HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    サムスンプリンターをご利用のお客様ようこそHPへ

    サムスンプリンターのサポートについてはこちらへ 詳細情報

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP PC - Windows Defenderを使用してウイルスやスパイウェアの問題を予防するビデオを見る (Windows 8)

このドキュメントは、Windows 8およびWindows Defenderを実行するHPコンピューター、Compaqコンピューター、およびタブレットに適用されます。
Windows Defender は、ウィルスやスパイウェアによって発生するポップアップ、パフォーマンス低下、セキュリティ上の脅威からのコンピューターの保護に役立ちます。 この種のマルウェアは、次のように、知らぬ間にお使いのコンピューターに感染しています。 電子メールメッセージから、インターネットへの接続時、または USB フラッシュドライブ、CD、DVD その他のリムーバブルメディアを使用して特定のアプリケーションをインストールする際に、自身をインストールします。 本書では、悪意のあるソフトウェアを Windows Defender を使用してスキャンし、削除する方法を説明します。
Windows Defender は、お使いのコンピューターのマルウェアの感染を次の2つの方法で防止します。
  • リアルタイム保護。 マルウェアが自身をインストールしたり、コンピューターで実行しようとすると、Windows Defender が通知します。 また、アプリケーションが重要な設定を変更しようとすると通知します。
  • スキャンのオプション。 Windows Defender を使用し、コンピューターにインストールされている可能性のあるマルウェアをスキャンし、スキャン中に検出された項目をすべて削除 (または一時的に検疫) することができます。
  補足:
一部の HP コンピューターでは、Windows Defender は既にインストール済みで、有効になっており、自動的に起動しています。
  補足:
最新バージョンのWindows 8を使用していない場合、本ドキュメントのグラフィックスや情報が異なる場合があります。 最新バージョンはMicrosoftストアで入手できます。
Windows Defenderの有効化
Windows Defender を有効にするには、インターネットに接続し、次の手順を実行します。
  1. [スタート] 画面で、「Windows Defender」と入力して検索チャームを開き、検索結果の [Windows Defender] を選択します。
    番号 : Windows Defender の検索結果
    Windows Defender の検索結果
    Windows Defender アプリケーションが開きます。
      補足:
    「Windows Defender がお使いのコンピューターを保護していません」というエラーメッセージが表示され、 Windows Defender アプリケーションを開くことができない場合、この時点で次のセクションに移動してください。
  2. [PCの状態: 保護] メッセージがウィンドウの上部に表示される場合、Windows Defender は有効になっており、リアルタイム保護がオンになっています。
    番号 : [PCの状態: 保護] メッセージ
    [PCの状態: 保護] メッセージ
    [PCの状態: 危険] メッセージがウィンドウの上部に表示される場合、Windows Defender が無効になっている可能性があります。 次の手順に進んでください。
    番号 : [PCの状態: 危険] メッセージ
    [PCの状態: 危険] メッセージ
  3. Windows Defender を有効にするには、[有効にする] ボタンをクリックします。
    [Windows Defender] ウィンドウに [PCの状態: 保護] メッセージが表示されます。
Windows Defender を有効にできませんでした。
Windows Defender を有効化できないように規定されている Windows Defender は現在いないを保護するため、お使いのコンピューターにエラー メッセージが表示される場合は、お使いのコンピューターからまだインストールされている別のウィルス対策アプリケーションがある可能性があります。 この問題を解決するには Windows Defender を有効にする前に、古いウィルス対策ソフトウェアを取り外します。 前のアンチウイルスソフトウェアをアンインストールするときにヘルプが必要な場合、HPドキュメントソフトウェアのアンインストール (Windows 10、8)を参照してください。
ウィルス対策アプリケーションをアンインストールした後に、お使いの PC を再起動する指示されます。 お使いの PC を再起動し、Windows Defender を有効にし、以下の手順を使用してください。
  1. [スタート] 画面で、アクションセンター と入力して検索チャームを開き、検索結果の [アクション センター] を選択します。
    番号 : アクション センターの検索結果
    アクションセンターの選択
  2. [セキュリティ] カテゴリの矢印をクリックし、セキュリティ項目の一覧を拡張します。
    番号 : [アクション センター] ウィンドウの [セキュリティ] セクション
  3. スパイウェアと不要なソフトウェア保護 または ウィルス保護 横の 今すぐ電源をオンにする をクリックして Windows Defenderを有効にします。
    番号 : [アクション センター] ウィンドウの [セキュリティ] 項目
    アクションセンターでセキュリティ項目をチェックする
    Windows Defender アプリケーションが開きます。
  4. Windows Defender が有効になってないかチェックします。
    [PCの状態: 保護] メッセージがウィンドウの上部に表示される場合、Windows Defender は有効になっており、リアルタイム保護がオンになっています。
    番号 : [PCの状態: 保護] メッセージ
    PC の状態: 保護メッセージ
    [PCの状態: 危険] メッセージがウィンドウの上部に表示される場合、Windows Defender が無効になっている可能性があります。
