HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP ノートブック PC - 冬場に多く発生する電子機器のトラブルについて

冬場は、電子機器の誤動作や故障原因となる静電気が発生しやすくなります。 さらに、持ち運んで運用するノートPCの場合、屋外から室内への移動など、急激な温度変化によって、ノートPC内部に結露が発生することがあります。
これら静電気や結露は、電子機器の誤動作や故障原因となりますのでご注意ください。

詳細

静電気の対処方法:

電子機器に触れる際に人体が帯電していると、静電気の放電が発生することがあります。電子機器に触れる前に、手を洗ったり、多少湿った布で手をふきます。 さらに、他の金属に触れて、静電気を逃がしてください。

人体の静電気の発生を抑えるために、次の点をご参照ください。
●静電気を起こしやすい素材を避ける
●衣類が接すると摩擦によって静電気が発生します。また、カーペットや毛布など、帯電しやすい素材の上を歩くと静電気が発生します。さらに、マイナスに帯電する素材(アクリル、ポリエステル等)とプラスに帯電しやすい素材(ナイロン、ウール等)の摩擦により、とても強い静電気が発生することがあります。
●冬場は、空気が乾燥しています。さらに、暖房により、乾燥が促進し静電気が発生しやすい環境になります。そのため、電子機器を操作する室内の湿度を適度に保つようにします。 静電気の発生を抑制には、50%以上の湿度を保つようにします。
●HP製品の純正電源コードは、アース線が付いています。ノートPCを使用する際は、アース線を接地します。

結露の対処方法:
ノートPCを持ち運ぶ際、温度の低い屋外がいから、オフィスの室内に移動すると、空気中の水分が水滴になる「結露」が発生する場合があります。 ノートPCの内部で結露が発生すると、電子部品がショートするなど、故障の原因になります。ノートPCを温度が低い場所から高い場所へ移動した場合には、風通しの良い場所にパソコンを置いて、室温と同じ温度になるまで待って、電源を投入します。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...