HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Enterprise 500 M525mfp、HP LaserJet P3015、および HP LaserJet Pro MFP M521 紙詰まり 13.0000、13.01.00、13.30.00、13.B2.D2、および13.A3.D3エラー

問題:
紙詰まりが用紙経路の任意の場所で発生する可能性があります。
本書は、13.0000, 13.01.00, 13.30.00, 13.B2.D2、および13.A3.D3エラーの原因となる紙詰まりに対処するものです。
これらの紙詰まりエラーコードは、通常、用紙がカセットトレイから出て行かない問題を関連しています (“未給紙の紙詰まり”)。
  • 13.0000 エラーは、HP LaserJet Pro MFP M521で発生する可能性があります。
  • 13.01.00および13.30.00 エラーは、HP LaserJet P3015で発生する可能性があります。
  • 13.B2.D2および13.A3.D3 エラーは、HP LaserJet Enterprise 500 シリーズ M525で発生する可能性があります。
これらの「未給紙の紙詰まり」は、以下の原因で発生します。
  1. 用紙トレイガイドのあて方がきつ過ぎる、または緩すぎる
  2. 仕様に満たないメディアの使用
  3. メディアの損傷
  4. 摩耗したピックアップローラー
  5. 部品の破損/損傷
解決策
本書では、13.0000、13.01.00、13.30.00、13.B2.D2、および13.A3.D3の紙詰まりの低減に役立つ、適切なトレイ調整を取り上げます。
  補足:
これらの紙詰まりの一番の原因は、用紙トレイガイドのあて方がきつ過ぎる、または緩すぎるためです。
初期トレイセットアップは、トレイの横設定および縦設定が確認しやすいよう、トレイを取り外して行ってください。
用紙をトレイにセットする前に、必ずガイドの調整を行ってください。
  1. トレイの横幅設定が、セットされている用紙と合っていることを確認します。
    ガイドの矢印が、用紙サイズを指定とつながる線とぴったり揃っているはずです。 注記: 標準用紙サイズを示すツメとラベル表示があります。
    番号 : この画像ではレター用紙の [横] 設定を示しています。
  2. トレイの [縦] 設定がご希望の用紙サイズに設定されているかチェックします。 注記: 標準用紙サイズを示すツメとラベル表示があります。 ガイドの矢印が、用紙サイズを指定とつながる線とぴったり揃っているはずです。
    番号 : この画像ではレター用紙の [縦] 設定を示しています。
  3. 損傷した用紙 (例: 折れ、破れ、汚れ、しわ、および丸まり)、または仕様外の用紙はセットしないでください。
  4. 推奨される方法: 新しい用紙の束を開封した場合、必ず用紙を、縦と横、両方向に曲げてください。
    番号 : 用紙の束の曲げ方の例
  5. 用紙の束を後ろから前にセットし、後部ガイドに詰まらないようにします。
    番号 : 用紙の束が後部ガイドにあたってセットされているのを示す画像
  6. 下記に示されるマークの高さを超えるほど、用紙を入れ過ぎないでください。 (前の写真では赤丸で囲まれています。)
    番号 : マークの拡大図
      補足:
    トレイガイド設定が正しい位置にあることを確認すると、13.01.00、13.B2.D2の紙詰まりが減少するか、または防止されます。
      補足:
    スペーサーをトレイの背面に取り付けることによって、これらの問題を解決するのに役立つ用紙トレイスペーサーキットを利用することができます。 部品番号. CF116 67927
  7. 完了したら、ゆっくりとトレイをプリンターに装着します。
  8. この手法は、あらゆる着脱式トレイ/カセット上で利用可能です。
紙詰まりは、根本原因を判定する切り分けが必要であり、大半の紙詰まりは、未サポートのメディア、トレイ設定の誤り、または用紙トレイの詰め過ぎが原因です。 紙詰まりは、大半の時間をプリンターから離れていても解決できます。
原因
紙詰まりとは、通常、用紙が所定の時間内にセンサーの位置まで到達しない、あるいは所定の時間内にセンサーの位置を離れないという、タイミングの問題です。 紙詰まりの原因は通常、用紙、トレイ設定、またはトレイへの用紙の入れすぎであることが多く、ハードウェアの欠陥が原因であることは殆どありません。 トラブルシューティングは、毎回実施して、原因と対処方法を判定する必要がります。
まとめ
メディア/用紙詰まりは、上記の手順のとおりトレイが正しくセットされていることを確認するだけで、解決することがよくあります。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...