solution Contentsolution Content

HP PC-リカバリ領域からWindowsを再インストールする方法(F11からシステムリカバリ)

最終更新日:2022/10

解説

2019年以前に生産されたHP PC製品には、システムを購入時の状態に復元できる「Recovery Manager」がプリインストールされており、万一ソフトウェアトラブルが発生した場合、この機能を使用してシステムを復元できます。ここでは、「Recovery Manager」を使用して、ハードディスク内のリカバリ領域からシステムを復元する手順(以下、リカバリ)について説明します。
2019年以降に生産されたHP PC製品には「Recovery Manager」がプリインストールされていないため、OS の標準機能を利用してシステムを復元します。「Recovery Manager」を削除している場合も同様です。

操作手順

■ 準備
  • この作業ではオペレーティングシステム/ Windows が初期状態に復旧します。ハードディスクやSSDに保存しているデータやMicrosoft Officeやセキュリティ対策ソフト等の追加インストールアプリケーション、設定等はすべて消去されますので、必ずデータのバックアップを行ってから作業を行ってください。Microsoft Officeやセキュリティ対策ソフト等のアプリケーションは、アプリケーションプログラム自体をバックアップすることができません。必ず認証キー等アプリケーションの再インストール環境を事前に用意してから、本作業を行ってください。詳しくは、下記のサポート情報をご覧ください。
  • ノートパソコンをお使いの際は、必ず電源コード(AC アダプター)を取り付けて作業を行ってください。ノートパソコン+電源コード(AC アダプター)以外の周辺機器はお外しください。
  • デスクトップパソコンをお使いの際は、パソコン本体から電源、モニター、マウス、キーボード以外の周辺機器を取り外し、最小ハードウェア構成で本作業を行ってください。
■ 所要時間
  • リカバリ作業は、約1~2時間を要します。(所要時間は製品によって異なります。)
  • リカバリ完了後、初期セットアップ時にインタネットが接続された場合、自動的にWindows更新されることがあります。その場合、更に時間がかかります。
■ 操作手順
※ 表示画面は製品およびOSのエディションとHP Recovery Managerのバージョンによって異なる場合がありますが、操作はほぼ同様となります。
  1. Windows 回復環境を起動します。パソコンシャットダウン(電源オフ)状態から、キーボードの[Esc]キーを連打しながらパソコンの電源をオンにし、[Start Menu/スタートメニュー]が表示されたら、[F11]キーを押して、[F11 System recovery]または[システムの復元](System Restore)を起動します。
    • 画面の例 1
    • 画面の例 2
    • 画面の例 3
  2. “HP Sure Recover”の画面が表示された場合は、「ローカルドライブからの復元(Restore from local drive)」を選択します。
  3. オプションの選択(Windows 回復環境)が起動します。[トラブルシューティング]を選択します。
  4. この後の手順はシステムの復元方法により異なります。
「この PC を初期状態に戻す」(OS の標準機能)を使用する場合
  1. [この PC を初期状態に戻す] を選択します。
  2. オプションは用途に応じて選択します。
      注意:
    • 個人用ファイルを保持する:ユーザーアカウント、ネットワーク設定、個人用ファイルが保持されます。
    • すべて削除する:すべてのデータが削除(クリーンインストール)されます。Windows に何らかの問題が生じていて再インストールの必要がある場合は、こちらを選択します。
  3. Windows の再インストール方法を選択します。ここでは例として「ローカル再インストール」を選択します。
      注意:
    • クラウドのダウンロード:最新バージョンの Windows をダウンロードしてインストールします。ネットワーク接続が必要となり、「ローカル再インストール」よりも時間がかかります。
    • ローカル再インストール:既存の Windows ファイルを使用して再インストールします。
  4. ファイル削除以外に、クリーンアップを実施するか選択します。ここでは例として「ファイルの削除のみ行う」を選択します。
      注意:
    • ファイルの削除のみ行う:ドライブ上のデータを削除した上で、Windows の再インストールを行います。
    • ドライブを完全にクリーンアップする:完全にフォーマットした上で、Windows の再インストールを行います。完了まで数時間かかることがあります。
  5. ⑤ 内容を確認し「初期状態に戻す」を選択します。
      注意:
    「初期状態に戻す」を選択すると、Windowsの再インストールが始まります。手順②で[すべて削除する] を選択している場合は、データが消去されます。
  6. 「このPCを初期状態に戻しています」と表示されます。何度か再起動がかかりますので、お待ちください。
      注意:
    接続したACアダプターを外さないでください。
  7. 「インストール中」の画面が表示されますので引き続きお待ちください。
  8. Windows が起動し初期セットアップの画面が表示されたら、画面に沿って設定を進めます。初期セットアップの手順は、»HP - PC Windows 10、Windows 11の初期セットアップ手順をご確認ください。
Recovey Manager を使用する場合
  1. [リカバリマネージャ](Recovey Manager) を選択します。
  2. Recovery Manager が起動します。 [システムの復元-工場出荷時状態への復元]をクリックします。
  3. この画面で[最初にファイルをバックアップする]を選ぶと、リカバリする前にファイルデータをバックアップができる可能性があります。
    バックアップ手順は、»HP Recovery Manager でデータをバックアップする方法をご参照ください。
  4. ファイルデータのバックアップが不要な場合は、[ファイルをバックアップしないで復元する]を選択し[次へ]をクリックします。
  5. [次へ]をクリックします。
  6. 復元の準備が開始されました。 進行状況が 100%になるまでお待ちください。
  7. 復元の準備が完了しました。 [続行]をクリックします。
  8. ソフトウェアのインストールが開始されます。 この作業には時間がかかります。また途中で自動的に再起動することがあります。
  9. 復元が完了しました。[完了]をクリックします。
  10. コンピューターが再起動して、Windowsのセットアップ画面が表示されます。以後は画面にしたがって操作してください。詳細は以下の関連情報をご参照ください。
補足:
システムリカバリを行うと、ご購入後にインストールした Windows セキュリティ更新プログラムがインストールされていない状態に戻ります。 セキュリティ対策ソフトのウイルスパターンファイルも元の状態に戻ります。 Windows Update の実行、セキュリティ対策ソフトのウイルスパターンファイルを最新版に更新するなどして Windows を最新の状態に戻します。
Windows Update の操作手順は、下記のマイクロソフト社のサポート情報をご参照ください。

関連情報

OSの標準機能や[Recovery Manager] のどちらでも再インストールが失敗する場合は、リカバリメディアからリカバリができます。 手順は下記のサポート情報をご覧ください。
リカバリメディアからのリカバリも失敗する場合は、下記サポート情報を参考に ハードドライブ / SSD の診断を実施します。
診断でエラーメッセージやエラー ID が表示した場合は、下記の情報を参照してWebから修理を申し込んでください。