HP カスタマー・ケア - ナレッジベース

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報

    パソコンでのオリンピックの視聴についてよくあるお問い合わせやサポート関連情報はこちらよりご確認ください。

    情報

    「HP Wolf Security」と「ウイルスバスタークラウド」がインストールされている場合、OSの動作が緩慢になることについて。詳細はこちら

    情報
    ノートブックPCのバッテリの診断・較正・膨張などについて.

     詳細はこちら

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Designjet T2300eMFP/T2500eMFP プリンターシリーズ - ネットワークフォルダーを作成する

補足:
本コンテンツはユーザーズガイドからの抜粋です。詳細はユーザーズガイドも参照してください。
対象機種
HP Designjet T2300eMFP
HP Designjet T2500eMFP
スキャンされたイメージはUSBフラッシュ ドライブまたはネットワーク フォルダーに保存できます。USBフラッシュ ドライブ オプションは準備が必要ありませんが、ネットワーク フォルダー オプションは以下の方法で設定されるまで機能しません。
補足:
製品は、NTLMv1ベースの認証を使用して (クライアントとして) 共有フォルダーにアクセスします。セキュリティ上の理由のため、NTLMv1を使用してユーザー資格情報を公開したくない場合は、スキャンからネットワーク フォルダーの使用を避ける必要があります。

WindowsXPの場合

  1. スキャナーがネットワーク経由でアクセスできるコンピューター上にフォルダーを作成します。
  2. 同一コンピューター上に製品のユーザー アカウントを作成します。下図①
  3. 「スキャナー ユーザー」と共有されるようにフォルダーの共有オプションを変更して、そのユーザーに対してフォルダーの完全な制御機能を割り当てます。下図②
  4. フォルダーの共有名を作成します。
    補足:
    以下の残りの手順を開始する前に、上記の手順を完了することが重要です。
  5. 製品の内蔵Webサーバーで [セットアップ] タブを選択し、[フォルダにスキャン] を選択します。内蔵Webサーバーにアクセスするを参照してください。
    または、HP Utilityで [サポート] タブを選択し、[スキャンされたジョブのデフォルトのネットワーク先] を選択します。内蔵Webサーバーの画面に切り替わります。HP Utilityにアクセスするを参照してください。
  6. [フォルダにスキャン] のページで、[変更] をクリックして、さまざまなフィールドに情報を入力します。
    • サーバー名リモート コンピューターのネットワーク名が含まれる必要があります。(共有フォルダーを作成したPC名)
    • フォルダー名フォルダーの共有名が含まれる必要があります。(PCの共有フォルダー名)
    • ユーザー名「スキャナー ユーザー」の名前が含まれる必要があります。(PCにログインるす時のユーザー名)
    • ユーザー パスワード 「スキャナー ユーザー」のパスワードが含まれる必要があります。(PCにログインする時のパスワード)
    • ドメイン名ユーザー名が存在するドメインの名前が含まれる必要があります。「スキャナー ユーザー」がどのドメインにも属していない場合は、このフィールドは空白のままにします。

    サーバー名およびフォルダー名は、以下のようにネットワーク フォルダー パスを構築することによって、共有フォルダーへの接続に使用します。サーバー名\フォルダー名
  7. 設定を保存するには、[適用] をクリックします。
  8. 製品はネットワーク フォルダーにアクセスできることを自動的に確認します。アクセスできない場合は、ネットワーク フォルダーにアクセスできないを参照してください。
    補足:
    共有フォルダーが同じローカル ネットワークのWindowsコンピューター上にある場合のみ、サーバー名フィールドに (IPアドレスではなく) 名前を使用できます。これはドメイン サフィックスなしの簡単な名前 (最大16文字長) である必要があります (名前にドットがないなど)。完全修飾DNSドメイン名はサポートされていません。 製品およびネットワーク フォルダーが異なるネットワークにある場合、またはリモート コンピューターがWindowsを実行していない場合、リモート コンピューターの名前ではなく、IPv4アドレスを使用する必要があります。IPv6ネットワークでは、IPv6アドレスもサポートされています。

Windows7の場合

  1. スキャナーがネットワーク経由でアクセスできるコンピューター上のCドライブ直下、または、ディスクトップ等にフォルダーを作成します。
  2. 作成したフォルダーをネットワーク上で共有する設定を行います。共有するフォルダーを選択し、マウスの右ボタンをクリックして、メニューを開き、[プロパティ]を選択します。
  3. [共有]タブの[詳細な共有]を選択します。
  4. [このフォルダーを共有する]にチェックを入れます。また、必要に応じて[アクセスの許可]の設定を行い、[適用]ボタンを、[OK]ボタンの順にクリックして[詳細な共有]の画面を閉じます。
    補足:
    共有フォルダーにアクセスできない場合、作成したフォルダーの[プロパティ]から[セキュリティ]を開き、[SYSTEMのアクセス許可]を確認します。ネットワークフォルダーにアクセスする[グループ]、[ユーザー]に対してアクセス許可がない場合は、[編集]をクリックして設定を変更します。
    ※[フルコントロール]の許可にチェックする。
    ※アクセス権の変更は、お客様のシステム管理者にご確認願います。
  5. 共有するフォルダーの設定完了後、ブラウザー(Internet Explorer)を起動し、アドレス欄にスキャナーのIPアドレスを入力します。
  6. スキャナーの内蔵Webサーバー(EWS)が起動したら、[セットアップ]タブに移動し、左側のメニューから[ネットワークスキャン]をクリックします。
  7. [ネットワークフォルダーの追加]をクリックします。
  8. [プロトコル]:CIFS(Common Internet File System)を選択します。
  9. [エイリアス]:スキャナーのフロントパネルで表示されるフォルダーのエイリアス名(表示される名前)を設定します。
  10. [サーバー名]:共有フォルダーを作成したPCのIPアドレスを入力します。
  11. [ユーザードメイン]:ユーザー名がどのドメインにも属さない場合は不要です。但し、大規模なネットワーク環境で、お客様のPCログイン時に、ドメイン名が表示されているような場合は、その名前を入力します。
  12. [ユーザー名]:PC名ではなく、ユーザーのPCログイン時のログイン名を入力します。
  13. [ユーザーパスワード]:PCログイン時のパスワードを入力します。
  14. 右下の[追加]ボタンをクリックします。

