HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 10アップデートの問題を修正する

    HPコンピューターまたはプリンターでのWindows 10または更新の問題を解決します – 確認はこちら

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

Windows Embedded Standard 7 SP1 - OS イメージのリストア方法

解説

mt40 Mobile Thin Client に Windows Embedded Standard 7 Service Pack 1 のイメージをインストールする (OS イメージリカバリ) 手順についてご案内いたします。
OS イメージは、弊社ダウンロードページから Softpaq にて入手することができます。 Softpaq は機能や性能を向上し必要に応じて更新されるため、OS イメージが出荷時と異なる場合があります。 あらかじめご了承ください。
補足:
Thin Client には、ハードディスクドライブは搭載されておりません。 管理者以外は、OS はもとより一切のアプリケーション変更・追加やデータの本体への保存ができない仕様になっています。

操作手順

ステップ 1 : ファイルのダウンロード (作業用 PC で操作)

  1. 下記のダウンロードページにアクセスして、「Microsoft Windows Embedded Standard 7E (32-bit)」をクリックします。
  2. ダウンロードインデックスから「オペレーティング システム - 機能拡張およびQFEs 」をクリックします。
  3. 下記の 2 つの Softpaq (SPxxxxx.exe) を作業用 PC のハードディスクドライブの任意のフォルダーにダウンロードします。
    • Microsoft Windows Embedded Standard 7 SP1 復元イメージ(パート 1/2)
    • Microsoft Windows Embedded Standard 7 SP1 復元イメージ(パート 2/2)
補足:
  • ステップ 2 : OS イメージファイルの作成」の手順を行なう際、2 つの Softpaq は同じフォルダーに保存されている必要があります。 新しく任意のフォルダーを作成してダウンロードすることをお勧めします。
  • ダウンロードした Softpaq は、OS イメージファイルの作成後は削除してもかまいません。

ステップ 2 : OS イメージファイルの作成 (作業用 PC で操作)

  注意:
この手順では、USB メモリ内のデータをすべて消去してイメージファイルを作成します。 必要なデータが保存されている場合は、別の媒体へコピーしてから作業を行ってください。
  1. ダウンロードした 2 つ の Softpaq (SPxxxxx.exe) が同じフォルダーに保存されていることを確認します。
    ※ 下図は、[work] フォルダーに、sp59807, sp59808 の 2 つの Softpaq を保存した例です。
  2. Microsoft Windows Embedded Standard 7 SP1 復元イメージ(パート 1/2) の Softpaq (SPxxxxx.exe) をダブルクリックします。
  3. Preparing Setup と表示されてセットアップの準備が開始されますので、そのままお待ちください。
  4. インストールウィザード画面が表示されますので、[Next] をクリックします。
  5. License Agreement (使用許諾契約書) が表示されます。
    [I accept the terms of......] にチェックを入れて、[Next] をクリックします。
  6. [Choose Destination Location] と表示されますので、[Change] をクリックします。
  7. Softpaq を保存しているフォルダーを選択して、[OK] をクリックします。
    補足:
    Softpaq を保存するために作成したフォルダーは、OS イメージファイルの作成後は、フォルダーごと削除してもかまいません。
  8. 選択したフォルダーが表示されていることを確認して、[Next] をクリックします。
  9. [Ready to Install the Program] と表示されますので、[Install] をクリックします。
  10. インストールが開始されますので、そのまましばらくお待ちください。
    補足:
    このプロセスは、3 分 ~ 5 分ほどかかります。
  11. 下記のメッセージ画面が表示されますので、[OK] をクリックします。
    メッセージ:
    Please download and install spxxxxx in the same folder:
  12. 次 に Microsoft Windows Embedded Standard 7 SP1 復元イメージ(パート 2/2) の Softpaq (SPxxxxx.exe) をダブルクリックします。
  13. Preparing Setup と表示されてセットアップの準備が開始されます。
    上記の 手順 3手順 10 と同じ操作を行なったあとに、手順 14 へお進みください。
  14. [read flash.ibr.part1] と表示されますので、そのまましばらくお待ちください。
    補足:
    このプロセスは、3 分 ~ 5 分ほどかかります。
    進行中は、画面右上の [xxx mb] の数値が更新されていきます。
  15. USB メモリを装着して、割り当てられるドライブレター (ドライブ名) を確認します。
  16. 「HP Compaq Thin Client Imaging Tool」画面が表示されます。
    USB メモリが装着されていることを確認して、[USB Format] をクリックします。
  17. ドライブの選択画面が表示されます。
    USB メモリのドライブ名を指定して、[Format]をクリックします。
    ※ 下図は、[ e ]ドライブを例にしています。
  18. 確認画面が表示されますので、[はい] をクリックします。
  19. USB メモリのフォーマットとファイルの転送が開始されます。
  20. [The USB flash device has been formatted successfully.] と表示されましたら、[OK] をクリックします。
  21. 前画面に戻ります。 [Exit] をクリックします。
  22. USB メモリに下記のファイルやフォルダーが作成されていることを確認します。
    • flash.ibr
    • RECOVERY.PDF
    • bootmgr
    • sources
    • IBRPE
    • boot
    • EFI
    以上で、OS イメージファイルの作成は完了です。

ステップ 3 : イメージのリカバリ (Mobile Thin Client で操作)

  1. コンピューターをシャットダウンして、周辺機器が接続されている場合はすべて取り外します。
    AC アダプターとバッテリパックが装着されていることを確認します。
  2. 上記 「2. OS イメージファイルの作成」で作成した USB メモリをセットします。
  3. コンピューターに電源を入れたら、すぐに <f9>キーを数回押します。
  4. 「Boot Options」画面が表示されます。
    接続している USB メモリを選択して、<enter>キーを押します。
  5. 画面下に 「Windows is loading files....」 と表示されますので、そのまましばらくお待ちください。
  6. 「Do you want to continue [Y/N]? 」 と表示されます。
    <Y> キーを押します。
  7. 「Are you sure that you want to run this utility [Y/N]? 」と確認のメッセージが表示されます。
    再度、<Y> キーを押します。
  8. 「Initializing ... 」と表示されます。
    補足:
    このプロセスは、2 分 ~ 3 分ほどかかります。
  9. 「 x % completed.」 と表示されて、イメージの展開が開始されます。
    補足:
    インジケーターが 100 % になるまで 10 分程度かかります。
    手順 10 のメッセージが表示されるまでは、コンピューターに触れないでしばらくお待ちください。
  10. 「Completed successfully!」と「Please remove the USB Flash disk and press ' s ' to shut down your system ... 」のメッセージが表示されましたら、<S> キーを押します。
  11. コンピューターの電源が切れますので、USB メモリを取り出します。
  12. コンピューターの電源を入れます。
  13. 以下のような画面が表示されてイメージの展開が続行します。
    補足:
    イメージの展開中は数回再起動を繰り返します。 完了までに 5 分程度かかりますので、コンピューターに触れないでしばらくお待ちください。
  14. デスクトップ画面が表示されましたらイメージのリカバリは完了です。

対象条件

  • 対象機種
    • HP mt40 Mobile Thin Client
  • 対象 OS
    • Windows Embedded Standard 7 Service Pack 1

関連情報

mt40 Mobile Thin Client の管理者向けの製品マニュアルのリンクページです。
Mobile Thin Client の一般的な操作やハードウェアの取り扱い方法なども記載されています。
  »HP mt40 Mobile Thin Client 管理者向けリファレンス ガイド

文書情報

Q&A 番号 : NBQA001574
最終更新日 : 2013/06/20


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...