HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP PC - Microsoft Security Essentials を使用してウィルスやスパイウェアから保護する

本書は、すべての HP および Compaq PC を対象とします。
Microsoft Security Essentials では、ウィルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアに対する保護を提供します。 Security Essentials はコンピューターに脅威がないかスキャンし、新たな脅威を寄せ付けないようにします。 Security Essentials は予めコンピューターにはインストールされていませんが、Microsoft からの無料ダウンロードとして利用可能です。
  補足:
ウィルス対策ソフトウェアをインストール済みで、別のウィルス対策ソフトウェアをインストールしたい場合は、古いウィルス対策ソフトウェアを削除してから、新しいソフトウェアをインストールしてください。 これによりソフトウェアの競合の問題を防げる可能性があります。
Microsoft Security Essentials のダウンロードとインストール
Microsoft Security Essentials は、Windows の正規版が稼動するすべてのコンピューターに対し無料ダウンロードが可能です。 Storage Essentialsをインストールするには、以下の手順に従ってください。
  1. [無料ダウンロード] をクリックします。
  2. お使いの OS を Microsoft では検出し、適切なオプションのダウンロードを開始します。
  3. [セキュリティ警告] ウィンドウが開いたら、[実行] をクリックしてください。
    番号 : セキュリティ警告
    [セキュリティ警告] ウィンドウの画像
  4. 第2の [セキュリティ警告] ウィンドウが開いたら、[実行] をクリックしてください。
    番号 : セキュリティ警告
    セキュリティ警告の画像
  5. [ようこそ] 画面で、[次へ] をクリックします。
    番号 : インストール ウィザードの [ようこそ] 画面
    インストール ウィザードの [ようこそ] 画面の画像
  6. 手順に従って Microsoft Security Essentials をインストールします。
  7. インストールが完了したら、[終了] をクリックします。
    番号 : インストールが完了します
    インストール終了ウィンドウの画像
    更新の画面が表示され、Security Essentials は Microsoft サイトに最新のウィルス、スパイウェアの定義が更新されていないか検索します。 必要なアップデートがあれば、お使いのコンピューターにインストールされます。 スキャンが完了したら、ソフトウェアを閉じます。
    番号 : 更新の画面
    更新の画面
Microsoft Security Essentials でコンピューターにセキュリティの脅威がないかスキャンする
Microsoft Security Essentials では、脅威が最も発見されやすい場所のクイック スキャン、システム全体のフル スキャン、または選択するドライブやフォルダーのカスタム スキャンを実行することができます。 コンピューターのセキュリティ上の脅威をスキャンするには、以下の手順に従ってください。
  1. Microsoft Security Essentials を開くには、[スタート][すべてのプログラム][Microsoft Security Essentials] の順にクリックします。
  2. [ホーム] タブを開きます。
  3. 次のスキャン オプションのいずれかを選択し、[今すぐスキャン] をクリックします。
    • クイック スキャン - セキュリティ上の脅威が含まれる可能性の高いフォルダーをスキャンします。
    • フル スキャン - システム全体をスキャンします。
    • カスタム スキャン - 選択したドライブやフォルダーをスキャンします。
    番号 : スキャン オプション
    [ホーム] タブの画像
  4. Security Essentials がコンピューターのセキュリティ上の脅威をスキャンします。
    番号 : スキャン
    [スキャン] ウィンドウの画像
    スキャンが完了すると、スキャン結果が画面に表示されます。 スキャンで脅威が見つかると、脅威の一覧が表示されます。 スキャンで脅威が見つからない場合、[このスキャンではコンピューターに脅威は検出されませんでした] メッセージが表示されます。
    番号 : スキャン結果の画面
    スキャン結果の画面
Microsoft Security Essentials におけるスキャンをスケジュール
Security Essentials は毎週同じ時間に自動的にコンピューターをスキャンすることができます。 以下の手順に従って、毎週のスキャンを予約します。