Windows8の場合

事前にPCのログイン時の名前とパスワードを確認します。
  1. スキャナーがネットワーク経由でアクセスできるコンピューター上のCドライブ直下、または、ディスクトップ等にフォルダーを作成します。
  2. 作成したフォルダーをネットワーク上で共有する設定を行います。フォルダーを右クリックして[共有]→[特定のユーザー]を開きます。
  3. 共有する相手の設定を行います。プルダウンの項目くから[Everyone]を選択して[追加]ボタンで追加し、画面右下の[共有]をクリックします。
  4. 再度、共有するフォルダーを選択し、マウスの右ボタンをクリックしてメニューを開き、[プロパティ]を選択します。
  5. [共有]タブの[詳細な共有]を選択します。
  6. [アクセスの許可]の設定を行います。
    [このフォルダーを共有する]にチェックされていることを確認します。
    同時に共有できるユーザー数を設定します。
    基本的にはフルコントロールを選択しますが、お客様のシステム管理者に確認の上設定願います。
    チェックを付けたら、[OK]をクリックして画面を閉じます
  7. ブラウザー(Internet Explorer)を起動し、アドレス欄にスキャナーのIPアドレスを入力します。
  8. 製品の内蔵Webサーバー(EWS)が起動したら、[セットアップ]タブに移動し、左側のメニューから[ネットワークスキャン]をクリックします
  9. [ネットワークフォルダーの追加]をクリックします。
  10. [プロトコル]:FTPまたはCIFS(Common Internet File System)を選択します。
  11. [エイリアス]:スキャナーのフロントパネルで表示されるフォルダーのエイリアス名(表示される名前)を設定します。
  12. [サーバー名]:共有フォルダーを作成したPCのIPアドレスを入力します。
  13. [ユーザードメイン]:ユーザー名がどのドメインにも属さない場合は不要です。但し、大規模なネットワーク環境で、お客様のPCログイン時に、ドメイン名が表示されているような場合は、その名前を入力します。
  14. [ユーザー名]:PC名ではなく、ユーザーのPCログイン時のログイン名を入力します。
  15. [ユーザーパスワード]:PCログイン時のパスワードを入力します。
  16. 右下の[追加]ボタンをクリックします。
  17. 下図 右下の[追加]ボタンを押した後、接続確認をする前に以下のような表示出ることがありますが、 [OK]をクリックして続行します。
補足:
【共有フォルダーが作成できない場合】
EWSで[ネットワークへのスキャン]の設定が正常に完了できない場合、上記No5の画面の[ネットワークと共有センター]で フォルダーの共有が有効になっているか、ご確認願います。尚、この設定はお客様のネットワーク管理者に確認の上実施願います

Mac OSの場合

  1. リモート コンピューター上で「スキャナー ユーザー」の新しいユーザー アカウントを作成します。この目的で既存のユーザー アカウントを使用できますが、推奨されません。
  2. リモート コンピューター上でフォルダーを作成するか、選択します。デフォルトで、Mac OSユーザーには、この目的のために簡単に使用可能な「共有フォルダー」があります。
  3. [システム環境設定] アプリケーションを開いて、[共有] アイコンを選択します。
  4. 「スキャナー ユーザー」にフォルダーへの (読み取り/書き込み) のアクセス権限があることを確認します。
  5. [オプション] をクリックします。
  6. (SMBを使用してファイルとフォルダを共有する) ボックスをオンにして、「スキャナー ユーザー」が「オン」列でオンになっていることを確認します。
  7. [完了] をクリックします。これで、ファイルの共有が有効になっていて、Windows共有がオンになっていることが確認されます。
    「スキャナー ユーザー」はこれでフォルダーにアクセスし、それにファイルを書き込むことができます。次に、フォルダーにスキャンを送信できるように製品を設定する必要があります。
  8. 製品の内蔵Webサーバーで [セットアップ] タブを選択し、[フォルダにスキャン] を選択します。
  9. [フォルダにスキャン] ページで、[変更] をクリックします。
    リモート コンピューターのIPアドレス、共有フォルダーの名前、およびリモート コンピューター上ですでに作成している「スキャン ユーザー」のユーザー名とパスワードを入力します。
    補足:
    サーバー名としてリモート コンピューターのホスト名を使用することはできません。これはWindowsを実行しているコンピューターに対してのみサポートされているからです。IPv4またはIPv6アドレスを使用する必要があります。
    ユーザー ドメイン フィールドを空のままにします。
  10. [適用] をクリックすると、製品は共有フォルダーに正しくアクセスできることを確認しようとします。すべてが適切に実行されれば、これでスキャンされたイメージを共有フォルダーに送信できるようになります。送信できない場合は、ネットワーク フォルダーにアクセスできないを参照してください。
内蔵Webサーバーで [確認]をクリックして、共有フォルダーにアクセス可能であるか、後でいつでも確認できます。正しく設定された共有フォルダーは、ユーザーのパスワードが変更されるか、または共有フォルダーが移動または削除される場合には、アクセスできなくなる可能性があります。


国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...