HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Z420 - Windows 8 モデルの「Recovery Image」パーティションを削除する方法

解説

ここでは HP Z420 の Windows 8 モデルで、初期構成のハードディスクに含まれる「Recovery Image」パーティションを削除する方法をご案内します。
「Recovery Image」パーティションにはコンピューターを初期の状態に復元するための情報が格納されており、OS の再セットアップや回復ドライブの作成が行えます。
ただ、「Recovery Image」パーティションは回復ドライブから復元できるので、「Recovery Image」パーティションを削除して開放された 10GB ほどの領域を、データを格納するための領域とする使い方もできます (開放された領域は自動的に OS がインストールされているドライブ (通常は「C:」ドライブ) に組み込まれます)。
  注意:
「Recovery Image」パーティションの削除はお客様のご判断でお試しください。
  • 回復ドライブの作成を行わずに「Recovery Image」パーティションを削除した場合、回復ドライブの作成および OS の再インストールができなくなります。
  • 回復ドライブは Windows 8 の機能を使って USB メモリに作成するため、作成時のトラブルや USB メモリの保管状態などの問題により復元が正常に行えない場合があります。 回復ドライブの作成は最低限の条件であり、安全を確約するものではないことをご理解ください。

操作手順

回復ドライブ作成後に削除する方法 (推奨)
回復ドライブを作成した直後に表示される項目から進むと「Recovery Image」パーティションを削除できます。
詳しくは、回復ドライブの作成について詳しく説明している以下のコンテンツをご確認ください。
» HP Z シリーズ - Windows 8 の回復ドライブを USB メモリで作成する方法
コマンド プロンプトから削除する方法
  注意:
回復ドライブをすでに作成しているお客様向けの内容となります。
以下にご案内するコマンド プロンプトから「Recovery Image」パーティションを削除する手順は、回復ドライブをすでに作成してある場合に限りお試しいただきますようお願いいたします。
  1. 画面左下隅を右クリックし、表示されたクイックアクセス メニューから [コマンド プロンプト (管理者)(A)] をクリックします。
  2. 「ユーザーアカウント制御」が表示されたら、[はい(Y)] ボタンをクリックします。
  3. コマンド プロンプトが起動したら、「C:\Windows\System32>」に続けて以下のコマンドを入力し、[Enter] キーを押します。
    diskpart
    補足:
    コマンド プロンプト上を右クリックするとコピーしてあるテキストのデータが貼り付けられます。 貼り付けが行われずにメニューが表示された場合はメニューから [貼り付け] をクリックします。
  4. DiskPart が起動したら、「DISKPART>」に続けて以下のコマンドを入力し、[Enter] キーを押します。
    list disk
  5. コンピューターに接続されているハードディスクやオプティカルディスク、USB メモリなどが表示されます。 サイズなどを参考に、「Recovery Image」パーティションを含む初期構成のハードディスクを特定し、「ディスク *」という表示で割り振られている番号を確認します。
  6. 続けて、以下のコマンドを入力し、[Enter] キーを押します。
    select disk *
    補足:
    「*」には手順 5. で確認した番号を入力します。 例えば「ディスク 0」となっていた場合、「select disk 0」と入力します。
  7. 「ディスク 0 が選択されました。」と表示されたら、続けて以下のコマンドを入力して [Enter] キーを押します。
    list partition
  8. 選択したディスクに存在するパーティションが表示されます。 パーティションの種類やサイズなどを参考に「Recovery Image」パーティションを特定し、「Partition *」という表示で割り振られている番号を確認します。
    ※ 下の画像を例にすると、「Recovery Image」パーティションは「Partition 5」です。
  9. 続けて、以下のコマンドを入力し、[Enter] キーを押します。
    select partition *
    補足:
    「*」には手順 8. で確認した番号を入力します。 例えば「Partition 5」となっていた場合、「select partition 5」と入力します。
  10. 確認のため、以下のコマンドを入力し、[Enter] キーを押します。 結果、手順 9. で選択したパーティション名の前に「*」が表示されることをご確認ください。
    list partition
    ※ 下の画像では、「Partition 5」の前に「*」が表示されています。
  11. 選択したパーティションが「Recovery Image」パーティションであることを確認したら、以下のコマンドを入力し、[Enter] キーを押します。
    delete partition override
      注意:
    「delete partition override」と入力し [Enter] キーを押すと、選択したパーティションにあるすべての情報が削除されます。
  12. 「DiskPart は選択されたパーティションを正常に削除しました。」と表示されたら、「Recovery Image」パーティションを削除する作業は完了です。

対象条件

  • 対象機種
    • HP Z420 Workstation

文書情報

Q&A 番号 : WSQA000489
最終更新日 : 2013/06/27


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...