HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

Microsoft Windows 8 / 8.1 - Windows 8 / 8.1 でパソコンが自動的にスリープになるまでの時間を変更する方法

解説

Windows では電力の使用を管理するために電源プランが用意されており、電源プランの設定を変更することで、パソコンを一定時間操作しない場合、自動的にスリープ状態へ移行する設定や、スリープ状態になるまでの時間を設定することができます。
スリープとは、現在の作業内容をメモリに保存し、パソコンを省電力状態にする機能で、スリープを解除するとすばやく前回の状態から作業を再開できます。
ハイブリッド スリープとは、メモリとハードディスクの両方に現在の作業内容を保存し、パソコンを省電力状態にする機能で、突然電源が落ちた場合でもハードディスクから作業を復元し、前回の状態から作業を再開できます。
Windows 8 / 8.1 ではハイブリッド スリープが通常有効になっており、パソコンがスリープになる設定や操作をした場合はハイブリッド スリープに移行します。
電源プランとは、パソコンによる電力の使用を管理するためのハードウェア設定とシステム設定を集めたもので、パソコンの使用状況や目的に合わせて切り替えることで、パソコンの消費電力の低減、パフォーマンスの最大化、それらのバランス調整をおこなうことができます。
パソコンの使用状況と目的に合わせて電源プランを切り替える方法や、オリジナルの電源プランを作成する方法、電源プランの詳細な設定を変更する方法については、[関連情報] をご確認ください。

操作手順

  1. クイックアクセス メニューを表示し、[電源オプション(O)] をクリックまたはタップします。
    クイックアクセス メニューの表示方法については、以下のコンテンツをご参照ください。

  2. [電源オプション] ウインドウが表示されます。
    [コンピューターがスリープ状態になる時間を変更] をクリックまたはタップします。
    補足:
    [電源オプション] ウインドウは Windows のショートカットキーを使って表示することもできます。
    [Windows] キーを押しながら [X] キーを押して、クイックアクセス メニューが表示されたら [O] キーを押します。

  3. 現在選択している電源プランの [プラン設定の編集] ウインドウが表示されます。
    [コンピューターをスリープ状態にする:] 項目のプルダウンメニューをクリックまたはタップし、スリープ状態に移行するまでの時間を変更し、[変更の保存] ボタンをクリックまたはタップします。
    ※ ここでは、ノート PC に表示された電源プランの [プランの編集] ウインドウを例にご紹介します。
    補足:
    標準の設定では、パソコンを一定時間操作しない場合に自動でスリープ状態へ移行するように設定されていますが、[適用しない] を選択することで、パソコンを操作しない状態が続いてもスリープ状態に移行しないように設定することができます。
    [詳細な電源設定の変更(C)] をクリックすると、スリープ状態にした後にさらに一定時間が経過すると休止状態にするなど、詳細な設定を行うことができます。
    電源プランの詳細な設定を変更する方法については、[関連情報] をご確認ください。
    以下のウインドウで表示されているメニューはノート PC で表示されるもので、デスクトップ PC の場合、[バッテリ駆動]、[電源に接続] といった設定の区別はなく、表示される項目やメニューが異なります。
    以上で手順は終了です。


関連情報

Windows で用意されている既存の電源プランや新規で作成したオリジナルの電源プランの設定は変更することができ、[詳細な電源設定の変更(C)] から詳細な設定を行うことができます。

パソコンの使用状況や目的に合わせてオリジナルの電源プランを作成し、こまめに電源プランを切り替えて電源管理を行うことで、パソコンの消費電力を節約することや、パフォーマンスを最大化することができます。


 対象条件

  • 対象 OS
    • Microsoft Windows 8
    • Microsoft Windows 8.1

文書情報

Q&A 番号 : BPQA000911
最終更新日 : 2014/06/30




国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...