HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    HPのPCまたはプリンターでWindows 10アップデートの問題を修正して解決します。こちらをクリックください

    情報

    オーディオやサウンドに問題がありますか?HPの自動オーディオチェックをお試しください!

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

    情報

    新型コロナウィルス感染防止に努めながら修理サポートを継続しておりますが、出張修理において、ご訪問希望時間帯の偏りのため、サービスの遅れが生じております。比較的空いている夕方の時間帯もご検討ください。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP t5335シンクライアント

t5335はBIOSを使用しません。 その代わりにt5335は、uBootというブートローダーを使用します。uBootでは、設定できるパラメーターの数に制限があります。
uBootにはF10のセットアップメニューがありません。 以下の設定を行うには、装置でThinProを起動します。 以下の設定は管理者モードで行う必要があります。 [コントロールパネル] > [設定] > [ThinPro構成] の順に選択し、[システム] タブを選択します。
以下のパラメーターを設定できます。
  • 資産の位置
  • 資産番号
  • Wake-on LANの有効/無効
    補足:
    Wake-on LANモードに入るには、ユーザーインタフェースから[電源切断 (Poweroff)] を選択するか、電源ボタンを押して、Linuxを正常にシャットダウンする必要があります。

破損したuBootの復元

シンクライアント上のuBootが破損した場合、装置は起動しません。 装置を送り返して修理する必要があります。

uBootの更新

uBootを更新するには:
  1. トラブルシューティングガイド (http://bizsupport1.austin.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c02845745/c02845745.pdf) にある「Restoring the Flash Image (フラッシュイメージの復元)」のセクションの説明に従って、ThinStateキーを作成します。
  2. キーをコンピューターに挿入します。
  3. file settings.iniを編集してuseQuickImageModeを0に設定します。
  4. ファイルを保存します。
  5. 新しいuBootバイナリをUSBドライブのuBootディレクトリにコピーします。
  6. コンピューターからUSBドライブを安全に取り外します。
  7. トラブルシューティングガイド (http://bizsupport1.austin.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c02845745/c02845745.pdf) にある「Booting from a USB Flash Drive (USBフラッシュドライブからの起動)」の説明に従ってThinState USBドライブを起動します。
  8. 15秒ほどすると、ビープ音が鳴り、メニューが表示されます。
  9. 4」を入力してuBoot更新モードに入り、画面に表示されるプロンプトに従います。
  注意:
アップグレードプロセス中は、電源を切ったりコンピューターを再起動したりしないでください。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...