HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    新型コロナウィルス感染防止に努めながら修理サポートを継続しておりますが、出張修理において、ご訪問希望時間帯の偏りのため、サービスの遅れが生じております。比較的空いている夕方の時間帯もご検討ください。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Enterprise MFP、HP Managed MFP、HP PageWide Enterprise MFP - ADF からコピーまたはスキャンするときの縦線または筋

問題

HP LaserJet EnterpriseHP PageWide EnterpriseHP LaserJet Managed、または HP PageWide Managed MFP の自動文書フィーダ (ADF) からコピーまたはスキャンすると、縦線または筋が印刷物に表示されます。
補足:
プリンタによって、ADF スキャナが異なります。Flow モデル (M525c、M525cm、M527z, M575c、M575cm、M577z M575cm)、または M527、M577、M630、M680、M830、M880、E52545、および E57540 モデルについては、Lines or Streaks when copying or scanning from the automatic document feeder (ADF) (自動文書フィーダ (ADF) からコピーまたはスキャンするときの線または筋) に移動します。
フラットベッド ガラスを使って実行したコピーやスキャンには問題がないように見えます印刷されたページも正常に見えます。線や筋は黒またはカラーの場合があります。また、フォルダへのスキャン機能や電子メールへのスキャン機能 (など) を使用した場合、ファックスやデジタル送信への出力に線や筋が表示されることもあります。

理由

この多機能プリンタは、ADF を使ってコピーまたはスキャンを実行する場合、別のガラス (ADF ガラス) を利用します。HP は、ADF を使ってオリジナルの文書をフィードして実行したコピーに印刷される線や筋の 99% が、ADF ガラスのチリによって引き起こされることを突き止めました。チリには、ほこり、紙やトナーのくず、粘着性のあるメモの接着剤の残りかす、修正用の液やテープ、インク、指紋などがあります。ごく小さなチリでも、正しい光の反射を歪めてしまい、ADF から実行したコピーやスキャンで線、筋、汚れなどを発生させることがあります。

ソリューション

チリは簡単に確認できないことが多く、非常に簡単に見逃してしまいます。また、ちょっと拭いただけでは取り除くことができないことがあります。チリを取り除くには、通常、繊維の残らない柔らかい布を水で濡らして拭き取れば十分ですが、頑固なチリの場合は追加作業が必要です。
問題を切り分け、適切なエリアを適切にクリーニングするためには、次のビデオを視聴して手順を実行します。
ビデオの再生や、再生するビデオのサイズ変更で問題が発生した場合は、ここをクリックすると、YouTube でビデオが再生されます。

手順 1: ADF ガラスを使用した場合とフラットベッド ガラスを使用した場合のどちらで問題が発生するかを特定します。

  1. ADF から空のコピーを作成し、そのコピーに「ADF」というマークを付けます。
  2. フラットベッドのスキャナ ガラスから空のコピーを作成し、「フラットベッド」というマークを付けます。
    • 問題が「ADF」というマークを付けたコピーで発生する場合は、「手順 2:ADF ガラスと、スキャナ カバーの下面の白いストリップをクリーニングします」を参照してください。
    • 問題が「フラットベッド」というマークを付けたコピーでだけ発生する場合は、繊維の残らない柔らかい布を水で濡らして、フラットベッド ガラスとフタの裏板を拭き取ります。
      次のビデオでは、スキャナ ガラスと白い裏板のクリーニング方法を実演しています。
      ビデオの再生や、再生するビデオのサイズ変更で問題が発生した場合は、ここをクリックすると、YouTube でビデオが再生されます。
      補足:
      ガラスをクリーニングする前に、必要に応じて、レンズ クリーナーや研磨剤が含まれていないガラス クリーナーを布に含ませることができます。これらのクリーナーは必ず布に噴射し、ガラスやデバイスに直接噴射しないでください。ガラスには水やガラス クリーナーを噴射しないでください。ガラスの下にまで浸透し、プリンタに損傷を与える可能性があるためです。ガラスに研磨剤、アセトン、ベンジン、エチル アルコール、四塩化炭素を使わないでください。これらの薬剤はガラスにダメージを与えたり、ガラスに在留物を残すため、コピーやスキャンの品質が低下します。
      番号 : フラットベッド ガラスとカバーの裏板

