    番号 : コントロール パネルを開く
    コントロール パネルを開く
  2. コントロール パネルで「電源」を検索し、検索結果から [電源プランの選択] をクリックします。
    番号 : 電源プランの選択
    電源プランの選択
  3. [電源プランの選択] ウィンドウで、変更したいプランの横の [プラン設定の変更] をクリックします。
    番号 : 電源プラン設定の変更
    電源プラン設定の変更
  4. [次のプランの設定の変更] ウィンドウで、[詳細な電源設定の変更] をクリックします。
  5. Windows が休止モードに入るまでにかかった時間を変更するには、スリープの横のプラス記号 (+) をクリックして一覧を拡張します。 続いて休止状態の横のプラス記号 (+) をクリックします
  6. コンピューター電源がオンになっているか、プラグインされている状態、あるいは両方の状態で休止モードを使用するかどうかによって、コンピューターが 電源オン または プラグイン ドロップダウンボックスの休止モードになるまえに、アイドル時間を選択します。
    番号 : 休止時間の調整
    休止時間の調整
  7. [OK] をクリックし、続いて [変更の保存] をクリックします。 一定の時間待機状態になった後、コンピューターは休止状態になります。
メディアファイルの共有時に退席中モードを有効化
退席中モードでは、コンピューターの前を離れても、テレビ番組の録画やビデオや音楽の共有などのタスクを継続して実行することが可能です。 特に、コンピューターが退席中モードになっていると、以下が起こります。
  • コンピューターは引き続きTV番組の予約録画、遠隔地へのビデオや音楽ファイルのストリーミング再生などの作業を実行することができます。
  • ディスプレイの電源がオフになっています。
  • オーディオがミュートされています。
  • コンピューターは操作可能ですが、省電力設定になっています。
  • コンピューターのファンが稼動します。
  • リモートコントロールで、スリープ ボタンを押すと、ほぼ一瞬にしてディスプレイが表示されます。
退席中モードを有効にするには、以下の手順を実行します。
  1. Windowsで、[コントロール パネル] を検索して開きます。
    番号 : コントロール パネルを開く
    コントロール パネルを開く
  2. コントロール パネルで「電源」を検索し、検索結果から [電源プランの選択] をクリックします。
    番号 : 電源プランの選択
    電源プランの選択
  3. [電源プランの選択] ウィンドウで、変更したいプランの横の [プラン設定の変更] をクリックします。
    番号 : 電源プラン設定の変更
    電源プラン設定の変更
  4. [次のプランの設定の変更] ウィンドウで、[詳細な電源設定の変更] をクリックします。
  5. マルチ メディアの設定の横のプラス記号 (+) をクリックして一覧を拡張します
  6. メディアを共有する場合の横のプラス記号 (+) をクリックします
  7. コンピューターが電源オンまたはプラグイン状態、あるいは両方の状態で退席モードを使用するかどうかによって、 電源オン または プラグイン ドロップダウンボックスで コンピューターが退席モードにできるように許可する を選択します。
      補足:
    許可退席中モードをコンピューターが利用できない場合、お使いのコンピューターはこの機能をサポートしません。
    番号 : 退席中モードを有効にする
    退席中モードを有効にする
  8. [適用][OK]の順でクリックし、続いて [変更を保存]をクリックします。
    メディアのファイルを共有すると Windows は自動的に退席中モードに入ります。
電源ボタンとカバーの設定の変更
カバーを閉じるか、電源ボタンを押す場合のコンピューターの動作を指定すると、省電力になります。
  • 指定する設定によって、 電源ボタンを押すと、コンピューターが以下のうちいくれかの動作をする原因になります。 何もしない、スリープ、休止、またはシャットダウン。
  • 指定する設定によって、 カバーを閉じると、コンピューターが以下のうちいくれかの動作をする原因になります。 何もしない、スリープ、休止、またはシャットダウン。
  1. Windowsで、[コントロール パネル] を検索して開きます。
    番号 : コントロール パネルを開く
    コントロール パネルを開く
  2. コントロール パネルで「電源」を検索し、検索結果から [電源プランの選択] をクリックします。
    番号 : 電源プランの選択
    電源プランの選択
  3. 左ペインで、電源ボタンの動作の選択またはカバーの閉じ方の選択をクリックします。
    番号 : 電源ボタンをクリックし、カバーのオプションを閉じる
    電源ボタンをクリックし、カバーのオプションを閉じる
  4. カバーを閉じた場合の電源ボタンスリープボタン、またはカバーの状態を変更するには、[設定] をクリックして、バッテリーを使用する場合、またはコンピューターを接続した場合に使用する設定を選択します。次に [変更の保存] をクリックします。
    番号 : 電源ボタンとカバーの設定の変更
    電源、スリープ、カバーの設定の変更
電源のトラブルシューティングを使用して問題を解決
Windows 電源のトラブルシューティングを使用して、自動的にコンピューターの電源のタイムアウトの設定を調整します。
電源のトラブルシューティングを実行するには、以下の手順を実行します。
  1. Windows で、「トラブルシューティング」を検索し、検索結果から [トラブルシューティング] を開きます。
    右のペインで下にスクロールし、[電源] をクリックします。
    番号 : 電源トラブルシューティングを開く
    電源トラブルシューティングを開く
  2. [トラブルシューティングを実行] をクリックして、電源設定に関する問題を見つけて修正します。
    番号 : 電源トラブルシューティングの実行
    電源トラブルシューティングの実行
  3. 検出プロセスが完了したら、推奨される解像度が表示されます。
    [この手順を適用します] を選択して推奨される手順を提供するか、[この手順をスキップします] を選択して手順を適用せずに引き続き問題の解決を試みます。
    項目を選択して、画面の指示に従います。
    番号 : 推奨された修正方法の例
    推奨された修正方法の例

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...