HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...
  • 情報
    サムスンプリンターをご利用のお客様ようこそHPへ

    サムスンプリンターのサポートについてはこちらへ 詳細情報

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Officejet Pro 8500A オールインワン プリンター - 「インク ホルダー詰まり」メッセージがコントロール パネル画面に表示される

更新日 2010/11
現象
インクホルダー詰まり:インクホルダーアクセスドアを開いてインクホルダー詰まりを解消し、OK を押して続行します」のメッセージがプリンターのコントロール パネルに表示され、印刷が停止します。
以下の症状が発生することもあります。
  • プリンターから何も印刷されません。
  • プリンターの印刷が不意に停止する
本書の対処方法の使い方
この問題を解決するには、次の対処方法を、指示された順序で実行します。
重要: 対処方法を実行するたびに、セルフテスト レポートを印刷してハードウェアが正しく動作しているか判定してください。 セルフテスト レポートを印刷するには、以下の表の手順に従ってください。
セルフテスト レポートの印刷方法
  1. 給紙トレイに、レターサイズまたはA4 の未使用の白い普通紙をセットします。
  2. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
  3. プリンターのタッチスクリーンで、右矢印 () を押し、2番目のナビゲーション画面を表示します。
  4. コントロール パネル画面の [セットアップ] () を押します。 [セットアップ] メニューが表示されます。
  5. 下矢印 () を押し、[レポート] を押します。
  6. [プリンタ ステータス レポート] を押します。 セルフテスト レポートが印刷されます。
  補足:
各対処方法を試した後で、この表の手順を参照してください。
対処方法 1: プリンターの電源を入れ直す
以下の手順に従ってプリンターの電源をオフにしてから、再びオンにし、印刷機構をリセットします。
  1. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオフにします。 プリンターがオフにならない場合は、次の対処方法に進んでください。
  2. 60 秒間お待ちください。
  3. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
      補足:
    プリンターが印刷準備に入ることがあります。 プリンターのランプが点滅し、インク ホルダーが移動します。 印刷準備が完了するのを待ってから次に進みます。
  4. セルフテスト レポートの印刷を試します。 本書の冒頭にあるセルフテスト レポートの印刷方法を参照してください。
  • この手順で問題が解決し、テスト ページが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • テスト ページが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。
対処方法 2: 紙詰まりを解消する
紙詰まりによってインク ホルダー詰まりが起こる可能性があります。 次の手順に従って、詰まった用紙を取り除きます。
給紙トレイおよび排紙トレイから残りの用紙を取り除きます。
  注意:
この段階では、詰まった用紙を取り出さないでください。 プリンターの正面から詰まった用紙を取り除こうとすると、印刷機構が損傷する場合があります。
ステップ 2: プリンターの後部から紙詰まりを取り除く
  1. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオフにします。
  2. USB ケーブルをプリンターの背面から抜きます。
  3. プリンターの後部から電源コードを抜きます。
  4. 両面印刷アクセサリーのどちらか一方の側面にあるボタンを押し、両面印刷アクセサリーを取り外します。
    番号 : 両面印刷アクセサリーを取り外す
    両面印刷アクセサリーを取り外す図
      補足:
    お使いのプリンターの外観とは写真が多少異なる場合がありますが、手順は同じです。
  5. 詰まっている用紙をローラーからゆっくり引き出します。
      注意:
    ローラーから取り出すときに用紙が切れた場合、さらに紙詰まりが発生する恐れがあります。 用紙が破れた場合、プリンターの内部に破れた切れ端がないかどうか、ローラーとギアをチェックします。
  6. 後部アクセス エリアに紙詰まりが見られない場合、両面印刷アクセサリーの上部のラッチを押してカバーを下げます。
      番号 : 両面印刷アクセサリーを開く
      両面印刷アクセサリーを開く図
    1. 両面印刷アクセサリーの上部にあるラッチ
    2. 上部カバー
  7. 両面印刷アクセサリー内に詰まっている用紙をゆっくりと取り除きます。
  8. 両面印刷アクセサリーを開いたまま、ローラーをチェックします。 ローラーが無くなっていないか、スムーズに回らなくないか、または損傷していないかチェックします。 こうした症状は、ローラーが正しく用紙を給紙していないことを示す場合があります。 その場合、両面印刷アクセサリーを再び取り付けてください。
    番号 : 両面印刷アクセサリーのローラーを確認する
    両面印刷アクセサリーのローラーを確認する写真
  9. 両面印刷アクセサリーのカバーを閉じ、プリンターの後部アクセス エリアに両面印刷アクセサリーを再装着します。
  10. カチッとはまるまで両面印刷アクセサリーを中に押し込んでください。
ステップ 3: 用紙トレイ 1 から紙詰まりを取り除く
プリンターの後部から紙詰まりを取り除けない場合は、以下の手順に従って用紙トレイ 1 から取り除いてください。
  1. 排紙トレイから用紙をすべて取り出します。