手順 2: ADF ガラスと、スキャナ カバーの下面の白いストリップをクリーニングします。

補足:
チリはガラスの下側に入り込んでいることもあります。このようなチリは除去することはできませんが、コピーやスキャンの品質には影響を与えません。
  1. スキャナ カバーを開いて、メイン スキャナのフラットベッド ガラスの左側にある 1 インチのガラスのストリップの位置を確認します。
    番号 : ADF ガラスと白いストリップ
  2. ADF ガラスをクリーニングするには、繊維の残らない柔らかい布に水を含ませて使用します。一部のモデルでは下側だけでなく、上側にも ADF ガラスが使われています。この場合、下側と上側の両方の ADF ガラスに対して、次のクリーニング手順を実行します。
    補足:
    ガラスをクリーニングする前に、必要に応じて、レンズ クリーナーや研磨剤が含まれていないガラス クリーナーを布に含ませることができます。これらのクリーナーは必ず布に噴射し、ガラスやデバイスに直接噴射しないでください。ガラスには水やガラス クリーナーを噴射しないでください。ガラスの下にまで浸透し、プリンタに損傷を与える可能性があるためです。ガラスに研磨剤、アセトン、ベンジン、エチル アルコール、四塩化炭素を使わないでください。これらの薬剤はガラスにダメージを与えたり、ガラスに在留物を残すため、コピーやスキャンの品質が低下します。
  3. ADF ガラスのストリップの上にあるスキャナ カバーの下面で、繊維の残らない柔らかい布に水を含ませて、上部の白いストリップと金属のメタル (該当する場合) をクリーニングします。場合によっては、ADF ガラスによく似たガラスのストリップが使われている場合があります。
    補足:
    表面に傷を付けるおそれがあるため、強い力で拭いたり、紙製のクロースを使わないでください。
  4. 白いストリップがきれいにならない場合は、イソプロピル アルコールを使って再度クリーニングを行います。次に湿らせたクロースを使って表面をしっかり拭いて、残っているアルコール分を拭き取ります。
  5. ADF と白いストリップを柔らかく乾いたクロースを使って乾拭きし、汚れを落としてから、コピーやスキャンをやり直してください。
    問題が解決しない場合は、「手順 3:ADF ガラス上のチリの場所の特定」を参照してください。

手順 3: ADF ガラス上のチリの場所の特定

  1. ADF に何も印刷されていない用紙をセットし、次のように右下隅に「X」というマークを付けます。
  2. スタート ボタンを押して、何も印刷されていないページのコピーを作成します。
  3. 次のように、フラットベッド ガラスの上に、「X」というマークの付いたコピーした用紙を上向きにセットします。
    補足:
    コピーの左上隅がフラットベッド ガラスの左上隅になるように合わせます。
  4. 用紙の線や筋をたどって、問題を引き起こしている ADF ガラス上のエリアを特定します。
  5. 指の爪を使って、頑固なチリを取り除きます。
    補足:
    指の爪だけを使用してください。その他の物を使用すると、ADF ガラスの表面に傷が付くことがあります。
  6. この特定エリアをもう一度クリーニングして、繊維の残らない柔らかい布を使ってガラスを乾拭きします。
  7. コピーやスキャンをやり直します。
問題が解決しない場合は、「マイラー ストリップのクリーニングと交換 (4345、M4345、4730、および CM4730 MFP モデルのみ)」または「高度なトラブルシューティング」のセクションを参照してください。

