HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

Desktop PC - Windows 8.1 / 8 または Windows 7 をインストールする前に BIOS の設定を確認してください

解説

このコンテンツでは、すでにハードディスクにインストールされている Windows 8.1 / 8 または Windows 7 をインストールし直して、新たな OS を使用する際に推奨される BIOS の設定をご案内します。
Windows 8.1 / 8 のダウングレード権を行使して Windows 7 をインストールする場合では、従来の BIOS と同じ環境でセットアップする設定へ、Windows 7 から Windows 8.1 / 8 へアップグレードする場合では、UEFI からの起動を行う設定に変更が必要です。
補足:
BIOS の設定は、必ず、OS をインストールする前に行ってください。
OS をインストールした後に BIOS の変更を行うと Windows の起動が行えないなどの症状が発生し、OS の再インストールが必要になる場合があります。
Windows 8.1 / 8 を使用する場合
Windows 7 を使用する場合
レガシーサポート
(Legacy Support)
無効
有効
安全なブート
(Secure Boot)
有効
無効
高速ブート
(Fast Boot)
有効
無効

操作手順

  1. コンピューターの電源を投入 (または再起動) したら、すぐに [F10] キーを何度か押し続けます。
  2. "ヒューレット・パッカード セットアップユーティリティ" が表示されますので、キーボードの右矢印キーを押して [セキュリティ] メニューへ移動します。
  3. [セキュリティ] メニューの一番下にある [安全なブートの構成] を選択し、[Enter] キーを押します。
    補足:
    BIOS のバージョンによっては [セキュリティ] メニューに [安全なブートの構成] (Secure Boot Configuration) の項目が表示されていません。 弊社サポートサイトより最新の BIOS を入手し、適用していただくようお願いします。
    サポートサイトのアクセス方法や最新の BIOS を探す方法は、コンテンツ下部の [関連情報] に掲載の「■ 最新のドライバーを見つけるには」をご参照ください。
  4. "安全なブートの構成" ウインドウ内の3項目「レガシーサポート」(Legacy Support)、「安全なブート」(Secure Boot)、「高速ブート」(Fast Boot) の値を確認します。
    設定値の変更は、「安全なブート」、「レガシーサポート」、「高速ブート」の順番に行います。 変更する項目を選択し、キーボードの上向きまたは下向き矢印キーを押すと設定値の「有効」、「無効」を切り替えることができます。
    補足:
    「レガシーサポート」 の設定値を「安全なブート」よりも先に変更しようとすると、下図の "Secure Boot Policy" のメッセージウインドウが表示され、設定値の変更が行えません。
    "Secure Boot Policy" ウインドウの [OK] ボタンで終了し、先に「安全なブート」の設定値を変更します。
  5. 解説の表を参考に、ご使用になる OS に適した BIOS の設定を行い、保存します。
以上で BIOS の設定は終了です。

対象条件

  • 対象機種
    • EliteDesk、ProDesk、ProOne シリーズ
      EliteDesk 800 G1 US, EliteDesk 800 G1 TW, EliteDesk 800 G1 SF, ProOne 600 All-in-One, ProDesk 600 G1 SF, ProDesk 400 G1 SF
    • Elite、Pro シリーズ
      Pro 6305 SF, Pro 6300 All-in-One, Pro 4300 SF, Elite 8300 US, Elite 8300 MT, Elite 8300 SF, Pro 6300 SF, 8200 Elite All-in-One, 8200 Elite US, 8200 Elite MT, 8200 Elite SF, 6200 Pro SF, 6000 Pro All-in-One , 6005 Pro US, 8100 Elite MT, 8100 Elite SF, 8000 Elite US , 8000 Elite MT, 8000 Elite SF, 6005 Pro SF, 6000 Pro SF
  • 対象 OS
    • Microsoft Windows 8.1 / 8
    • Microsoft Windows 7

関連情報

コンピューターに同梱されているリカバリメディアを使用して、インストールされていた OS と異なる OS をインストールする際は、BIOS の設定を確認して下さい。 以下のコンテンツは、同梱されているメディアを使用して OS を再インストールする手順ご案内しています。
  » Desktop PC シリーズ - Elite、Pro シリーズの製品別 OS のインストール手順
■ 最新のドライバーを見つけるには
ご使用の製品のサポートページからドライバーダウンロードページへアクセスし、目的のドライバーを探す方法や目的のドライバーが見つからない場合の対処方法を、以下のコンテンツで詳しくご案内しています。

文書情報

Q&A 番号 : DTQA001356
最終更新日 : 2014/03/17


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...