  1. [設定] タブを開きます。
  2. [スキャン スケジュール] をクリックします。
    番号 : スキャン スケジュール
    [スキャン スケジュール] ウィンドウの画像
  3. [このコンピューターで、スケジュールされたスキャンを実行する (推奨)] の横のボックスをチェックします。
  4. スキャンの種類 (クイックまたはフル)、曜日、および時刻を選択します。 続いて、その他の適用したいスケジュールの条件のチェックボックスをクリックします。
  5. [変更の保存] をクリックします。 Security Essentials は設定された日付と時刻に基づいて週1回コンピューターをスキャンします。
Microsoft Security Essentials の概要
Microsoft Security Essentials では、ウィルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアに対する保護を提供します。 Security Essentials はコンピューターに脅威がないかスキャンし、新たな脅威を寄せ付けないようにします。 Security Essentials は予めコンピューターにはインストールされていませんが、Microsoft からの無料ダウンロードとして利用可能です。
Microsoft Security Essentials を開く
Microsoft Security Essentials を開くには、[スタート][すべてのプログラム][Microsoft Security Essentials] の順にクリックします。
[ホーム] タブ
[ホーム] タブにはリアルタイム保護の状態と共に、ウィルスとスパイウェアの定義の状態が表示されます。 [ホーム] タブからクイック スキャン、フル スキャン、カスタム スキャンを実行することができます。
番号 : [ホーム] タブ
[ホーム] タブの画像
[更新] タブ
[更新] タブにはウィルスとスパイウェアの定義の状態が表示されます。 [更新] をクリックして、アップデートをチェックします。
番号 : [更新] タブ
[更新] タブの画像
[履歴] タブ
[履歴] タブには Security Essentials が潜在的に有害であると検出したすべての項目と、各項目に対してなされた措置が表示されます。
番号 : [履歴] タブ
[履歴] タブの画像
[設定] タブ
[設定] タブを使用し、スキャンの予約、規定の動作の設定、リアルタイム保護のオン/オフ、ファイルやフォルダーそしてプロセスの除外、Microsoft SpyNet メンバーシップの管理を行います。 詳細については、Microsoft Security Essentials の設定の変更を参照してください。
番号 : [設定] タブ
[設定] タブの画像
Microsoft Security Essentials の設定の変更
[設定] タブでは、スキャンの予約、規定の動作の設定、リアルタイム保護のオン/オフ、ファイルやフォルダーそしてプロセスの除外、Microsoft SpyNet メンバーシップの管理ができます。 Security Essentials の設定を変更するには、次の方法を使用します。
Microsoft Security Essentials でスキャンのスケジュールの変更
Microsoft Security Essentials では週1回スキャンを予約することができます。 以下の手順に従って、スキャンの種類、週の曜日、または時刻を変更します。
  1. [スキャン スケジュール] をクリックします。
    番号 : スキャン スケジュール
    [スキャン スケジュール] ウィンドウの画像
  2. [このコンピューターで、スケジュールされたスキャンを実行する (推奨)] の横のボックスをチェックします。
  3. スキャンの種類 (クイックまたはフル)、曜日、および時刻を選択します。
  4. [変更の保存] をクリックします。 Security Essentials は設定された日付と時刻に基づいて週1回コンピューターをスキャンします。
Microsoft Security Essentials でデフォルトの動作の設定
Microsoft Security Essentials はセキュリティ上の脅威に対して自動的に対処することができます。 以下の手順に従って、Security Essentials が潜在的なセキュリティ上の脅威を検出したときに実行する規定の動作を設定します。
  1. [規定の動作] をクリックします。
    番号 : 規定の動作
    [規定の動作] ウィンドウの画像
  2. 各警告レベルに対し、Security Essentials が実行する動作 ([推奨される操作][削除]、または [検疫]) を選択します。
  3. [変更の保存] をクリックします。
Microsoft Security Essentials のリアルタイム保護設定の変更
リアルタイム保護では、潜在的に危険なソフトウェアがコンピューター上でそれ自身をインストールまたは実行しようとすると警告します。 以下の手順に従って、リアルタイム保護をオンまたはオフにし、保護設定を変更します。
