HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    最近のパソコンの脆弱性に関する情報

    HPでは最近報告されている"Spectre" と"Meltdown" の脆弱性を確認しています。HPはこれらの問題へのパッチ情報と影響のあるシステムについてセキュリティブルテンを発行しています。今後も追加の情報が入り次第更新されるため、お客様へは定期的に確認していただくことをお勧めいたします。

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Designjet T2300 eMFP/T790 ePrinter/T1300 ePrinterシリーズ - ロール紙の取り付け/取り外し

  補足:
本コンテンツはユーザーズガイドからの抜粋です。詳細はユーザーズガイドも参照してください。
対象機種
HP Designjet T2300 eMFP/T790 ePrinter/T1300 ePrinter
説明
ロール紙の取り付け/取り外し手順について、ご説明します。
はじめに
ロール紙を、取り付け/取り外しする際、以下のことにご注意ください。
  1. 用紙の交換を開始する前に、製品周辺(製品の前後の両方)に十分な空間があることを確認して下さい。
  2. 製品のキャスターがロックされ(ブレーキ レバーが押し提げられている状態)、製品が動かないようになっていることを確認してください。
  3. プリンターへ取り付ける用紙は、280mm(11インチ)以上である必要があります。
  4. A4およびレターサイズの用紙は、横置き(横長の状態)でプリンターへ取り付けできません。
  5. フォト用紙では、用紙に油が付着しないように、綿製の手袋を着用します。
ロール紙をプリンターに取り付ける
  補足:
ここでは、HP Designjet T2300 eMFPを例に説明します。
ご利用機種によっては、表示される画面等が異なります。ご了承ください。
  1. ロール カバーを開きます。
      注意:
    両方のロール カバーを同時に開かないでください。問題が発生する場合があります。常に、一方のカバーを閉じてから、他方のカバーを開いてください。
  2. プリンターからスピンドルを、黒色側⇒青色側の順で取り外します。
      警告:
    • 必ず黒色側から取り外してください。青色側から取り外すと、黒色側が破損する場合があります。
    • 取り外し作業の最中に、スピンドル サポートに指を入れないようご注意ください。
  3. スピンドルの端から青い用紙ストッパーを取り外します。
      補足:
    スピンドルの両端には、ロール紙を正しい位置に固定するストッパーが付いています。青いストッパーは、ロール紙を取り付けるために取り外すことができます。また、どのような幅のロール紙でも固定できるように、スピンドルに沿ってスライドさせることができます。
  4. 用紙の向きを下図のようにし、ロール紙をスピンドルに取り付けます。
      補足:
    • ロール紙が長い場合は、スピンドルを台の上に水平に置いて、取り付けるようにしてください。
    • 大きなロール紙の作業には、2人必要な場合があります。
  5. 青いストッパーを取り付けます。ロール紙の端に押し込めるところまで適度な力で押し込みます。無理やり押し込まないようにしてください。
      補足:
    ロール紙の両端とスピンドルのストッパーの間に隙間がないようにします。
  6. プリンターにロール紙を取り付けます。
    プリンターのフロントパネルより、を押し、を選択します。
  7. メインメニューより、[用紙] > [用紙の取り付け] > [ロール1の取り付け] または [ロール2の取り付け] を選択します。
      補足:
    • ロール紙2が既に取り付けられているときにロール紙1の取り付けを開始した場合、ロール紙2は自動的にスタンバイ位置になります。
    • 選択したロール紙が既に取り付けられている場合、自動的に取り外されるまで待つ必要があります。
  8. ロールカバーが閉じられている場合、フロントパネルにロールカバーを開くようメッセージが表示されますので、プリンター背面にあるロールカバーを開きます。
      補足:
    ロール紙がスタンバイ位置にあるときにそのロール カバーを開いた場合は、ロール紙が自動的に取り外され、次回そのロール紙に印刷するときに取り付け直す必要があります。