    番号 : [PCの状態: 危険] メッセージ
    [PCの状態: リスク時に警告メッセージが表示されます。
  5. Windows Defender を有効にするには、[電源をオンにする] ボタンをクリックします。
    [Windows Defender] ウィンドウに [PCの状態: 保護済み メッセージ
Windows Defenderを開く
以下の手順で、Windows Defender を開きます。
  1. [スタート] 画面で、「Windows Defender」と入力して検索チャームを開き、検索結果の [Windows Defender] を選択します。
    番号 : Windows Defender の検索結果
    Windows Defender の検索結果
  2. Windows Defender アプリケーションが開きます。
    番号 : Windows Defender の開始画面
    Windows Defender の開始画面
    • Windows Defender で、有害な、または望ましくない可能性のあるソフトウェアが検出される場合、そのソフトウェアの名前と説明が開始画面に表示されます。 この情報を使用し、ソフトウェアを削除するか、一時的に無効にするか判定します。
    • Windows Defender で、有害な、または望ましくない可能性のあるソフトウェアが検出されない場合、対処は不要です。
マルウェアのスキャン
Windows Defender を使用し、お使いのコンピューターのクイックスキャン、またはフルシステムスキャンを実行することができます。 コンピューターの特定領域にマルウェアの感染が疑われる場合、Windows Defender のカスタム スキャンを特定ドライブやフォルダー上で実行します。
番号 : Windows Defender] ウィンドウで、オプションをスキャンします。
Windows Defender] ウィンドウで、オプションをスキャンします。
Windows Defenderスキャンに含める項目の選択
Windows Defender では、アーカイブ項目や取り外し可能ドライブをスキャンに含めることができます。
Windows Defenderスキャンから除外する項目を選択
スキャンの速度を上げるため、特定のファイル、場所、ファイルの種類、プロセスをスキャンから除外することができます。
  注意:
スキャンから項目を除外すると、コンピューターは最新のマルウェアに対し脆弱なままとなります。
マルウェアの削除
Windows Defender がコンピューターをスキャンし、スキャン結果を表示します。 Windows Defender で、有害なソフトウェアが検出されない場合、対処は不要です。
番号 : 完了したメッセージのスキャン
完了したメッセージのスキャン
Windows Defender で、望ましくない、または有害な可能性のあるソフトウェアが検出される場合、検出された各項目を無視、検疫、または削除することができます。 ソフトウェアを検疫するよう選択すると、Windows Defender はソフトウェアをコンピューター上の別の場所に移動し、復元またはコンピューターからの削除が選択されるまで、そのソフトウェアが実行されないようにします。 詳細情報については、検疫された項目での作業を参考にしてください。
検疫された項目での作業
Windows Defender は検疫されているソフトウェアをコンピューター上の別の場所に移動し、復元またはコンピューターからの削除が選択されるまで、ソフトウェアが実行されないようにします。 Windows Defender では、検疫されている項目を自動的に削除するまでの期間を設定するオプションも提供されています。
スパイウェア、ウイルス、その他のマルウェア定義を手動で更新
ウィルス、スパイウェア、その他のマルウェア定義は、悪意のある、または望ましくない可能性のあるソフトウェアがコンピューター上にあることを Windows Defender が特定、通知する際に使用するファイルです。 これらの定義を最新に保つため、Windows Defender は Windows Update と連携し、新しい定義が公開されると自動的にインストールします。 しかし、スキャンの前に、最新の定義を手動でオンラインにてチェックすることができます。
手動でスパイウェア、ウィルス、およびマルウェアの定義を更新するには、次の手順を実行します。
  1. [更新] タブをクリックします。
  2. [更新] をクリックします。
    番号 : [更新] タブに update] ボタン
    [更新] タブに update] ボタン
    Windows Defender がウィルスおよびスパイウェアの検索、ダウンロードを開始します。
    番号 : インストールバー
    インストールバー
    検索が完了し、新しい定義がインストールされると、画面に [ウィルスとスパイウェアの定義: 最新] メッセージが表示されます。
    番号 : [最新] メッセージ
    [最新] メッセージ定義が更新できるようになりました。
Microsoft Active Protection Services (MAPS) の利用
Microsoft Malware Protection Center (MAPS) では、マルウェアその他の望ましくない可能性のあるソフトウェアを Microsoft に自動的に報告することができます。 MAPS ページで、次のいずれかのオプションを選択します。
  • 今回は MAPS に参加しない。 このオプションを選択する場合、いかなる情報も Microsoft に送信されず、未分類のソフトウェアがコンピューター上で検出されても警告されません。
  • 基本メンバーシップ。 このオプションを選択する場合、マルウェアや望ましくない可能性のあるソフトウェアに関する基本情報が Microsoft に送信されます。 この情報には、ソフトウェアの侵入経路、お客様が適応した処置または自動的に適用された処置、その処置が成功したかといった内容が含まれます。
  • 上級メンバーシップ。 このオプションを選択する場合、基本情報に加え、ソフトウェアの場所、ファイル名、ソフトウェアの動作、コンピューターに及ぼした影響が Microsoft に送信されます。
番号 : [設定]タブにおけるMAPS選択
[設定]タブにおけるMAPS選択

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...