  1. [リアルタイム保護] をクリックします。
    番号 : リアルタイム保護設定
    [リアルタイム保護設定] ウィンドウの画像
  2. リアルタイム保護をオンまたはオフにし、Security Essentials にファイルやプログラムの動作の監視やダウンロードのスキャンをさせるか選択します。
  3. [変更の保存] をクリックします。
Microsoft Security Essentials でスキャンする際のファイルやフォルダーの除外
特定のファイルやフォルダーを除外し、セキュリティスキャンを高速化することができます。 しかし、これによりコンピューターのセキュリティ上の脅威に対する保護レベルが低下する可能性があります。 以下の手順に従って、ファイルやフォルダーのスキャンを除外します。
  1. [除外されたファイルと場所] をクリックします。
    番号 : 除外されたファイルと場所
    [除外されたファイルと場所] ウィンドウの画像
  2. [追加] をクリックします。
  3. セキュリティスキャンから除外するドライブ、フォルダー、またはファイルを選択し、[OK] をクリックします。
  4. 除外したいドライブ、フォルダーまたはファイルのそれぞれに対し、ステップ2および3を繰り返します。
  5. [変更の保存] をクリックします。
Microsoft Security Essentials でスキャンする際のファイル タイプの除外
特定のファイルの種類を除外し、セキュリティスキャンを高速化することができます。 しかし、これによりコンピューターのセキュリティ上の脅威に対する保護レベルが低下する可能性があります。 以下の手順に従って、特定の種類のファイルをスキャンから除外します。
  1. [除外されたファイルの種類] をクリックします。
    番号 : 除外されたファイルの種類
    [除外されたファイルの種類] ウィンドウ
  2. 入力欄にファイルの種類 (例えば .jpeg) を入力します。
  3. [追加] をクリックします。
    除外する各ファイルの種類に対し、ステップ2および3を繰り返します。
  4. [変更の保存] をクリックします。
Microsoft Security Essentials でスキャンする際のプロセスの除外
特定のプロセス (.cmd、.bat、.pif, .scf、.exe、.com、または.scr で終わる) を除外し、セキュリティスキャンを高速化することができます。 しかし、これによりコンピューターのセキュリティ上の脅威に対する保護レベルが低下する可能性があります。 以下の手順に従って、特定のプロセスをスキャンから除外します。
  1. [除外されたプロセス] をクリックします。
    番号 : 除外されたプロセス
    [除外されたプロセス] ウィンドウの画像
  2. [追加] をクリックします。
  3. セキュリティスキャンから除外するプロセス (.cmd、.bat、.pif、.scf、.exe、.com、または.scr で終わる) を選択し、[OK] をクリックします。
  4. 除外する各プロセスに対し、ステップ2および3を繰り返します。
  5. [変更の保存] をクリックします。
Microsoft Security Essentials の詳細設定の変更
Microsoft Security Essentials では、アーカイブやリムーバブル ドライブのスキャンをするか、コンピューターで除去を行う前にシステムの復元ポイントを作成するか、ユーザーに履歴の表示を許可するかなどの詳細設定を変更することができます。 以下の手順に従って、詳細設定を変更します。
  1. [詳細設定] をクリックします。
    番号 : 詳細設定
    [詳細設定] ウィンドウの画像
  2. 詳細設定に必要な変更を加えます。
  3. [変更の保存] をクリックします。
Microsoft SpyNet メンバーシップレベルの設定
SpyNet は潜在的な脅威に関する情報を収集する Microsoft のオンラインコミュニティです。 基本メンバーシップでは、ソフトウェアのインストール元、講じられた操作、その操作が成功したかの情報が含まれます。 上級メンバーシップでは、Security Essentials は上の基本情報に加え、コンピューター上でのソフトウェアのある場所、ファイル名、ソフトウェアがどのように動作しコンピューターに危害を加えたかの情報も送信します。
以下の手順に従って、Microsoft SpyNet メンバーシップのレベルを設定します。
  1. [Microsoft SpyNet] をクリックします。
    番号 : Microsoft SpyNet 設定
    [Microsoft SpyNet 設定] ウィンドウの画像
  2. [基本メンバーシップ] または [上級メンバーシップ] を選択します。
  3. [変更の保存] をクリックします。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...