HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    現在Webサイトのアップグレードを行っております。

    この期間中にエラーがあった場合は、後でもう一度お試しください。 

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Compaq Pro 6305 Microtower および Small Form Factor PC - 揮発性の記述

HPでは、AMDベースのHP Compaq Pro 6305 シリーズデスクトップシステムのDDR3メモリ (メモリ容量はお客様の構成によって異なります) は、揮発性であることを確認しています。 また、不揮発性のメモリとしては、初期出荷時 (アプリケーションや機能の修正、追加、またはインストールを後から一切行っていない状態) のマザーボードに次のメモリが構成されています。 Real Time Clock バッテリバックアップ構成メモリ (256バイト)、DIMM Serial Presence Detect (SPD) 構成データ (モジュールごとに256バイト、128バイトがプログラミング可能)、システムBIOS用Serial Peripheral Interface (SPI) ROM (8Mバイト) および Super I/O、 マスクキーボード ROM (全体で2Kバイト)。 また、これらのユニットには、ユーザーデータ用の16Kの不揮発性メモリを含むTrusted Platform Module (TPM) があります。 電源を30秒以上切断すると、揮発性メモリからはすべてのユーザーデータが失われます。
AMD ベースのHP Compaq Pro 6305 シリーズデスクトップシステムの不揮発性メモリを復旧する手順については、以下を参照してください。
  1. 最新バージョンのBIOSは、HPのWebサイトからダウンロードしてください。
  2. BIOSのフラッシュについては、指示に従ってください。
  3. Windowsをシャットダウンし、コンピューターの電源を投入してから、F10 セットアップユーティリティを実行します。 [起動メニューを表示するにはESCキーを押してください] プロンプトが画面の下付近に表示されたら、ESCキーを押します。 [コンピューターセットアップ(F10)] をオプションの [起動メニュー] リストから選択します。
  4. メインメニューから、[セキュリティ]、[システムセキュリティ ] を選択します。 メニューで、[組み込みセキュリティデバイスサポート] オプションに [無効]が表示されている場合は、手順8に進みます。
  5. TPM からすべてのセキュリティキーを消去するには: [システムセキュリティ] の中の[組み込みセキュリティデバイス]の下で、 工場出荷時の設定に戻す を設定してリセットします。
      補足:
    TPMセキュリティキーは消去されますが、不揮発性メモリインデックスのデータは消去されません。 これらのインデックスに保存されているデータには、セキュリティ上重要な情報を保存しないでください。 アプリケーションがロックされ、不揮発性インデックスが固定されると、これらのインデックスは消去できません。
  6. F10キーを押して変更を確定します。
  7. メインメニューから、[ファイル]、[変更を保存して終了] の順に選択します。
  8. F10でセットアップユーティリティを実行します。
  9. 所有権タグまたは資産タグが設定されている場合は、[セキュリティ ]、[システムID] の下で手動で消去します。
  10. 変更を保存して終了します。
  11. セットアップまたは電源オンパスワードを消去し、その他の設定を消去するには、コンピューターの電源を停止し、AC電源ケーブルとコンピューターフードを取り外します。
  12. ヘッダーE49 (PSWDのラベル) 上で緑色の2本のピンパスワードジャンパーを見つけ、取り外します。
  13. 透明な CMOS ボタンを押します。 通常、これはCMOSというラベルの付いた黄色いプッシュボタンです。
  14. フードとAC電源ケーブルをもとに戻し、コンピューターの電源を入れます。 これで、パスワード及び他の CMOS (不揮発性メモリ) 設定は消去されました。
  15. F10でセットアップユーティリティを実行します。
  16. [ファイル]、[初期設定値の変更]、[デフォルトとして工場出荷時の設定にリセット] を選択します。 これにより、設定が工場出荷時の初期値に戻ります。
  17. [ファイル]、[初期設定値に設定して終了] を選択します。
  18. コンピューターをシャットダウンし、AC電源ケーブルを取り外し、ヘッダーE49上に緑色のジャンパーを取り付けます。 コンピューターフードと電源コードを基に戻します。
Computraceがコンピューター上で有効な場合、機能を無効にするためには、サービスプロバイダーの手順を参照してください。
Real Time Clockバッテリバックアップ構成メモリを消去するには、AC電源ケーブルを取り外してから、マザーボード上のコイン電池を取り外します。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...