HP カスタマーサポートへようこそ

hp-contact-secondary-navigation-portlet

アクション
ロード中...

hp-share-print-widget-portlet

アクション
ロード中...

hp-concentra-wrapper-portlet

アクション
ロード中...

HP Photosmart Premium e-オールインワン プリンター シリーズ (C310) に「紙詰まり」メッセージが表示される

問題
プリンターのコントロール パネルに「紙詰まり」メッセージが表示されます。
この問題は以下の現象を伴うこともあります。
  • プリンターの印刷が停止する
  • プリンターからブザー音がする
  • コンピューターに「紙詰まり」メッセージが表示される
紙詰まりが頻発する、または再発する場合は?
紙詰まりの再発の防止に関する情報をお探しの場合は、本書の予防と原因の項に進んでください。
紙詰まり解消方法のビデオ
次のビデオを視聴するか、下のいずれかのトピックを選択して、紙詰まりの解消方法を確認してください。
次のビデオでは、紙詰まりの解消方法を説明します。
  補足:
このビデオでは HP Photosmart Premium オールインワン (C310a) プリンターで説明します。 プリンターの外観が異なる場合がありますが、手順はお使いのプリンターと同じです。
このドキュメントの対処方法の使い方
この問題を解決するには、このドキュメントの対処方法を記載されている順に実行します。
重要: 対処方法を実行するたびに、自己診断テスト レポートを印刷してハードウェアが正しく動作しているかどうかを判定してください。 自己診断テスト レポートを印刷するには、次のビデオを視聴するか、以下の表の手順に従ってください。
次のビデオでは、テスト ページを印刷する方法を説明します。
  補足:
このビデオでは HP Photosmart Premium オールインワンプリンター (C310a) で説明します。 プリンターの外観が異なる場合がありますが、手順はお使いのプリンターと同じです。
自己診断テスト レポートの印刷方法
  1. 給紙トレイに白の普通紙をセットします。
  2. プリンターのコントロール パネルの [セットアップ] アイコン () をタッチします。
  3. [ツール]をタッチします。
  4. [プリンター ステータス レポート] をタッチします。 ステータス レポートが印刷されます。
  補足:
各対処方法を試すたびに、この表の手順を再び参照してください。
次の手順を指示された順に実行し、問題を解決します。
給紙トレイおよび排紙トレイから残りの用紙を取り除きます。
  注意:
この段階では、詰まった用紙を取り出さないでください。 プリンターの正面から詰まった用紙を取り除こうとすると、印刷機構が損傷する場合があります。
はみ出している用紙を取り除く
挟まっている用紙は引っ張らない
トレイからはみ出している用紙の図
挟まっている用紙を引っ張らない図
ステップ 2: プリンターの背面から紙詰まりを取り除く
  注意:
指示がない限り、プリンターの前面からは紙詰まりを引き出さないでください。 紙詰まりをプリンター背面またはトレイから引き出せる場合は、必ず先に背面から試してください。 前面カバーの内側から用紙を引き出すと、プリンターに機械的な損傷を与える恐れがあります。
  1. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオフにします。
  2. プリンターの向きを変えて背面に触れられるようにします。
  3. 電源コードを外します。
  4. USB ケーブルを外します。
  5. プリンターの背面から、両面印刷アクセサリー(両面印刷ユニット)を取り外します。 両面印刷ユニットの右側を左に押してから、ユニットを引き出します。 両面印刷ユニットを横に置いておきます。
    番号 : 両面印刷ユニットが見える状態のプリンターの背面図
    図: 両面印刷ユニットが見える状態のプリンターの背面図
  6. 詰まった用紙や、破れた用紙の切れ端をプリンター内のローラーから丁寧に取り除きます。 破れないように、用紙の束全体を両手で持って引き出します。
    番号 : 紙詰まりを取り除く
    紙詰まりを取り除いている写真
      注意:
    プリンターの内部に用紙の切れ端が残っていないかどうか、懐中電灯で照らしてローラーとギアをよくチェックします。 プリンターの中に紙切れが残っていると、さらに紙詰まりが発生する恐れがあります。