  2. 排紙トレイを持ち上げます。
    番号 : 排紙トレイを持ち上げる
    排紙トレイを持ち上げる図
  3. 詰まった用紙を両手でそっとつかみ、手前に引いて取り出します。
      注意:
    プリンターの前面から、できるだけ慎重に用紙を取り出します。 プリンター内に破れた用紙が残っていると、さらに紙詰まりが発生しやすくなり、その結果、印刷機構が損傷する恐れがあります。
  4. 排紙トレイを下ろします。
ステップ 4: 用紙トレイ 2 から紙詰まりを取り除く
  補足:
用紙トレイ 2 はオプションのアクセサリです。 用紙トレイ 2 を取り付けていない場合は、次のステップに進みます。
  1. プリンターの電源がオフで、コンセントとつながっていないことを確認します。
  2. プリンターを持ち上げて用紙トレイ 2 から外します。
    番号 : プリンターを持ち上げて用紙トレイ 2 から外す
    プリンターを持ち上げて用紙トレイ 2 から外す図
  3. プリンターの下側または用紙トレイ 2 から、詰まった用紙を取り除きます。
  4. プリンターを用紙トレイ 2に再び取り付けます。
ステップ 5: 紙詰まりをインク ホルダー アクセス ドアから取り除く
以下の手順に従って、インク ホルダー アクセス ドアから紙詰まりを取り除きます。 これ以前の対処方法をすべて試しても問題が継続する場合のみ、次の手順に従ってください。
  1. プリンターの電源がオフで、コンセントとつながっていないことを確認します。
  2. インク ホルダー アクセス ドアを開きます。
    番号 : インク ホルダー アクセス ドアを開く
    インク ホルダー アクセス ドアを開く図
      補足:
    インク ホルダーはプリンターの右側にあって、見えないはずです。
  3. インク ホルダー アクセス エリア内に用紙の切れ端や、その他の破片がないか探します。
  4. 紙や物があれば取り除きます。
      注意:
    プリンターの前面から、できるだけ慎重に用紙を取り出します。 プリンター内に破れた用紙が残っていると、さらに紙詰まりが発生しやすくなり、その結果、印刷機構が損傷する恐れがあります。
  5. インク ホルダー アクセス ドアを閉じます。
    番号 : インク ホルダー アクセス ドアを閉じる
    インク ホルダー アクセス ドアを閉じる図
  6. プリンターの後部に電源コードを再び差し込みます。
  7. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
      補足:
    プリンターが印刷準備に入ることがあります。 プリンターのランプが点滅し、インク ホルダーが移動します。 印刷準備が完了するのを待ってから次に進みます。
  8. セルフテスト レポートの印刷を試します。 本書の冒頭にあるセルフテスト レポートの印刷方法を参照してください。
  • この手順で問題が解決し、テスト ページが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • テスト ページが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。
対処方法 3: インク ホルダーがスムーズに動くことを確認する
以下の手順に従って、インク ホルダーがスムーズに動くことを確認します。
  1. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
  2. インク ホルダー アクセス ドアを開きます。
    番号 : インク ホルダー アクセス ドアを開く
    インク ホルダー アクセス ドアを開く図
  3. 画面の [プリントヘッド交換] ボタンを押します。
  4. プリントヘッドが右側の定位置から移動し、停止して待機状態になるまでお待ちください。
  5. プリンターの電源を切らずに、プリンター後部の電源コードを抜きます。
      警告:
    感電を防止するためにも、電源コードを外す必要があります。
  6. 電源コードをコンセントから抜きます。
  7. インク ホルダーの動きを妨げている紙や物がないか確認します。
    番号 : インク ホルダー アクセス エリアの障害物の例
    インク ホルダーの動きを妨げる紙詰まりの写真
  8. 紙切れや障害物が見つかれば、取り除きます。
  9. インク ホルダー アクセス ドアからプリンターの中に手を入れ、インク ホルダーを手動で動かします。
    • インク ホルダーがプリンターの右側に詰まっている場合、インク ホルダーをプリンターの左側に動かします。
    • インク ホルダーがプリンターの左側に詰まっている場合、インク ホルダーをプリンターの右側に動かします。
    • インク ホルダーがプリンターの中央に詰まっている場合、インク ホルダーをプリンターの右側に動かします。
  10. インク ホルダーがプリンターの幅いっぱいに自由に動くことを確認します。
  11. インク ホルダー アクセス ドアを閉じます。
    番号 : インク ホルダー アクセス ドアを閉じる
    インク ホルダー アクセス ドアを閉じる図
  12. 電源コードをコンセントに再び接続します。
  13. プリンターの後部に電源コードを再び差し込みます。
  14. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
      補足:
    プリンターが印刷準備に入ることがあります。 プリンターのランプが点滅し、インク ホルダーが移動します。 印刷準備が完了するのを待ってから次に進みます。
  15. セルフテスト レポートの印刷を試します。 本書の冒頭にあるセルフテスト レポートの印刷方法を参照してください。
  • この手順で問題が解決し、テスト ページが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • テスト ページが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。
