HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Compaq Pro 4300 SF - USB フラッシュメモリを使用して Windows 7 のリカバリメディアを作成するには

解説
このコンテンツでは、Pro 4300 SF モデルにプリインストールされている リカバリ マネージャ を使用して、OS を再インストールするリカバリメディアを USB フラッシュメモリへ作成する手順についてご案内いたします。
「リカバリメディア」を作成することにより、リカバリパーティションを誤って削除してしまった場合や OS を起動することができないような場合に、リカバリメディアを使用して OS を再インストールすることができます。
コンピューターの購入時に、OS の再インストールメディア (リカバリメディア) を選択されていない場合は、Windows の使用を始める前に「リカバリメディア」を必ず作成してください。
「リカバリメディア」は、USB フラッシュメモリでの販売は行っていませんが、DVD メディアのセットを以下の販売窓口より購入いただけます。
HPリカバリメディアキット販売窓口
  補足:
「リカバリメディア」は、コンピューター1台に対し1回のみの作成です。
リカバリメディアとして、DVD メディア、または USB フラッシュメモリのどちらかへの作成が可能です。
■ 準備するもの
8GB の USB フラッシュメモリ
  注意:
  • リカバリメディアの作成時、USB フラッシュメモリはフォーマットされ、保存されているデータはすべて削除されます。
    リカバリメディアとして使用しない USB 記憶装置は誤って選択しないように、事前にコンピューターから取り外し、以下の操作手順を行ってください。
  • USB フラッシュメモリは、静電気に弱いデバイスです。
    静電気により、内部のフラッシュメモリチップを破壊し、フラッシュメモリ自体を壊してしまう可能性がありますので、USB 端子には触れないでご使用ください。
  • USB フラッシュメモリは、データ暗号化機能を搭載していないフラッシュメモリをご用意ください。
■ 注意事項
  • 作業中のファイルやアプリケーションをすべて終了し、リカバリメディア作成中は、リカバリマネージャ以外のアプリケーションが起動しないようにしてください。
  • Windows にログインしているユーザーのアカウントの種類が [管理者] であることをご確認ください。
    コンピューターで使用しているユーザーアカウントの種類を確認するには、以下のコンテンツをご参照ください。
    » Microsoft Windows 7 - アカウントの種類が「Administrator」(管理者) になっているか確認するには
  • リカバリメディア作成中に画面の表示が消えることを防ぐため、スクリーンセーバーを「なし」に設定します。
■ 所要時間
この作業にかかる所要時間は、約30分になります。
操作手順
  1. [スタート] ボタンから [すべてのプログラム] を選択し [セキュリティと保護] より [リカバリ マネージャ] の「リカバリ メディア作成」をクリックします。
  2. "ユーザー アカウント制御" が表示されますので、[はい(Y)] ボタンをクリックします。
  3. "リカバリ メディア作成へようこそ" と表示されますので「USB フラッシュ ドライブでリカバリ メディアを作成」を選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  4. "リカバリ メディアの作成先:" と表示されますので、USB フラッシュメモリを USB ポートに接続します。
    ソースファイルサイズ を確認して、ソースファイルサイズより容量の大きな USB フラッシュメモリをコンピューターに接続します。
    下図では、ソース ファイルサイズ: 4.18GB になります。
  5. 接続した USB フラッシュメモリのドライブや容量が表示されます。
      補足:
    下図のように、接続した USB フラッシュメモリのドライブ名や容量がグレーで表示されて選択することができない場合は、 リカバリメディアを作成するのに容量が不足している、または、データ暗号化機能が搭載されている USB フラッシュメモリを挿入したことが考えられます。
    十分な空き容量があり、データ暗号化機能が登載されていない USB フラッシュメモリをご用意ください。
  6. 表示されている USB フラッシュメモリのドライブ名をクリックして青く選択し、[次へ] ボタンをクリックします。
  7. “フラッシュ ドライブをフォーマットします。ドライブ内のファイルはすべて消去されます。続行しますか?” と警告メッセージが表示されますので、[OK] ボタンをクリックします。
      注意:
    この警告画面を [OK] ボタンで進めると、USB フラッシュメモリのデータはすべて消去されます。 この作業を中断する場合は [キャンセル] ボタンを押してください。
  8. "リカバリ メディア作成中" と表示されます。
    ※ 進行状況を表すプログレスバーは、開始直後はすぐに表示されませんがコンピューターにて処理中のためそのままお待ちください。
  9. "リカバリ メディアが正常に作成されました。" と表示されますので、[終了] ボタンをクリックします。
  10. デスクトップ画面に戻りますので、USB フラッシュメモリをドライブから取り外します。
      注意:
    USB フラッシュメモリをコンピューターの電源が入っている状態で取り外す際は、必ず、Windows 上から [リムーバブルディスクの取り外し] の処理を行ってから取り外してください。
    データの書き込み中に誤って取り外すと、データの消失や故障の原因となります。
     詳しい手順については以下の技術情報をご参考ください。
    » USBメモリを安全に取り外す方法
以上で、USB フラッシュメモリへのリカバリメディアの作成が完了です。
確認方法
リカバリメディアとして作成した USB フラッシュメモリを Windows 上で確認すると下図のように Recovery フォルダーが保存されています。
対象条件
  • 対象機種
    • HP Compaq Pro 4300 SF
  • 対象 OS
    • Microsoft Windows 7
関連情報
上記の手順で作成した USB フラッシュメモリを使用して、Windows 7 を再インストールするには、以下のコンテンツをご参照ください
  » USBフラッシュメモリに作成したリカバリメディアからWindows 7 を再インストールする方法
Windows 7 を再インストールするには、リカバリメディアを作成して行う以外にコンピューターの起動時に表示される hp ロゴの画面で [F11] キーを押して実行する方法があります。
  » HP Compaq Pro 4300 SF - F11キーから起動して Windows 7 を再インストールするには
文書情報
Q&A 番号 : DTQA001127
最終更新日 : 2012/08/13

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...