HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11

    よくある質問と回答はこちら

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP PC - セキュアブート (Windows 8)

本書は、Windows 8 およびセキュアブート搭載 HP および Compaq PCに適用されます。
セキュアブート構成は、BIOS 8 の Unified Extensible Firmware Interface (UEFI) の新機能であり、マルウェアからの攻撃や感染からコンピューターを保護するのに役立ちます。 コンピューターの製造時に、UEFI により、信頼できるハードウェア、ファームウェアおよびOSのローダーコードを特定するキーの一覧が作成されました。 既知のマルウェアを特定するキーの一覧も作成されました。
セキュアブートが有効になると、コンピューターは潜在的な脅威に対し、それらがコンピューターに攻撃または感染する前にブロックします。 例えば、セキュアブートは、コンピューターが破損する恐れのある不正にコピーされたCD/DVDから起動できないようにします。 セキュアブートは正規の回復ディスクやWindowsディスクを除外しません。
セキュアブートが認識しないハードウェア (古いビデオカードなど) を使用するため、または認識されないCDまたはDVDからブートするために、セキュアブートを無効にすべき可能性があります。 セキュアブートがハードウェアを認識しない場合、Windows は起動時にハードウェアを使用せず、コンピューターの起動に問題が発生する恐れがあります。 セキュアブートがビデオカードを認識しない場合、コンピューターの画面に何も表示されない恐れがあります。 詳細については、[トラブルシューティング]の項を参照してください。
補足:
お使いのコンピューターをWindows 8.1にアップデートした時に、[セキュアブートが正しく設定されていません]というメッセージがデスクトップ上に継続的に出る場合、Microsoftが、このメッセージを削除するダウンロードソリューションをリリースしています。 詳細については、[Update removes the "Windows SecureBoot isn't configured correctly" watermark in Windows 8.1](英文) を参照してください。
番号 : Windows 8.1のセキュアブートウォーターマーク
Windows 8.1のセキュアブートウォーターマーク

Windows 8でセキュアブートを使用するためのシステム要件

Windows 8 を搭載するすべての HP および Compaq コンピューターは、セキュアブートを使用することができます。 これらのコンピューターでは、セキュアブートはデフォルトで有効になっています。 製造時に Windows 7 以前を搭載したコンピューターを Windows 8 にアップグレードする場合、セキュアブートの使用はUEFI (Unified Extensible Firmware Interface) と互換性のある AMI BIOS バージョン 8 がそのコンピューターで利用可能な場合に限られます。
補足:
製造時に Windows 7 以前が搭載された HP または Compaq ノートブック PC では、セキュアブートの使用を可能にする BIOS アップデートが利用できる可能性があります。 詳細については、[BIOSの更新]を参照してください。
補足:
製造時に Windows 7 以前を搭載された HP および Compaq デスクトップ PCは、セキュアブートの使用を可能にする BIOS バージョンがなく、これらのコンピューターに対して今後も利用可能になりません。

Windows 8を搭載している旧ノートブックコンピューターでセキュアブートを使用している場合

ほとんどHPノート ブックコンピューターは、Insyde BIOSを使用します。 この項の手順を使用して、お使いのノートブックコンピューター上でセキュアブートを有効、または無効にします。

ノートブック コンピューター上で、Windows 8でセキュアブートを有効にする

セキュアブートは Windows 8 を搭載して製造されたコンピューターではデフォルトで有効になっています。セキュアブートが無効になっているか、または Windows 8 にアップグレードされたノートブック PC を有効にしている場合は、以下の手順に従って有効にしてください。
  1. コンピューターの電源をオフにします。
  2. 電源ボタンを再度押してコンピューターを再起動してから、 [ESC] キーを押し、[スタートアップ] メニューが開くまで1秒間に1回程度繰り返し押します。
    番号 : スタートアップメニュー
    スタートアップメニュー
  3. F10を押してBIOS セットアップを開きます。
  4. 右矢印キーを使用して [システム構成] メニューを選択し、下矢印キーを使用して [ブートオプション] を選択し、続いて Enter を押します。
    番号 : システム構成ウィンドウ内の [ブートオプション]の選択
    システム構成ウィンドウ内の [ブートオプション]の選択
  5. 下矢印キーを使用して [セキュアブート] を選択し、エンターを押し、次いで下矢印キーを使用して設定を [有効]に変更します。
    番号 : セキュアブート: 有効
    セキュアブート: 有効
  6. [Enter] を押して、変更を保存します。
  7. 左矢印キーを使用して [ファイル] メニューを選択し、下矢印キーを使用して [変更を保存して終了] を選択し、Enter を押して [はい] を選択します。
  8. コンピューター セットアップ ユーティリティが終了し、コンピューターが再起動します。

