HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    最近のパソコンの脆弱性に関する情報

    HPでは最近報告されている"Spectre" と"Meltdown" の脆弱性を確認しています。HPはこれらの問題へのパッチ情報と影響のあるシステムについてセキュリティブルテンを発行しています。今後も追加の情報が入り次第更新されるため、お客様へは定期的に確認していただくことをお勧めいたします。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP LaserJet Enterprise MFP シリーズ (M525/M575/M680/M725/M775/M830/M880) - コールドリセット(本体及びJetdirectの設定を出荷時の設定に戻す)

説明
この情報では、下記の FutureSmart ファームウェアの HP LaserJet Enterprise MFP シリーズで、コールドリセットを行う方法を説明します。
コールドリセットを行うことで、MFP本体及び内蔵のJetdirectの設定を工場出荷時の設定に戻すことができます。
対象機種:
  • HP LaserJet Enterprise 500 MFP M525 シリーズ
  • HP LaserJet Enterprise 500 Color MFP M575 シリーズ
  • HP Color LaserJet Enterprise MFP M680 シリーズ
  • HP LaserJet Enterprise MFP M725 シリーズ
  • HP Color LaserJet Enterprise MFP M775 シリーズ
  • HP LaserJet Enterprise MFP M830 シリーズ
  • HP Color LaserJet Enterprise MFP M880 シリーズ
  注意:
コールドリセットを実行すると、MFPに設定されている印刷設定、FAXの設定、Eメールの設定、ネットワーク設定、内蔵Webサーバーのパスワードなどの情報が工場出荷時の状態に戻ります。
コールドリセットを行う前の設定を確認できるように、作業前に「現在の設定ページ」と「プリンタ設定ページ」を印刷しておく事をお勧めします。
  補足:
※「現在の設定ページ」と「プリンタ設定ページ」の印刷方法は、以下をご参照下さい。
  1. コントロールパネルで、右下部にある下向きの矢印を使用して [管理]を表示させて選択します。


  2. [レポート]を選択します。


  3. [設定/ステータスページ]を選択します。


  4. [現在の設定ページ][プリンタ設定ページ]の左側にあるボックスにタッチしてチェックマークを付け、[印刷]ボタンを選択します。


  5. 「現在の設定ページ」「プリンタ設定ページ」が印刷されます。
    これらのページの情報は、コールドリセットを行った後に必要に応じて参照してください。
詳細
<コールドリセット 手順>
  1. MFPの電源を切ります。
  2. MFPの電源を入れると、コントロールパネルの上方に hp のロゴマークが表示されます。


  3. しばらくすると hp のロゴマークがコントロールパネルの中央部分に移動し、ロゴの下に [1/8] と表示されます。
    この表示が出たタイミングで hp のロゴマークにタッチします。


  4. 以下のように、[プリブート メニュー] の画面が表示されます。
      注意:
    プリブートメニュー内では、以下の手順の項目以外のものは選択しないように注意してください。選択した項目によっては、MFPが起動できなくなってしまう場合があります。


  5. 下向きの矢印を使用して、[3:Administrator]を選択します。


  6. [OK]にタッチします。


  7. 下向きの矢印を使用して下にスクロールします。


  8. [8:Startup Options]を選択した状態で、[OK]にタッチします。


  9. 下向きの矢印を使用して[2 Cold Reset]に移動します。


  10. [OK]にタッチします。


  11. 下図のように[2 Cold Reset]が選択された状態になったら、戻るボタンに2回タッチします。


  12. 以下の画面まで戻り、[1:Continue]が選択されている状態で[OK]にタッチします。


  13. MFPは、そのままの状態で一度起動しますが、しばらく待つと自動的に再起動が実行されます。
      補足:
    再起動が行われるまでの間は、MFPの操作を行わないようにご注意ください。
  14. 再起動後に コールド リセット が実行されます。
  15. コールド リセットを実行した後、MFPは起動を継続します。
    MFPが初期設定の状態で起動しますので、言語の選択や日付/時刻の設定画面等が表示されたら、画面の内容を確認して先に進めてください。

    以上で  コールド リセット の作業は完了です。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...