HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

Microsoft Windows 7 - ファイルの移動先に同名のファイルがある場合の操作

対象OS
  • Windows® 7
解説
ここでは Windows 7で、コピーして貼り付けた先のフォルダーに同じ名前のファイルがあった場合 (ファイル名の競合) に表示される「この場所には同じ名前のファイルが既にあります。」(上書き確認) のメッセージについてご説明します。
  補足:
複数のファイルの移動を行った場合、「この場所には同じ名前のファイルが既にあります。」のメッセージで [キャンセル] ボタンや [×] ボタンを押しても、ファイル名が競合していないファイルの移動は完了します。
操作手順
以下のように、「てすと.txt」という名前のファイルを別のフォルダーに移動しようとしたところ、宛先のフォルダーにも古い「てすと.txt」があった場合を例とします。
上書きの確認の画面では、ファイルの移動と上書きに関する5つの選択肢から処理の方法を選びます。
※ 赤枠で囲われた から の項目もそれぞれボタンになっています。
また、[同じ処理を次の○○個の競合に適用(D)] のチェックを入れることで、選択した処理の結果を競合しているほかのファイルにも適用します。
各ボタンや項目の詳しい説明について、以下にまとめました。
[移動して置換] ボタン
ファイルを上書きして移動します。
宛先の古い「てすと.txt」は上書きされ、新しい「てすと.txt」に置き換えられます。
[移動しない] ボタン
移動は行わず、ファイルの上書きも行いません。
新旧どちらの「てすと.txt」にも変更はありません。
[移動するが両方のファイルを保持する] ボタン
移動元のファイル名を変更して移動を行うので、宛先のファイルと移動してきたファイルの両方が保持されます。
宛先のフォルダーには「てすと.txt」(宛先にあった古いファイル) のほかに「てすと(2).txt」(移動してきた新しいファイル) が表示されます。
[スキップ(S)] ボタン
移動元の場所から複数のファイルを移動するとき、名前が競合するファイルが2個以上ある場合に表示されます。
[移動しない] ボタンと同じ結果になります。
[キャンセル] ボタン
表示されているファイルの上書き確認とそれ以降の処理のキャンセルを行います。
例 : 3個のファイルが競合し、1つ目のファイルで [移動して置換] を選択し、2つ目のファイルで [キャンセル] ボタンを押した場合
  • 1つ目のファイル → [移動して置換] の処理が行われます
  • 2つ目のファイル → キャンセルされます
  • 3つ目のファイル → キャンセルされます
[同じ処理を次の○○個の競合に適用(D)] チェックボックス
移動元の場所から複数のファイルを移動するとき、名前が競合するファイルが2個以上ある場合に表示されます (○○にはその数が入ります)。
仮に、50個のファイルが競合している場合、50個のファイルの上書き確認をひとつひとつ処理しなければなりません。
そこで、すべてのファイルで [移動して置換] あるいは [移動しない] など共通の処理を行える場合は、このチェックボックスにチェックを入れてから各ボタン押すと、押したボタンの処理が50個のファイルに共通して行われるので一度の上書き確認で済みます。
  補足:
このチェックボックスを有効に活用できるように、たくさんのファイルを移動する前には上書きするファイル、上書きしないファイルが混在しないよう確認していただくことをお勧めします。
関連情報
Windows 7に関するHPの サポートWebで公開されているコンテンツのすべてをまとめたページです。
文書情報
Q&A番号:BPQA000811
最終更新日:2011/10/31

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...