Windows 8を搭載したノートブック コンピューターでセキュアブートを無効にします

新しいハードウェアをインストールするため、または CD / DVD から起動するためにセキュアブートを無効にする状況があります。 以下の手順に従って、セキュアブートを無効にします。
  1. コンピューターの電源をオフにします。
  2. 電源ボタンを再度押してコンピューターを再起動してから、 [ESC] キーを押し、[スタートアップ] メニューが開くまで1秒間に1回程度繰り返し押します。
    番号 : スタートアップメニュー
    スタートアップメニュー
  3. F10を押してBIOS セットアップを開きます。
  4. 右矢印キーを使用して [システム構成] メニューを選択し、下矢印キーを使用して [ブートオプション] を選択し、続いて Enter を押します。
    番号 : システム構成ウィンドウ内の [ブートオプション]の選択
    システム構成ウィンドウ内の [ブートオプション]の選択
  5. 下矢印キーを使用して [セキュアブート] を選択し、[Enter]を使用して設定を [無効]に変更します。
    番号 : セキュアブート: 無効
    セキュアブート: 無効
  6. [Enter] を押して、変更を保存します。
  7. 左矢印キーを使用して [ファイル] メニューを選択し、下矢印キーを使用して [変更を保存して終了] を選択し、Enter を押して [はい] を選択します。
  8. コンピューター セットアップ ユーティリティが終了し、コンピューターが再起動します。 コンピューターが再起動した場合、オペレーティングシステムブートモード変更画面が表示され、ブートオプション変更を確認するよう要求してきます。 画面に表示されたコードを入力し、[Enter] を押して変更を確認し、Windowsを継続します。

Windows 8を搭載しているより新しいノートブックコンピューターでセキュアブートを使用している場合

ほとんどHPノート ブックコンピューターは、Insyde BIOSを使用します。 この項の手順を使用してWindows 8 または Windows 8.1 を使用するお使いのノート ブック コンピューターでセキュア ブートを有効又は無効にします。

Windows 8 と Windows 8.1 でレガシー サポートが含まれている最新のノート ブック コンピューターのモデルでセキュア ブートを有効にします。

セキュアブートは Windows 8及び Windows 8.1 を搭載して製造されたコンピューターではデフォルトで有効になっています。セキュアブートが無効になっているか、または Windows 8及び Windows 8.1 にアップグレードされたノートブック PC を有効にしている場合は、以下の手順に従って有効にしてください。
  1. コンピューターの電源をオフにします。
  2. 電源ボタンを再度押してコンピューターを再起動してから、 [ESC] を押し、[スタートアップ] メニューが開くまで1秒間に1回程度繰り返し押します。
  3. [スタートアップ] メニューが表示されたら、F10 を押して BIOSセットアップを起動します。
    番号 : スタートアップメニュー
    スタートアップメニュー
  4. 右矢印キーを使用して [システム構成] メニューを選択し、下矢印キーを使用して [ブートオプション] を選択し、続いて Enter を押します。
    番号 : システム構成ウィンドウ内の [ブートオプション]の選択
    システム構成ウィンドウ内の [ブートオプション]の選択
  5. 下矢印キーを使用して、レガシー サポートを選択しEnterを押して、有効になっている場合は無効化を選択してEnterを押します。
    番号 : レガシー サポート
    画像: レガシー サポート
  6. 上下矢印キーを使用して、セキュア ブートを選択し、 Enterを押して、後で上下矢印キーを使用して有効を選択し、 Enterを押します。
    番号 : セキュアブート
    画像: セキュアブート
  7. F10を押して変更を承認し、左矢印キーを使用して[はい]を選択し、Enterを押して変更保存を終了する
    コンピューターはウィンドウズが有効になっているセキュア ブートで自動的に再起動します。
    番号 : 変更を保存して終了
    画像: 変更を保存して終了