    番号 : 用紙の切れ端を取り除く
    用紙の切れ端を取り除く図
  7. 両面印刷ユニットを手前に持ち、両側にあるタブを押し込んで開きます。
    番号 : 両面印刷ユニットにあるタブの位置
    図: 両面印刷ユニットにあるタブの位置
  8. 両面印刷ユニットから紙詰まりをそっと引き出します。
  9. 両面印刷ユニットのドアを閉じます。
  10. 両面印刷ユニットの左側にある 2 つの突起をプリンターの左側に挿入し、両面印刷ユニットをそっと押し込みます。 両面印刷ユニットがしっかりと装着されていることを確認します。
  1. プリンターの電源がオフになっていない場合、電源ボタン () を押して電源をオフにします。
  2. プリンターの背面から電源コードを抜きます。
  3. カートリッジ 開閉カバーを開けずに、排紙トレイを持ち上げ、給紙トレイに紙詰まりがないかどうかをチェックします。
    番号 : 排紙トレイを持ち上げる
    図: 排紙トレイを持ち上げる
  4. 給紙トレイに残っている用紙を取り除き、排紙トレイを下げます。
  5. カートリッジ 開閉カバーを開きます。
    番号 : カートリッジ 開閉カバーを開く
    カートリッジ 開閉カバーを開く図
  6. キャリッジをプリンターの一方の端に手で動かします。
      警告:
    プリンターの電源が入っていて、キャリッジが動かないときに、プリンターの内部に手を入れないでください。 常にプリンターの電源をオフにしてから、紙詰まりを取り除いてください。
  7. プリンターの中に紙詰まりがある場合は、プリンターの上部からそっと用紙を取り出してください。
      補足:
    取り出す途中で用紙が破れた場合、プリンターの内部に用紙の切れ端がないかどうかをチェックします。 プリンターの内部に用紙の切れ端が残っている場合、さらに紙詰まりが発生する恐れがあります。
  8. カートリッジ 開閉カバーを閉じます。
    番号 : カートリッジ 開閉カバーを閉じる
    カートリッジ 開閉カバーを閉じる図
  9. プリンターの背面に電源コードを再び差し込みます。
  10. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
ステップ 4: 自己診断テスト レポートを印刷する
自己診断テスト レポートを印刷します。 このドキュメントの冒頭にある、これらの対処方法の使い方に関するセクションを参照してください。
  • この手順で問題が解決し、テスト ページが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • テスト ページが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。
対処方法 2: キャリッジがスムーズに動くことを確認する
以下の手順に従って、キャリッジがスムーズに動くことを確認します。
  1. プリンターの電源がオンになっていない場合、電源ボタン () を押して電源をオンにします。
  2. カートリッジ 開閉カバーを開きます。
    番号 : カートリッジ 開閉カバーを開く
    カートリッジ 開閉カバーを開く図
      補足:
    キャリッジがアクセス領域に移動する場合があります。 その場合、その位置に移動するまで待ちます。
  3. プリンターの電源がオンの状態で、プリンターの背面から電源コードを抜きます。
  4. 電源コードを電源またはコンセントから抜きます。
      警告:
    電源コードを外す必要がある理由は、キャリッジを手動で移動し、給紙メカニズムをリセットするときに感電の危険性を回避するためです。
  5. キャリッジの動きを妨げている紙や障害物がないことを確認します。
    番号 : キャリッジの動きを妨げている紙の例
    キャリッジの動きを妨げている、キャリッジ内の紙の図
  6. 紙や物があれば取り除きます。
      補足:
    取り出す途中で用紙が破れた場合、プリンターの内部に用紙の切れ端がないかどうかをチェックします。 プリンターの内部に用紙の切れ端が残っている場合、さらに紙詰まりが発生する恐れがあります。
  7. カートリッジ 開閉カバーからプリンターの中に手を入れ、キャリッジを手動で動かします。
    • キャリッジが右側で止まっている場合、キャリッジをプリンターの左側に動かします。
