HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    Windows 11 へのアップグレード方法

    Windows 11 へのアップグレード ガイド

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

  • フィードバック

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HPノートブックPC - Backup and Recovery Managerを使用したリカバリポイントのバックアップ、復元、および削除方法

問題:
HP Backup and Recovery Managerに関するよくある質問。
解決策
HP Backup and Recovery Managerを使用して以前に作成したバックアップからファイルをバックアップしてデータを復元する方法
リカバリパーティションがある場合、起動時のHPロゴの直後に、プロンプト [緊急リカバリの場合はF11を押してください (Press F11 for Emergency Recovery)] が示された画面が表示されます。 この画面でF11を押します。 進捗状況を示すバーに、[PCリカバリの開始中 (Starting PC Recovery)] と示されます。 以下のいずれかを行うためのオプションが示されたHP Backup and Recovery Managerのグラフィカルインタフェースが表示されます。
  • 特定の日時の状態へのPCの復元
  • ファイルのバックアップ
最初のオプションを選択すると、特定の日時までPCが復元されます。 リカバリポイントとして、ドライブ全体のバックアップ、または外付けハードドライブまたはネットワーク上に格納されているバックアップファイルを選択します。 [ファイルのバックアップ (Back up files)] を選択して、外付けドライブまたはネットワークファイルサーバーにファイルをバックアップします。 リカバリポイントは、最後のドライブ全体のバックアップ以降の変更のみを保存する増分バックアップです。 このオプションを使用すると、自己解凍バックアップファイルを作成することもできます。
ハードディスクの容量を節約するために前のリカバリポイントを削除
前のリカバリポイントを削除するには、管理者特権でWindows XPにログオンして、HP Backup and Recovery Managerを実行します。 [エクスパート (Expert)] モードを選択して、[リカバリポイントの作成または管理 (Create or Manage Recovery Points)] を選択します。 リカバリポイントを保存する場所を選択します (a. ローカルドライブ、b.別のハードディスク上、c.ネットワーク上)。 適切なオプションを選択したら、新しいリカバリポイントを作成するか、既存のリカバリポイントを管理 (削除/移動) するかを選択します。
HP Backup and Recovery Managerが途中で失敗した場合
HP Backup and Recovery Managerは、復元ポイントの作成プロセスを開始しても、途中で失敗することがあります。 これは、HP Backup and Recovery Managerでは、平均の圧縮に基づいて復元ポイントの作成に必要な容量を想定するために発生する可能性があります。 一般に、復元ポイントの作成時には、ドライブ上データ量のために少なくとも50%の空き容量が必要です (400GBのデータでは200GBの空き容量が必要です)。 必要な実際の容量は、データタイプによって大きく異なる可能性があります。 例えば、既に圧縮されたデータタイプの400GBの.mp3sをバックアップする場合、200GBを大幅に超えた容量が使用されます。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...