      注意:
    両方のロール カバーを同時に開かないでください。問題が発生する場合があります。常に、一方のカバーを閉じてから、他方のカバーを開いてください。
  9. プリンター背面から向かって左側のロール紙ホルダーに、スピンドルの黒い端を載せます。
      補足:
    この時、ロール紙ホルダーに、スピンドルの端を完全に入れないでください。
  10. プリンター背面から向かって右側のロール紙ホルダーにスピンドルの青い端を載せます。
  11. 両手を使って、両端のロール紙ホルダーに同時にスピンドルを押し込みます。
  12. 用紙の端をプリンターに差し込みます。
      補足:
    ロール紙の端が水平ではない場合、用紙の端を水平にカットします。
      警告:
    • プリンターの用紙経路に指を入れないよう、ご注意ください。
    • 上部へロール紙を取り付ける際、ロール紙をカット紙のスロットに挿入しないようご注意ください。
  13. 用紙がそれ以上入らなくなるまで、用紙をプリンターへ挿入します。
    プリンターが用紙を検出すると、用紙が自動的に給紙されます。
      補足:
    ロール カバーを閉じるのが早すぎると、用紙の取り付けはキャンセルされます。
    フロントパネルにロールカバーを閉じるようメッセージが表示されるまで閉じないでください。
  14. プリンターへ取り付けた用紙情報を設定します。用紙先端へのバーコード印刷有無によって、プリンター動作が異なります。
    <バーコード印刷>
    ■用紙の先端にバーコード印刷がない場合
    [用紙カテゴリの選択]が表示されますので、取り付けた用紙の情報を設定します。
      補足:
    用紙リストにない用紙の種類を取り付けた場合は、[ドライバーにない用紙の用紙種類の選択]を参照してください。
    また、[用紙情報の印刷] オプションが有効な場合、フロントパネルにロール紙の長さを指定するように要求するメッセージが表示されます。
    ■用紙の先端にバーコード印刷がある場合
    プリンターが自動的にバーコードを読み取り、バーコードを部分をカットします。カットされた用紙の先端はすぐに取り除いてください。プリンターが紙詰まりを起こしてしまう可能性があります。
  15. プリンターは用紙の位置調整を行い、幅を測定します。フロントパネルにロール カバーを閉じるように要求するメッセージが表示されますので、ロールカバーを閉じます。
  16. 用紙取付けが完了すると、[用紙情報]が表示されます。
  補足:
ロール紙が正しく取り付けられていない場合は、フロントパネルに表示される指示に従います。
[用紙取り付けできない]も参照してください。
ロール紙をプリンターから取り外す
ロール紙を取り外す前に、ロールに用紙があるかどうか、またはロールの用紙がなくなったかどうかを確認し、以下に説明する適切な手順に従ってください。
ロールに用紙がある場合
簡単な手順
ロールに用紙がある場合、ロール カバーを開くだけでロール紙が自動的に取り外されます。
  補足:
この方法でロール紙を取り外すと・・・
[用紙情報を印刷]が有効な場合でもバーコードが印刷されません。
●カット紙が取り付けられている状態でロール紙1のカバーを開くと、カット紙も取り外されます。
フロントパネルメニューからの手順
フロントパネルメニューから、用紙の取り外しを実行します。
  1. フロントパネルで、を押し、を選択します。
  2. メインメニューより、[用紙] > [用紙の取り外し] > [ロール1の取り外し] または [ロール2の取り外し]を選択します。
      補足:
    場合によっては、ロール カバーを開く必要があります。
ロールに用紙がない場合
用紙の最後が芯からすでに外れている場合は、以下の手順に従ってください。
  1. すでに用紙の取り外しを開始している場合は、フロントパネルのを押して、その手順をキャンセルします。
  2. プリンター正面から向かって左側のレバーを上げます。
      補足:
    フロントパネルにレバーに関する警告が表示された場合は、無視してください。
  3. プリンターから用紙を引き出します。用紙に触れることができる場所から引き出します。
      補足:
    場合によっては、ロール カバーを開く必要があります。
  4. レバーを下げます。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...