HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    パソコンでのオリンピックの視聴についてよくあるお問い合わせやサポート関連情報はこちらよりご確認ください。

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

Notebook PC シリーズ - HP PC Hardware Diagnostics UEFI (Ver 5.0) を使用してハードドライブを診断する方法

解説

HP PC Hardware Diagnostics UEFI (バージョン 5.x.x.x) は、コンピューターの起動直後に <f2> キーを押して、OS が起動する前にアクセスできる診断ツールです。 ここでは、この診断ツールを使ってハードドライブに問題がないか自己診断する方法をご案内いたします。
補足:
  • このコンテンツは、HP PC Hardware Diagnostics UEFI が起動することを前提としてご案内しています。 HDD 交換や領域削除で診断ツールがインストールされていない場合は、システム ROM に組み込まれている「HP Basic System Diagnostics」が起動します。 その場合には、弊社ダウンロードページから 診断ツール (HP Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) サポート環境) をダウンロードしてインストールしてください。
  • HP PC Hardware Diagnostics UEFI のテストを、弊社純正品のハードウェアに対してのみ正常な診断を行います。他社製品の診断については動作の保証はできません。

操作手順

ハードドライブのテストには、クイックテスト (最大10分) と詳細テスト (2時間以上) があります。
ハードドライブに問題がないか診断するには、まず先にクイックテストをお試しください。 クイックテストで問題が検出されなかった場合に、詳細テストを実行してください。
  注意:
SSD (Solid State Drive) をお使いの場合、詳細テストはお勧めしません。 詳細テストには、Read / Write テストが含まれますので、SSD の特性上、ドライブの寿命を短くする可能性があります。
  1. 電源を投入したら、すぐに <Esc> キーを繰り返し押します。
    または、 <f2> キー を繰り返し押します。その場合は、手順 3 へお進みください。
  2. 下記のメニューが表示されましたら、<f2> キーを押します。
  3. 「HP PC Hardware Diagnostics UEFI 」が起動しますので、ソフトウェアバージョンを確認してください。
    バージョン 5.x.x.x の場合は、そのまま次の手順 4 へお進みください。
    バージョン 4.x.x.x の場合は、こちら の リンクページの 手順 4 をご覧ください。
  4. 表示画面を日本語表記に変更する場合は、メインメニューから [Language] → [日本語] を選択してください。
  5. ハードドライブの診断をおこなうには、メインメニューから [コンポーネントテスト] を選択します。
  6. 「コンポーネント テスト」画面が表示されますので、メニューから [ハードドライブ] を選択します。
    補足:
    コンポーネント テストでは、ハードドライブ以外にもメニューに表示されているハードウェアのテストが行えます。
  7. 「ハードドライブ テスト」画面が表示されます。
    下表は、HP PC Hardware Diagnostics UEFI で実行できるハードドライブのテストについてまとめたものです。
    ハードドライブ テストの種類
    種類
    時間の目安
    説明
    クイックテスト
    (Quick Test)
    最大 10 分
    システムをチェックしてシステムハードドライブが正しく機能しているか、下記のチェックを実行します。
    • SMARTチェック
    • ショートDSTチェック
    詳細テスト
    (Extensive Test)
    2 時間以上
    システムをチェックしてシステムハードドライブが正しく機能しているか、下記のチェックを実行します。
    • SMARTチェック
    • ショートDSTチェック
    • 最適化DSTチェック
    • ロングDSTチェック
    ハードドライブのチェック項目
    項目
    時間の目安
    説明
    SMARTチェック
    (SMART Check)
    2 秒
    ハードドライブの状態を判定します。
    ショートDSTチェック
    (Short DST)
    2 ~ 3 分
    クイックテストを実行してハードドライブが正しく機能しているか確認します。
    最適化DSTチェック
    (Optimized DST)
    ドライブごとに 10 分
    ハードドライブの選択した部分を読み取り、エラーがないかチェックしてハードドライブが正しく機能しているか確認します。
    ロングDSTチェック
    (Long DST)
    2 ~ 3 時間以上
    包括的なテストを実行してハードドライブが正しく機能しているか確認します。
  8. まず先に、[クイックテスト] を行ないます。 メニューから [クイックテスト] を選択します。
  9. 「ハード ドライブ クイックテスト」画面が表示されますので、[1回実行] を選択します。
  10. ハード ドライブ クイックテストが開始されますので、そのまましばらくお待ちください。
  11. ハード ドライブ クイックテストが完了すると、テスト結果が表示されます。
    問題が検出されなかった場合は、下図のように [コンポーネント テスト : 合格 ] と表示されます。
    補足:
    エラーメッセージおよびエラーコードが表示された場合は、下記の 「F2 System Diagnostics の ハードドライブのエラーコード」をご覧ください。
  12. ハード ドライブ クイックテストで問題が検出されなかった場合は、メインメニューに戻り、次に詳細テストを実行します。
      注意:
    SSD (Solid State Drive) をお使いの場合、詳細テストはお勧めしません。 詳細テストには、Read / Write テストが含まれますので、SSD の特性上、ドライブの寿命を短くする可能性があります。
  13. 「ハード ドライブ 詳細テスト」画面が表示されますので、[1回実行] を選択します。
  14. ハード ドライブ 詳細テストが開始されますので、そのまましばらくお待ちください。
    補足:
    テストは、<esc> キーを押すと途中で中断することができます。
  15. ハード ドライブ 詳細テストが完了すると、テスト結果が表示されます。
    問題が検出されなかった場合は、下図のように [コンポーネント テスト : 合格 ] と表示されます。
    補足:
    エラーメッセージおよびエラーコードが表示された場合は、下記の 「F2 System Diagnostics の ハードドライブのエラーコード」をご覧ください。
  16. HP PC Hardware Diagnostics UEFI を終了するには、メインメニューの [終了] を選択し、表示画面に従って画面を終了させてください。

