HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    現在Webサイトのアップグレードを行っております。

    この期間中にエラーがあった場合は、後でもう一度お試しください。 

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Omni 220-1000 デスクトップ PC - バックカバーの着脱

更新日:2012/08
概要
本文書は、HP Omni 220-1000 シリーズ デスクトップ コンピューターを対象にしています。
HP Omni 220-1000 シリーズ デスクトップ コンピューター
はじめる前に
  • コンピュータの電源を切り、すべてのケーブルを切り離します。 電源コードを切り離す前に、必ず、モデム ケーブルを切り離してください。
  • カーペットを敷いていない床の上のきれいな安定した平らな作業場所にコンピュータを移動します。 スクリーンに傷が付かないように、毛布やタオルのような柔らかい布を下に敷くようお勧めします。
  • 静電放電 (ESD) によって、プロセッサ、ディスク ドライブ、拡張ボードなどのコンポーネントが損傷を受ける可能性があります。 コンピュータ内部の作業を行うときは、静電防止リスト バンドと導電フォーム パッドの使用を強くお勧めします。
  • コンポーネントを取り付ける準備が整うまでは、コンポーネントの保護パッケージを外さないでください。
  注意:
この製品は、静電放電 (ESD) により破損を受ける可能性のあるコンポーネントを含みます。 ESD による破損を避けるため、カーペットなどを敷いていない床の上で、静電気消散性のある表面 (導電フォーム パッドなど) を使用し、接地面に接続されている ESD リスト ストラップを着用します。
バックカバーの取り外しと再取り付け
本文書では、バックカバーを取り外して CD/DVD ドライブ、ハードディスクドライブ、およびシステム メモリーに触れられるようにする手順を説明します。
  警告:
必ず、コンピューターの電源ケーブルを外してから作業を開始してください。
以下の手順を実行します。
バックカバーを取り外す
ステップ 1
スタンドがテーブルのヘリに引っ掛かるようにして、コンピューターを下に向けてテーブルの上に置きます。
スタンドの後ろのネジ
ステップ 2
ネジのクリック音が5回するまで、プラスの拘束ネジを緩めます。
バックカバーのネジを緩める
ステップ 3
BCASボードを搭載するコンピューター (日本) については、VESAカバーを取り外す必要があることに注意してください。
VESAカバーを取り外す
BCAS搭載コンピューターでは、3つ目のネジをリアカバーの中央から取り外す必要があります。
VESAカバーを取り外す
ステップ 4
リアカバーの下のヘリをこじ開け、カバーの残りの部分をコンピューターから取り外します。
テコにしてカバーの下を開ける
ステップ 4
バックカバーを引き出します。
テコにしてカバーの下を開ける
バックカバーの再取り付け
ステップ 1
リアカバーには外周に沿っていくつかのツメがあります。
バックカバーのツメ
このツメはフロントベゼルの外周の下に入っています。
フロントベゼルの外周
ステップ 2
リアカバーを再び取り付けるには、カバーをコンピューターの上に置いて合わせます。
カバーを合わせる
ステップ 3
カバーがサイド I/O ポートの上に正しく置かれていることを確認します。
カバーを IO ポートの上に置く
ステップ 4
ツメがすべてカチッとはまるまで、カバーを押します。
SO-DIMMモジュールをソケットから抜き取る
底のヘリはまだフロントベゼルに対して同一平面にないことに注意してください。
ベゼルの底のヘリ
ステップ 4
リアカバーの拘束ネジを締め、リアカバーの底のヘリがベゼルの外周のヘリに対して同一平面になるようにします。
各隅のネジを締める
ステップ 5
3つ目のネジを再び取り付けます。
スタンドの後ろのネジ
BCAS搭載コンピューター (日本) の場合は、VESAカバーを再び取り付けます。
VESAカバーを再び取り付ける

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...