HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    サムスンプリンターをご利用のお客様ようこそHPへ

    サムスンプリンターのサポートについてはこちらへ 詳細情報

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

Personal Workstation シリーズ - 「ファイル バックアップ プログラム」でバックアップする方法

解説
ここでは HP Z1、Z420、Z620、Z820で、「ファイル バックアップ プログラム」を使用してバックアップする方法についてご案内します。
「ファイル バックアップ プログラム」を使用すると、バックアップの対象となる種類のファイルを自動的に検索し、外部メディアに保存することができます。
Windows を起動させずに開始できるので、万が一 Windows が起動しないという状態からも大切なデータをバックアップできます。
  注意:
ハードウェアのトラブルをはじめ、トラブルの状況によってはバックアップできない場合やバックアップは完了してもデータを復元できないなどの場合があります。
大切なデータは事前にバックアップしておいていただくことをお勧めします。
■ 用意していただくもの
※ データ バックアップ用のメディアは、データの量などに応じていずれかのメディアをご用意ください。
  • System Recovery Disk 1 / Disk 2
      補足:
    リカバリ ディスクには、Windows(R) 7 Professional 32bit SP1 用と Windows(R) 7 Professional 64bit SP1 用があり、それぞれ「Disk 1」「Disk 2」があります。
    「ファイル バックアップ プログラム」は「Disk 1」だけで行えますが、続けてリカバリを行う場合は「Disk 1」「Disk 2」の両方が必要です。
    ※ 32bit か 64bit のうち、インストールする OS 用のリカバリ ディスクで開始してください。

    ※ 例として HP Z420/Z620/Z820 用のリカバリ ディスクを掲載しています。 お使いの製品に付属のリカバリメディアをご用意ください。
  • DVD+R または DVD-R (データ バックアップ用)
    ※ バックアップの対象となるファイルの合計サイズによって、必要となる枚数が異なります。
  • USB メモリ (データ バックアップ用)
    ※ 暗号化機能のあるものなど、一部の USB メモリはお使いいただけない場合があります。
操作手順
以下の手順をお試しください。
※ システム リカバリの途中で [最初にファイルをバックアップ(推奨)] を選択してバックアップを開始した場合は 手順 7. からご確認ください。
  1. リカバリ ディスク「Disk 1」をオプティカルドライブにセットし、コンピューターを再起動します。
  2. 「リカバリ マネージャ」が表示されるまで操作せずにお待ちください。
  3. 32bit 用のリカバリ ディスクでは「サプリメンタル ディスク」の確認画面が表示されるので、[いいえ] をクリックします。
    ※ 64bit 用のリカバリ ディスクで作業をしている場合はこの画面が表示されません。 手順 5. にお進みください。
  4. [次へ >] ボタンをクリックします。
  5. [ファイル バックアップ プログラム] をクリックします。
  6. [次へ >] ボタンをクリックします。
  7. どの種類のファイルをバックアップするかを選択して [次へ >] ボタンをクリックします。
    • 画像
    • 音楽とその他音声
    • 動画とムービー
    • 録画TV番組
    • 文書、表計算、プレゼンテーション
    • 電子メール、インターネットのお気に入り、設定
  8. 手順 7. で選択した、バックアップの対象となるファイルを自動でスキャンします。
    次の画面が表示されるまで、操作せずにお待ちください。
  9. バックアップの保存先を決めます。
    ※ バックアップの対象となるファイルの合計サイズが「ソース ファイル サイズ:」として表示されます。
    • DVD+R または DVD-R を使用する
      DVD+R または DVD-R を使用する場合、オプティカル ドライブにメディアをセットして画面中央のリストからオプティカル ドライブ (「書き込みドライブ」となっているもの) をクリックして選択します。
      バックアップの対象となるファイルの合計サイズが DVD メディアの容量を超える場合は複数枚の DVD メディアが必要となります。
    • USB メモリを使用する
      USB メモリを使用する場合、USB メモリを USB コネクターに挿入し、画面中央のリストから USB メモリ (「取り外し可能ディスク」となっているもの) をクリックして選択します。
      ※ 暗号化機能のあるものなど、一部の USB メモリはお使いいただけない場合があり、その際はリストに表示されない、またはメモリの容量が極端に小さく表示されます。
      バックアップの対象となるファイルの合計サイズが USB メモリの空き容量を超える場合は以下のような対処が必要となります。
      • 現在 USB メモリにあるほかのデータを削除して空き容量を確保する
      • 容量の大きい別の USB メモリを用意する
      • [< 戻る] ボタンで前の画面に戻り、バックアップの対象となるファイルを減らす
  10. [次へ >] ボタンをクリックします。
    ※ ここでは例として、USB メモリでバックアップを行います。
    ※ ここで [次へ >] ボタンが押せない場合、メディアが選択されていないか選択したメディアに十分な空き容量がないことが考えられます。
    手順 9. を再度ご確認ください。
  11. [次へ >] ボタンをクリックします。
  12. バックアップを実行します。
    バックアップが完了するまで、操作せずにお待ちください。
    ※ バックアップに使用するメディアと、バックアップの対象となるファイルの合計サイズによって、完了までの時間は異なります。
  13. 「リカバリ マネージャはバックアップを正常に作成しました」と表示されたらバックアップ作業は完了です。
    • 「リカバリ マネージャ」のトップから開始した場合
      [次へ >] ボタンをクリックすると「リカバリ マネージャ」のトップに戻ります。
      終了する場合は画面右上の [×] ボタンをクリックします。
    • リカバリ手順の途中から開始した場合
      [次へ >] ボタンをクリックすると以下のメッセージが表示される画面からリカバリが再開されますので、引き続きリカバリの作業を行ってください。
対象条件
  • 対象機種
    • HP Z1 Workstation
    • HP Z420 Workstation
    • HP Z620 Workstation
    • HP Z820 Workstation
文書情報
Q&A 番号 : WSQA000351
最終更新日 : 2012/06/07

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...