HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    最近のパソコンの脆弱性に関する情報

    HPでは最近報告されている"Spectre" と"Meltdown" の脆弱性を確認しています。HPはこれらの問題へのパッチ情報と影響のあるシステムについてセキュリティブルテンを発行しています。今後も追加の情報が入り次第更新されるため、お客様へは定期的に確認していただくことをお勧めいたします。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP ProDesk 400 G1 SF - Windows 7 リカバリディスクの作成手順

解説
このコンテンツでは、ProDesk 400 G1 SF の Windows 7 プリインストールモデルを購入した際に、OS の再インストールに備えて「HP Recovery Disc Creator」からリカバリディスクを作成する手順をご案内いたします。
リカバリディスクの作成は、PC 1台につき1回のみとなります。 コンピューターの購入後、リカバリディスクはすぐに作成することをおすすめします。
■ 準備するもの
■ 作成時の注意点
  • 作業中のファイルやアプリケーションをすべて終了し、リカバリディスク作成中は HP Recovery Disc Creator 以外のアプリケーションが起動しないようにしてください。
  • Windows にログインしている ユーザーのアカウントの種類が [管理者] であることをご確認ください。
  • リカバリディスク作成中に画面の表示が消えることを防ぐため、スクリーンセーバーを「なし」に設定します。
■ 作成するディスク名と所要時間
作成するディスク名
所要時間
Windowsディスク
約15分
HPドライバー リカバリ ディスク
約10分
操作手順
  1. [スタート] ボタンから [すべてのプログラム] を選択し、[生産性とツール] の「HP Recovery Disc Creator」を起動します。
  2. "ユーザー アカウント制御" ウインドウが起動しますので、[はい(Y)] ボタンをクリックします。
  3. "HP Recovery Disc Creator" ウインドウが起動します。
    Windows 7 の再インストールメディアとして、「Windowsディスク」と「HPドライバー リカバリ ディスク」を作成します。 作成するディスクのアイコンをクリックします。
      補足:
    「Windowsディスク」と「ドライバー ディスク」の2枚のメディアを使用して、Windows 7 の再インストールが完了しますので、必ず、各ディスクを作成してください。
「Windowsディスク」を作成します
  補足:
「Windowsディスク」は、ご使用のコンピューター 1台につき 1回のみの作成となります。
ウインドウ上部にも「このユーティリティではWindowsセットアップディスクのコピーを1枚しか作成できないことに注意してください」と表示されています。
  1. "ドライブの選択" ウインドウに表示されているドライブでのみ、Windowsディスクの作成が行えます。
    ドライブに、中身が空の DVD-R または DVD+R を挿入し、[作成] ボタンをクリックします。
      補足:
    中身が空の DVD-R または DVD+R を挿入後、自動再生ウインドウが表示される場合は、右上の [閉じる] ボタンでウインドウを閉じます。
    中身が空の DVD-R または DVD+R メディアを挿入しないで [作成] ボタンを押した場合は、警告マークの付いた "ディスクへの書き込みができませんでした。" ウインドウが表示されます。 この場合は、ウインドウを [OK] ボタンで閉じ、もう一度、HP Recovery Disc Center を起動し直してメディアの作成を行います。
  2. "注: Windows セットアップ ディスクのコピーが1枚だけ作成されます。続行しますか?" ウインドウが表示されますので、[はい(Y)] ボタンをクリックします。
      補足:
    [はい(Y)] ボタンをクリックすると、すぐにディスクの作成が開始されます。
  3. ウインドウ下部に "Windowsディスク用のファイルの検索中" と表示されます。
      補足:
    作成の開始後、ウインドウ上で進捗のプログレスバーは表示されませんが、コンピューターにて処理中となりますので、手順4. の画面が表示されるまで、マウスやキーボードに触れないで、そのままお待ちください。
  4. ディスクへの書き込みが終了すると "ディスクへの書き込みが正しく完了しました。" と表示され、オプティカルドライブが自動的に開きます。 トレイからディスクを取り出し、[OK] ボタンをクリックします。
以上で、Windowsディスクの作成が完了です。
「HPドライバー リカバリ ディスク」を作成します。
「HPドライバー リカバリ ディスク」は、1台のコンピューターで何度でも作成することが可能です。
  1. "HPドライバー リカバリ ディスクを作成するには [作成] をクリックしてください" と表示されます。
    ドライブに、中身が空の DVD-R または DVD+R を挿入し、[作成] ボタンをクリックします。
      補足:
    メディアの挿入後、自動再生ウインドウが表示される場合は、右上の [閉じる] ボタンでウインドウを閉じます。
  2. ウインドウ下部に "ドライバー ディスク用のファイルの検索中" と表示されます。
      補足:
    作成の開始後、ウインドウ上の進捗はありませんが、コンピューターにて処理中となりますので、マウスやキーボードに触れないで、そのままお待ちください。
  3. "ディスクへの書き込みが正しく完了しました。" と表示され、オプティカルドライブが自動的に開きましたら、ドライバーディスクの作成が完了です。
    トレイからディスクを取り出し、[OK] ボタンをクリックします。
  4. "HPドライバー リカバリ ディスクを作成するには[作成]をクリックしてください" の画面に戻りましたら、画面右下の [終了] ボタンをクリックします。
以上で、HPドライバー リカバリ ディスクの作成が完了です。
  補足:
「Windowsディスク」と「HPドライバー リカバリ ディスク」は、高温、湿気、光 (日光、蛍光灯) にさらされる場所を避け、ケースに入れて大切に保管してください。
作成したメディアの確認
ここでは、上記の手順で作成した2枚のディスク「Windowsディスク」、「HPドライバー リカバリ ディスク」をオプティカルドライブ挿入した際のドライブのアイコン表示、各ディスクに保存されているファイルやフォルダーについてご案内します。
ドライブのアイコンに製品名の「HP_ProDesk_400_G1_SFF」と表示されます。
  • Windowsディスク
    Windowsディスクは、Windows 7 を再インストールするためのディスクです。
    ドライブのアイコン表示
    ディスクに保存されているファイルやフォルダーの一覧
    ・boot フォルダー
    ・efi フォルダー
    ・sources フォルダー
    ・support フォルダー
    ・upgrade フォルダー
    ・autorun.inf ファイル
    ・bootmgr ファイル
    ・setup.exe ファイル
  • HPドライバー リカバリ ディスク
    Windows 7 上から、製品に対応したドライバーやアプリケーションをインストールするディスクです。
    ドライブのアイコン表示
    ディスクに保存されているファイルやフォルダーの一覧
    ・swsetup フォルダー
    ・AUTORUN.INF ファイル
対象条件
  • 対象機種
    • HP ProDesk 400 G1 SF
  • 対象 OS
    • Microsoft Windows 7
関連情報
上記の手順で作成した「Windowsディスク」と「HPドライバー リカバリ ディスク」を使用して、Windows 7 を再インストールする手順をご案内します。
  » HP ProDesk 400 G1 SF - 作成した DVD リカバリディスクを使用して Windows 7 をインストールするには
リカバリメディアを購入してご使用になる場合、作成したリカバリメディアを紛失 (破損) した場合は、弊社の「リカバリメディアキット販売窓口」よりご購入いただけます。
リカバリメディアキット販売窓口
  » http://jp.ext.hp.com/promotions/recovery_media_kit/
文書情報
Q&A 番号 : DTQA001348
最終更新日 : 2014/08/20

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...