Windows 8 と Windows 8.1 でレガシー サポートが含まれている最新のノート ブック コンピューターのモデルでセキュア ブートを無効にします。

CD または DVD または USB ドライブなどのの外部ブート可能デバイスから新しいハードウェアまたはブートをインストールするにはセキュア ブートを無効にしたい場合があります。

ステップ1: セキュアブートの無効化およびレガシーブートの有効化

以下の手順に従って、セキュアブートを無効にし、レガシーサポートを有効にします。
  1. コンピューターを完全にオフにします。
  2. コンピューターの電源をオンにしたらすぐに Esc キーを押し、[スタートアップ] メニューが開くまで、1秒に1回程度繰り返し押してください。
  3. [スタートアップ] メニューが表示されたら、F10 を押して BIOSセットアップを選択します。
    番号 : スタートアップメニュー
    スタートアップメニュー
  4. 右矢印キーを使用して [システム構成] メニューを選択し、下矢印キーを使用して [ブートオプション] を選択し、続いて [エンター]を押します。
    番号 : システム構成ウィンドウ内の [ブートオプション]の選択
    システム構成ウィンドウ内の [ブートオプション]の選択
  5. 下矢印キーを使用して [セキュアブート] を選択し、[Enter]を押して、後で下矢印キーを使用して設定を [無効]に設定を変更し、[Enter]を押します。
    番号 : セキュアブート
    画像: セキュアブート
  6. 上下矢印キーを使用して[レガシーサポート]を選択し、[Enter]を押して設定を [有効]に変更し、[Enter]を再び押します。
    番号 : レガシーサポート
    画像: レガシーサポート
  7. 左/右矢印キーを使用して、[確認] ウィンドウでのはいを選択し、Enterを押してレガシー サポートを有効にします。
    番号 : 確認ウィンドウ
  8. 下矢印キーを使用して、[レガシー ブート順序] メニューで、デバイスを選択し、F5及びF6を押してデバイスを上または下に移動します。
    番号 : レガシーブート順
    画像: レガシーブート順
  9. F10を押して変更を承認し、左矢印キーを使用して[はい]を選択し、Enterを押して変更保存を終了する
  10. コンピューターが起動するとすぐにブート・モードの変更を示すメッセージが表示されることがあります。その場合、メーッセージ内の4桁のコードを入力し、次にEnterを押して変更を確認します。 それ以外の場合は、次の手順に進みます。
    番号 : ブートモード変更メッセージ
    補足:
    入力したコードを確認するテキストフィールドないので、コードを正しく入力していることを確認します。 これは想定される動作です。 番号を入力すると、テキストフィールドがなくともコードが記録されます。
    コンピューターで Windows 8 が起動します。

ステップ2: ドライブをブートデバイスとして選択します

HPリカバリー・ディスクのような起動可能なディスクもしくはUSBドライブからコンピューターをスタートするには、ブートメニューを使って、ブート用デバイスとしてドライブを選択してください。
  1. 電源ボタンを押してコンピューターの電源をオフにし、数秒間待ち、その後コンピューターの電源をオンにしたらすぐに [Esc] キーを押し始め、スタートアップメニューが開くまで毎秒1回程度繰り返し押し続けます。
  2. [スタートアップ]メニューが表示したら、 F9を押して、ブートデバイスのオプションを開きます。
  3. 起動マネージャウィンドウが開いたら、上下矢印キーを使用し、ブート デバイスを選択し、 Enterを押してオプションを選択します。
    番号 : ブートマネージャオプション
  4. コンピューターが、選択した起動可能なデバイスから起動します。
  5. Windows 8 および 8.1にCD/DVD又はUSB ドライブ     CD/DVD からシステム復元を実行する方法に関する情報が必要ならばHP サポート ドキュメントを参照してください。 HP System Recovery (Windows 8)の実行