対処方法 4: プリントヘッドを取り外し、再び取り付ける
プリントヘッドの配置や取り付けが正しくない場合、プリンターに「インク ホルダー詰まり」エラーが表示されることがあります。 以下の手順に従ってプリントヘッドを取り外し、再び取り付けます。
ステップ 1: プリントヘッドを取り外す
  1. 給紙トレイに、レターサイズまたはA4 の未使用の白い普通紙をセットします。
  2. インク ホルダー アクセス ドアを開きます。
    番号 : インク ホルダー アクセス ドアを開く
    インク ホルダー アクセス ドアを開く図
  3. 画面の [プリントヘッド交換] ボタンを押します。 プリントヘッドが右側の定位置から、プリンターのずっと左側にあるプリントヘッド アクセス エリアに移動します。
  4. プリントヘッドが停止し、待機状態になるまでお待ちください。
  5. プリントヘッド ラッチを持ち上げます。
    番号 : プリントヘッド ラッチを上げる
    プリントヘッド ラッチを上げる図
  6. ハンドルを持ち上げて、プリントヘッドをスロットから引き出します。
    番号 : プリントヘッドを取り外す
    ハンドルを持ち上げて、プリントヘッドをスロットから引き出す図
  7. 他のプリントヘッドのハンドルを持ち上げて、プリントヘッドをスロットから引き出します。
  8. インク ホルダーを空にしたまま、その中を見て、底に用紙が詰まっていないことを確認します。 注意しながら紙詰まりを取り除きます。
ステップ 2: プリントヘッドの再装着
  1. プリントヘッドを同色に色分けされたスロットに差し込みます。 各プリントヘッドのラベルは、プリントヘッド ラッチのラベルと合わせる必要があります。 プリントヘッドをしっかり押し込み、正しく装着したことを確認してください。
    番号 : プリントヘッドの再装着
    インク ホルダーにプリントヘッドを再装着する図
  2. プリントヘッド ラッチを手前に引き出してから、ラッチが正しくはまるように押し込みます。 ラッチをはめるには、ある程度の力を入れる必要がある場合もあります。
    番号 : プリントヘッドのラッチを閉じる
    プリントヘッド ラッチを閉じる図
  3. インク ホルダー アクセス ドアを閉じます。
    番号 : インク ホルダー アクセス ドアを閉じる
    インク ホルダー アクセス ドアを閉じる図
  4. プリントヘッドが初期化され、調整ページが印刷されるのを待ち、[OK] を押します。
  • この手順で問題が解決した場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
対処方法 5: 電源コードをコンセントに直接差し込む
プリンターを直接コンセントに差し込んで、電源が正しく機能していることを確認します。
  1. 電源コードをプリンターの後部から抜きます。
  2. 電源ケーブルを電源タップやサージ プロテクタから抜きます。
  3. 電源コードを壁のコンセントに直接接続します。
  4. 電源コードをプリンターの後部に再び差し込みます。
  5. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
      補足:
    プリンターが印刷準備に入ることがあります。 プリンターのランプが点滅し、インク ホルダーが移動します。 印刷準備が完了するのを待ってから次に進みます。
  6. セルフテスト レポートの印刷を試します。 本書の冒頭にあるセルフテスト レポートの印刷方法を参照してください。
  • この手順で問題が解決し、テスト ページが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • テスト ページが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。
対処方法 6: プリンターをリセットする
以下の手順を実行して、プリンターをリセットします。
ステップ 1: 電源リセットを実行する
  1. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
  2. プリンターの電源がオンの状態で、プリンターの後部から電源コードを抜きます。
  3. 少なくとも 30 秒間お待ちください。
  4. プリンターの後部に電源コードを再び差し込みます。
  5. プリンターの電源が自動的にオンにならない場合、電源ボタン () を押してオンにします。
ステップ 2: セルフテスト レポートを印刷する
セルフテスト レポートを印刷します。 本書の冒頭にある、これらの対処方法の使い方に関する項をご覧ください。
  • この手順で問題が解決し、テスト ページが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。 USB ケーブルを再び接続し、もう一度印刷を試します。
  • テスト ページがうまく印刷されますが、お使いのプリンターに別の問題が発生したらHP 製品サポート ホームページに移動し、発生している問題に関連する別の文書を検索してください。
      補足:
    ページの地域または言語が間違って表示される場合、ブラウザーの右上隅の [地域 - 言語] リンクをクリックしてください。 続いて正しい地域と言語を選択することができます。
  • プリンターからテスト ページが印刷されない場合、プリンターのハードウェアに問題があります。 次の対処方法に進みます。
アジア太平洋地区のHPに問い合わせて修理サービスを依頼する。
上記のステップをすべて完了してもプリンターの問題が解決されない場合、HPに支援を依頼してください。 利用可能なサービス オプションを確認するには、HPカスタマーサポートへ問い合わせを参照してください。
対象機種
Officejet オールインワン
Pro 8500A Plus

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...