F2 System Diagnostics の ハードドライブのエラーコード

F2 System Diagnostics を実行してハードドライブに問題が検出されてた場合は、下記のようなエラーメッセージやエラーコードが表示されます。 エラーメッセージやエラーコードが表示された場合には、それらをメモしていただき 「HP カスタマー・サポート 修理受付窓口」 までご連絡ください。 お問い合わせ先については、下記のリンクページをご参照ください。
  » 個人向けノートブックPC ご質問と修理受付のご案内
  » ビジネスノートブックPC ご質問と修理受付のご案内
診断項目
エラーメッセージ
エラーコード
SMART チェック
Hard Disk 1 SMART Hard Drive Detects Imminent Failure
301
Hard Disk 2 SMART Hard Drive Detects Imminent Failure
302
起動テスト
  • SMART チェック
  • ショートDSTチェック
Hard Disk 1 Quick Test Failure
303
Hard Disk 2 Quick Test Failure
304
ハードドライブテスト
  • SMART チェック
  • ショートDSTチェック
  • ロングDSTチェック
Hard Disk 1 Full Test Failure
305
Hard Disk 2 Full Test Failure
306
詳細テスト
  • SMART チェック
  • ショートDSTチェック
  • 最適化DSTチェック
Hard Disk 1 Optimized Test Failure
307
Hard Disk 2 Optimized Test Failure
308

対象条件

  • 対象機種
    2013年以降出荷のノートブック製品
    • HP ENVY Notebook PC シリーズ
    • HP Pavilion Notebook PC シリーズ
    • HP EliteBook Notebook PC シリーズ
    • HP ProBook Notebook PC シリーズ

関連情報

HP PC Hardware Diagnostics UEFI ツールの使用方法のご案内です。
  » HP PC Hardware Diagnostics UEFI の使用方法

文書情報

Q&A 番号 : NBQA001576
最終更新日 : 2014/07/31


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...