Windows 8を搭載したデスクトップ コンピューターでセキュアブートを使用します

デスクトップコンピューター上のBIOSは、ノートブック コンピューター上のBIOSとは異なります。 この項の手順を使用して、お使いのデスクトップ コンピューターのセキュアブートを有効または無効にします。

Windows 8を搭載したデスクトップコンピューター上で、セキュアブートを有効にする

Windows 8を搭載して製造されたコンピューター上では、セキュアブートはデフォルトで有効です。セキュアブートが無効になっている場合は、以下の手順に従って有効にしてください。
  1. コンピューターの電源をオフにします。
  2. コンピューターの電源をオンにしたらすぐに F10を押し始め、コンピューター セットアップ ユーティリティが開くまで、1秒に1回程度繰り返し押します。
  3. 左右矢印キーを使用して、[セキュリティ] メニューを選択します。
    番号 : セキュリティウィンドウでのセキュアブート構成の選択
    セキュリティウィンドウでのセキュアブート構成の選択
  4. 上下矢印キーを使用して、[セキュアブート構成] を選択し、続いて Enterキーを押します。
  5. セキュアブート構成の警告が表示されます。 F10 を押して作業を続けます。
    番号 : セキュアブート構成ウィンドウ
    セキュアブート構成ウィンドウ
  6. 左右矢印キーを使用し、レガシー サポートが有効になっている場合は、無効にします。
    番号 : セキュアブート構成ウィンドウ
    セキュアブート構成ウィンドウ
  7. 上下矢印キーを使用して [セキュアブート] を選択し、左右矢印キーを使用して有効にします。
  8. F10 キーを押して変更内容を確認します。
  9. F10 キーをもう一度押し、続いて Enter キーを二回押し、セキュアブートを有効にしてコンピューターを再起動します。
    番号 : 変更を保存して選択を終了
    変更を保存して選択を終了

Windows 8を搭載したデスクトップコンピューター上でセキュアブートを無効にする

新しいハードウェアをインストールするため、または CD / DVD から起動するためにセキュアブートを無効にする状況があります。 以下の手順に従って、セキュアブートを無効にします。
  1. コンピューターの電源をオフにします。
  2. コンピューターの電源をオンにしたらすぐに F10を押し始め、コンピューター セットアップ ユーティリティが開くまで、1秒に1回程度繰り返し押します。
  3. 左右矢印キーを使用して [セキュリティ] メニューを選択し、上下矢印キーを使用して [セキュアブート構成] を選択し、続いて [Enter] を押します。
    番号 : セキュリティウィンドウでのセキュアブート構成の選択
    セキュリティウィンドウでのセキュアブート構成の選択
  4. セキュアブート構成の警告が表示されます。 F10 を押して作業を続けます。
    番号 : セキュアブート構成ウィンドウ
    セキュアブート構成ウィンドウ
  5. 上下矢印キーを使用して [セキュアブート] を選択し、左右矢印キーを使用して設定を [無効] に変更します。
    番号 : セキュアブート構成ウィンドウ
    セキュアブート構成ウィンドウ
  6. 上下矢印キーを使用して[レガシーサポート]を選択し、左右矢印キーを使用して設定を[有効]に変更します。
  7. F10 キーを押して変更内容を確認します。
  8. F10 キーをもう一度押し、続いて Enter キーを二回押してコンピューターを再起動します。
    番号 : 変更を保存して選択を終了
    変更を保存して選択を終了
  9. コンピューターが起動するとすぐに、ブートモードが変更されたことを示すメッセージが表示されます。
    番号 : ブート モード変更メッセージ
    ブート モード変更メッセージ
  10. メッセージに表示された4桁コードを入力し、Enter を押して変更を確認します。
    補足:
    コードにはテキストフィールドが表示されません。 これは想定される動作です。 番号を入力すると、テキストフィールドがなくともコードが記録されます。
    コンピューターで Windows 8 が起動します。

Windows 8でのセキュアブートに関するよくある質問 (FAQ)

各質問をクリックし、セキュアブートに関するよくある質問の答えを探します。

Windows 8でのセキュアブートの問題のトラブルシューティング

以下の項では、セキュアブートにおける問題を解決する情報を示します。 各現象をクリックして対処方法を表示します。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...