    • キャリッジが左側で止まっている場合、キャリッジをプリンターの右側に動かします。
    • キャリッジがプリンターの中央で止まっている場合、キャリッジを右側に動かします。
  8. キャリッジをゆっくりと左に押してから右に押し、プリンターの幅いっぱいに自由に動くことを確認します。
  9. カートリッジ 開閉カバーを閉じます。
    番号 : カートリッジ 開閉カバーを閉じる
    カートリッジ 開閉カバーを閉じる図
  10. プリンターの背面に電源コードを再び差し込みます。
  11. 電源コードを電源またはコンセントに差し込みます。
  12. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
ステップ 2: 自己診断テスト レポートを印刷する
自己診断テスト レポートを印刷します。 このドキュメントの冒頭にある、これらの対処方法の使い方に関するセクションを参照してください。
  • この手順で問題が解決し、テスト ページが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • テスト ページが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。
対処方法 3: ローラーをクリーニングする
塵、用紙の繊維、その他の切れ端が給紙ローラーに付着して、紙詰まりや用紙送りの問題が起こることがあります。 以下の手順に従って用紙フィードローラーをクリーニングします。
ステップ 1: ローラーをクリーニングする
  1. 以下の道具を用意します。
    • きれいな、糸くずの出ない布、またはちぎれたり繊維が残ったりしない布
    • 蒸留水、ろ過水、またはペットボトル水 (水道水はプリンターに損傷を及ぼす恐れがあります)
  2. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオフにします。
  3. 背面側に触れられるように製品を反対に向けます。
  4. プリンターの背面から電源コードを抜きます。
  5. 両面印刷ユニットの右側を左に押してから、ユニットを引き出します。
  6. 両面印刷ユニットを横に置いておきます。
  7. きれいな、糸くずの出ない布をペットボトルの水か蒸留水に軽く浸し、余分な水分を絞ります。
  8. 布をプリンター内のローラーに押し当て、指でローラーを上向きに回します。 適度な圧力を加えて、付着したホコリや汚れを取り除きます。
    番号 : ローラーをクリーニングする
    プリンター背面にあるローラーの図
  9. ローラーを 10 分から 15 分間乾かします。
ステップ 2: 両面印刷ユニットのローラーをクリーニングする
  1. 両面印刷ユニットを手前に持ち、両側にあるタブを押し込んで開きます。
    番号 : 両面印刷ユニットにあるタブの位置
    図: 両面印刷ユニットにあるタブの位置
  2. 両面印刷ユニットの用紙フィード ローラーをチェックして、きれいで、用紙の切れ端もなく、スムーズに回ることを確認します。
  3. プリンター内のローラーをクリーニングしたときと同じ方法で、両面印刷ユニット内のローラーをクリーニングします。
  4. 両面印刷ユニットのローラーを 10 から 15 分間乾かします。
  5. 両面印刷ユニットの左側にある 2 つの突起をプリンターの左側に挿入し、両面印刷ユニットをそっと押し込みます。 両面印刷ユニットがしっかりと装着されていることを確認します。
  6. プリンターの背面に電源コードを再び差し込みます。
  7. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
ステップ 3: 自己診断テスト レポートを印刷する
自己診断テスト レポートを印刷します。 このドキュメントの冒頭にある、これらの対処方法の使い方に関するセクションを参照してください。
  • この手順で問題が解決し、テスト ページが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。
  • 問題が解決しない場合は、次の対処方法に進みます。
  • テスト ページが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。
対処方法 4: プリンターをリセットする
以下の手順に従って、プリンターをリセットします。