手順 4:マイラー ストリップのクリーニングと交換 (4345、M4345、4730、および CM4730 モデルのみ)

  1. スキャナ カバーを開きます。
  2. マイラー ストリップをクリーニングします。
    1. 白いストリップの近くにあるスキャナ カバーの下面で、ADF ガイド カバーの上部と下部のそれぞれに 2 本あるフックを押して、カバーを解放します。
      番号 : ADF ガイド カバーの解放
    2. ADF ガイド カバーを持ち上げ、透明なマイラー ストリップ (透明なシート) の位置を確認します。
    3. マイラー ストリップを ADF ガイド カバーの 4 本のフックから慎重に外し、マイラー ストリップを取り外します。
      番号 : マイラー ストリップの取り外し (ADF フックを円で示します)
    4. マイラー ストリップを取り外すことが難しい場合は、ADF ガイド カバーを引き出して、蝶番から蝶番のピンを外し、最初に ADF ガイド カバーを取り外します。
      番号 : ADF ガイドの取り外し (蝶番のピンを円で示します)
    5. 繊維の残らない柔らかい布に水だけを軽く含ませて、マイラー ストリップをやさしくクリーニングします。
    6. 繊維の残らない柔らかい布を使って、マイラー ストリップを乾拭きします。
    7. マイラー ストリップを取り付け直し、ADF カバーを閉じます。コピーまたはスキャンを再実行します。
      補足:
      透明なマイラー ストリップを、上部の小さな刻み目を使って固定します。刻み目をホルダー上にある丸いピンに合わせてください。
  3. クリーニングを実行しても問題が解決しない場合は、マイラー ストリップを交換します。
    1. スキャナ カバーの下面で、ADF カバーの下の白い裏板の裏に、交換用ストリップが入った封筒があることを確認します。
      補足:
      ユニットには通常、複数の交換用マイラー ストリップが同梱されています。封筒が存在しない場合、HP に連絡して、交換用ストリップ (部品番号
      Q6496A) を発注します。
    2. ADF カバー ガイドを解放して取り外してから、前述の手順を繰り返してマイラー ストリップを取り外します。
    3. マイラー ストリップを封筒から取り出した新しいストリップと交換します。
      補足:
      透明なマイラー ストリップを、上部の小さな刻み目を使って固定します。刻み目をホルダー上にある丸いピンに合わせてください。
    4. 新しいマイラー ストリップを正しい位置に固定すると、ADF ガイド カバーを取り付け直します。

高度なトラブルシューティング

上記の手順を実行しても問題が解決しない場合は、以下の高度なトラブルシューティングの手順を実行してください。
  • プリンターの電源を入れなおします。詳しくは、ユーザー ガイドを参照してください。
  • ピックアップ ローラーをクリーニングします。詳しくは、ユーザー ガイドを参照してください。

品質の高いコピーやスキャンを実行するためのヒント

  • サードパーティのスキャニング ソフトウェアを使っていないことを確認します。これらのソフトウェアによって線や筋などの症状が発生する可能性があります。該当する場合は、サードパーティのベンダーにご連絡ください。
  • HP スキャニング ソフトウェアを使用している場合、コンピュータに複数のイメージング デバイスがインストールされていないことを確認します。HP は (ソフトウェアの競合を防ぐため) 同じコンピュータ上に複数のイメージング デバイスをインストールしないことをお勧めします。
  • ファームウェアのバージョンは、スキャン ヘッドのパフォーマンスに影響を与えることがあります。プリンタに最新のファームウェアがインストールされていることを常時確認してください。http://support.hp.com/drivers にアクセスして、プリンタのモデルを検索し、ファームウェアのセクションを展開して利用可能な最新のファームウェア バージョンをダウンロードします。
徹底的なクリーニングを実行してもコピー/スキャン問題が解決しない場合は、スキャナ アセンブリはサービスが必要な場合があります。HP サポートまでご連絡ください。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...