  1. 電源ボタン () を押して、プリンターの電源をオンにします。
  2. プリンターの電源がオンの状態で、プリンターの後部から電源コードを抜きます。
  3. 電源コードを壁のコンセントから抜きます。
  4. 少なくとも 15 秒間お待ちください。
  5. 電源コードをコンセントに再び接続します。
  6. プリンターの後部に電源コードを再び差し込みます。
  7. プリンターの電源が自動的にオンにならない場合、電源ボタン () を押してオンにします。
ステップ 2: 自己診断テスト レポートを印刷する
自己診断テスト レポートを印刷します。 このドキュメントの冒頭にある、これらの対処方法の使い方に関するセクションを参照してください。
  • この手順で問題が解決し、自己診断テスト レポートが印刷される場合は、トラブルシューティングを続行する必要はありません。 USB ケーブルを接続して印刷ジョブを続行します。
  • 問題が解決しない場合は、次のステップに進みます。
  • 自己診断テスト ページが印刷されない場合は、次の対処方法に進みます。
ステップ 3: 詳細情報を検索する
まだ問題が発生する場合は、HP 製品サポートのホームページにアクセスし、発生している問題に関連する別のドキュメントを探してください。
この 製品サポート ホームページへのリンクを右クリックし、[新規ウィンドウで開く] をクリックします。
  補足:
ページの国/地域または言語が間違って表示される場合、ブラウザー右上の地域 - 言語リンクをクリックしてください。 続いて正しい地域と言語を選択します。
上記のステップをすべて実行しても問題が解決しない場合は、HP製品の修理交換を依頼します。
お使いの製品が保証期間内かどうかを確認するには、保証確認Webサイトhttp://www.support.hp.com/checkwarrantyにアクセスします。 HPサポートに問い合わせて、修理または交換をスケジュールします。 アジア太平洋のお客様は、HPサポートに問い合わせて、地域の最寄りのサービスセンターを探します。
保証期間を過ぎた製品の場合、修理費用が発生する可能性があります。
お使いの HP プリンターで紙詰まりが再発しないように、以下の対策をお薦めします。
  • トレイに用紙をセットする前に、用紙の束を持ち、下の面を平らな場所の上でトントンと叩いて、束の各面が揃えてください。
  • トレイの縦方向および横方向の用紙ガイドが正しい位置にあることを確認し、トレイの奥で止まるまで用紙の束を押します。
      注意:
    用紙をあまりトレイの奥に入れすぎないでください。
  • 用紙トレイに用紙を入れ過ぎないでください。
  • プリンターの印刷中に用紙を追加しないでください。
  • HP プリンターがサポートする用紙の種類であることを確認します。 詳細については、HP プリンターに付属する取扱説明書をご覧ください。
  • クリップやホッチキスが付いた用紙に印刷しないでください。
  • 曲がり、破れ、ほこり、たるみ、しわ、折れのある用紙、または平坦に重ならない用紙は使用しないでください。
  • 複数の種類の用紙を同時に使用しないでください。 種類、重さ、またはサイズの異なる用紙を混ぜないでください。
  • プリンターに対して薄すぎる、厚すぎる、または光沢の強すぎる用紙を使用しないでください。
以下の要因により紙詰まりが発生する場合があります。
  • 用紙トレイに用紙が正しくセットされていません。
  • 用紙ローラーが損傷または汚れています。
  • 破れ、しわ、たるみのある用紙が用紙トレイにセットされています。
  • 後部アクセスドアまたは両面印刷アクセサリーが閉じられていないか、所定の位置に固定されていない可能性があります。
  • HP プリンターの印刷中に、既に用紙トレイにある束に用紙を追加した場合。
  • 用紙トレイに 2 種類以上の用紙が入っています。
  • HP プリンター内の見えない場所に用紙が詰まっています。
  • 障害物が用紙の経路を塞いでいます。
  • 以前の紙詰まりのときの紙切れが、プリンター内に詰まっています。
  • トレイに用紙を入れ過ぎています。
  • 封筒に印刷している場合、封筒の端が曲がっています。

hp-online-communities-portlet

アクション
ロード中...
国/地域: Flag 日本

hp-detect-load-my-device-portlet

アクション
ロード中...